作品が残る話

 ロシアのラブロフが、ヒトラーにユダヤ人の血と言ったことについて、プーチンがイスラエルに謝罪したそうですが、世界のユダヤ人コミュニティは、「アドルフに告ぐ」についてどう考えているのか。あの漫画って簡単にいうと、ヒトラーがユダヤ人である証拠を入手した記者が命を狙われるというものです。日本のトップの漫画家があの作品を描いて、実際にあれが史実だと思っている人が結構いるというのをイスラエルが黙っているというのが不思議なのですが、気づいていないのか?

 NHKオンデマンドで「ロコだけが知っている」を見ていて、道後温泉のストリップ劇場が昼間はうどん屋になったという話をしていました。それで急に思い出したのですが、そういえば「ノーナレ」でストリップについての回があって、見ようと思っていたのに忘れていました。NHKオンデマンドはどうなったのかと思って調べたら、配信期間が2031年までになっていました。NHKオンデマンドは1週間で消える番組がある一方で、特定の番組は半永久的に残る。同じノーナレであっても、すぐ消えるのもあります。基準がわかりません。ちなみに、ノーナレの有名クイズ作家の回は現在も配信されていますが、10年は配信されません。

| | コメント (0)

40年前から180年後まで

 今日たまたま綾瀬駅を通ったら、書店がなくなっているではないか! 私が大学時代に住んでいたときからずっとありましたが、先々週で閉店したことがわかりました。なくなると想像もしなかった書店が次々消えていきます。

 ずっとあったものがなくなるといえば、NHKラジオの「ことば力アップ」が終わることがわかりました。前身の「話しことば講座」が始まったのは私が中学生か高校生のときでしたが、アナウンサーが話し方について講義する番組がNHKからなくなるとは思いませんでした。後番組は、NHKの歴史で昔のアナウンサーの音声を流す番組になりますが、一昨日のパイロット版を聞いたところでは、わざわざ聞く必要もなさそうです。

 NHKで終わるといえば、「ノーナレ」も終わるそうですが、昨日の深夜に「変かんふうふ」という、ジャストシステムをつくった人のが再放送されていました。その最初で、会議で「180年後のタブレット」とか言っています。何かと思ったら「宇宙戦艦ヤマト2199」で、その時点の技術をどう表現するか話し合っていたのです。それで思い出しましたが、このヤマトの映画で、最新のAIが正しい結論を出すみたいなセリフがあるのですが、この時代にAIなんていう概念がそのまま使われているかと思ったのでした。

| | コメント (0)

全然見つからなくなるのかの話

――――(ここから)――――

 普通列車のグリーン車は常磐線でも、明日から日中は土浦までしか行かなくなるそうです。私は昨年、高萩から熱海まで800円のグリーン料金だけで移動したことがありますが、こういうのもできなくなるのか。

 高萩まで行くグリーン車は今でも朝や夜に走っています。

――――(ここまで)――――

 南千住駅の掲示を見たら、土浦止まりになるグリーン車は3本だけのようです。他の駅ではこんな説明はありませんでした。日中でも水戸まで行くグリーン車も走っていました。

 私は「漫画アクション」を、「駅弁ひとり旅」のために1号おきに入手しているのですが、

――――(ここから)――――

 漫画アクションの最新号が全然見つかりません。実は1軒だけ売っているコンビニがあったのですが、そのときものすごく急いでいて、買っている時間がありませんでした。その後、そのコンビニに行けてなくて、他のコンビニをいくら見てもまったく売っていません。

 これについて、2016年に書いた

 これが本当に告知されているのか確認するために月刊サンデーGX(ジェネックス)という雑誌を探そうとしたのですが、小学館がそんなコミック誌を出しているなんて聞いたことがありません。まったく見つからないので、大阪の中心部に行くしかありません。月刊サンデーGXは、阪急梅田駅のコンコースのところにあるブックファーストで発見しました。

 この店でまた発見しました。

――――(ここまで)――――

 2月後半の号が、連日書店やコンビニを探し続けてもまったく見つからなくて、最終的には大阪のこの店で入手しました。ところが最新号は、発売日にたまたま通らなければ行けなくなった場所でいきなり発見しました。世の中はこういうものです。

| | コメント (0)

3年ぶりの鉄道イベント(その2)

