« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

ここから警察に連行

 ジョージアのホットカフェラテのペットボトルが日本中のコカ・コーラの自販機から完全に消えたと思ったら、

――――(ここから)――――

 1月なかばごろから、東京の市中の自販機でこれが一斉に消えて、コールドでしか売られなくなりました。現在、自宅近辺で1カ所だけホットで売っている自販機を確認していますが。それも数日前に行ったら売り切れだったのでどうなるかわかりません。

――――(ここまで)――――

 なんとこの自販機の製品が補充されて、買えるようになっているのを発見しました。それで買っていたら、警官が来ました。

 今、渡ってはいけない道路を横断したというのです。それで職務質問されて、財布の中の証明書を出せといいます。そしたら「これは何だ」。他人名義の快活クラブの会員証が出てきたのです。まったく記憶にありません。おそらく道に落ちているのを拾ったのでしょうが、それがいつかもわかりません。これを財布の中に入れて持ち歩いていたことを何年も意識していません(カードの記載によると2018年以降であることはわかる)。そもそも、先月に立川署に連行されたときに所持品をすべて調べられて、拾った他人名義のSuicaがあったので日付が変わるまで拘束されたわけですが、このとき警察はこの会員証にまったく気づいていなかったのです。それが今回、警官が財布を触ったら一発でこれが出てきました。

――――(ここから)――――

 夜11時ごろ、東京駅の構内を歩いていました。警官が立っています。こんなのに関わっていたら出勤に間に合わないので、急いで歩きました。そしたら警官に取り押さえられました。警官を見て逃げた。確実に犯罪をやっているというのです。そして持ち物を見て、これは他人の物を勝手に持っていると言いがかりをつけて、中央署に連行されました。

 午前2時台に終わって、好きなように帰れというのですが、職場にも家にも行けません(歩けば朝までには着くが)。そしたら、警察にパトカーで家に送らせることに成功しました。

――――(ここまで)――――

 これの再現で、交番に連行されました。今回は20分ぐらいで終わったので、日付が変わる前にブログを書くのが間に合っています。

| | コメント (0)

3月からの番組の変化

 「日本人のおなまえ」が3月で終わりますが、ここ数週、過去にやった内容のクイズばかりでした。もう番組を作る労力も予算もないんだなと思ったら、来週は完全新作のようです。これはNHKでよくあるパターンで、最終回はちゃんとやるためにその前で手を抜くのです。「ガッテン!」はそれができなくて五輪前に終わったのかもしれません。

 今朝「サンデーモーニング」を見ていたら、関口が「毎日新聞の大前さん」と繰り返しています。大前仁が出ているのです。大前仁は今は外信部の副部長です。モスクワ支局で長く勤務しました。しかしその前、私と同じ部署にいたのです。

――――(ここから)――――

 昨日の毎日新聞には、大前仁という記者の相当長いルポが載っていました。実は私は、大前仁と同じ部署だったことがあります。こんな珍しい名字がかぶるとは。私が子どものころ、大前という名字で知っていた有名人は大前研一とジャーナリストの大前正臣だけです。大前仁は大前正臣の息子だという説があります。確認はしていません。

――――(ここまで)――――

 ウクライナ情勢によって今後、元村有希子に代わって大前ばかりが出るようになるかもしれません。

| | コメント (0)

終わるビジネスの話

 今、メタバースで騒いでしますが、かつての「セカンドライフ」がどうなったか覚えていないのでしょうか。セカンドライフって今も存在はしてるんですね。

 この前、Amazonの商品リンクを張り付けましたけど、その作業をしていて、今月まででこれができなくなることを知りました。それに代わるものの説明がまったく理解できません。

――――(ここから)――――

 ジョージアのホットカフェラテのペットボトルが出始めました。私の記憶では、昨年これを駅の自動販売機で見たのは11月下旬だと思うのですが、今年はもう発見しました。

 これを見たのがJR東海の駅構内なのですが、この冬はJR東日本の構内では一切見ていませんでした。東京でも市中の自販機ではたまに見かけます。

 1月なかばごろから、東京の市中の自販機でこれが一斉に消えて、コールドでしか売られなくなりました。現在、自宅近辺で1カ所だけホットで売っている自販機を確認していますが。それも数日前に行ったら売り切れだったのでどうなるかわかりません。コカ・コーラにとってコスパが悪いのでしょうか。現在でも浜松駅構内では各自販機でホットで売っています。

――――(ここまで)――――

 浜松駅構内の自販機でも軒並み売り切れ表示になっています。もう補充しないということでしょう。しかし1カ所だけまだ売っている自販機を発見しました。それにしても、コンビニではいくらでも売っているのに、なぜ自販機では売りたくないのでしょうか。

| | コメント (3)

