« 作品が残る話 | トップページ | 大きいのが新しくできる »

廃止になって移転

 東海道線の浜松と静岡の間で、初めて転換クロスシートの車両に乗りました。もともと、中央線の名古屋~中津川でセントラルライナーという有料座席券列車に使われていた車両ですが、有料制度が廃止になったので、静岡の方に回されてきたのです。青春18きっぷの旅で、静岡県内は設備が悪くて(快速もないし)苦痛だという声がありますが、これで少しは改善する方向に行きそうです。

 今日は神保町の三省堂書店の最終日だということに気づいて行ってきました。大学に入って東京に住むようになる前から来ていて、毎日新聞やこの前の荒井の会社のときは直近で休憩時間に来られました。建て替えで仮店舗に移転ということですが、書店がなくなる波はついに最大の店にも。1階にあった神保町いちのいちは、このままなくなるそうです。私はここで、広辞苑を実物大で再現したポーチを買いました(国語辞典ナイトの出演者は当然使っていた)。なお、神保町いちのいちはここ以外に3カ所あるそうです(神保町でないのに)。そういえば昔はここに、東急観光とかチケットぴあの窓口もありました。今となっては考えられません。それにしても、レジの列がすごいことになっていました(本はどこで買っても同じなのに)。最後尾の札が出ています。

|

« 作品が残る話 | トップページ | 大きいのが新しくできる »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作品が残る話 | トップページ | 大きいのが新しくできる »