« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

今年の新語の新展開

――――(ここから)――――

 さて、今日は東京カルチャーカルチャーで、「今年の新語2020」と「国語辞典ナイト」の合同イベントに行きました。今回、感染対策ということで、カルチャーカルチャーで史上初の完全座席指定です。料理は出なくてワンドリンクはペットボトルのものを600円で買わされます。席へ向かうと、あの後ろ姿の髪留めは、平山泉じゃないか? なんでよりによってこんなことに。Peatixでチケットをほぼ同時に買ったということか。隣の平山(かどうか確認していない)の方を見ないようにしないと。そしたら、向こうが他の人と席を代わりました。なんか不愉快です。

――――(ここまで)――――

 今年も「今年の新語」の日がやってきました。しかし前回までと違うことがあります。職場のメールアドレスに情報が来て、取材申し込みについて書いてあるのです。取材で行けばチケットを買わなくていいではないか。当日行ったら、報道関係の席として最前列に案内されます。2列目にいる平山より前です(平山は記事を書くために来ているのではない。実際は記事を書いていたが)。

 1位になったのは「チルい」です。まったく聞いたことがない言葉です。2位以下はすべて知っているのに。更問いとか投げ銭とか〇〇ガチャとか。これが若者の間では辞書に載せてもいいくらい急激に浸透しているというのです。意味は、まったりと同じようなものです。外来語がそのまま形容詞になるのは「ナウい」「エロい」など数個しかなくて、これは日本語の歴史としても画期的らしい。

 後半の国語辞典ナイトは、報道関係者は見ても見なくてもいいそうです。見るに決まっているではないか。むしろ、報道に関係ないので強制退出させられるかと思っていました。今回は、三省堂国語辞典の第8版が来月出るので、その内容に関して飯間浩明に敢えて批判をぶつけるというものです。次回の国語辞典ナイトは、実物の第8版を見てこの続きをやることになりました。今度は取材名目が使えないから入場料とワンドリンクを払わないといけないのか。

| | コメント (0)

なんでNHKでこれが

 先週末の「今夜も生でさだまさし」は、さだが体調不良であまり歌ったりしゃべったりしてはいけないというので、さだの代わりにハガキを読む役割として、小野文恵がわざわざ岡山まで来ていました。岡山にもアナウンサーいるだろ。ずっと東京でバラエティの司会をしていてついに転勤になった徳永とか。初任地が岡山の和久田が大活躍しているというハガキを小野が読むのは新鮮でしたが(本当はどう思ってるんだ)。小野は次回、大みそかの深夜にも出ます。昨年は小野を見るためにさだのカウントダウンコンサートのチケットを取ったのに中止になりました。今年は一般販売はまだのようですが、取れるでしょうか。同じ武道館の高専ロボコンは観客数を絞っていますが当たりましたが(応募も少なかったのではないかと思う)。

 NHKオンデマンドで、もうすぐ配信が終了する番組のリストを見ていたら、サムネイルの写真に目が止まりました。毎日新聞社じゃないか。なんでNHKのBSの番組で取り上げられるんだ。そしたらこれは「すこぶるアガるビル」という番組で、建築物としてのパレスサイドビルをクローズアップしているのです。しまった。全然気づいていなかった。録画を残さなければ。しかし実家の全録ビデオで、ちょうど消えたところではないか。なんか毎日、録画できなかった話ばかり書いていますが。

| | コメント (0)

止まって痛い話

 私は2007年に尿路結石になりました。留置場にいるときに血尿が出ましたが、これが結石の症状だったのです。尿路結石になるような生活習慣の人は再発しやすいということですが、7年後の2014年に再発したことも書きました。このときは一切の治療をせず、石が出るまで耐え抜きました。そして今がその7年後ではないか。今のところ体に異変はありませんが。

 先週木曜日の朝に電気を止められました。1カ月前の電気料金を払っていないのに気づいていませんでした。この日は深夜0時を回って帰ってきたら電気がつきませんでした。翌日の夜7時台まで電気が止まったままでした。当然、この間の録画ができていません。その分は実家の全録ビデオがあるから大丈夫と思ったら、この期間に「あなたは小学5年生より賢いの?」の2時間スペシャルが含まれているではないか。大阪では8時台の1時間に短縮されています。1時間番組なら関西でも後日深夜に放送されるから問題なかったのに。そういえば今週も「噂の!東京マガジン」の録画に失敗しました。ハードディスクの空きに余裕を持たせるため、本来なら全録からダビングしておくべき番組を移動しなかったのに。

| | コメント (0)

ファイナルなのかセール

――――(ここから)――――

 今朝ここを通ったら長蛇の列ができていました。五輪マスコットと写真が撮れるようです。そして昼に見たら、五輪グッズのファイナルセールとして開いていました。最初からこうやって何回もオープンさせることを狙っていたのか。まだ中に入っていませんが、前回よりは販売スペースがかなり縮小されているように見えました。