 毎日新聞の夕刊の1面トップがずっと五輪の読み物だと書きましたが、先日から逆に、夕刊1面の読み物から五輪がなくなりました。読者の評判が悪かったのでしょうか。

 さて、鉄道イベントです。

――――(ここから)――――

 私の目的は横見浩彦です。「鉄子の旅」の第3作の連載が今月で終わることがわかって、それについての話を期待していましたが、多くは語りませんでした。鉄子に関連した企画は今後もあるようですが、第4作なのかはわかりません。京急百貨店での年末のイベントにも、昨年は非常に久しぶりに鉄子メンバーが出ませんでしたし。そしてまた南田裕介がいます。私が2015年に近鉄百貨店橿原店で初めて南田を見たことを書きましたが、そのときは、人生で二度と南田に会うことはないだろうと思っていました。それが年に10回近く、南田を見るようになっているとは。

――――(ここまで)――――

 南田は今回も来ていました。そして横見ですが、病気になってここ2年ほどまったく鉄道旅行ができなくなっていたらしい。それが退院したばかりで、電話出演していました。今回ここに来た理由の一つが、鉄子の旅について何か新展開があるのではないかということでしたが、そういうのはありません。

 それよりも、鉄子の旅の元編集長(すでに小学館を退社している)はスイッチバックのマニアで、木次線(今走っている観光列車が廃止予定で、次が正式に決まっていない)の出雲横田駅のスイッチバックを観光資源として活性化させるために、横田町(現・奥出雲町)に住むというのです。吉本興業の住みます芸人かと思いました。

| | コメント (0)

短いネタばかり

 マクドナルドのナゲットのセットのクーポンは今日はありました。

 書くのを忘れていましたが、水島新司死去を毎日新聞だけが1面に出していました。そのレベルの漫画家と判断したのか。個人的に発言力のあるマニアが整理にいたのかと思います。

 「ニュースキャスター」がビートたけしから三谷幸喜に代わるそうですが、先日、久しぶりに元村有希子が出ていました。冷凍食品のコーナーで元村が、勤務が不規則で一人暮らしなので冷凍食品は必須というようなことを言っていて、離婚していることを隠しもしないんだなと思いました。そういえば元村ががんで闘病していたというのは最近まで知りませんでした。

| | コメント (0)

サルまん舞台

 COOL JAPANの再放送の1回目が今日ありましたが、やはり30分ほどしか録画できていませんでした。

 先週の金曜日に、下北沢で「サルまん」の舞台を見てきました。以前書きましたが、私は「サルでも描けるまんが教室」は日本漫画史に残る傑作だと思っています。それが原作から30年たって突然、演劇になったのです。竹熊健太郎のツイートで知って、急いで日程を調べました。都合のいいのが17日の19時の回しかありません。ネットでチケットを買おうとしたら、すでに18日以降しか受け付けていません。それで会場の北沢タウンホールの地下に直接行きました。受付で、予約の名前はと聞かれたので、予約していないと言うと、逆にすごく喜ばれました。劇団としては予約もしていないのに当日来てくれる客は大歓迎です。

 原作は、漫画を描く2人の分析と、実際に連載されたことになっている漫画中漫画で構成されるわけですが、狭い舞台でこれが見事に再現されています。これに加えて小学館がモデルになっていると思われる場所も出てくるわけで、全体のストーリーを過不足なく2時間にまとめる脚本はよくできています。出演者の中で1人だけの女性が杏さゆりで、久しぶりに名前を見ました。今は完全に舞台俳優になっているのか。あと、有名なところではドロンズ石本も出ていました。主人公2人以外の出演者がいくつもの役をやって、それが重ならないようによく考えられています。漫画の登場人物が着るTシャツが、原作に登場するデザインになっていて、よくあんなのを予算の中で作れたなと思ったら、同じものが会場限定発売されていました。

| | コメント (0)

機械にウイルス

――――(ここから)――――

 JR西日本では「ドラえもんの新しい鉄道様式」という啓発広告が出ていますが、ここでは普通のジャイアンがいなくてきれいなジャイアンしか出てきません。

 鎌倉で映画を見たとき、同じフォーマットの「ドラえもんの新しい映画様式」というポスターがありました。いろいろな業界に協力しているのだろうか。

――――(ここまで)――――

 この広告では、ドラえもんがマスクをしているのですが、ロボットがマスクをする必要がないだろと思いました。しかし、ドラえもんが風邪を引いた描写があったような気がしたので、敢えてつっこみませんでした。

――――(ここから)――――

 渋谷のパルコで「ドラえもん1コマ拡大鑑賞展」をやっているのを忘れていました。今夜行ってきました。入場無料です。これは、ドラえもんの原画から1つのコマだけを複製して展示しているのです。

 ここに来た大きな理由が、藤子・F・不二雄ミュージアムの入場券が買えるのです。以前から行かなければいけないと思っていましたが、日時を予約した入場券を買うのが非常に面倒です。ところがここでは、8月までの間、予約しなくても行ったら入れる入場券を売っているのです。

