店が移転消滅

 東京地裁の地下の食堂が2つともなくなったことがわかりました。あんな安定経営の場所でも成り立たないのか。代わりに別のカフェみたいなのができましたが、まったく使えません。

 東京地裁のそばの内幸町のところを歩いていたら、開店前のドコモショップがあります。そして、新橋駅近くのドコモショップが先週までで営業を終了していることがわかりました。先ほどのところに来週移転するのですが、今は休みjです。その移転先について、なくなったドコモショップに掲示してあるのですが、

Docomoshop

 よくソフトバンクをこんなに堂々と載せますね。

| | コメント (0)

ここから警察に連行

 ジョージアのホットカフェラテのペットボトルが日本中のコカ・コーラの自販機から完全に消えたと思ったら、

――――(ここから)――――

 1月なかばごろから、東京の市中の自販機でこれが一斉に消えて、コールドでしか売られなくなりました。現在、自宅近辺で1カ所だけホットで売っている自販機を確認していますが。それも数日前に行ったら売り切れだったのでどうなるかわかりません。

――――(ここまで)――――

 なんとこの自販機の製品が補充されて、買えるようになっているのを発見しました。それで買っていたら、警官が来ました。

 今、渡ってはいけない道路を横断したというのです。それで職務質問されて、財布の中の証明書を出せといいます。そしたら「これは何だ」。他人名義の快活クラブの会員証が出てきたのです。まったく記憶にありません。おそらく道に落ちているのを拾ったのでしょうが、それがいつかもわかりません。これを財布の中に入れて持ち歩いていたことを何年も意識していません(カードの記載によると2018年以降であることはわかる)。そもそも、先月に立川署に連行されたときに所持品をすべて調べられて、拾った他人名義のSuicaがあったので日付が変わるまで拘束されたわけですが、このとき警察はこの会員証にまったく気づいていなかったのです。それが今回、警官が財布を触ったら一発でこれが出てきました。

――――(ここから)――――

 夜11時ごろ、東京駅の構内を歩いていました。警官が立っています。こんなのに関わっていたら出勤に間に合わないので、急いで歩きました。そしたら警官に取り押さえられました。警官を見て逃げた。確実に犯罪をやっているというのです。そして持ち物を見て、これは他人の物を勝手に持っていると言いがかりをつけて、中央署に連行されました。

 午前2時台に終わって、好きなように帰れというのですが、職場にも家にも行けません(歩けば朝までには着くが)。そしたら、警察にパトカーで家に送らせることに成功しました。

――――(ここまで)――――

 これの再現で、交番に連行されました。今回は20分ぐらいで終わったので、日付が変わる前にブログを書くのが間に合っています。

| | コメント (0)

意外な載り方をする人物

 「Chance!!」という、刑務所や少年院の出所者専用の求人雑誌があることを知りました。最新号はネットでも読めるのですが、ピエール瀧のインタビューが載っています。逮捕のことを全面に出している内容でおもしろい。自分はもともとこういう人間で、逆に俳優などで持ち上げられすぎたとか、いまでも電気グルーヴのファンはちゃんと金を出すからやっていけるとか、大きい事務所に入ってから知り合った人は助けてくれなかったとか。自分が逮捕されたとき、その後の人生をどう振舞うかというのは私の課題でもあります。

 今週の週刊現代に、なんと小野文恵特集があります。「ためしてガッテン」の過去の有名な回の内容を勝手に載せて、さらに小野がいかにすばらしいかということを書いているのです。これまで女子アナを取り扱ってきて小野のことなんて全然書いていないのに今さらどうした。週刊現代の読者層にいかに訴求するか今になって気づいたのでしょうか。

| | コメント (0)

立川署に捕まる続報

 「カズレーザーVS3NHK高校講座」の第3弾を再放送で録画できたと書きましたが、第5弾の録画に失敗しました。それで、NHKプラスでしか見るチャンスがありません。早めに見ておかなければと思って見始めたところで警察に捕まったのが立川駅です。それで続きを見るのを忘れていました。昨日で消えました。

 自分がたまたま道端で拾ったものを持っていて、それが盗んだものだとして取り調べを受けましたが、現地へ連れて行って現場検証をやるというのです。拾ったものが2つあって、1つは甲府ではっきり場所を覚えていますが、もう1つはまったく記憶にありません。どうもさまざまな記録から推測すると足立区だったらしいのですが、全然わかりません。警察は、甲府ではなくどうしても都内の足立区で現場検証をやりたいと言います。それで、ここで拾ったと私が指さす写真をとって捜査資料にするというのです。
 取り調べが水曜で、次に現場検証に行くためにまた立川署に来てもらうといいます。警察的には日曜が都合がいいので(その警官が24時間勤務をやるから)、前日に電話して日時を決めるそうです。3連休にもかかわらず中日に東京にいなければいけません。
 ところが土曜日に電話がかかってきて、準備に時間がかかるため延期するというのです。それが1週間になるか1カ月になるかわからないといいます。これっておかしいだろ。警察のくせにそのいい加減な表現は何だ。要するに、起訴猶予と同じことで、捜査をやめたいのをそんな言い方をしているのでしょう。向こうは私を犯罪者と言い張っているので、捜査資料を作るのをやめるとは言えないわけです。

| | コメント (0)