――――(ここまで)――――

 会場へ入りました。メダリスト一覧のパネルなど、前回と同じものがありますが、場所が変わっています。選手が使った道具で、前回と同じものもあれば違うものもあります。聖火台とか選手村の紙製ベッドとか表彰台があります。あと、ボランティアが「ここで観戦するな」という札うぃ持っている写真などが大量に展示されています。取って付けたように、被災地の復興の現状というパネルがあって、2011年だけでなく熊本地震や豪雨の項目もあります。しかし、会場のアンケート用紙で、どの展示がよかったかというのに、被災地復興パネルの選択肢がないのです。五輪の本質を見事に表しています。ちなみにアンケートを書くと五輪ピンバッジが自由に取れるようになっていますが、これは関係者以外が持って行っていいのか。あと、今後もこの会場で五輪企画を続けるということか。

 物販のスペースは前回より小さくなっていますが、それでもこれだけ売れ残っているのか。多くの品が半額になっていますが、うちわはまだ高い。そもそも前回は、すでに下がった上で5000円近くだったことがわかりました。

| | コメント (0)

失われるものの続報

――――(ここから)――――

 東京駅の丸の内側の地下の改札外にあるNewDaysで、今日を最後に一般紙の夕刊をやめるという張り紙が出ていました。理由は売れ行きと流通体制の都合だそうです。次第に入手が難しくなってくるでしょうか。

 大森駅の売店にも、9月30日で夕刊をやめたという張り紙が出ていました。しかしこちらは改札内で販売中止して改札外のNewDaysでは今でも売っているのです。

 品川駅のJR東日本の構内でも、1店を除いて夕刊の販売が廃止されました。本格的に夕刊リストラに入っています。

――――(ここまで)――――

 久しぶりに馬喰町駅のNew Daysの前を通ったら、ここも夕刊がなくなって、夜になっても朝刊が置いてありました。前回来たときは、朝日新聞の夕刊だけレジの中で販売すると書いてあって、おそらく朝日の夕刊だけ万引きされるのだろうと思いましたが、夕刊販売自体がなくなったら関係ありません。

 「鉄旅・音旅」の公開収録について、

――――(ここから)――――

 会場からは1回分の収録につき2人ずつ話を聞くのですが、客席中央にマイクが2本立っていて1本ずつ使います。これが感染対策です。2本目の収録の前に消毒します。1本目の2人目のおばさん、内容はいい話をしているのに、滑舌が悪いのと、異常にダラダラしゃべるので、危ない人のようにしか聞こえません。果たして放送でどう扱うか。

 放送を聞いたら、いい話の部分はすべてカットして、最初のどうでもいいところだけ使っていました。まったく使わないのはかわいそうと考えたのでしょう。

――――(ここまで)――――

 2本目の収録では、ゲストが第一声で噛みまくっていて、オープニングをカットしてほしいとか言っていたのですが、放送を聞いたらまったく問題がなかったかのように見事に発言が編集されていました。

 先日のこれについて、

――――(ここから)――――

日高大介 @hdkdisk 10月28日
8年使ったパソコンが9月3日にクラッシュしていたので、重い重い腰を上げて、単身ヨドバシカメラへ。親切な説明が全部英語に聞こえます(笑)
前のパソコンのドキュメント、リカバリーできるといいなぁ。20年分のクイズ問題が…

 私と同時にパソコンが壊れて、バックアップをとれていないと言っているのか。

――――(ここまで)――――

 その後のツイートが流れてきました。

――――(ここから)――――

日高大介 @hdkdisk 11月24日
アタック25の最終回の電話があり、くりぃむナンタラの収録があった9月某日で最後の力尽きた、我が愛しのパソコン。何とか、全国津々浦々の復旧専門会社に20年分のデータを取り戻していただきました!新パソコンも買いましたので、たくさんクイズ作ります!……と思ったらSuicaとカードキーが無い

――――(ここまで)――――

 ハードディスクのデータが復旧できたのか。ちなみに私は戻ってきたパソコンにまったく手をつけていません。新しいパソコンも買っていません。

| | コメント (0)

情報を取りこぼしたり拾ったり

 ふと思い出したのが、東大王が人生につまずいている人に勉強を教えて宇治原らにクイズで勝てれば最高100万円もらえる「人生逆転クイズ」という番組があったらしいということです。いつやったんだ、絶対フジテレビじゃないかと思うんだがと考えて全録ビデオを調べたら、昨日消えたところではないか。しまった。毎日、消える直前の番組はすべてチェックしているのに、全然気づきませんでした。電子番組表で番組名しか書かれていなかったのと、フジテレビの土曜の昼間に見るような番組をやっていないという先入観があったからでしょうか。

 昨日、道を歩いていたら、紙くずが落ちていました。何気なく拾って開いたら、「サンデージャポン」のロケの台本の1ページではないか。どうやら年末ジャンボの発売初日を取材したらしい。ところで私は、ジャンボ宝くじのCMを見ていて、1人名前が分からない出演者がずっといるのですが、そのうち知る機会があるだろうと思って敢えて調べていませんでした。今回、それが成田凌であることがようやくわかりました。

| | コメント (1)

国策に関する続報

――――(ここから)――――

 あと、有楽町駅前の建物は完全に廃墟みたいですが、屋内のオリンピック垂れ幕だけは依然として残っているようです。

 先日、ここの前を通ったら、スーツを着た大人が5人ぐらい輪になっていました。持っている書類を見ると、2020アーカイブなんとかと書かれています。もしかして、ここをオリンピック記念ルームか何かにしようとしているのか?

