店が移転消滅

 東京地裁の地下の食堂が2つともなくなったことがわかりました。あんな安定経営の場所でも成り立たないのか。代わりに別のカフェみたいなのができましたが、まったく使えません。

 東京地裁のそばの内幸町のところを歩いていたら、開店前のドコモショップがあります。そして、新橋駅近くのドコモショップが先週までで営業を終了していることがわかりました。先ほどのところに来週移転するのですが、今は休みjです。その移転先について、なくなったドコモショップに掲示してあるのですが、

Docomoshop

 よくソフトバンクをこんなに堂々と載せますね。

| | コメント (0)

テレビで足りない話

 今週も「噂の!東京マガジン」の録画に失敗しました。ハードディスクを2時間数十分空けたので、これは30分ぐらいしか録画できないと予想したらその通りでした。

 書くことがないので最近思ったことを。「世界一受けたい授業」が、1年半前に落合福嗣がナレーターになったときから、1時間で3科目だったのが2科目に減りました。それが先月から、ヤバい先生とかいうコーナーができて、実質3科目に戻りました。授業が2つになるのは経費節減と手抜きに見えて、いよいよ番組も限界かと思っていたので、これはいいことです。やはり1つの授業に30分かけるのは、情報をたくさん入れたといってもテレビ的には見づらい。

 最近、楽天モバイルのCMで、米倉涼子が鳥取砂丘にいる(合成映像)今田美桜に呼び掛けるというのがありますが、あれって「鳥取でつながるんだから全国でつながる」という意味ですよね。鳥取を下に見ているような内容です。スターバックスのときと同じです。

| | コメント (1)

テレビが見られない3連発

 読者にはどうでもいいことですが、先週の「噂の!東京マガジン」も録画に失敗していました。3分しか録画できていませんでした。

 読者にはどうでもいいことですが、

――――(ここから)――――

 一方で、1月18日と19日の夜に連続してNHK総合の録画が止まっていたことに気づきました。18日は「サラメシ」の後から10時間近く、19日は「所さん!大変ですよ」の再放送の後から3時間ほどで、どうしてこの差が出るのかもわかりません。

――――(ここまで)――――

 自宅の全録ビデオでNHK総合だけ夜から翌朝にかけて止まる現象ですが、4月6日の「クローズアップ現代」の後から翌朝まで止まっていました。この間に何か見る番組があるか調べました。、「所さん!大変ですよ」の最終回の再放送と「ロコだけが知っている」の放送時間が拡大された初回を見ていないと思ったら、ここに入っていました。

 以前こういうことを書きましたが、

――――(ここから)――――

 iPhoneのOSをアップデートしろというのがたびたび出るのでiOS15にしました。するといくつかのアプリの設定をし直さなければならなくなりましたが、大問題が発生したのがNHKオンデマンドです。まず画面の端の時刻とか充電量の表示が消えたのがおかしいのですが、全画面にしようとすると全画面にならないだけでなく、あらゆる操作を受け付けなくなって、アプリを終了しないと戻せなくなったのです。検索してみたら、半年前から言われ続けていることがわかりました。NHKに直接言っても、推奨はiOS14までというだけで一向にアプリの改修がされないとのこと。

――――(ここまで)――――

 昨日になってようやく、NHKオンデマンドのアプリのお知らせに、iOS15で一部機種で「全画面表示にした時にプレーヤーが表示されない」「操作の手順によって横向きの全画面表示ができない」という現象の改善に向けて対応中と出ました。

| | コメント (0)

立場がいろいろ変わる

――――(ここから)――――

 マクドナルドでd払いをしようとしてできないことに気づくのがよくあります。そしたら最近、マクドナルドのカウンターにドコモがわざわざ、レジではd払いは使えない、使えるのはモバイルオーダーだけというPOPを設置するようになりました。そしてモバイルオーダーでd払いを使うキャンペーンを始めましたね。そんなことにコストをかけるなら、レジでd払いを使えるようにすればいいのに。

――――(ここまで)――――

 今度はマクドナルドのカウンターの同じ位置に、auPAYは使えないという表示が出るようになりました。携帯電話会社が交替で出してるのか?