恒例の警察に連行

 昨日、私のブログが更新されなかったことに気づいた人もいると思います。以前こういうことがありましたが、

――――(ここから)――――

 夜11時ごろ、東京駅の構内を歩いていました。警官が立っています。 こんなのに関わっていたら出勤に間に合わないので、急いで歩きました。そしたら警官に取り押さえられました。警官を見て逃げた。確実に犯罪をやっているというのです。そして持ち物を見て、これは他人の物を勝手に持っていると言いがかりをつけて、中央署に連行されました。

 署内で取り調べともいえないような拘束をされます。警官としては捕まえた以上、事務処理をした結果を残さないといけないので、反省文ともいえないような、論点をぼやかしたような文章を書かされます。

 午前2時台に終わって、好きなように帰れというのですが、職場にも家にも行けません(歩けば朝までには着くが)。そしたら、警察にパトカーで家に送らせることに成功しました。

――――(ここまで)――――

 昨夜、これとほぼ同じことがありました。今度は立川駅です。午後6時台に捕まって、午前0時前に立川署からパトカーで帰りました。立川署といえば、5カ月前に運転免許の更新をしたところではないか。家に着いたのが1時台で、ブログを書こうとしたら、買ったばかりのパソコンの電源が入りません。もう修理かよ。しかしその後、なんとか復旧に成功しました。ちょうど郵便受けに「今年がいい年になりますように」という年賀状が入っていたのですが、もうこれです。

| | コメント (0)

また遺失物で警察へ

 先週金曜日に我孫子駅へから揚げそばを食べに行ったら、ホームに免許証が落ちています。それを今日、我孫子駅前交番に届けてきました。別に我孫子まで行って届けなくていいのですが、このブログのネタにしなければ。拾ったものを警察に届ける話を書くのは何回目でしょうか。

 自分が逮捕されているのではなく交番にいるのは不思議な感じです。なんで拾ってすぐ届けなかったのか聞かれます。そんな暇がなかったからですが、答えようによってはこれで逮捕されるかもしれません。若い女の免許証だし。

 免許証は確実に本人に届くだろうが、お礼だとかの連絡先の手続きはするかと聞かれます。私としては、別にお礼を言ってもらいたいわけではないが、体験とブログのネタのために来ているのだから、当然書類を作らせます。そしたら時間がかかるのでと、パイプ椅子を出されます。この間に、猛1人の警官に連絡があって「1421」とか言って、携帯電話と無線機をつけて出動の準備をしています。

 拾得物件預かり書というのを渡されます。同じ内容の拾得物件控書というのが警察側です。保管期間が過ぎて受け取るときの注意事項などがホッチキスで留められています。他人の運転免許だから受け取れないのがわかっているのに。

| | コメント (0)

世の中を動かす理由

 この前これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 前回からの交通規則の大きな変更はあおり運転ですが、私が思ったのは、もし宮崎被告のあのあおり運転が今回の五輪期間中に発生していたら、どこも報道しなくて法改正にもつながっていないのではないか。あのとき長期間にわたって一日中ワイドショーなどであおり映像が流れたのは異常でした。

――――(ここまで)――――

 たまたま2019年末の新聞を見たら、あおり運転の厳罰化につながったのは、2019年の宮崎被告ではなく、2017年に東名で停車させて別のトラックが追突した石橋被告がきっかけだったことがわかりました。ちなみに2019年末に石橋被告の公判が地裁に差し戻されて、どうやらいまだに判決が確定していないようです。

 明日の「ピタゴラスイッチ」で新キャラクターの声を土屋礼央がやると、本人が発表していました。起用された理由が昨日のたまむすびで判明しました。ピタゴラスイッチのプロデューサーがたまむすびのヘビーリスナーだというのです。やはりこのところNHKに赤江珠緒がたびたび出ているのも、そういう影響力によるものか。

| | コメント (0)

身近なところで裁判

 「噂の!東京マガジン」、おとといも録画に失敗していました。予約確認で、この番組も次の番組も録画可能になっているのに30分ほどでハードディスクがなくなっているという、毎回同じパターンで学習していません。

――――(ここから)――――

 今日、我孫子駅に行きました。東京の緊急事態宣言が終わって、我孫子の駅そばの営業時かなどうなったか確認するためです。千葉県はまん延防止がそのまま継続なので20時閉店は変わっていませんでした。