――――(ここまで)――――

 今朝ここを通ったら長蛇の列ができていました。五輪マスコットと写真が撮れるようです。そして昼に見たら、五輪グッズのファイナルセールとして開いていました。最初からこうやって何回もオープンさせることを狙っていたのか。まだ中に入っていませんが、前回よりは販売スペースがかなり縮小されているように見えました。

 NHKラジオの「高橋源一郎の飛ぶ教室」について、

――――(ここから)――――

 小川淳也に関する本です。前の週までは選挙期間中なので紹介できなかったというのです。しかも次回は著者自身がゲストで来るらしい。こんな、野党第1党の党首の候補になる人物の本をNHKで取り上げるなんて、政権からの圧力がかからないのか(ちなみに小野文恵は小川のことを「衆議院議員」とだけ説明していた)。次回のゲストが違っていたら怖い。

――――(ここまで)――――

 先週金曜日の放送では、最初に「とある国会議員」と言っただけで、小川淳也の名前を一切出しませんでした。前回は言っていることを考えると、やはり何か配慮があったということでしょう。

| | コメント (0)

機械にウイルス

――――(ここから)――――

 JR西日本では「ドラえもんの新しい鉄道様式」という啓発広告が出ていますが、ここでは普通のジャイアンがいなくてきれいなジャイアンしか出てきません。

 鎌倉で映画を見たとき、同じフォーマットの「ドラえもんの新しい映画様式」というポスターがありました。いろいろな業界に協力しているのだろうか。

――――(ここまで)――――

 この広告では、ドラえもんがマスクをしているのですが、ロボットがマスクをする必要がないだろと思いました。しかし、ドラえもんが風邪を引いた描写があったような気がしたので、敢えてつっこみませんでした。

――――(ここから)――――

 渋谷のパルコで「ドラえもん1コマ拡大鑑賞展」をやっているのを忘れていました。今夜行ってきました。入場無料です。これは、ドラえもんの原画から1つのコマだけを複製して展示しているのです。

 ここに来た大きな理由が、藤子・F・不二雄ミュージアムの入場券が買えるのです。以前から行かなければいけないと思っていましたが、日時を予約した入場券を買うのが非常に面倒です。ところがここでは、8月までの間、予約しなくても行ったら入れる入場券を売っているのです。

 この券を使ってないじゃないか! 完全に忘れてました。8月30日も31日も仕事で行けません。ところが、ミュージアムのホームページを見たら、神奈川県に緊急事態宣言が出されたため、この券の有効期間を今年末まで延長するというのです。超ラッキー。

――――(ここまで)――――

 今日ようやく藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました。ドラえもんが風邪を引いていたことが展示で確認できました。

| | コメント (0)

モリフ武道館(その5)

 土曜日にあるタレントとZoomで話す会があったのですが、私の時間帯は参加表明していた人が全然来なくて、2人で独占するような形になりました。かつて共演していた人が再現ドラマの女王になったというので名前を思い出せないところに芳野友美と指摘できたのがよかった。

 さて、武道館です。早口言葉のフレーズからももクロの歌に移行します。そして全員でいろいろ歌います。最後は「いい湯だな」で全員集合のエンディングです。このご時世ですからアンコールとかありません。

 終わるとともに、席の場所を指定した退出指示です。ランダムに言っているようにしか聞こえないのですが、ひたすら場所を放送で言い続けます。例えばE列には「アルファベットの5番目」と必ずつけます。最初の方のアルファベットにだけその言い方をします。屋外ではグッズ販売していますが、チケットを持っている人しか買えません。しかし密を避けるためか、同じものがネットでも買えるとしてQRコードが出ています。

| | コメント (0)

モリフ武道館(その4)

 奈良県の鉄道について南田裕介や久野知美などが語るイベントが奈良コンベンションセンターというところであって、初めて行きました。そんな施設が奈良市役所の近くにできたのをまったく知りませんでした。代官山並みのレベルの蔦屋書店があります。そしてその隣にはNHK奈良放送局が移転していました。奈良放送局だとあんなに小さくても成り立つ。

 さて、武道館です。百田がかが屋に「偽CreepyNuts」と言っているのがおもしろかった。それぞれのメンバーがどの早口言葉を言うか選びますが、加藤が飯塚に、「奥さんもやって」と言います。飯塚の妻はバックバンドのコーラスで同じ舞台に立っていたのです。飯塚の結婚相手なんて考えたこともありませんでした。

| | コメント (0)

モリフ武道館(その3)

――――(ここから)――――

 あと、有楽町駅前の建物は完全に廃墟みたいですが、屋内のオリンピック垂れ幕だけは依然として残っているようです。

――――(ここまで)――――

 先日、ここの前を通ったら、スーツを着た大人が5人ぐらい輪になっていました。持っている書類を見ると、2020アーカイブなんとかと書かれています。もしかして、ここをオリンピック記念ルームか何かにしようとしているのか?