 先週のNHKスペシャルは更年期についてでした。当然。小島慶子がスタジオにいるのだろうと思って再放送を見たら、VTRで20秒ぐらいコメントしているだけでした。

 今朝の「あさイチ」は、水曜たまむすびの博多大吉とゲストに木曜たまむすびの土屋礼央でした。そしたら8時55分からの気象情報のコーナーが、火曜たまむすびに出ている気象予報士ではないか。博多華丸もたまむすびのレギュラーですし、NHKの画面をたまむすび関係者だけで占拠です。ちなみにリポーターをやっていた鳥取放送局のアナウンサーが、エリアフリーでたまむすびを聞いているそうです。この人、年齢的に私と同じときに就職活動をしていてNHKアナウンサーになったのではないかと思われますが、その後、東京勤務はおそらくなく、出世しないまま今を迎えているのか。こういう人生もあります。

| | コメント (0)

そんな映像は出せなくなる

 今夜は「所さん!大変ですよ」が22時45分からで、この番組の本放送をリアルタイムで見るのは数年ぶりではないかと思ったのですが、22時43分に震度5強がきて吹っ飛びました。

 先日のたまむすびに出たときのステッカーが届きました。試しにiPhone12ののケースに入れてみたらぴったりではないか。

Mobilephoneback

 ちなみに表側はこうです。2020年2月11日に撮ったもので、この数日後から絶対にこんな写真が撮れない世の中になりました。

Mobilephonefront

――――(ここから)――――

 村井が城を見るポイントの一つが乳金物だそうですが、高知城のこれは顔ぐらいあってGカップと言っていました。実は翌日と翌々日にNHKの城の番組が連続でありますが、村井はここでもGカップと言ったがカットされるかどうかということです。

――――(ここまで)――――

 日本最強の城スペシャルをNHKオンデマンドで見ました。村井美樹の顔より大きい高知城の乳金物の写真が出ましたが、Gカップは完全にカットされていました。

| | コメント (0)

たまむすびに出演(その4)

 民放連会長の会見はどの全国紙でも記事になっていましたが、発言の同じところを使っていました。しかし私から見れば大したことのない内容で、逆にそのくらいしか記事にできるところがなかったということです。

 さて、たまむすびのスタッフからは、赤江と土屋と楽しく話してくださいというだけで、特に打ち合わせがあるわけでもありません。私に対する事前のリサーチもありません。といっても生放送なので、音声を途切れさせるわけにはいきません。向こうが何を聞いてきても即座に発言することができるのか。ある程度質問を想定してネタを準備しておきます。あと、実は私は、ラジオで一般人が電話に出るコーナーを聞くのが嫌いなのです。そのいやな出演者にならないようにするにはどうすればいいか。でも、いかに赤江が好きかということだけは放送にぶっこみたい。

 すぐに電話が切れて、次に出演の直前にかかってきます。すでにコーナーは始まっていて、前の人が電話しています。そういえば、電話のときはラジオを消すように言われます。これまで、ラジオに電話出演する人はどうやってそこまでの番組内容を聞いているのかと思っていたのですが、電話に直接放送の音声を送ることができるのを初めて知りました。そしてスタジオから呼び掛けられればシームレスにそのまま話すことができます。

| | コメント (0)

昔ながらの書店

 今日は昼休みに銀座の教文館書店に行きました。一つは、ツイッターでフォローしている人が、「100de名著」の特集で伊集院光のインタビューが載っている紙をもらってきたことを書いていたのと、もう一つは、「週刊金曜日」でラジオの特殊をやっていることを知って、なんで週刊金曜日がそんなことをと思ったのですが、今日はもう次の号が出ていて、バックナンバーを置いてある店を調べたら教文館だったのです。

 銀座のアップルストアの隣にありますが、ここに入ったのはいつ以来でしょうか。ついでに、月刊TVガイドで、中に別の冊子が挟まっていて、高校生クイズ特集で東大王が見開きで取り上げられているのも買ってきました。100分de名著のテキストは相当昔のから並んでいますが、伊集院の紙はありません。しかし週刊金曜日のバックナンバーのところには、週刊文春や週刊新潮のバックナンバーも置いてあることがわかりました。週刊文春のオリンピック閉会式○×クイズのやつがまだ買えるのか。

 d払いで買いますが、バーコードを表示させて店側が読み取るのではありません。実は、先月山陰のスターバックスに行った際、途中の浜坂町でスーパーに入ったのですが、d払いを使おうとしたらQRコードを読み取れとかわけのわからないことを言われて、結局断念したのでした。後で判明したのが、d払いには、スマホにバーコードを表示させて払う以外に、店にあるQRコードをd払いのアプリで読み取って金額を自分で入力して払うというのがあるのです。これまで何百回も使って、そんな店には一度も出くわさなかったので知りませんでした。経営基盤の弱い店はそういう仕組みになっているのか。今回が2店目です。

 後で調べたら、伊集院の紙は階段を上ったところにあったらしい。

| | コメント (1)