 この券を使ってないじゃないか! 完全に忘れてました。8月30日も31日も仕事で行けません。ところが、ミュージアムのホームページを見たら、神奈川県に緊急事態宣言が出されたため、この券の有効期間を今年末まで延長するというのです。超ラッキー。

――――(ここまで)――――

 今日ようやく藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました。ドラえもんが風邪を引いていたことが展示で確認できました。

| | コメント (0)

そこまで定着している

 文化放送の大竹まことの木曜日は、小島慶子が3週連続やって、1回休んでまた小島が3週連続やるという、もう完全に小島の番組です。

 先日、また村井美樹の出る講演を聴くために、今度は福島県南相馬市に行きました。かつて二宮尊徳がこの地を救ったそうで、4つの演題はすべて尊徳に関するものです。それはそうと、いわきから東京方面に向かう常磐線で、幼稚園児の集団と乗り合わせました。列車が内郷駅に着くと口々に「仮面ライダーうちごう」と騒ぎます。そのギャグ以前の問題として、今の幼稚園児にも仮面ライダー1号が認識されているのかと、すごいコンテンツだと思いました。

| | コメント (1)

期限の見極めで大正解

――――(ここから)――――

 教文館の100分de名著のキャンペーン、8月2日からということで、今度の月曜日に必ず通るんですけど、なんか日曜日で終わるような気がするので、今日無理して行ってきました。伊集院のは思っていたよりしっかりした冊子でした。

――――(ここまで)――――

 確認のため今日行ってみたら、100分de名著のコーナーはありましたが伊集院の冊子は(展示してある1冊以外は)なくなっていました。土曜日に行っておいて大正解でした。

 今朝、川崎市を歩いていたら、ドラえもんの飾り付けが目に入りました。それで突然、あることを思い出しました。

――――(ここから)――――

 渋谷のパルコで「ドラえもん1コマ拡大鑑賞展」をやっているのを忘れていました。今夜行ってきました。入場無料です。これは、ドラえもんの原画から1つのコマだけを複製して展示しているのです。

 ここに来た大きな理由が、藤子・F・不二雄ミュージアムの入場券が買えるのです。以前から行かなければいけないと思っていましたが、日時を予約した入場券を買うのが非常に面倒です。ところがここでは、8月までの間、予約しなくても行ったら入れる入場券を売っているのです。

――――(ここまで)――――

 この券を使ってないじゃないか! 完全に忘れてました。8月30日も31日も仕事で行けません。ところが、ミュージアムのホームページを見たら、神奈川県に緊急事態宣言が出されたため、この券の有効期間を今年末まで延長するというのです。超ラッキー。

| | コメント (0)

オタの作品

――――(ここから)――――

 NHKでは五輪が始まってから「深夜のイッキ見!」として過去の番組の再放送を延々と流すというのをやっていますが、その中で2日だけ台風でつぶれました。そのうちの一方の「おげんさんといっしょ」は代替放送日が決まりましたが、もう一つの「六角精児の呑み鉄本線日本旅」「中井精也のてつたび」「鉄オタ選手権」を一気にやるのはもう放送しないようです。呑み鉄本線もてつたびも、ちょうど見ていない回だったのに。とここまで書いたら、おげんさんが放送されるはずだった今夜、また西日本の大雨でつぶれたんですね。

――――(ここまで)――――

 鉄オタ選手権だけ昨夜放送されました。それはすでに見てるから後の2つをやってくれ。

 先日、兵庫県立美術館の「TSUBURAYA EXHIBITION」に行ってきました。ウルトラマンの55周年のやつです。大雨の日だったので混んでいなくて当日券も簡単に買えました。入ったところには昭和のウルトラマンが並んでいて、当時の小道具などもあります。しかしここだけだとサンシャインシティでやるウルトラマンフェスティバル(今年は名前が違う)みたいですが、昭和ウルトラマンノスタルジー的なのはここまでです。平成のウルトラマンは全部は取り上げられないので一部について説明と、ウルトラマン本体から離れた二次創作的なものにスペースを割いています。コミックとか、Eテレでやってるキャラクターをデフォルメしたアニメとか。パネルで円谷のウルトラマン関係の全作品年表がありましたが、12枚にわたってものすごい数です。そしてシン・ウルトラマンの予告です。もしかしたらこれがメインなのかと思いましたが、成田亨が自分のデザインを不本意に使われた恨み言みたいな文章が展示されていて、よくこんなことができたと思います。庵野秀明は完全に成田の遺志に沿ったウルトラマンを作ろうとしているという表明か。子どもが親に「カラータイマーないの」とか言っています。シン・ウルトラマンは今公開されているはずでしたが、いったい何年後になるでしょうか。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