 さて、武道館です。2回目のセットチェンジは、かが屋のコントにももクロの3人が加わります。さっきの続きです。そして仲本と高木と高城による雷様コント。次に飯塚とももクロによるコントです。百田が最初のセリフの最初の単語を間違えて、やり直しになります。しかし2回目は完璧で、リハーサルでは1回もうまくいかなかったのに本番だけまったくミスがなかったそうです。

 ドリフが、ビートルズの前座をやったとき以来の武道館の舞台に立って演奏します。そこから、全員集合の早口言葉のコーナーになります。百田が飯塚に「いいところ見せないと」と言うのですが、この時点では意味がわかりませんでした。

| | コメント (0)

モリフ武道館(その2)

 小島慶子は昨日も文化放送に出ていて4週連続です。これで小島が出ていなかったのは2カ月で1回だけということになります。

 さて、武道館です。最初の約30分はももクロがひたすら歌って、普通のコンサートです。まずこれでコアなファンを満足させるのか。驚いたのは、観客のほぼ全員が4色の光る棒を持っていることです。最初、サイリウムかと思ったのですが、スイッチで4色を切り替えられて、さらに緑も青も出せます。あれは独自のももクロ観覧仕様のものをどこかに売っているのか。

 ようやくドリフを引き連れて東京03飯塚が出てきます。まずはドリフと飯塚だけのコント。そして全員で缶で殴りまくるコントのつくりは全員集合テイストです。ドリフにもももクロにも「たかぎ」がいるのでややこしい。セットチェンジの間は、かが屋が出てきてコントをやります。一見、古典的なボケとツッコミのネタかと思ったら、想像しなかった方向に行っておもしろい。これが一番の収穫だったように思います。

| | コメント (0)

モリフ武道館(その1)

 3日前にたまたまツイッターを見ていたら、武道館でももクロとドリフが共演するというのがあって、サイトに行ってみたら直前にもかかわらず会場で見るチケットが取れてしまったので、衝動買いしました。特にももクロのファンというわけではないのですが、勉強になりそうという予感はしました。

 今日の18時からです。昨年の自粛以降、ライブは軒並み18時開始になって、非常に行きにくい。職場から武道館までは近いですが、それでも間に合いません。最近、平日のイベントの開始に間に合ったことがありません。この前のカンニング竹山のときは、内容をSNSでバラすなといった注意の類を相当長くやっていたようなので助かりましたが。

 九段下から門をくぐるところでダフ屋に声をかけられます。当日券も買えそうだし、私が行くライブとしてはこれまでで最も高かった気がするので、ダフ屋から買うか? そして感染対策で、入るところにQRコードがあって、これでサイトにアクセスして質問にすべて入力した画面を見せないと通れません。つまりスマホを持っていないとそもそも入れないということか。入場できたのは18時10分です。ちなみに開演前に来る場合、席によって入場時間が決められていて、早いと16時半ごろを指定されます。

| | コメント (0)

自衛隊絡みの話

 衆院選で維新の議席が激増と言ってますけど、この議席数は、前の衆院選の前の数とまったく同じです。つまり前回激減しているのに、希望の党騒動の影響で目立っていなかったということです。もともと41議席取るぐらいの支持層がいたということなので、今回急に支持が集まったわけではない。

 吉野家の米礼を貯めるため、毎日違う店舗に行こうと、から揚げの置いてあるところを調べています。今日は市谷本村町店に行ってみることにしました。しかし吉野家のアプリの地図に従って向かっても、道がありません。この店舗って、防衛省の敷地の中ににあるのか? そんなの、から揚げ店舗リストに載せられても困るんですけど。もしかして、吉野家に行くと言ったら受付を通れるのか?

| | コメント (0)

失われていく変化

 ここ何カ月か、テレビで見る小野文恵が結婚指輪をしなくなったのが気になります。ちなみに離婚しているわけではないことは、ある手段によりわかっています。

 郵便局は郵便配達を土曜日にしなくなったのとともにこういう発表がありましたが、

――――(ここから)――――

 今日、ゆうちょ銀行が重大な発表をしました。来年1月から郵便局以外にあるATMで時間外手数料を取るようになるというのもさることながら、ATMで硬貨の預入、払戻をしたらすべて手数料がかかるというのです。ゆうちょ銀行の1回の最低預入額は10円ですが、ATMで10円入金すると110円取られます。他の銀行が変な手数料をどんどん導入していますが、国営時代から基本的に無料で使えてきたゆうちょ銀行が、いきなり他の銀行がやっていない手数料を始めるのです。