トラブルが起きるのかの話

 「噂の!東京マガジン」の録画に3週連続失敗して、次の週は録画できていましたが、先週はまた録画に失敗していたことがわかりました。

 アマゾンからメールが来ました。表題が「【重要】大前剛志 様、過去にご注文された商品についてのお知らせ」です。アマゾンをかたった詐欺かとも思ったのですが、内容は「リチウムイオン電池が搭載された商品につきましては、ごみに紛れ込むと衝撃が加わった際に発火し、ごみ収集車やごみ処理施設の火災の原因となる恐れがあり、NITE(製品評価技術基盤機構)と環境省より以下の注意喚起が出されています。お客様には適切また安全に廃棄処理いただくため、ぜひ以下の内容をご参照いただきますようお願いいたします」というもので、リチウムイオン電池が入った商品を買った人にはすべて送っているようです。今そんなメールが来ても、イPhoneのバッテリーケースはとっくに返品しました。

 鉄道会社が五輪のために終電を繰り下げて臨時列車を走らせると発表していましたが、鉄道マニア的に非常に話題になったのは、東北新幹線に夜行が走るというものです。仙台を午前0時台に出て東京に朝に着くのです。新幹線の歴史の中で、夜行列車が走ったことは、自然災害で長時間動けなくなったようなのを含めても数えるほどしかありません。それで、五輪と関係ない鉄道マニアが殺到するのではないかと言われています。ところが無観客になったので、JR東日本は首都圏の深夜の列車を取りやめると発表しました。しかし夜行新幹線はどうするのか今のところ何の報道もありません。どうやら宮城県のサッカーがまだ有観客でやろうとしているので、それから帰るのに使う可能性があるからのようです。運行するなら私も行こうと思っているので、やめるならさっさとやめてほしい。

| | コメント (0)

返品の続報

,――――(ここから)――――

 それでサードパーティーのをAmazonで注文しました。そしたら届いたのがiPhone12MaxPro用のサイズです。
 アマゾンのサイトを見ると、返品のシステムも整っていることがわかりました。返品理由を選んで返金方法を選んで、送り返せばいいのか。しかし専用のバーコードをプリントアウトしないといけません。今、自宅にはプリンターがありません。プリンターのない人用の手続きは読むのも面倒くさい。

――――(ここまで)――――

 職場のプリンターで印刷しました。それぞれにChromeを入れてあると、ちゃんと同期して自宅で開いた返品ページが職場で表示されるのを知りました。
 返品は、原則として送られてきた箱を使わないといけません。というか明らかにそれが一番楽です。プリントアウトした返品のあて先と、中身が電池であることを示す表示を張って、返品番号のバーコードを同梱します。
 日本郵政かヤマト運輸か佐川急便の集荷サービスを使うように書いてありますが、自分で郵便局に持って行きます。どういう返品かによって元払いか着払いかが書いてあります。注文と違う賞品が届いた場合は返送料をこちらが払うそうですが、後で返ってくるのか? 私はゆうパックで送ると思い込んでいましたが、郵便局の窓口では普通郵便で受け付けられました。あんな大きい箱でも普通郵便が使えるのか。
 今回、交換はできなかったので、正しいサイズの商品を入手するには、同じところにまた注文しないといけないのですが、気分的にやりたくない。

| | コメント (0)

位置アプリの欠陥

 今、Coke-ONの自販機で神奈川県に行くと、聖火リレーに合わせて神奈川県スタンプがもらえます。しかしどうやら全部の自販機ではないようで、対象の自販機が地図アプリで表示されるのですが、現在地がわからないのでものすごくわかりにくい。ちなみに5月に福岡県に行ったとき同様でしたが、結局福岡のスタンプは手に入りませんでした。現在地が表示されないにもかかわらず、神奈川県に行くと神奈川のスタンプのキャンペーンが表示されて、東京都では東京都のキャンペーン(まだ聖火リレーが来ていないのでこれから)が表示されるという、位置情報使ってるんじゃないか。

 スマホのアプリでいうと、私は乗り換え案内ソフトを信用していなくて紙に頼っています。私の実の最寄り駅を始発列車で出ると、8時半ごろに東京駅に着けますが、NAVITIMEでは、実際に接続している列車の乗り換えが表示されなくて着けないことになっています。ずっとこの状態が変わりません。新たに見つけたのが、近鉄大阪線の名張発の終電から、実家最寄り駅へ乗り継げるようになっているのですが、NAVITIMEでは翌朝まで行けないように表示されることがわかりました。今月のダイヤ変更で乗れなくなったのかと思いましたがそんなことはありませんでした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