 千葉のまん延防止措置はそのままなのに、今日行ったら21時閉店に変わっていました。

――――(ここまで)――――

 東京が再び緊急事態宣言になっても我孫子の駅そばの21時閉店は変わっていません。

 昨日「逆転人生」をたまたま見たら、空調服についてやっていました。荒井の会社にいたとき、空調服は取引先だったので、見ました。完成までの苦労で番組が半分しか終わっていないと思ったら、そこから空調服が訴えられるのです。空調服が衣類の素材について委託していた会社が、勝手に空調服と同じものを作っただけでなく、空調服が自社製品をパクっているとして販売差し止めと損害賠償を求めて提訴したというのです。空調服が先に発明したことは完全に証拠が揃っているので、裁判をやれば必ず勝てるのですが、相手のS社というのが大企業で、大量の弁護士を使って言いがかりをつけ続けてくると、空調服側は訴訟費用がもたなくなって、解決金を払って和解に追い込まれるのを狙っているとみられます。番組では完全にS社が悪として描かれていました。NHKとしては、実際の裁判で空調服が全面勝訴しているのでそれでも大丈夫と判断したのでしょうか。しかし検索したらS社がサンエスであることは誰でもわかるので、放送後にサンエスに抗議が殺到したりしなかったのだろうか。それにしても自分の会社が空調服を取材している時期にそんな裁判をやっていたのは知りませんでした。

| | コメント (0)

聖火リレー(その2)

――――(ここから)――――

 昨夜、単発で夜勤の仕事が入りました。その現場へ向かうため、夜11時ごろ、東京駅の構内を歩いていました。警官が立っています。こんなのに関わっていたら出勤に間に合わないので、急いで歩きました。そしたら警官に取り押さえられました。そして持ち物を見て、これは他人の物を勝手に持っていると言いがかりをつけて、中央署に連行されました。

――――(ここまで)――――

 今朝、出勤のために東京駅で降りようとしたら、いきなり私服警官に捕まりました。数え切れないほど職務質問を受けていますが、私服は初めてで、まったく警戒していませんでした。前回はこれで仕事ができなくなりましたが、今回は大声を出して抗議したらすぐ終わりました。

 さて、聖火リレーです。駅から東へ商店街の中を歩いていきます。これが尽きた先から山になっていきます。昨年秋に、コミュニティバスに乗ったルートです。しかし予定時間を考えると間に合うかどうかかなり厳しい。ところが商店街と車の通る道が交わるところで南の方を見ると、例の聖火ランナーを先導する山車に乗ったDJの声が聞こえます。これからランナーが来ると言っています。タイミング的にはむしろ完璧でした。

 ランナー全員が乗ったマイクロバスが先頭にいて、その後ろがコカコーラです。そして日本生命、NTTと、スポンサーの山車が続きます。コカコーラの人は沿道に、タオルと、各ペットボトルの五輪限定バージョンを配ります。そして日本生命は、スポーツ観戦とかで使えそうな座布団を畳んであって、それがトーチの形になっているものを配ります。相当コストがかかっていそうです。これを全国で、沿道にいる人すべてに行き渡るくらい用意しているのです。他のスポンサーも物を配っていますが大したことありません。コカコーラと日本生命のグッズだけはもらわなければ。沿道を一緒になって歩きます。

| | コメント (0)

警察に連行される

 昨夜、単発で夜勤の仕事が入りました。その現場へ向かうため、夜11時ごろ、東京駅の構内を歩いていました。警官が立っています。私は駅で警官に職務質問をされることが非常に多い。2週間ほど前にこの東京駅でやられて、翌日は上野駅でやられました。上野駅では3回目です。

 こんなのに関わっていたら出勤に間に合わないので、急いで歩きました。そしたら警官に取り押さえられました。警官を見て逃げた。確実に犯罪をやっているというのです。そして持ち物を見て、これは他人の物を勝手に持っていると言いがかりをつけて、中央署に連行されました。過去2回の東京駅での逮捕は丸の内署でしたが、構内は中央署なのか。

 署内で取り調べともいえないような拘束をされます。仕事を完全に無断欠勤で、連絡もできません(深夜だから事務所がつながらないかもしれないが)。逮捕とか方の告訴のときと違って、犯罪とされる行為が一切ないので、何も答えようがありません。警官と水掛け論になります。結局、警官としては捕まえた以上、事務処理をした結果を残さないといけないので、反省文ともいえないような、論点をぼやかしたような文章を書かされます。

 午前2時台に終わって、好きなように帰れというのですが、職場にも家にも行けません(歩けば朝までには着くが)。そしたら、警察にパトカーで家に送らせることに成功しました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