終わった後が大変

 昨日閉店した亀戸のセブンイレブンでかつて入手したポケモンエコバッグですが、割とすぐにボロボロになって使えなくなりました。

 閉店といえば、みずほ銀行の神田駅前支店が先々週をもって消滅しましたが、今日、神田駅前を通ったら、もともとあった神田支店の出張所であるATMがすごい混雑になっていました。これまで、ここのATMに客がいるのを見たことがありません。それが、近所に10台ぐらいあったATMが一気になくなったわけですからね。

 消滅といえば、全録ビデオで、常に消える直前の番組を見るので、2週間以上前の情報が入ってきます。関西の夕方のニュース番組を見たら、高梨のジャンプ混合にメダル期待というようなことを言っています。その後のことを知っているとすごく間抜けです。だいたい、テレビはあれだけ五輪五輪騒いでいたのだから、閉幕から2日ぐらいでワイドショーも一切五輪に触れなくなるのではなく、もっとやったらどうだ。そういえば昨年のパラリンピックは民放地上波が史上初の中継をしましたが、今回は一切やらないのでしょうか。

| | コメント (0)

後を見るのと後で見られない

――――(ここから)――――

 宇宙戦艦ヤマトの映画も見ました。前作が「さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち」がもとになっているのはわかりましたが、今回は完全にオリジナルストーリーっぽい。また1回では終わりません。前作同様、30分ずつの話を4本組み合わせた構成になっているので、テレビ放送もするのでしょう。今回から加わったキャラクターはみんな、今のアニメっぽい顔になっています。既存のメンバーも絵のタッチは多少違うのですが、なんか世代間対立みたいです。

――――(ここまで)――――

 この後編が公開されました。見ましたが、ここまでどんな話だったか覚えていません。それ以上にキャラクターがわかりません。今回の映画から出てきた人が大量にいて、整理できません。結末は、過去の映画ではこれがどうなったか描かれていませんでしたから、そういう風にすることは可能かと思いました。

――――(ここから)――――

 今夜は勤務後に下北沢に行きました。「2018年のテレビ、まるっと振り返ります」というトークイベントを見るためです。数カ月前に下北沢でクイズ作家のトークイベントに行って駅から出られなかったことを書きましたが、他にも書店でこういうことをやってるんですね。出演者は「てれびのスキマ」とか、国語辞典ナイトにも出る路線図の人などです。

――――(ここまで)――――

 このとき佐久間宣行が出ているのに私が書いていないのが驚きです。当時はまったく知られていなかったのです。それはそうと、この書店で先週金曜日に、この本に関する配信イベントがありました。

 見逃し配信が1カ月あるというので購入しようとしたら、イベントの開始前に購入しないとその後1カ月見られないということがわかりました。さらに一昨日、NHK文化センターで有名クイズ作家2人による配信の講座があって、1週間見逃し配信があるというのですが、これも生配信の時刻までに買わないとその後見られないことがわかりました。ロフトとかカルチャーカルチャーのイベントでは、イベント自体が終わっても見逃し配信期間には購入することができますが、やり慣れていないところではこういうシステムが作れていないのか。

| | コメント (0)

以前から変わったもの

 これが新旧のスコール濃いめです。

Skal

 一昨年こういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 JR東日本のスタンプラリーをやったことを書きましたが、亀戸駅に向かったら、スタンプがありませんでした。やることがないので駅周辺を歩いていたら、セブンイレブンのポケモンエコバッグが夕方になってもまだ残っている店を見つけたことはブログに書きました。それに続いて、やたら安くて大きい弁当がそろっている弁当屋を発見して、今度来ようと思ったのですが、先日のNHKの「やわらかアタマが世界を救う」の録画を見たら、まさにこの店が取り上げられていました。そのくらい有名な店だったのか。

――――(ここまで)――――

 この店のオーナーがタワーマンションの最上階を買ったことが「所さん!大変ですよ」で放送されていたことを書きましたが、今日、たまたま亀戸駅を通って時間が空いてしまったので、弁当屋を見に行きました。そしたら弁当屋ではなく、ポケモンエコバッグを入手したセブンイレブンの方が、明日で閉店することがわかりました。こんな店でもつぶれるか。近くにこの弁当屋があるから、セブンイレブンでは誰も弁当を買わないからだろうか。

| | コメント (0)

読者にはどうでもいい話

――――(ここから)――――

 スマホでDIGAを見ようとすると「再生できません 通信エラーが発生しました」というのが出ることがあります。これがどうやってもまったく復旧しないことがあるのです。実家にある機械を調べに行くこともできません。しかし、翌日まで待って、このメンテナンスがあると直る。そういう意味ではメンテナンスは必要かもしれません。

 今回、2日たってもつながらなかったのですが、実家でルーター代わりのロケーションフリーがハングしていました。これも数カ月に1回あります。

――――(ここまで)――――

 先週、スマホで実家のDIGAが再生できなくなったのですが、行ってみたら、土曜日の朝から本体がハングして何も録画していない状態になっていました。土曜日の番組(ロザンのクイズの神様とか)が録画できていませんでした。これも数カ月ごとに定期的にあります。

――――(ここから)――――

 近所の自販機の、スコールいちごミルク風味のあったスペースには、サンガリアのまろやかいちご&ミルクが入りました。この製品、駅のホームの自販機などでは160円で売っていますが、どんな安売りの自販機でも、この商品だけは絶対に100円になりません。

――――(ここまで)――――

 最近、100円自販機によく入っているのが「スコール 濃いめ」です。この商品、以前のパッケージはスコールの緑を濃くしていました。全然うまそうではありませんでした(日本茶製品でさえ、濃いと称して深緑にしているのがあると苦そうなのに)。最近ようやく気づいたのか、濃いクリーム色のパッケージになりました。

| | コメント (0)

やるわけにはいかない話

 「月曜から夜ふかし」では毎年年末に石原良純の年賀状を紹介する企画がありますけど、今年はやれるのでしょうか。

 今回の五輪も1秒も見ませんでした。ところで報道によると、日本企業は今回も五輪スポンサーについているけどCMは一切流さなかったそうですね。ということを書こうとしたら、その記事を先にコメントに書かれてしまいました。

 昨日の毎日新聞で報道されていたところでは、大学入学共通テストで不正をした女子大生は、アナウンサーになるために東京の有名大学に入る必要があったと供述しているそうです。すごいゆがんだ考えで、実際は無名の大学からキー局の女子アナになっている人も結構いますけど、報道のされ方によって、女子アナとはそういうものだと思い込んでるんですね。入試で不正行為をした方が女子アナになれなくなるという考えには及ばないわけです。

| | コメント (2)

経済活動の変更

――――(ここから)――――

 ジョージアのホットカフェラテのペットボトルが出始めました。私の記憶では、昨年これを駅の自動販売機で見たのは11月下旬だと思うのですが、今年はもう発見しました。ただし東京の自販機ではまだ見ていません(東京のコンビニには売ってる)。

 これを見たのがJR東海の駅構内なのですが、この冬はJR東日本の構内では一切見ていませんでした。東京でも市中の自販機ではたまに見かけます。

――――(ここまで)――――

 1月なかばごろから、東京の市中の自販機でこれが一斉に消えて、コールドでしか売られなくなりました。現在、自宅近辺で1カ所だけホットで売っている自販機を確認していますが。それも数日前に行ったら売り切れだったのでどうなるかわかりません。コカ・コーラにとってコスパが悪いのでしょうか。現在でも浜松駅構内では各自販機でホットで売っています。

――――(ここから)――――

 ATMの入り口に張ってあったのが、例えば10150円入金するときに、1万円札と150円を入れると手数料を取られるが、1万円札と1000円札を入れて金額指定でおつりの850円を出せば手数料がかからないというのです。なんだと! これまでゆうちょ銀行の硬貨手数料導入についてあらゆる情報を読んできましたが、こんなことはどこにも書いてありません。他の郵便局でも一度も見たことがありませんでした。

――――(ここまで)――――

 これができるのは平日の日中だけです。ゆうちょ銀行は硬貨手数料以前に、1月17日から夜間や休日はATMで硬貨が扱えないようになりました。

 マクドナルドでd払いをしようとしてできないことに気づくのがよくあります。そしたら最近、マクドナルドのカウンターにドコモがわざわざ、レジではd払いは使えない、使えるのはモバイルオーダーだけというPOPを設置するようになりました。そしてモバイルオーダーでd払いを使うキャンペーンを始めましたね。そんなことにコストをかけるなら、レジでd払いを使えるようにすればいいのに。

| | コメント (0)

TBSラジオのメディア

――――(ここから)――――

 ふと気づいたのですが、「TBS RADIO Press」を見かけません。それで調べたら、やはり昨年度をもってなくなっていたことがわかりました。しかしそれに代わるメディアは出ています。これまでB5の冊子だったのがタブロイドになったようですが、その設置場所というのを見ると、関東の私立大学の中にしか置いていないのです。これまでのラジオプレスは地下鉄の一部の駅やイトーヨーカドーだったのに。今のご時世だと私が取りに入れません。

 この冬に、TBS RADIO Pressの最終号が新橋郵便局に置いてあるのを確認していました。おそらく局員にTBSラジオリスナーがいて個人的にやっているのではないかと思います。今日、新橋郵便局に行ってみたら、新メディアが大量に積んでありました。

――――(ここまで)――――

 毎号、新橋郵便局まで取りに行っていましたが、TBSの直近の赤坂一ツ木通郵便局にあるのを発見しました。

 こんなツイートが流れてきました。

――――(ここから)――――

佐藤治彦@毎日新聞絶賛!「急に仕事を失っても、1年間は困らない貯蓄術」(亜紀書房)1200円+税 2021年6月23日
30代の終わりに東大の社会情報研究所に入りメディアの勉強を2年間した。その時に #立花隆 さんの授業があると知り若い学生の中に潜り込んだ。事務所にも何回も出かけ、色々と話した。一度フランスのワイナリーに誘われたが行けなかった。原稿に赤も入れてもらった。感謝。お悔やみを申し上げます。