――――(ここまで)――――

 窓口でも硬貨を一定枚数以上扱うと手数料を取られます。そういえば昔はゆうちょ銀行同士の振り込みは手数料がかからなかったのに、回数制限がかかるようになって、今はもれなく手数料がかかりますね。ところで、硬貨に手数料を取るようになる直前に、ゆうちょ銀行のATMを検索できるアプリが廃止されることも発表されました。毎日のように使ってたのに。こんなのやめてどの程度コスト削減になるのか。サービスの低下が著しい。

| | コメント (1)

東京で60から激減

 久しぶりに「噂の!東京マガジン」の録画に失敗しました。予約確認で録画できる空きがあるのを見ているのに、実際は30分しか録画されていません。いっそのこと、最初から「噂の現場」の後半30分だけ録画セットしようかと思うくらいです。

 昨日の13時台は滋賀の長浜にいて、快活クラブで東京マガジンを見ようと思ったら入れませんでした。それで図書館のある建物の前を通りかかって入ったら、不要な雑誌を持っていけるようになっていました。「ステラ」が大量にあって、小野文恵はありませんでしたが島津有理子が連載しています。医者になると言って辞めてどうしているのでしょうか。そして4年前のサンデー毎日です。都議選の完全予想として、自民は10ぐらい減ってギリギリ第1党などとなっています。まったく外れていることを知っていると、何を言ってるんだと思います。他の号では若狭勝が小池新党構想を激白という記事です。新党は第2自民党にはならない。前原が民進党を整理して考え方が一致すれば連携がないとはいえない。結果、自民のほぼ300議席獲得につながったことを思うと、週刊誌の政局記事のあやふやさがわかります。

| | コメント (0)

クイズに関わる実況スレッド

 それではきっちり2カ月ごとに書くことがなくなってやってくる実況スレッドです。この日、「アフター6ジャンクション」で、「日本のクイズカルチャー特集」をやるというので、普段聞いていないのに実況に来ています。

――――(ここから)――――

919名無しさん@ON AIR2020/05/11(月) 20:06:40.11ID:jwz6Gqft
だめだw徹頭徹尾つまらんすぎる
離脱

923名無しさん@ON AIR2020/05/11(月) 20:08:31.85ID:DulIyPQ4
>>919
普段まったく聞いていない私がこの企画のために来たのにw

927名無しさん@ON AIR2020/05/11(月) 20:09:23.20ID:Lpphqju/
>>923
高校生クイズストーカー知ってる?

930名無しさん@ON AIR2020/05/11(月) 20:11:01.67ID:DulIyPQ4
>>927
多分、今夜はこの番組のことが載る。

934名無しさん@ON AIR2020/05/11(月) 20:12:56.42ID:Lpphqju/
>>930
あの人はたまむすびしか聴いてなさそうだ

903名無しさん@ON AIR2020/05/12(火) 22:03:57.21ID:yaw/9Nv7
大前聴いてないだろな

――――(ここまで)――――

 ちなみにこのときの放送は今でもTBSラジオクラウドで聞けます。たまむすびなど大半の番組は1週間で消えるのに、これと安住紳一郎と神田伯山はずっと保存されています。

| | コメント (0)

そこまで定着している

 文化放送の大竹まことの木曜日は、小島慶子が3週連続やって、1回休んでまた小島が3週連続やるという、もう完全に小島の番組です。

 先日、また村井美樹の出る講演を聴くために、今度は福島県南相馬市に行きました。かつて二宮尊徳がこの地を救ったそうで、4つの演題はすべて尊徳に関するものです。それはそうと、いわきから東京方面に向かう常磐線で、幼稚園児の集団と乗り合わせました。列車が内郷駅に着くと口々に「仮面ライダーうちごう」と騒ぎます。そのギャグ以前の問題として、今の幼稚園児にも仮面ライダー1号が認識されているのかと、すごいコンテンツだと思いました。

| | コメント (1)

見たのに書けてない

 ずっと書く機会がありませんでしたが、10月に古舘伊知郎のトーキングブルースに行きました。今年、全国ツアーをやることになっていて、最初の名古屋が延期になっていたのが、再設定された期日に申し込んだらあっさり取れました。生で見るのは2回目です。名古屋ネタも入れていましたが、基本的に内容は、自分の身に起こったことを脚色してしゃべるだけです。あと、プロレスのエピソードを語るのに時間をとっています。それにしても、途中で客が入ってくると、必ずトークをやめてその客をいじります。そういうやり方なのか。

 あと、その直後に宇宙戦艦ヤマトの映画も見ました。前作が「さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち」がもとになっているのはわかりましたが、今回は完全にオリジナルストーリーっぽい。また1回では終わりません。前作同様、30分ずつの話を4本組み合わせた構成になっているので、テレビ放送もするのでしょう。今回から加わったキャラクターはみんな、今のアニメっぽい顔になっています。既存のメンバーも絵のタッチは多少違うのですが、なんか世代間対立みたいです。

| | コメント (0)

赤坂ではそれが見られる話

 この前の日曜日、マクドナルドに入ったら、ごはんバーガーが予想をはるかに上回る売れ行きで、当店では予定より大幅に早く販売を終了したという張り紙が出ていました。3種類とも食べていないのに。それで、モバイルオーダーの仕組みを使って、売っている店舗を探しまくったら、都心の赤坂見附になぜかありました。しかしごはんチキンにんにく黒胡椒はどこの店でも完全に売り切れています。とりあえず2種類のごはんバーガーを買いました。その後、津田沼駅前でも2種類をまだ売っている店を見つけました。

――――(ここから)――――

 たまむすびの火曜日の14時からやっている企画が、夏休み以降、異常に休止が多くなっています。出演者の重病が疑われるレベルです。それでその代わりに変なクイズをやっています。絵を使ったダジャレで曲名を当てるというだけのものです。
 今日の1問目の最初の絵が、駐車場のPという標識があってその両側に車が停まっているというものです。赤江「コインパーキングでPって書いてあるもんね。で、赤と緑の車」。そして「なんかこのイラスト、パッと見たときのさあ、最初にあれがよくないのよ。P、駐車っていったら何か」。ここで山里が「瀧さんじゃないよ。瀧さん注射じゃないし」。ここでは赤江は瀧とは言っていないのに、普段からP瀧P瀧と言ってるのでそう思ったんでしょうね。しかし普通の番組は不祥事で降板した出演者に絶対触れることはないのに、ピエール瀧はコカインであって覚醒剤ではないということまで言ってしまうたまむすびは驚きです。

――――(ここまで)――――

 これと

――――(ここから)――――

 昨日のたまむすびで正式発表があって、現在の番組制作体制ではコーナーの音声を毎週編集することができなくなったので、月1回程度に放送を減らすというのです。

――――(ここまで)――――

 これを書きましたが、1カ月ぶりに放送されたコーナーで、「瀧さん注射じゃないし」の音声が流されていました。瀧の犯罪は公式にネタとしていじっていいということか。

| | コメント (0)

なくなるものはどうなった

 そういえば、東急ハンズ池袋店がなくなるような話が出ていたがどうなったんだっけと思って調べたら、10月31日で閉店しているではないか。しまった。最後に行くのを完全に忘れていました。私は、間もなくなくなるとか昨日なくなったとかいう報道をまったく見ていません。おそらく衆院選と同日で京王線内刺傷も起きたので、それどころではなかったのでしょう。

――――(ここから)――――

 ふと気づいたのですが、「TBS RADIO Press」を見かけません。それで調べたら、やはり昨年度をもってなくなっていたことがわかりました。しかしそれに代わるメディアは出ています。これまでB5の冊子だったのがタブロイドになったようですが、その設置場所というのを見ると、関東の私立大学の中にしか置いていないのです。これまでのラジオプレスは地下鉄の一部の駅やイトーヨーカドーだったのに。今のご時世だと私が取りに入れません。

 指定された設置場所以外に、個人の店などがTBSラジオに申し込んで設置することができます。それが地図上に表示されるのですが、どこか取りに行けるところがないか探したら、毎日新聞東京本社に印がついていました。しかし、もともと置いてあった西側の受付が無人になっています。

 この冬に、TBS RADIO Pressの最終号が新橋郵便局に置いてあるのを確認していました。おそらく局員にTBSラジオリスナーがいて個人的にやっているのではないかと思います。今日、新橋郵便局に行ってみたら、新メディアが大量に積んでありました。

――――(ここまで)――――

 今日、仕事で毎日新聞社に行ったら、無人の受付に設置が復活していました。

| | コメント (0)

キャラクターが消える

 銀座線に乗ったら、車両中に変な跡のついた列車が走っています。ミライトワとソメイティがいろいろな競技をするのを全部はがしたからです。あと、有楽町駅前の建物は完全に廃墟みたいですが、屋内のオリンピック垂れ幕だけは依然として残っているようです。

 NHKの「ワケあって、このカタチなの。」という番組をNHKオンデマンドで見ていたら、ゆりやんレトリィバァの声に合わせて山田さんが秒単位で人形を動かしてると村上信五が言って、人形が「合わせてるとか言うな」と言うのですが、その山田って、「プロフェッショナル」に出ていた人形操作の人か。見るのを忘れてました。それでオンデマンドで再生しようとしたら番組がありません。プロフェッショナルの大半の回は年単位で配信されるのに、この人の回は2週間で消えたのか(数日前に配信されていたことは確認している)。もともとテレビに出るのを拒否していた人だというようなことを聞きましたが、その意向で消されるということか。これとは関係ありませんが、プロフェッショナルの小藪千豊の回が一切再放送されなかったのも本人の意向ではないかと思っています。ちなみに録画はしているので(本放送が操作ミスで録画できなくて、深夜の再放送が例によって全録のNHKだけ消えるときに当たったらどうしようとドキドキした)、見ることはできます。

| | コメント (0)

機械の反応の続報

――――(ここから)――――

 みずほ銀行のある支店に行ったら、通帳更新機にキティ通帳の写真が張ってあって、「このお通帳をお持ちの方は、お繰り越し可能になりました」と書いてありました。もしかして、オリンピックが終わるまではオリンピック通帳を優先して、ハローキティ通帳が更新できなくなっていたのだろうか。

――――(ここまで)――――

 ハローキティ通帳を、ATMを見るたびに何円かずつ預金するなど無意味な取引を繰り返して、再びいっぱいになったところで、みずほの普通預金通帳は五輪デザインになったと書いてある通帳更新機に入れたところ、出てきたのはハローキティ通帳でした。これで普通預金と通帳がハローキティの普通預金は区別されていることが確認できました。

 クイズ関係者のこういうツイートが流れてきました。

――――(ここから)――――

日高大介 @hdkdisk 10月28日
8年使ったパソコンが9月3日にクラッシュしていたので、重い重い腰を上げて、単身ヨドバシカメラへ。親切な説明が全部英語に聞こえます(笑)
前のパソコンのドキュメント、リカバリーできるといいなぁ。20年分のクイズ問題が…

――――(ここまで)――――

 私と同時にパソコンが壊れて、バックアップをとれていないと言っているのか。ところで私のパソコンがどうなったか書いていませんでしたが、修理に出して5日後に電話がかかってきたが出られず、その後も異常にタイミングの悪いときにばかりかかってきてずっと出られず(携帯電話でバーコード決済の支払いをしている最中にかかってくるとか)、10月30日に豊後森にいるときにようやく出ました。その結果、今回はハードディスクの異常でシステムを読み込めなくなっているので、ハードディスクの交換になる。その他の壊れた部分の修理も合わせると4万円台だそうですが、それなら新品を買った方がよさそうだし、ハードディスクもリカバリー業者に出せるかもしれません。ということで修理せずに返送させることにしました。それでも輸送費はかかります。

| | コメント (0)

金曜夜のNHKラジオ

 前回の「鉄旅・音旅」で書くのを忘れていたことがありました。

――――(ここから)――――

 曲紹介をしても現場では実際に曲はかかりません。

――――(ここまで)――――

 放送では曲をかける時間をなくしていました。したがって曲紹介もカットです。

 その後の「飛ぶ教室」では、この本を取り上げていました。

 小川淳也に関する本です。前の週までは選挙期間中なので紹介できなかったというのです。しかも次回は著者自身がゲストで来るらしい。こんな、野党第1党の党首の候補になる人物の本をNHKで取り上げるなんて、政権からの圧力がかからないのか(ちなみに小野文恵は小川のことを「衆議院議員」とだけ説明していた)。高橋源一郎は4月には、論文不正が指摘されている人物をゲストに呼んで、非常に批判が多いが屈しないというようなことをわざわざ宣言していました。次回のゲストが違っていたら怖い。

| | コメント (0)

後半をカットする話

 吉野家の米礼がたまるやつですが、客席に置いてあるPOPが最近変わりました。賞品が、80米礼までのものしか説明が書いてありません。これって今から挑戦しようとしても、どんぶりもブラックプリペイドカードも手に入らないからか。

――――(ここから)――――

 会場からは1回分の収録につき2人ずつ話を聞くのですが、客席中央にマイクが2本立っていて1本ずつ使います。これが感染対策です。2本目の収録の前に消毒します。1本目の2人目のおばさん、内容はいい話をしているのに、滑舌が悪いのと、異常にダラダラしゃべるので、危ない人のようにしか聞こえません。果たして放送でどう扱うか。

――――(ここまで)――――

 放送を聞いたら、いい話の部分はすべてカットして、最初のどうでもいいところだけ使っていました。まったく使わないのはかわいそうと考えたのでしょう。

| | コメント (0)

政治と流行語

 前回書いたのは、そろそろ流行語大賞の候補が発表される時期だから早めに書いておかなければと思ったら、書いている最中に候補が発表されていたんですね。五輪では「真夏の大冒険」が入っていました。それとゴン攻め以外に五輪関係らしい単語が5つ入っていましたが、非常に弱い。「ぼったくり男爵」を大賞にしてバッハを呼んでほしいが。

――――(ここから)――――

 さらに、その後の小野文恵の「飛ぶ教室」も政見放送でつぶれることがわかりました。東京は21時30分から、大阪は21時40分から飛び乗ります。この番組はたまたま21時30分にコーナーの切れ目があるので、小野がここでわざわざ番組が始まるような言い方をしますが、その意味が説明されることはありません。

――――(ここまで)――――

 この日に限って小野はエンディングで、「番組を最初から聞きたい方はらじる☆らじるの聞き逃しサービスで」と言っていました。この翌週は言っていませんでした。

 今週、「にっぽん縦断こころ旅」で、小さいマスクをしているおばさんに火野正平が「もしかしてアベノマスクか?」と言っていました。NHKの放送でアベノマスクと言ったのは初めてではないでしょうか。しかも山口県のロケで。去年、流行語大賞の候補になったから、絶対に口頭では説明しないでしょうが画面に文字は出てるのかな。

| | コメント (0)

ラジオ公開収録(その4)

 今年の流行語大賞って、五輪関係ワードばかりにするつもりだったのではないかと思うのですが、五輪から話題になった言葉が全然ありませんね。敢えて言えば「ゴン攻め」ぐらいでしょうか。こういう空気の中で開催したことを反映しています。「今年の漢字」も「金」にはならなさそうです。「緊」の可能性の方が高そう。

 それでは公開収録です。ラジオなので舞台の出演者はマスクをしたままです。ロケの音声が流れるのですが、3人の声が聞こえるのに3人とも黙っているという、不思議な感じです。でも音声に合わせて久野がいろいろな動きをしています。曲紹介をしても現場では実際に曲はかかりません。
 会場からは1回分の収録につき2人ずつ話を聞くのですが、客席中央にマイクが2本立っていて1本ずつ使います。これが感染対策です。2本目の収録の前に消毒します。1本目の2人目のおばさん、内容はいい話をしているのに、滑舌が悪いのと、異常にダラダラしゃべるので、危ない人のようにしか聞こえません。果たして放送でどう扱うか。一方、2本目で出た人は、全国の新線開業一番列車に乗るという人で、ヤフーニュースにも取り上げられたそうです。「ヤフーニュース」というところはそのまま放送されるでしょうか。予定より収録が長引いたので、この辺はカットされるかもしれません。

| | コメント (1)

テレビで政治メッセージを発する

 NHKプラスで先週の「時論公論」を見たら、岩田明子が出てきました。岩田は解説委員ですが、私が何年も前から見ている時論公論や「みみより!くらし解説」(昨年度まではくらし☆解説)に一度も出たことがありません。それがこの時期に出てきて外交を語るというのは、自民党を勝たせろというメッセージかと思ってしまいます。

 今年の3月にTBSで、太田光と小川彩佳が国会議員に聞く番組をやっていました。その録画を見ました。太田は冒頭で小川の離婚問題に触れています。小川に向かってこれを言えるのは太田だけです。前半は中村喜四郎で、今まで全勝だからといっても今度は負けるかもしれないと言っています。そして公明党の国会議員が太田に、開票速報のMCをやってくれという話が来たらどうすると言うのです。太田は「もちろんやりますよ。池上に負けてられないです」。これって、すでに決まっていてそういう話が出たのか、これをきっかけにその話が具体化したのか。なんかめちゃくちゃ炎上しているらしいですけど、小川に直接離婚について聞くようなことを政治家に対してもやれと求めたということでしょう。

| | コメント (0)

ラジオ公開収録(その3)

 昨日、神楽坂で郵便局に行ったら、その隣の店の前でぼる塾がロケをやっていました。こういう場所だと慣れているのか、通り過ぎる人もまったく反応していません。

 それでは公開収録です。座席の配置は市松模様のようになっています。広報に少しだけ空席があるので、やはり応募者が会場の定員に少し足りないくらいだったのではないでしょうか。
 私は出演者3人とも生で見たことがあります。というか土屋とは前月、電話で話しているわけですし。野月とは静岡のホームライナーで隣に乗り合わせました。自分の乗っている列車で鉄道芸能人と乗り合わせるのは、村井美樹に次いで2人目です。

 今回2本録りですが、各回で後半に、会場からの発言を受け付けるコーナーがあります。それを、誰を指名するかを事前に決めておくというのです、土屋はヤラセとはっきり言っていました。しかし特定の人を選ぶのが決まっているという意味ではありません。その場で適当に当てた人が、本番になったら実はすごい人だったことがわかったというのがありました。

| | コメント (0)

衆院選報道

 前回衆院選では、主役からあぶれた残りカスのような人たちが立憲民主党をつくって、枝野も成り行き上、全然向いていない党首になってしまったという感じでした。それで、この4年の間に必ず政界再編があって、政権を取りに行く体制をもつ野党第1党が新たにできるだろうと思っていました。それには山本太郎が絡んでくるとも思っていました。しかし結局、ズルズルと立憲民主党がそのまま行って、これでは政権選択選挙に臨むのには弱い。

 選挙報道の毎日新聞ですが、最初に京都駅で入手したのが「13版」です。今は通常の日は京都には14版(最終販)が来ていますが、今回の13版は午前1時半ごろまでのニュースが入っています。そして東京駅のJR東海の、夕刊4版をずっと置いていたコンビニ(今は夕刊は4版しかない)では、「15版」でした。これまで14D版とか14え版でやっていたのが、版の数字が14より大きいのは初めて見ました。職場に届いていたのは「16版」でした。それでは最終版はいくつなのか。毎日新聞社に行って掲示されているのを確認すると、17版でした。例によって私はある手段で17版を手に入れました。午前3時半ごろの情報が入っています。辻元落選とかはそれでも間に合っていません。

| | コメント (0)

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »