« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

ねつ造と人生

 BSプレミアムの「アナザーストーリーズ゙」の、旧石器発掘ねつ造の回の録画をようやく見ました。毎日新聞の私の同期が取材されています。エルサレム支局にいますが、当時はエルサレムまでいちいち収録に行けてたんですね。以前にも書きましたが、当時、勤務をつける人が会社の上層部に「この日は非常に重要なニュースがあるから、それに合わせた布陣にするように」と言われて、私が当日の紙面全体の統括と1面を担当することになっていました(私自身そのことはまったく知らない)。ところが掲載前日になって急遽1日前倒しすることになって、休みだった私はこの報道に一切かかわれませんでした。代わりに1面を作ったのは元村有希子で、まさにこういうものを持っている人間だということがわかります。元村は石器を埋めるビデオも見たそうです。

 ところで番組の後半にいきなり丸山ゴンザレスが出てきました。考古学者を目指していたが、自分の出身地であのねつ造事件が起きた影響で、考古学の道に進むのが困難になったそうです。この人がその後、「クレイジージャーニー」のねつ造に巻き込まれることになるとは。

| | コメント (0)

番組表の異常

――――(ここから)――――

 また全録ビデオでNHK総合が、11月30日の「鶴瓶の家族に乾杯」の後から翌朝まで録画が止まっているのに気づきました。NHK総合の夜間以外では一切発生しない現象です。この間で何か見る必要のある番組があったか調べたら、「不可避研究中」を久しぶりにやっていました。これまでは再放送がありましたが、年末だからどうなるか。

――――(ここまで)――――

 不可避研究中は1月になってから再放送されました。一方で、1月18日と19日の夜に連続してNHK総合の録画が止まっていたことに気づきました。18日は「サラメシ」の後から10時間近く、19日は「所さん!大変ですよ」の再放送の後から3時間ほどで、どうしてこの差が出るのかもわかりません。

 昨日、ラジオがかかっている職場で働きました。勝手にチューニングをTBSラジオに合わせて一日中聞いていたのですが、夜7時からの藤田ニコルの番組で、つき合っている男が自分のパンツをくれと言うという女に電話していました。パンツをオカズにするといいます。土曜の午後7時のラジオはすでに深夜のノリか。しかし前の前の18時からの番組は司馬遼太郎の朗読で、田中みな実をはさんでこれで、次の番組はSDGsで、さらに創価学会の名言の番組が続いて、ダイアンの番組があります。これ、土曜日の夜にTBSラジオをずっと聞く店とかドライバーとかはいるのか? 30分ごとにあまりにターゲットがバラバラです。今、テレビ界では縦の流れという編成をやっていますが、TBSラジオは平日のワイド番組以外は編成がいい加減であることに気づかされました。これが凋落の原因か。

| | コメント (1)

本当に始まるのか

 ついこの前オリンピックだったのに、わずか数カ月でまたオリンピックというのに世の中が納得いかないようですが、1992年まではずっとこんな感じだったことを忘れています。それにしても、今回の五輪は恐ろしいほど、開始前にあおる報道がありませんね。キー局のアナウンサーが北京入りしたというツイートを見て、本当にテレビは準備してるんだと思ったくらいです。昨年以降、オリンピックは喜ぶものではないという空気が定着したのか。そういえば

――――(ここから)――――

 あと、有楽町駅前の建物は完全に廃墟みたいですが、屋内のオリンピック垂れ幕だけは依然として残っているようです。

 先日、ここの前を通ったら、スーツを着た大人が5人ぐらい輪になっていました。持っている書類を見ると、2020アーカイブなんとかと書かれています。もしかして、ここをオリンピック記念ルームか何かにしようとしているのか?

 今朝ここを通ったら長蛇の列ができていました。五輪マスコットと写真が撮れるようです。そして昼に見たら、五輪グッズのファイナルセールとして開いていました。最初からこうやって何回もオープンさせることを狙っていたのか。まだ中に入っていませんが、前回よりは販売スペースがかなり縮小されているように見えました。

――――(ここまで)――――

 この建物は年明けとともに工事の塀で囲まれました。しかし五輪関係施設であり続けることには変わりないようです。

| | コメント (0)

クイズ作家講演

――――(ここから)――――

 昨日はNHK文化センターで小島慶子の講演に行きました。今度はリアルです。先日の平山泉と飯間浩明のに行ったときにチラシを見つけました。

――――(ここまで)――――

 今日はこれ以来のNHK文化センダーでした。毎回同じ部屋です。今回は有名クイズ作家の講演でした。オンラインだけだと思って申し込もうとしたら、会場で受講するチケットも販売されています。本来は旅行先からリモートで見る予定だったのですが、これは現場に行かなければなりません。

 会場で受講しているのは4人だけです。講師の話はだいたい知っていることが多い。というか向こうも私がいるのでプレッシャーを感じていたようです。向こうは現在、私のブログを読んでいないことが明らかになりました。でもブログに書くなと言われます。私は以前、この人に書くなと言われて削除したことを、1年後ぐらいにこっそり復活させたことがありますが、今回も読んでいないのなら書いても文句は言われなさそうですが。そういえば、現在高校生クイズストーカーに書いていることは、配信の主催者から抗議を受けてもおかしくなさそうなのに、そういうのはこれまで一切ありません。クイズ界で注目されていないことで、逆に何を書いても大丈夫というメリットがあります。

| | コメント (0)

番組が消える話

 コカ・コーラからスコールマンゴーが出ていたが、南日本酪農自身が出すスコールマンゴーを発見したと書こうとしたら、すでに10月に同じことを書いているではないか。

 

――――(ここから)――――

 

 うちの全録ビデオはNHK総合がときどき深夜に消えますが、民放に比べて残る期間がやたら長い。特に何か設定したわけではないのに。それで油断していて、「日本人のおなまえ」の年内最後の放送とその週の「チコちゃんに叱られる!」を保存するのを忘れました。

 

――――(ここまで)――――

 

 今度は同じように油断して、9日の「ナニコレ珍百景」を保存するのを忘れて消えました。そういえば、「噂の!東京マガジン」は2週連続で録画に成功しています。

 

 「ガッテン!」が来週で終わることがいきなり発表されましたね。3月に放送せずに冬季五輪前にやめるとは予想外でした。単に会長の思いつきでやめるのでしょうから、取材しててお蔵入りになったネタとかあるのではないか。最後は総集編かと思ったら、普通に目のかすみについてやるそうです。そういえば「ためしてガッテン」の第1回は体のツボについてでした。実験のために山本志保が水着で出ていました。今、女子アナを水着で出演させるような企画は絶対通らないでしょうね。というか当時のNHKで通ったことが驚きです。

| | コメント (0)

短いネタばかり

 マクドナルドのナゲットのセットのクーポンは今日はありました。

 書くのを忘れていましたが、水島新司死去を毎日新聞だけが1面に出していました。そのレベルの漫画家と判断したのか。個人的に発言力のあるマニアが整理にいたのかと思います。

 「ニュースキャスター」がビートたけしから三谷幸喜に代わるそうですが、先日、久しぶりに元村有希子が出ていました。冷凍食品のコーナーで元村が、勤務が不規則で一人暮らしなので冷凍食品は必須というようなことを言っていて、離婚していることを隠しもしないんだなと思いました。そういえば元村ががんで闘病していたというのは最近まで知りませんでした。

| | コメント (0)

テレビに出していい人なのか

 先日の「徹子の部屋」のゲストが徳光和夫とみのもんたで、みのは徳光のように日本テレビに入りたかったが、自分の年はアナウンサーの採用がなかったという話をします。それで息子をコネで日本テレビに入れて事件を起こして解雇されるのかと思ってしまいましたが、途中で羽鳥慎一が乱入してきて、みのの長男の結婚式の司会をやったと言います。あっさりその人物に放送で言及した。

 先日のDMVのとき高知県で入った郵便局に「ステラ」が置いてありました。NHKアナウンサー名鑑の1週目です。小野文恵がアナウンサーになって最も印象に残った一瞬は、まだこれから最高の一瞬に出会うつもりなので書かずにおきますだそうですが、出田奈々がちゃんと顔写真が載っているのが違和感がありました。以前にも書いていますが、自民党の国会議員と結婚してから一度もテレビで顔を出していないはずです。一度だけEテレの番組の出演がありましたが、演出で出演者の顔だけすべてCGで隠されていました。今回の名鑑によると、仕事はナレーションとラジオの「ことば力アップ」の制作業務だそうで、やはり顔を出していません。

| | コメント (0)

関西の現場に再び

 12月初めに、兵庫県の山の中にあるショッピングセンターに行きました。仕事の関係で、行く義務はなかったのですが、取材に際して確認したいことがあったためです。帰るときに、こんなところに来ることは一生ないだろうと思いました。ところが先週末、某鉄道タレントのイベントで、またここに来ることになりました。まさか翌月に戻ってくるとは。

 大阪で精神科の入ったビルが放火された事件ですが、ニュースで映る現場はどこなんだろうと思って現地で確認したら、何百回も前を通っているところではないか。大阪駅の直近で、毎日新聞大阪本社の跡地にできた堂島アバンザのすぐ横です。ニュース映像だと巨大ビルに見えますがそれほどでもありません。1階の紳士服店は、そこ自体は被害がないものの無期限休業になっていました。

| | コメント (0)

食べ物の店の現状

 マクドナルドのポテトがSサイズのみになったことで、アプリでのクーポンで、おそらく史上初の、サイドメニューがナゲットのセットのクーポンが出ていました。私はマクドナルドのポテトが好きでもないので、バリューセットはナゲットしか選ばないのですが、クーポンで安くしようとすると自動的にポテトになってしまうのがいやでした。しかし、昨日使って今日見たらもうありませんでした。