――――(ここまで)――――

 我々の学生時代に佐藤治彦が社情研に来ていて、方にまでうさん臭いと言われていたわけですが(これ以降、佐藤の著書には東大卒と入っている)、講師の立花隆とそんな関係になっていたのか。ちなみに私がTBSラジオを聞くようになったのは、松本ともこの新番組に佐藤が出ると知ったからです。その後、小島慶子、赤江珠緒と20年以上昼のTBSラジオを聞き続けています。

| | コメント (0)

3年ぶりの鉄道イベント(その3)

 今日の朝刊は五輪で日本だけが騒ぐネタが重なりましたが、朝日だけが五輪を1面トップにしていませんでした。東京は例によって金メダルの写真だけ載っています。

 さて、鉄道イベントです。

――――(ここから)――――

 昨年の三江線など各人の旅行のリポートのほか、高輪ゲートウェイのような駅名を本来の国鉄に戻すコーナーとか(越谷レイクタウン→越谷湖畔とか)、「持論公論」のセットは明らかに中央線189系の色と同じで、鉄オタがつくっているのは間違いない、その証拠にエンディングは必ず東京駅の映像とか、「鉄道人狼」とか(各人の役職をすべて鉄道関係者に置き換えてる)。

――――(ここまで)――――

 今回の企画としては、消しゴムはんこで鉄道車両をつくる人が、途中まで押した状態で形式を充てられるかというクイズをやりました。

――――(ここから)――――

 もう終了時間になっているのに、今からエアトレイン大会をするそうです。客の中に、舞台に出るつもりで準備している人が何人もいることがわかりました。年末に相哲、じゃない相鉄がJRに乗り入れたときを想定した車内放送がおもしろかった。結局、1時間ぐらい延びました。

――――(ここまで)――――

 今回、21時に絶対に終わらないと東京カルチャーカルチャーがつぶれるというので、本当に時間厳守でやりました。パンデミックの時代になってよかったことは、この手のイベントがダラダラと引き延ばされることがなくなって、後の予定が立てられるようになったことです。

| | コメント (0)

3年ぶりの鉄道イベント(その2)

 毎日新聞の夕刊の1面トップがずっと五輪の読み物だと書きましたが、先日から逆に、夕刊1面の読み物から五輪がなくなりました。読者の評判が悪かったのでしょうか。

 さて、鉄道イベントです。

――――(ここから)――――

 私の目的は横見浩彦です。「鉄子の旅」の第3作の連載が今月で終わることがわかって、それについての話を期待していましたが、多くは語りませんでした。鉄子に関連した企画は今後もあるようですが、第4作なのかはわかりません。京急百貨店での年末のイベントにも、昨年は非常に久しぶりに鉄子メンバーが出ませんでしたし。そしてまた南田裕介がいます。私が2015年に近鉄百貨店橿原店で初めて南田を見たことを書きましたが、そのときは、人生で二度と南田に会うことはないだろうと思っていました。それが年に10回近く、南田を見るようになっているとは。

――――(ここまで)――――

 南田は今回も来ていました。そして横見ですが、病気になってここ2年ほどまったく鉄道旅行ができなくなっていたらしい。それが退院したばかりで、電話出演していました。今回ここに来た理由の一つが、鉄子の旅について何か新展開があるのではないかということでしたが、そういうのはありません。

 それよりも、鉄子の旅の元編集長(すでに小学館を退社している)はスイッチバックのマニアで、木次線(今走っている観光列車が廃止予定で、次が正式に決まっていない)の出雲横田駅のスイッチバックを観光資源として活性化させるために、横田町(現・奥出雲町)に住むというのです。吉本興業の住みます芸人かと思いました。

| | コメント (0)

3年ぶりの鉄道イベント(その1)

 今日の朝刊は、産経だけがスピードスケートの銀を横見出しで1面トップにして、他紙は1面ではあるが扱いが小さい。そして東京新聞は1面に五輪が載っていません。代わりに五輪をテーマにした風刺画をわざわざ1面に掲載するという念の入れようです。

 さて、ちょうど3年前にこういうイベントに行っていました。

――――(ここから)――――

 先週日曜日に東京カルチャーカルチャーで鉄道のイベントに行ったのを書き忘れていました。たまたまこの日が暇でカルカルのイベントを調べていたら見つけたのですが、すでに24回目らしい。鉄道をネタに音楽をやっているスーパーベルズが主催です。私は、この野月と静岡のホームライナーで乗り合わせたことを以前書きました。

――――(ここまで)――――

 先週土曜日にこのイベントがあるのに気づいて行きました。知らないうちに27回目になっています。今回は配信もありますがカルチャーカルチャーに行きます。

――――(ここから)――――

 「スッキリ!」の気象予報士があそこまでの鉄道マニアとは全然知りませんでした。私は、前任者が逮捕されて急に出演するようになった人という印象しかありません。

――――(ここまで)――――

 この人は今回も自作の鉄道模型を大量に持ってきていました。そして「前パン」のマニアで、自分の税理士事務所のホームページ(この人が気象予報士で税理士でもあるということを初めて知った)にそのことばかり書いているそうです。前パンとは、先頭車の前側にパンタグラフがついている電車です。

| | コメント (1)

行ってみて知ったこと

 先週末に亀有に行ったら、NHKの「街録」の撮影をしていました。商店街の空き店舗の中にビデオ会議システムを設置して、スタッフが呼び込むのではなく、話したい人が自分でカメラの前に立ってくれという形式なのです。今、街頭インタビューができなくなって、そういうやり方になってるんですね。そういえば、「チコちゃんに叱られる!」で、以前は街頭で問題を出していたのがリモートになっていますが、あのリモート画面に出てくる一般人をどこでどうやって調達しているのか不思議です。別に必要ないと思うんですけど。

 今日、千葉県のある郵便局に行きました。先月17日から硬貨の取り扱いをはじめとしてあらゆる手数料がかかることについて異常に警告しています。無料での硬貨の両替は14日の午後4時までにやるようにとか(もう1カ月たっているが)。そんな中、ATMの入り口に張ってあったのが、例えば10150円入金するときに、1万円札と150円を入れると手数料を取られるが、1万円札と1000円札を入れて金額指定でおつりの850円を出せば手数料がかからないというのです。なんだと! これまでゆうちょ銀行の硬貨手数料導入についてあらゆる情報を読んできましたが、こんなことはどこにも書いてありません。他の郵便局でも一度も見たことがありませんでした。実際にやってみたら、確かに手数料なしで硬貨を手に入れられました。こんな重要な情報をどうしてどこの郵便局でも掲示しない。ちなみにみずほ銀行の支店にあるATM(ATMコーナーだけのところのATMは対象外)でも、平日の日中以外は硬貨を入出金することはできませんが、1000円札を入れて金額指定のおつりという形では硬貨を手に入れることができます。

| | コメント (0)

意外な載り方をする人物

 「Chance!!」という、刑務所や少年院の出所者専用の求人雑誌があることを知りました。最新号はネットでも読めるのですが、ピエール瀧のインタビューが載っています。逮捕のことを全面に出している内容でおもしろい。自分はもともとこういう人間で、逆に俳優などで持ち上げられすぎたとか、いまでも電気グルーヴのファンはちゃんと金を出すからやっていけるとか、大きい事務所に入ってから知り合った人は助けてくれなかったとか。自分が逮捕されたとき、その後の人生をどう振舞うかというのは私の課題でもあります。

 今週の週刊現代に、なんと小野文恵特集があります。「ためしてガッテン」の過去の有名な回の内容を勝手に載せて、さらに小野がいかにすばらしいかということを書いているのです。これまで女子アナを取り扱ってきて小野のことなんて全然書いていないのに今さらどうした。週刊現代の読者層にいかに訴求するか今になって気づいたのでしょうか。

| | コメント (0)

今度はジャズライブ

 前から行ってみたいと思っていたのが高木里代子のライブです。グラビアアイドルみたいなすごい露出の大きい衣装でジャズピアノを超絶技巧で演奏します。今年から「THE TIME,」のピアノ演奏もやっていますね(普段とまったく違う服装で演奏してる)。これまでどうも行く機会がなかったのが、今週の木曜日にあることがわかった直後に当日出勤する予定だった仕事がなくなって、急に行けることになりました。

 会場は六本木駅からすぐのところです。ビルの5階にあるフレンチレストランがライブハウスになったもののようです(現在はこのご時世で、本格的な料理を出していない模様)。もともと六本木は東京23区の中で最も嫌いな場所でまったく行かないのですが、会場の場違い感がすごい。他の客が全員、会社経営者みたいな風貌に見えます。確かチケット代が4500円でプラス1ドリンク以上という、ロフト9とかカルチャーカルチャーと同じシステムですが、本当にぼったくられないんだろうな。

 配信もあったのですが、やはり生で見ないといけません。しかも会場に行った人には個人宛ての手書きのメッセージがついたチョコレートが渡されます。肝心の演奏の方ですが、あのレベルになると、すでにある楽譜をうまく弾くとかではなく、高木が演奏したものが正解になるのだろうと思いました。トークが意外に落ち着いています。たまにテレビで見るときと印象が全然違います。

 後半は会場から10曲のリクエストを受け付けて即興でメドレーにするというものです。アニソンとかリクエストする人がいませんでした(YouTubeでラムのコスプレでうる星やつらを弾いたりしてる)。21時になったらきっちり終わります。最近これが厳しいようです。以前のようにトークライブなどでダラダラ延長することがなくなって後の予定が立てられるのはこちらも助かります。

| | コメント (0)

ここだけが対応が違う

 日本のほとんどの都道府県にまん延防止等重点措置が適用されている中、奈良県は対象外なので、実家最寄りの吉野家は、今でも24時間席で食べられますし、から揚げも23時まで出ます。

 昨日、五輪で日本人が金メダルを取って、今日の朝刊は、産経・読売はもちろん1面トップの横見出し。毎日も初めて横見出しになって、朝日は読み物レイアウトだけど横見出しです。しかし毎日と朝日は女子フィギュアのドーピングがくっついていて、朝日はこちらの見出しの方が目立ちます。そして東京新聞が、下の方に小さい写真が載っているだけです。羽生のときと同様、写真説明の文章がついているだけで見出しもありません。これはすごい。ちなみに社会面でもトップではありません。東京新聞は完全に社の方針として、五輪をまともに扱わないことにしているわけです。心ある人にはこれが支持されるということでしょう。

| | コメント (0)

昨日の結果が出た今朝

 今日の朝刊は、五輪の男子フィギュアで日本が2、3、4位だったことについて、読売が1面トップ横見出し、毎日が1面トップ縦見出し、朝日が1面トップで読み物みたいなレイアウトと、見事にパターン通りです。そして産経は、この前の他紙を見て失敗したと思ったか、横見出しだけど1面トップから外していました。また産経だけ扱いが違うことになりました。東京新聞は羽生の写真だけ1面に出していました。そういえば夕刊1面は他紙が五輪をやらない中で毎日だけがすべての日に五輪の選手のドキュメントを1面トップにしていて、他との乖離が目立っています。

 昨日の夜にブログを書いていてあることに気づきました。パソコンの充電が減っていっています。ACアダプターを接続しているのにまったく充電されていないのです。再起動したり電池のリセットをしたりしても変わりません。買ったばかりでもう故障か。しかもパソコンの問題なのかACアダプターの問題なのかわかりません。付属品のACアダプターは修理の保証対象になってたっけ。ACアダプターの修理だとすると、その間、電池がなくなってパソコンが使えなくなるのか。TYPE-Cにつないで充電できる方法はあるのか。ACアダプター自体を買うと高いからケーブルでUSBにつなげないのか。とか考えていたら、翌朝になったらなぜか充電できるようになっていました。

| | コメント (0)

驚きの発見2題

 実家の全録ビデオの番組表を見ていて、「内村さまぁ~ず」が関西テレビでもやっていたことを発見しました。これまでまったく気づいていませんでした。MXより放送が先行している可能性があるので、赤江珠緒の回がもう終わっているかもしれません。

 NHKの新年度の番組編成で、「ガッテン!」が終わるだけでなく、「高橋源一郎の飛ぶ教室」が小野文恵でなくなることがわかりました。そしたらなんと、小野が広島放送局に異動だというのです。25年ぐらい東京に居続けて、世間一般からも特別扱いとみられていた小野がついに! それにしても、NHKの番組編成方針の文書に、一アナウンサーである小野が広島ということがわざわざ書かれているのです。「家族に乾杯」は、東京に来て収録するようです。これって入局間もない女子アナを全国ネットで使いたいときにやるパターンじゃないか(久保田祐佳も桑子真帆も地方局勤務のまま東京でレギュラーを持ってた)。

| | コメント (0)

昨日見て動く

――――(ここから)―――― 

 久野はたまむすびをかなり聞いているっぽいことが最近のツイッターで明らかになりました。

 聞いているどころか、久野はたまむすびの超ヘビーリスナーでした。先週は、TBSを通りかかったと言って、たまむすびのスタジオにお歳暮を持って行ったらしい。

――――(ここまで)――――

 久野知美は今週は九州で仕事しているはずなのに、昨日の赤江配信をリアルタイムで見てツイートしていました。

 昨日、御徒町から秋葉原の方に向かって、みずほ銀行の上野支店を通りかかったら、来週から稲荷町支店がここに移ってくるという掲示が出ています。要するに稲荷町支店の実質的な廃止です。またみずほの店舗がなくなるのか。それで今日、稲荷町支店に行ってみました。今週は金曜日が祝日なので、明日までしか営業しません。稲荷町支店と上野支店は地下鉄で3駅近く離れているので、これまでの顧客には相当不便になるでしょう。入り口のところに、これまでありがとうございましたとして大量のポケットティッシュが積んでありました。代替となるATMコーナーは少し離れたところにすでにできていて、機械も設置されています。支店廃止後のATMコーナーとしては大きい。支店の廃止より早く明日から稼働するようです。

| | コメント (0)

赤江の出るのを見逃すか

 昨日、寄り道せずに22時には家に帰っていなければいけないという意識だけがあって、なぜそうなのかまったく思い出せなかったのですが、内村さまぁ~ずであったことに24時前に気づきました。

 今夜はTBSラジオがやる玉袋筋太郎の配信に、赤江珠緒が出ました。これはきっちり見ました。放送でないだけに、小林悠の話とかピエール瀧の薬物の話とか前の番組の小島慶子の話も出ます。もともと番組名を決めるのに「赤帯」という案があったという話はすでに出ているのですが(玉袋も本名が赤江なので、ひるおび!にあやかって赤江の帯というのと、柔道で黒帯よりさらに上というので)、番組制作発表の記者会見の直前まで赤帯で決まっていて、最後にプロデューサーに呼び出された赤江珠緒が難色を示して「たま」の方を使うタイトルになったそうです。

| | コメント (0)

五輪紙面の変化

 「内村さまぁ~ず」の赤江珠緒は後編があるということを今日知って、帰ったらMXを録画しなければと思っていたら、NHKオンデマンドで今日消える番組で見ておかなければならないものを発見して再生しているうちに完全に忘れました。

 五輪は、昨年の大会を境に、喜んでいればいいというものではなくなって、今回はテレビは業務なので騒いでいますけど世の中がついていっていない感じがします。日本選手最初のメダルについて、全国紙で1面トップにしたのは産経だけでした。去年あれだけあおった読売さえ小さい見出しです。しかし昨日行った東北地方では、各地方紙が1面トップで扱っていました。中央と地方の感覚の差が表れています。そして日本が金メダルを取るとどうなるか。今日の朝刊は、4紙が1面トップです。産経と読売が横見出しで典型的なあおり。毎日は縦見出しで抑制しています。朝日はさらに、その事実自体は1面トップですが、読み物みたいなレイアウトにして、扱いは大きくないというのを前面に出しています。
 そんな中、注目すべきは東京新聞です。「五輪開会式」も「日本選手金」も朝刊1面に載せていないのです。もはや五輪を1面で扱うことはイデオロギー的に右のことで、東京新聞はくみしないという姿勢を打ち出しています。

| | コメント (0)

らすととれいゆ

 この春のダイヤ改正で消える列車はいろいろあります。小田急のVSE(白い特急車両)には先日乗ってきました。あと、相模線から八王子までの直通がなくなるそうなので、これも乗ってきました。そして今回は「とれいゆつばさ」です。山形新幹線の車内に足湯があるやつです。廃止の発表以降、なかなか行く機会がなかったのですが、昨日の夜にえきねっとで調べたら、今日の便に空きがあることがわかりました(次の週末はすべて満席)。それで急いで出発して、昨夜は宇都宮市まで行って快活クラブに泊まりました。そこから始発に乗ってようやく福島を10時の列車に間に合います。

 この列車は在来線ホームから出ることがわかりました。お座敷席がとれたはずでしたが普通の座席でした。といっても、座面は畳です。足湯はさらに料金が必要で時間指定制で、どうやって券を買うのかもわからなかったのでやめました。しかし最後の停車駅を出てから足湯見学ができるようになっています。

 新庄からは陸羽東線と東北本線で帰ってきました。陸羽西線は雪のため全面運休です。今日は大雪で各地の交通が止まっていて、ギリギリ動いているところの境目を通ってきた感じです。栃木から福島、山形に向けて一気に積雪が増えていて、新幹線から見た陸羽東線は完全に雪に埋まっていました。あのくらいだと列車は走れるんですね。陸羽西線はもっと動けないくらいの雪ということか。

| | コメント (0)

自由に取れるメディアで知る

 駅に置いてあるSUUMOの新築マンション冊子に、「魅惑の図書館 本のある街」という特集がありました。持って帰って読んだら、王子でかつて住んでいたところの直近に「北区立中央図書館」というのがあったことを知りました。あのレンガ造りの建物、昔の工場か何かの廃墟だと思っていて、近づこうとも思っていませんでした。10年以上住んでいたのに知らないことはあるものです。

 昨日、武田砂鉄がラジオで、前日の読売新聞に「TBSラジオ公式読本」についてのインタビューが載っていると言っていました。私は近所のアパホテルで読売新聞が自由に取れるようになっていて、通りかかったときは持って帰るようにしているのですが、たまたまその日のはあります。ラッキー。本文に「リスナーの方が『TBSラジオはこうあってほしい』と強く考えているのではと語る」とあります。武田は言ったか覚えていないとのことですが、これって今のTBSラジオがおかしくなっていることを読売側が言外ににおわせているのだろうか。この本で書かれているTBSラジオは本当におもしろかったわけで、それがFMリスナーへの迎合のようなことを繰り返して、経営的にもどうなっていくのか。 

| | コメント (0)

新しいラジオ

 今週から携帯ラジオが使えなくなりました。イヤホンが奥まで入らないのです。イヤホンの穴に何かが詰まったような状態になっています。週末の間、服の胸ポケットに入れていただけで、物が入る余地はないはずですが。買ったのは昨年1月のはずなので、修理をするのにも保証期間がちょうど終わったところです。

 新しいラジオを買うことを考えて、家電量販店で見てみました。ラジオのコーナーは小さくて品ぞろえが悪い。どうも今人気が高いのはソニーのモデルで、どこでも買えなくて予約になっています。ある店では受注から4週間と書いてありました。今必要なのに意味がありません。それで意地になってそこらじゅうの量販店を見てみたら、新宿西口のビックカメラには在庫がありました。こんな都心に残っているとは、探してみるものです。

| | コメント (0)

飲料自販機でメリット

 この前、ダイドーの自販機で130円のコーヒーを200円で買って、当たらなかったと思ったら、おつりが10円玉6枚と50円玉1枚が出てきました。入れ間違いでしょうか。こういうのは初めてです。

 今回のオリンピックが異常に報道量が少ないことについて、ふと気づいたのですが、去年はあれだけ騒いでいたコカ・コーラが何もやっていません。COKE ONで去年は、聖火リレーの通る県で買うともらえるスタンプとかパラリンピックの開催日1日ごとに買うと違うスタンプとかあったのに、今回、何のキャンペーンもやっていません。日清食品は冬季五輪のときには毎回、カップヌードルとどん兵衛とU.F.O.の共通の白いやつを出していましたが、今回、そんな気配もありません。五輪に合わせてキャンペーンをやっている企業はどこもありませんね。昨年の五輪で、企業が宣伝を狙ってかかわるのはリスクということが明らかになったので、もっとよくない要素がある今回の五輪には誰も手を出さないのか。

| | コメント (1)

国のいい加減な政策

 布マスクへの国民の申し込みが2億8千万枚で在庫より多いというのは、「ネットでクリックすればタダで送ってもらえるんだから、国の歴史に残る無駄遣いの記念として一つもらっておこう」ということでしょう。私もそういう気持ちで申し込みました。ちなみに私のところには、マスク本体はものすごく早く届きました。「今日から配布が始まりました」という報道から2日か3日後にポストに入っていました。すぐ近所でも1カ月以上たってからたまたまマスクが配達されるのを見かけたことがあるので、よほど選ばれた場所だったのでしょう。しかしマスクを実家に持って帰ったら捨てられたようでした。

 月曜日の「視点・論点」に須藤修が出ていました。これは見ておかないといけません。一応説明しておくと、我々の学生時代に社情研の教官だった人です。今は中央大の教授だそうです。ということは、須藤と松田美佐は同僚なのか? デジタル社会について話していました。その内容から、政府寄りの審議会とかやってるっぽい。それにしても、これを録画しなければ、赤江珠緒の内村さまぁ~ずをもっと長く録画できました。

| | コメント (2)

1月末に出るメディア

 昨日、MXテレビで「内村さまぁ~ず」の赤江珠緒の出る回が放送されましたが、録画に失敗しました。昨日は休みで東京にいなかったのですが、ビデオデッキのハードディスクを数時間空けておいたはずなのに、7分しか録画できずに残量が0になっています。実家で「噂の!東京マガジン」のろくがに失敗するのと同じパターンです。別の番組のハードディスクへの移動が終わったように見えて終わっていないと考えられます。

 アシェットの分冊百科の「パズルコレクション」がついに完結しました。1号は2017年春でした。

――――(ここから)――――

 先週、これを買うことにして書泉グランデに行ったら表に「第1号は品切れ。第2号発売中」というのが出ています。しまった、もう2号だったか。でも分冊百科ならたいてい、売れ残った前の号のも売っているので、探すことにします。
 ところがどこにもありません。探す書店探す書店、すべて2号のみです。こういうのは小さい書店が狙い目ではないかと思い、実家周辺の書店に行ったり、亀有駅前の、いかにもエロ本で収益を得ていそうな書店にも行きますが、いずれも2号しかありませんでした。ちなみにアマゾンだと新品が定価の数倍の値段になっています。
 しかし今日、書泉グランデにかなり近い書店でひょっこり1号を見つけました。この書店は昔から知っていますが、カウンターの老夫婦がものすごく万引きを監視している感じで、一度も買ったことがありませんでした。今後は2号、3号とだんだん値段が高くなっていきますが、これからはバックナンバーが売れ残っていくのではないでしょうか。

――――(ここまで)――――

 この書店はなくなって、入っていた建物が解体されました。パズルコレクションは号を重ねるごとに置いてある書店がだんだん減って、私の入手先も次々変わりました。静岡の店まで行っていたこともあります。それに続く2020年初めごろは浜松町駅に直結した大書店で入手していましたが、この書店もなくなって、入っているビル自体が解体されるようです。最後は、紀伊国屋書店の新宿本店とグランフロント大阪店以外ではどこにも見つからないようになりました。130号まで買った人は何人いるのでしょうか。

| | コメント (0)

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »