« そういう組み合わせ | トップページ | 近鉄特急の日 »

東京のプロジェクトの終焉

 先日、BSプレミアムで「パラレルニッポン」という番組をやっていて、NHKオンデマンドで見ました。幻の第二山手線プロジェクトというので、今の環七のあたりに鉄道を通す計画が戦前に進んでいたという内容ですが、東京中心部のやたら細かい地名しか出てきません。私はすべてわかりますけど、全国で見ている人はおもしろいのか? 司会が宇賀なつみとおぎやはぎなのも、3人とも東京23区の出身だからか(宇賀を初めてNHKで見た)。民放の情報番組が東京に住んでいないと意味がないことを垂れ流すのと同じです。

――――(ここから)――――

 みずほ銀行のある支店に行ったら、通帳更新機にキティ通帳の写真が張ってあって、「このお通帳をお持ちの方は、お繰り越し可能になりました」と書いてありました。もしかして、オリンピックが終わるまではオリンピック通帳を優先して、ハローキティ通帳が更新できなくなっていたのだろうか。

 ハローキティ通帳を、ATMを見るたびに何円かずつ預金するなど無意味な取引を繰り返して、再びいっぱいになったところで、みずほの普通預金通帳は五輪デザインになったと書いてある通帳更新機に入れたところ、出てきたのはハローキティ通帳でした。これで普通預金と通帳がハローキティの普通預金は区別されていることが確認できました。

――――(ここまで)――――

 今日、みずほ銀行で通帳記帳機を使おうとしたら、前のおじいさんが通帳更新で、オリンピック通帳を入れています。出てきたのが普通のデザインの通帳で、オリンピックが正式になくなったのが確認できました。ちなみにその前の人はハローキティ通帳を入れたらハローキティ通帳が出ていました。

|

« そういう組み合わせ | トップページ | 近鉄特急の日 »

スポーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そういう組み合わせ | トップページ | 近鉄特急の日 »