――――(ここから)――――

 以前、亀戸にある、24時間営業で安くてメディアの取材が殺到している弁当屋について書きました。

 各局の取材が殺到しているらしいですが、昨日は「ニュースキャスター」で特集されていました。もともとそんな有名な店でもなかったのが、今の状況になってから店内をYouTube配信するようになって知られるようになったそうです。

 先日、深夜に終電がなくなって御徒町を歩いていたら、この店の支店ができているのを発見しました。店員に聞いたところ8月からやっているそうで、まったく知りませんでした。

――――(ここまで)――――

 「所さん!大変ですよ」を見たら、昨年支店を2つ出したそうです。そして経営者は店内配信の結果大もうけで、タワーマンションの最上階に住むようになったとして、その内部の画像をわざわざ映していました。NHKがそんなの放送する必要があるか?

| | コメント (0)

あっさり明かす

 「ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯 新春スペシャル」をようやく見ました。「ごごカフェ」のスタジオに行って、NHKラジオを聞くかと言われたタモリは、ラジオ第2の気象通報と答えます。小野文恵も最近まで読み上げていたそうです(今は自動音声になった)。気象通報といえば「モッポでは」です。そしたらタモリが気象通報のものまねを始めていきなり「モッポでは」。やはりタモリにとっても気象通報はモッポだったか! モッポは韓国の都市で、日本中の地点の気象情報を読み上げた後に出てきます。

 番組の後半は街に出ますが、神南小学校の生徒に出会って、勉強して東大に入るというような話になります。すると小野文恵が「私は東大です」。えーっ! こんなあっさり、小野が東大と言った。基本的にNHKのアナウンサーが出身大学を言うことは決してなくて、一昨年、「高橋源一郎の飛ぶ教室」で三島由紀夫の東大討論について取り上げたとき、小野が東大卒であることをついに言って驚いたことを書きましたが、小野は東大という文字が画面にまで出るとは。これで初めて「あの女は東大卒だったのか」と思った視聴者も多いのかな。

| | コメント (0)

駅たびコンシェルジュ(その4)

 吉野家のアプリでプリペイドカードを目指して「米礼」をためていると、これまでの記録が見られるようになっています。すると、同じ定食が昨年に比べてものすごく値上がりしているのです。12月に、全定食が1割引きというキャンペーンをやっていて値段を下げておいて、1月からは気づかれないように、キャンペーン前よりはるかに高い定価になっています。これってどこも気づいてなくて報道されていませんね。

 さて、駅たびコンシェルジュです。この会場の担当者が、何か質問がないかと言います。嫌な会議の雰囲気をここに再現してどうする。しかし幸い、1人質問した人がいました。それを職員がまとめてZOOMで久野に伝えます。順番に池袋、品川、川崎、長野、秋田も質問を出して伊豆の側の人が出てきて答えます。参加人数がかなり少ない会場もいて、本当に参加者から出た質問かどうかわかりません。

 16時になったら時間が来たと言って配信が終わりました。最初から16時までやるつもりだったんじゃないか。そして、各会場ごとに2問のクイズの賞品が5個ずつあったのに余っています。それでスタッフとじゃんけんをして残った人がもらえます。これにより、1問目の賞品も結局もらうことになりました。私がこういう場面のじゃんけんで賞品を獲得したのは生まれて初めてです。

| | コメント (0)

駅たびコンシェルジュ(その3)

――――(ここから)――――

 出前館のCMに浜田が出なくなったから注文しなくなったと松本人志が繰り返しテレビで言っていますが、東京ではユーチューバー2人に置き換わったものの、関西では今でも浜田雅功のままです。これって地域によって訴求対象を変えるという戦略か。そもそもユーチューバーが出ているキャンペーンが地域限定で期間限定のようなので、また戻るのかもしれません。 

――――(ここまで)――――

 関西で出前館のCMが生見愛瑠になりました。東京ではこのCMを見ていません。

 さて、駅たびコンシェルジュです。1問目でもらえるのは熱海市のキャラクターのグッズで、そんなに欲しくありません。2問目は正解しました。ここではようかんがもらえます。ところで、予定ではイベントは14時から15時半までですが、15時半近くになっても南田は戻ってきませんし終わる気配がありません。ここまでが第1部で、第2部として各会場からの質問と言います。おい、こちらは15時半に終わることを想定して、16時に区役所に行く用事を入れてるんだ。この手のイベントって、終了時間がいい加減です。緊急事態宣言でよかったのは、ロフトなどのトークイベントが必ず定時に終わるようになったことです。

 まずは東京駅の会場から質問をしろといいます。そんなの何も考えてないぞ。

| | コメント (0)

駅たびコンシェルジュ(その2)

 昨夜また、全録ビデオでNHK総合が止まりました。1カ月ぶりぐらいです。プロフェッショナル「推し活の流儀」から録れていませんでした。ブラタモリの直前にこのことに気づいたので、ブラタモリは独自に番組予約しました。これだと普通に録画できるので、なぜ全録は止まるのかがわかりません。

 さて、駅たびコンシェルジュです。久野と南田は熱海駅の向かいの建物から中継しています。これから南田が地元ケーブルテレビのアナウンサーと、熱海の観光スポットを生中継します。移動中に伊豆の各自治体の関係者が出てきて、紹介VTRを見せます。VTRのナレーションは関係者自身がやっています。

 途中、クイズが2回あります。問題は4択で、それぞれの会場で正解者の中から抽選で5人に、各問題ごとに地元の商品がもらえます。どの番号札を出したかはそれぞれの会場の職員がチェックします。1問目、私の会場は正解者が1人しかいませんでした。私も間違えました。この選択肢が答えになる問題は作れないだろうとナメていました。

| | コメント (0)

駅たびコンシェルジュ(その1)

 10日ほど前に東京駅で、あるポスターの前でなぜか足が止まりました。よく見ると、久野知美と南田裕介が出るイベントがあることがわかりました。そうと知らずにこのポスターに引き寄せられるということは、無意識に何かを認識しているのでしょうか。どういうものかというと、丸の内北口の駅たびコンシェルジュというところで、久野と南田が伊豆からライブ中継するのを見るというのです。ちなみに定員はわずか8人しかありませんが、QRコードから申し込んだら先着順で予約できました。平日の昼間ですがたまたま行くことができます。

 今日の14時に行ってきました。久野は、たまむすびがリアルタイムで聞けないと思いながら仕事しているはずです。東京駅の駅たびコンシェルジュというのは、今日開業だったのです。JR東日本は、各地でびゅうプラザをつぶして、これに変える動きをしているようです。今回のイベント、ここ以外に池袋、品川、川崎、長野、秋田の駅たびコンシェルジュも参加していることがわかりました。JR東日本として、このご時世でいかに新しい旅行需要を喚起するかという試みです。それにしてもどこの会場も数人しかいなくて、よそは定員に達していないようでした。定員8人で競争率が高いように思えますが、実際はそれにも満たないくらいの応募しかいないということです。平日の日中ですしね。

| | コメント (0)

日曜の早朝と日中

 土曜日はニュースさかさめがねのアフタートークを途中で切り上げて出て(会場に来た人は後で配信を見られる)、夜行バスに乗りました。JRバスの2500円で乗れるののチケットが取れました。深夜に神奈川県を通過していて、ところどころで携帯電話が大きな音を鳴らしています。これって津波警報だったんですね。室戸市にも津波警報が出ていました。行ったばかりの場所ではないか。しかし翌朝はDMVは平常通り運航したよううです(阿佐海岸鉄道のホームページによる)。

 今日からゆうちょ銀行、というか日本のリテールバンキングの歴史の中で最悪と思われる手数料改定が行われました。ゆうちょ銀行のATMで1枚でも硬貨を入出金すると手数料を取られるのです(そもそも平日の日中以外はATMで硬貨が扱えなくなる)。さらに郵便局以外の場所に設置されているゆうちょ銀行ATMは平日の日中以外は手数料を取られます。私は、昨年7月にこれが発表されて以降、すべての日に必ずゆうちょ銀行のATMで1円単位の入出金をするか郵便局外のATMを夜や休日に使いました。昨日はラストスパートということで、街中の郵便局を回って、1円単位取引を繰り返しました。1日で10局以上に行きました。今日からはATMの画面で取引する前にいちいち手数料が出るようになりました。

| | コメント (0)

安っぽい続報

――――(ここから)――――

 近所の自販機の、スコールいちごミルク風味のあったスペースには、サンガリアのまろやかいちご&ミルクが入りました。この製品、駅のホームの自販機などでは160円で売っていますが、どんな安売りの自販機でも、この商品だけは絶対に100円になりません。原価が100円を超えているんでしょうね。

――――(ここまで)――――

 大阪市城東区の自販機でついに、サンガリアのいちごミルクを100円で売っているのを発見しました。ちなみにその横では、コンビニで並んだばかりのカルピスの新製品を80円で売っていますね。

Strawberrymilk

 私は10年前に当ブログで、河瀬直美について書いています。

――――(ここから)――――

 東大寺学園の生徒が河瀬直美の指導の下、昨年豪雨被害を受けた奈良県天川村を撮影した映画が上映されるそうです。たまたま行けるので、見に行ってみることにしました。
 東大寺学園の映画も、天川村の人を取材して何が言いたいのかよくわかりませんでした。でも、ぐっと来たとか言っている人もいます。上映の後、舞台に河瀬らが出てきて、幸せは金かとか生きる意味はとか、河瀬が東大寺学園に圧迫面接しているような討論をやります。そして河瀬がいきなり、観客席に東大寺の偉い人が来ていると言って話を振ります。暗くてわかりませんでしたが、私のすぐ横に、さんざん書いている中高の同級生がいたのです。この人に対して河瀬直美が東大寺の偉い人と言うだけで、私には違和感ありまくりです。そしてこの僧が発言するのですが、発音が悪くて何を言っているのかわかりません。しかし河瀬はすごくありがたそうにしています。

――――(ここまで)――――

 当時、感じの悪いヤツだなと思って見ていたのですが、権力にすり寄ってねつ造作品を作るような人だとは思いませんでした。

| | コメント (0)

あわててさかさメガネ

 9月にこれを書きましたが、

――――(ここから)――――

 渋谷のロフト9でやっている「ニュースさかさメガネ」というイベントについて、昨年こういうことを書きました。

 この直後に、出演者の一人であるTBSラジオ記者がDVで逮捕されたと報道されて(実際は逮捕だったかどうかはっきりしない)、記者を外されて、このイベントが開催できなくなったことです。

 なんとこれが、元記者を迎えて復活しました。

 これが今日あることをラジオで知りました。

――――(ここまで)――――

 今朝、ツイートで、このイベントがいよいよ当日になりましたというのが流れてきました。なに! 今回、事前の告知を一切聞いていません。小西克哉もラジオで言っていなかったと思います。何とか日程を調整すれば行けますが、非常に厳しいことになります。行ったら会場にいる客は10人強で(配信もやってる)、

――――(ここから)――――

 ところで、ストリームが終わった直後は、ストリームを復活させようという人たちが大挙して両イベントに押し寄せましたが、あれから5年たって、来るのは例の美人ともう1人の男だけです。しかもこの2人、両方来るか両方来ないかのどちらかです。2日前に、男の方が、小西武田には来るかどうか迷っていると言って、美人の方は来ないと言ったら、やはり男の方も来ませんでした。

――――(ここまで)――――

 この男はその後、1人になって毎回欠かさず来続けていましたが、今回来ませんでした。告知に気づかなかったのではないか。

 内容は、国内政治と中国についてとアメリカについてで、特に書くこともないと思いますが、日本では投票行動は自民党が好きか嫌いかというのしかなくて、2009年に政権交代できたのは、自民党に入れたくないというときに、もう一方が自民党を作った人の孫の鳩山とザ・自民党の小沢だったからだと言っていました。

 むしろ、今のTBSラジオについて発言していた方が重要です。伊集院光が降板するのは、根本的にはTBSラジオ社長に対する不信感があるからではないかと言っていました。そしてその発表直後に大沢悠里も降板を宣言したのも一連の流れだというのです。TBSラジオをFMっぽくする流れは変わらないとみられるが、次に朝の番組をやる人は決まっていなくて混乱しているのではないかとのことでした。

| | コメント (2)

世界初の乗り物

 昨年末から世界初の新しい鉄道が走り始めました。DMVといって、バスがそのまま線路に乗り入れて走行できるのです。それで、徳島と高知の境(室戸岬に通じる海岸沿い)を走る阿佐海岸鉄道に乗ってきました。

 一昨年までJR牟岐線の先端部分として直通運転していましたが、線路が切り離されてDMV専用鉄道になっています。それにしてもここにたどり着くまでが大変でした。東京から名古屋まで普通列車を乗り継いで、近鉄で難波に行って南海の終電で和歌山市に行って、深夜に和歌山港まで1時間ぐらい歩きます。そして午前2時台のフェリーで徳島港へ。また1時間歩いて徳島から牟岐線に乗りますが、これでは間に合わない始発に乗らないと、次に目的地まで直通する列車は昼前までありません。牟岐からたまたまバスがあって何とか10時ごろに着きました。

 DMVは予約制になっていて、ネットでクレジットカード決済するようになっています。これでは地元の高齢者の移動とかに使えないではないか。しかし私が乗った便は高齢者2人しか客がいなくて、その場で金を払えば乗れました。ちなみに乗らない鉄道マニアは複数いました。確かに、乗ってしまうと道路と鉄道をモードチェンジする機構がまったくわかりません。

 鉄道の終点からバスになって1つ行ったところで降りました。そこからバスで高知方面へ抜けます。沿線の自治体役場はDMVをアピールしていましたが、観光客が気軽に来られるかどうか。

| | コメント (0)

冒頭だけで止まる話

 そういえば、先週も「噂の!東京マガジン」の録画に失敗していました。4分しか録画できていませんでした。別の番組の予約が前に入っているのに気づきませんでした。しかしその予約がなかったとしても1時間全部は録画できていませんでした。

 大みそかのさだまさしのコンサートで書くのを忘れていたことがあります。紅白の中継の後、「Birthday」を歌い始めたら、急に途中で歌うのをやめました。そしてもう1回歌いなおすのですが、また歌えなくなります。歌い続けていると声帯がけいれんすることがあって、5分ぐらい休まないと治らないそうです。これが直前の紅白の中継で発生していたら大変な放送事故です。やはり年齢的に厳しいものがあるのか。テレビで見ているだけではわからないことです。

| | コメント (0)

NHKについてのモヤモヤ

 昨日書いたNHKプラスを見るのを忘れたことについて、何かやることを忘れているような気がしてずっとモヤモヤしていることがあったのですが、先週の「すイエんサー」を見ていなかったことに気づきました。火曜日から平日が始まっているので放送があったのでした。土曜日の再放送も、立川署と電話していたころで完全に忘れていました。昨日で消えました。

 週刊現代に「NHKの女子アナ歴代No.1はやっぱりこの人」という特集がありますね。見出しで小野文恵が2人目に来ています。今の、女子アナを性の対象として見る特集だと小野はもう出てきませんが、歴代といったら小野は外せません。というか、何度も書いていますが、私はNHKの歴史全体で最も成功した女子アナは小野文恵だと思っています。本文を読むと、鈴木奈穂子や桑子真帆を上回ったのが小野文恵だと書いてあります。表では全体の6位になっています。ところでどうやってランキングを作っているのかと思ったら、飯間浩明など9人の有識者の意見をもとに取材班が総合点を計算したそうです。こんなところで飯間が仕事しているのかよ。平山泉とイベントに出るかと思ったら。

| | コメント (0)

立川署に捕まる続報

 「カズレーザーVS3NHK高校講座」の第3弾を再放送で録画できたと書きましたが、第5弾の録画に失敗しました。それで、NHKプラスでしか見るチャンスがありません。早めに見ておかなければと思って見始めたところで警察に捕まったのが立川駅です。それで続きを見るのを忘れていました。昨日で消えました。

 自分がたまたま道端で拾ったものを持っていて、それが盗んだものだとして取り調べを受けましたが、現地へ連れて行って現場検証をやるというのです。拾ったものが2つあって、1つは甲府ではっきり場所を覚えていますが、もう1つはまったく記憶にありません。どうもさまざまな記録から推測すると足立区だったらしいのですが、全然わかりません。警察は、甲府ではなくどうしても都内の足立区で現場検証をやりたいと言います。それで、ここで拾ったと私が指さす写真をとって捜査資料にするというのです。
 取り調べが水曜で、次に現場検証に行くためにまた立川署に来てもらうといいます。警察的には日曜が都合がいいので(その警官が24時間勤務をやるから)、前日に電話して日時を決めるそうです。3連休にもかかわらず中日に東京にいなければいけません。
 ところが土曜日に電話がかかってきて、準備に時間がかかるため延期するというのです。それが1週間になるか1カ月になるかわからないといいます。これっておかしいだろ。警察のくせにそのいい加減な表現は何だ。要するに、起訴猶予と同じことで、捜査をやめたいのをそんな言い方をしているのでしょう。向こうは私を犯罪者と言い張っているので、捜査資料を作るのをやめるとは言えないわけです。

| | コメント (0)

今年もあるのか見に行く

 大阪で、毎年この時期にテレビ大阪が主催している「鉄道博」に行ったら、「電車を止めるな!」のチラシを渡されました。それに書いてある俳優の名前を見て、銚子電鉄の社長の役をした人と、先日の「サルまん」の舞台で竹熊健太郎をやった人が同じであることに初めて気づきました。

 1年前にこういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 私は届いた年賀状を毎年、キングジムのA6の年賀状ファイル(年ごとに出て年号と干支のマークが描いてある)に保存しています。

 キングジムの年賀状ファイルを使って30年近くになります。いつも年明けにあわてて探すので、昨年末から文具店を回っているのですが、今年のがまったく見当たりません。いろいろ調べたところ、どうも製造を中止したのではないか。キングジムのフェイスブックで、年賀状を通年売っている普通のファイルに入れていて、これに対して年賀状ファイルはなくなったのかという質問をしている人がいました。その回答が、完全に答えをはぐらかしているのです。

――――(ここまで)――――

 この続きを書いていませんでしたが、たまたま、柏市内の16号線を歩いていて、事務キチという大型文具店のチェーンに入ったら、令和3年年賀状ファイルとして、聞いたことがないメーカーのものがありました。大手がやめてこういうところがやってるんだな。それで今年、あの大雪の日に、駅から数キロ歩いてこの事務キチに行ってみました。すると年賀状ファイルとして置いてあったのは、年が書いてなくて、しかもやたらと収納枚数が多くて私にはまったく合わないものだけです。店員に問い合わせてもそうでした。昨年作った会社はもう撤退したのか。

| | コメント (0)

NHKラジオの縁

 昨日の朝、新聞を開いて、なぜか普段は読んでいないラジオ欄を見たくなりました。そしてなぜか、普段聞いてもいない、NHK第1の朝のところに目が行きました。そしたら、「マイあさ!」の出演者に小島慶子と書いてあるではないか! 何かに導かれているのか。6時40分ごろに録音で話すコラムコーナーです。内容は、パンデミックでずっとオーストラリアに帰れなくて大変みたいな話で、そんなに大したことはありませんでした。

 「高橋源一郎の飛ぶ教室」の元日スペシャルを聞きました。高橋はかつて作家への野望を忘れて肉体労働に追われていたときに、正月にたまたまオールナイトニッポンで、自分と同年代のさだまさしらが活躍しているのを聞いて、原稿用紙を買ってきてこれから毎日必ず小説を書くと決めたそうです。それが今、数時間前に国技館でさだと共演していたアナウンサーとラジオをやるような立場になったのです。

| | コメント (0)

12年に一度の列車

 近鉄が終夜運転で団体専用列車を走らせたことを書きましたが、また新たな発表がありました。三が日と今週末の3連休に、大阪上本町発信貴山口行きの準急を走らせるというのです。近鉄信貴線は大阪線の河内山本から分岐する2駅だけの線で、信貴山のふもとのケーブル乗り場につながります。これまで大阪線との直通列車なんて聞いたことがありません。信貴山の朝護孫子寺は寅をまつっているので、この新年に詣でるための12年に1回の臨時列車?と近鉄では謳っています。信貴線は2両編成しか入れないので、上本町からも2両で走ります。これも普段は決して見られません。

 2両では乗り切れない可能性があるので、結構早く上本町に行きます。駅の発車表示はLEDなので準急信貴山口を出せますが、列車の方向幕にはないので、代わりに昔使っていたタイプの看板を取り付けています。意外にあっさり座れました。むしろ撮り鉄の方が多い。列車が通過する駅すべてに必ず撮り鉄の集団がいます。鶴橋から乗って山本で降りる普通の女子高生がいます。

 信貴線の列車の一部は普段から大阪線のホームからも出ているようで、特別な線路を通るというのは味わえませんでした。ケーブルで信貴山に上ってバスで朝護孫子寺のところに出て、帰りは奈良県側の信貴山下駅の方にバスで下りました。むかしはこちら側にもケーブルがありましたが、私が高校生のころに廃止されています。当時は廃止前に乗ることを考えつきませんでした。

| | コメント (0)

1年半待って更新

 昨年度、ミュゼプラチナムの広告に宇垣美里が起用されていましたが、最近、エミナルクリニックという同業他社のCMに出ていますね。

――――(ここから)――――

 総合図書館の入館証の期限が今月末までです。しかし現在、東京大学には私は入ることができません。そしたらようやく総合図書館のホームページで告知が出て、今月で入館証の期限が切れる卒業生は、将来、卒業生が入れるようになってから手続きすればいいとのことです。

 総合図書館のホームページを見たら、卒業生は入れないという記述が消えて、入館証を更新できるようになったようです。

――――(ここまで)――――

 おととい、総合図書館が開いたので、入館証の更新に行ってきました。東大に普通に入れたのは一昨年2月末にKitadokoに行ったときが最後でした。昨年4月に行ったら、各門に警備員がいて学校関係者しか入れないようになっていました。しかし龍岡門だけは封鎖することが不可能なので、そこから入って中央食堂に行ったのでした。

 今回、門の封鎖はなくなって、どこからでも普通に入れるように戻っていました。ただ、赤門が閉鎖されたのを知りませんでした(赤門より少し南に、構内へ入れるルートができている)。あと、第二食堂とか銀杏は休業しているのも知りませんでした。総合図書館の入館証の更新は10月からできるようになっていたのがわかりました。更新の手続きはすぐに終わりましたが、担当の職員がわかっていないようで、ベテランにやってもらっていました。起源は2024年7月までになりました。しかし現役生以外は今でも平日の日中に完全予約制でしか入れません。

| | コメント (0)

恒例の警察に連行

 昨日、私のブログが更新されなかったことに気づいた人もいると思います。以前こういうことがありましたが、

――――(ここから)――――

 夜11時ごろ、東京駅の構内を歩いていました。警官が立っています。 こんなのに関わっていたら出勤に間に合わないので、急いで歩きました。そしたら警官に取り押さえられました。警官を見て逃げた。確実に犯罪をやっているというのです。そして持ち物を見て、これは他人の物を勝手に持っていると言いがかりをつけて、中央署に連行されました。

 署内で取り調べともいえないような拘束をされます。警官としては捕まえた以上、事務処理をした結果を残さないといけないので、反省文ともいえないような、論点をぼやかしたような文章を書かされます。

 午前2時台に終わって、好きなように帰れというのですが、職場にも家にも行けません(歩けば朝までには着くが)。そしたら、警察にパトカーで家に送らせることに成功しました。

――――(ここまで)――――

 昨夜、これとほぼ同じことがありました。今度は立川駅です。午後6時台に捕まって、午前0時前に立川署からパトカーで帰りました。立川署といえば、5カ月前に運転免許の更新をしたところではないか。家に着いたのが1時台で、ブログを書こうとしたら、買ったばかりのパソコンの電源が入りません。もう修理かよ。しかしその後、なんとか復旧に成功しました。ちょうど郵便受けに「今年がいい年になりますように」という年賀状が入っていたのですが、もうこれです。

| | コメント (0)

年越し国技館(その5)

 毎日新聞の元同僚がこういうツイートをしていました。この人は今は古典芸能(特に落語)だけの記者になっています。

――――(ここから)――――

油井雅和 @yuimasakazu 2021年12月26日
新メンバーはだれでしょう?
ちょこっとだけヒント
笑点の収録は土曜の午後
ヒントはここまで(^o^)
#笑点

ということで
元日夕方5時からの
クラブハウスは
この話題からになりそうです

――――(ここまで)――――

 これって、徹底的に隠されている笑点新メンバーをこの記者は知っていたということか。落語家内でも言わないようになっているのにマスコミに伝わっているのは不思議です。

 さて、国技館です。久しぶりに小野文恵を生で見ましたが、いつもなら番組の終わりまでいるところ、今回は新年番組の告知が終わったら帰ったようでした。1日の夕方に「高橋源一郎の飛ぶ教室」のスペシャルがあるからでしょうか。あと、ももクロのライブもあります。コーナーの切れ目ごとに、さだらの座っている席の向きを四方に回転させていきます。

 2時半に終わって、今回も規制退場があります。私のいるエリアは最後まで呼ばれませんでした。午前3時でもグッズ販売はやっています(かなり売り切れてるが)。両国からの列車が30分以上来なくて、しかも大混雑しそうなので、結局歩いて帰りました。

| | コメント (0)

年越し国技館(その4)

 うちの全録ビデオはNHK総合がときどき深夜に消えますが、民放に比べて残る期間がやたら長い。特に何か設定したわけではないのに。それで油断していて、「日本人のおなまえ」の年内最後の放送とその週の「チコちゃんに叱られる!」を保存するのを忘れました。どちらも第1回から録画していますが、録画できなかったのは2018年の逮捕時以来です。当時、おなまえはNHKオンデマンドで、出た日にギリギリ見られたものの(しかもなぜかオンデマンドの配信期間がいつもより2日ほど長かった)、当時の連続テレビ小説についてなので、「選」で後日再放送されることがありませんでした。

 さて、国技館です。生さだを見ないで帰る人も結構います、私はこちらが目的でチケット代を払ってるのに。終夜運転なので終電は関係ありません。そういえば前年が中止になったのは、終夜運転がなくなったからだそうです。私は国技館から歩いて帰れるので関係ないのに。今年は終夜運転がないとしても朝まで国技館に泊まっていいという話がついたそうです(結局終夜運転をやるので午前3時に追い出される)、

 番組が始まったら、談春が残っていました。さだと通路から中継していて客席からは見えません。

| | コメント (0)

年越し国技館(その3)

――――(ここから)――――

 どうでもいいことですが、上白石萌音の娘が深津絵里というのは非常に違和感があります。実年齢を考えると完全に逆です。

――――(ここまで)――――

 仮面ライダーの映画を見たら、中尾明慶の息子が古田新太でした。中尾が、古田が子供だった時代から100年先に行って50年戻ってくるという設定なのですが、インパクトを与えるためにわざとこういうキャスティングをやっていると思います。

 さて、国技館です。あとは0時になるまでの間、なんとなく歌ってしゃべって時間を埋めているように思います。他の人のコンサートのような迫力を感じません。ダラダラとした時間が続く感じです。この部分の歌唱によって、うったった曲数はある程度いったように思いますが。カウントダウンが終わるとともにライブも終了しました。あとは20分後の生さだの準備です。

| | コメント (0)

年越し国技館(その2)

 近鉄の終夜運転の団体専用車両は、客が多すぎて駅によっては乗車制限していたようです。ホームの行き先表示に張り紙している写真がツイッターにアップされていました。

 さて、国技館です。この後、紅白歌合戦の中継が入ることがわかりました。紅白にさだが出るなんてまったく知りませんでした。ここで、いかにも盛り上がっている風にするようにサイリウムを使うと言います(実際に盛り上がっているが)。立川談春の落語が予想より短かったので、中継が来るまで時間調整するような感じになっています。

 紅白の中継の時間になったらいきなり大画面が紅白の映像になって、すぐにさだが歌い出しました。事前の準備があったのか全然わかりません。前日にリハーサルをしているのでしょうが。さらに続けて、ももいろ歌合戦の中継もあることがわかりました。百田を敢えて白組の担当にして白い服を着せています。ももクロが、「さださんはあちらの歌合戦の方にも出ていたそうで」。さだがももクロに、生さだに来いと言います。ついこの前武道館でももクロを生で見て、今度は国技館でももクロを生で見ることになるとは。

| | コメント (0)

年越し国技館(その1)

 結局、国技館のさだまさしに行きました。つい先日、高専ロボコンで来て、また国技館とは。ロボコンのときと違って席が舞台(おそらく土俵にかぶせている)の直前まで迫っています。1席空けとかの措置をとっていなくて全部埋まっています。でも健康に関する書類を記入しないと入れないようになっています。

 21時開始ですが、事前にみやげの手ぬぐいとともに渡されたサイリウムは22時半以降に使うように書いてあります。さだは最初こそやや激しい曲を歌いますが、生さだ終了の2時半までの長丁場なので、明らかに力をセーブした感じのプログラムになっています。次は北の国からを歌って、立川談春の芝浜が40分ほどあります。そして、風に立つライオン基金に寄付をした懸賞幕の紹介が何回もはさまります(文化放送の寺島が放送しながら読み上げる)。こんなに歌わずに緩い感じで進むのか。22時10分ごろから休憩です。

| | コメント (0)

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »