« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

メディアの伝える態勢

 26日の日刊ゲンダイを見ると、「池谷幸雄氏が語る全日本体操で見えた東京五輪」という、1面全部を使った特集が載っています。このページは、完全に五輪があることが前提になっていて、批判的なことは一切書いてありません。あれだけ五輪中止を訴えている日刊ゲンダイであっても、営業が関わっていると思われるページだとこういうことになるのです。

――――(ここから)――――

 赤江珠緒がMBSでコメンテーターをするのは今度の金曜日のようだということを書きましたが、見たら赤江がいません。というか、赤江を含む週替わり女性コメンテーター枠が存在していないようなのです。おそらく、まん延防止等重点措置で、赤江に限らず東京からの出演者を呼べなくなって、あたかも最初からそんなレギュラーはいないかのような形になっているのだと思います。

 今週から、東京の人がリモートで出る体制になったようです。今日は赤江ではありませんでした。それにしても番組によっては東京のタレントも普通にスタジオ出演してるのに、対応が違います。

――――(ここまで)――――

 今日、赤江が出ていました。途中、赤江珠緒についての特集がありました。一般人に赤江について聞くのですが、MBSのアナウンサーにいそうなタイプという答えがあります。赤江はMBSが第1志望だったのに落ちたんですけどね。そして、大阪のアナウンス学校の生徒は、たまむすびで(私服なので)変な服ばかり着ている人ということを知っているのです。必ず引用される寿司のTシャツの写真が出ます。たまむすびはそこまで全国にとどろいているのか。

| | コメント (0)

継続できるのかの話

 昨年1月にこういうことを書きましたが、

――――(ここから)――――

 昨日は渋谷ロフト9で、「第0回ラジオドラフト会議」に行きました。たまむすびで土屋礼央が話した思いつきが、いきなり実現したのです。登壇者がそれぞれ架空のラジオ局の編成になって、8つの枠が空いたと仮定して(平日昼の帯番組とか火曜深夜とか土曜朝とか)、それぞれの枠のパーソナリティを取り合います。最終的に、どの人の編成が一番聞いてみたいかを観客が決めます。

 勝ったのは、昼の帯にピエール瀧を据えた、ラジオ番組の書き起こしをやっている人です。

――――(ここまで)――――

 「第1回ラジオドラフト会議」がようやく開催されます。しかし会場が新宿ロフトプラスワンで5月7日で、開催できるのかと思ったら、今日のたまむすびでも告知していました。これ、気づかれたら東京都が直接自粛要請してくるんじゃないか。

 今週の週刊プレイボーイの車内広告で、「長きにわたりご愛読いただいた『なんかヘンだよね…』が終了し、ふたつの新連載が始まります。『ホリエモンのグラドル相談室』と『ひろゆきの「この件について」』」と書いてあります。これって堀江と西村の対立が決定的になって修復できなくなったということですよね。愛知県知事リコールにしてもそうですが、仲間割れは醜い。

| | コメント (1)

書くのが遅れた話

 2019年にこれを書きましたが、

――――(ここから)――――

 ところがどこにもありません。探す書店探す書店、すべて2号のみです。しかし今日、書泉グランデにかなり近い書店でひょっこり1号を見つけました。この書店は昔から知っていますが、カウンターの老夫婦がものすごく万引きを監視している感じで、一度も買ったことがありませんでした。


 小川町駅のところにあるこの書店に、今月で閉店するという張り紙が出ていました。ビルが建て替えられるためらしい。創業は明治だと書いてあります。

――――(ここまで)――――

 これから1年半たって、ようやくビルの解体工事が始まりました。

 昨日、ツイッターのトレンドに「小島慶子さん」が入っていました。五輪反対を明言したからかと思ったら、ADHDの薬が効いたという記事が出たのでした。なんかこれまで、ずっと音がガンガン鳴っているように感じていて、生まれて初めてそうでない世界を知ったそうです。

 月曜日に昭島市にいたのですが、売っている毎日新聞が13版で、広島の再選挙の結果が入ってません。今回の当確が出た時刻なら、私のいたころなら間違いなく入っていたはずです。やはり締め切りが大幅に早まっているのでしょう。ちなみに朝日新聞は14版で、読売新聞13版ですが入っています。いかに毎日新聞の報道体制が弱体化しているかがわかります。

| | コメント (0)

最後の展覧会(その4)

 2週間前の「笑点」の録画を見たら、新宿の高島屋で笑点記念展をやっていると言っていました。しまった。完全に忘れていました。先週土曜日に、緊急事態宣言の前に行っておくべきはここだったか。本来なら今日までやっていたのですが。ちなみに5年前の50周年のときは東京でやった後で京都でもやりましたが、今は京都も緊急事態宣言がいつ解除されるかわかりません。

 それでは佐藤可士和展です。セブンイレブンのプライベートブランドのパッケージだけが部屋中に張り付けられたところがあります。佐藤がすべてのデザインの基準を統一して実績があがったということですね。他のチェーン店も追随しています。セブンイレブンといえば佐藤がデザインしたコーヒーの機械は大失敗だといわれていますが(普通の客に使い方がわからないデザイン)、一応、何の説明もなく機械自体は展示してありました。

 あとは、カップヌードル関係のデザインだけで埋め尽くされた部屋もありました。楽天カードのキャラクターの巨大なパンダがいる休憩室とか。佐藤がデザインしたGショックの限定モデルが出ていることを知りました。透明で、外観を取り替えることができます。私が使っているGショックはすでに15年ぐらいになるのでそろそろ新しくしたいのですが、佐藤のはそんなにいいデザインとは思いませんでした(ミュージアムショップで3万円近くで売っていたが)。1時間ほどで出て、次の小島慶子の出る講演会には間に合いました。

| | コメント (0)

最後の展覧会(その3)

――――(ここから)――――

 渋谷のロフト9でやっている「ニュースさかさメガネ」というイベントについて、昨年こういうことを書きました。

 この直後に、出演者の一人であるTBSラジオ記者がDVで逮捕されたと報道されて(実際は逮捕だったかどうかはっきりしない)、記者を外されて、このイベントが開催できなくなったことです。それが小西克哉の相方を生島淳に替えて2年ぶりに復活しました。

なんとこれが、元記者を迎えて復活しました。

――――(ここまで)――――

 これの次の回の開催が発表されたのですが、Peatixでの予約が無料、つまり申し込んだ時点で代金支払いが発生しなくて、会場で払うというのです。これはおそらく、中止になったときの払い戻しの手間を避けるためでしょう。

 それでは佐藤可士和展です。入って最初に展示されているのは、佐藤が小学生のころに描いた絵です。これが捨てられずに残っているという時点で、なんか裕福な家庭だったのではないかという自慢に見えます。ただ、たくさんのアリの絵は小学生レベルの下手さなのですが、デザインセンスは感じられます。

 改めてすべての作品が並んでいると、だいたい同じパターンに見えます。これは佐藤に限りませんが(例えば水戸岡鋭治の鉄道車両とか)、それでこの人にだけ仕事が殺到するというのは、結局は運みたいなものかと思います。ロゴの設計図というのが展示されていて、方眼のマス目に作図していることがわかります。Tポイントのマークなんか、できたのだけ見たら、3×3の正方形を塗っただけですからね。この後、ショック。

| | コメント (0)

最後の展覧会(その2)

――――(ここから)――――

 品川駅の新幹線改札内の売店も閉店していることを確認しました。新横浜以西の駅では新幹線の売店もやってるんですけどね。

 新横浜駅もホームの売店は閉店していました。

――――(ここまで)――――

 品川駅の新幹線改札内には、他の場所に開いている売店があることがわかりました。毎日新聞の夕刊も売っています。

 それでは佐藤可士和展です。乃木坂駅から国立新美術館へは直接入れることを初めて知りました。通路上に検温の設備が設置されています。12時半ごろに着きましたが、会場には12時の整理券の人の列ができています。一方で、当日券を買う列は20~30人ぐらいでそんなに長くない。誘導の係員は、今は12時からの分を売っていると言っていますが、窓口の表示では13時からしか売っていません。13時に入れれば、小島慶子の講演会にも間に合います。

 13時より後の時間帯はすべて買えるようになっていて、意外に客が殺到していません。13時の券が売り切れないかとヒヤヒヤしましたが、買えました。12時45分以降に列に並んでいいそうです。まだ12時の列が残っているところで43分ぐらいに並んだら、その直後に私の後ろに一気に客が来ました。少し遅かったら入場が13時より大幅に遅れたかもしれません。この後、子ども。

| | コメント (0)

最後の展覧会(その1)

 鳥獣戯画展が人気でチケットを取れなくなる前に早目に行ったと書きましたが、こういうことで閉館するとは思っていませんでした。会期中に再開できるか微妙ですね。ところで、今日までは緊急事態宣言でないので、どこか今日のうちに行っておくべきところはなかったかと考えました。昨年は、チケットを買っていたのに行っていなかった展示会が「今日2月28日を最後に休止します」というツイートを、2月28日昼に東京から離れる列車の中で見て、もう間に合いませんでした。東京を出る前にわかっていれば余裕でセーフだったのに。

 それで思いついたのが国立新美術館の佐藤可士和展です。もともと行くほどの価値があるかどうか迷っていたので今日まで行っていないわけですが、俄然行く気が出てきました。ちなみに、元同僚で表現の不自由展で会った永田晶子は、これを展示会としてやるような性質のものかという感想のツイートをしていました。

 入場券は鳥獣戯画と同じ時間指定制で、ネットではすでに買えなくなっているのですが現地で当日券は売っています。思いついたのが11時過ぎで、急いで出発して乃木坂に向かいます。実はこの後、有楽町で小島慶子司会の講演会に行くので、たとえ入場券が買えたとしてもうまく時間配分できるかわかりません。

| | コメント (0)

メディアの動きの続報

 先週金曜日にこれを書きましたが、

――――(ここから)――――

 赤江珠緒がMBSでコメンテーターをするのは今度の金曜日のようだということを書きましたが、見たら赤江がいません。というか、赤江を含む週替わり女性コメンテーター枠が存在していないようなのです。おそらく、まん延防止等重点措置で、赤江に限らず東京からの出演者を呼べなくなって、あたかも最初からそんなレギュラーはいないかのような形になっているのだと思います。

――――(ここまで)――――

 今週から、東京の人がリモートで出る体制になったようです。今日は赤江ではありませんでした。それにしても番組によっては東京のタレントも普通にスタジオ出演してるのに、対応が違います。

 ツイッターで、こんなのが流れてきました。

――――(ここから)――――

kai @hot3qu
読売新聞の入社式で、社長がPCR検査抑制論がはびこっていたが、読売は昨年から正しい主張をしていたとあいさつしたらしいというのを見たんだが

他の主張は脇に置いて、各新聞社のコロナ報道がどうだったか検証は必要だよね
特にイデオロギー対立になってるPCR検査については特に

――――(ここまで)――――

 これって明らかに、私が昨日書いたことではないか。誰かわからない人がここを読んでツイートして、それをたまたま、私がフォローしている人がリツイートしているのです。毎日このブログを書いても全然読まれている感じがしませんが、伝わっているところには伝わっているということです。

| | コメント (0)

毎日や朝日や読売の内部

 元同僚のツイートで、毎日新聞のあるビルの最上階にあるアラスカという高級レストランがなくなって、インタビューするときに困ると書いてありました。結構前に閉店したようです。ちなみに朝日新聞のビルにあるアラスカは今でもやっています。これが需要の違いです。

 仕事で朝日新聞社に行くだけでなく、先日は読売新聞社の入社式について扱いました。社長のあいさつがおもしろい。PCR検査抑制論がはびこっていた中で、読売は昨年から正しい主張をしていたと言っています。昨年からの一連の感染拡大の中で読売が言ったことがすべて正しかったという言い方をしています。そして東日本大震災10年の報道では、読売以外に読み応えのある記事がなかったと言い切っているのです。「読売と他紙がこれだけ差がついたのは、企業の業績によるところもありますが」と、読売がすでに勝った前提です。さらにおもしろいのは、読売は左右の極論にくみせず、中庸・中道を守ってきた。中庸というのは単に左右を足して2で割ったものではなく、それ自体に価値がある。日本の伝統を大切にしながらもリベラルであるというのが読売の特徴だというのです。読売の社長は、自分のところを「リベラル」だと思ってるんですよ。組織の中にいると見方がゆがむという、これは他山の石です。

| | コメント (1)

NHKの裏

 昔こういうことを書きましたが、

――――(ここから)――――

 今日、「中井精也のてつたび」の北海道横断が再放送されていましたが、この番組は不自然なところがあります。札沼線の新十津川駅に行くのですが、ここは現在、1日1本しか列車が来ません。朝9時台に着いて、それがすぐに折り返すだけです。そのため、今回小樽をスタートして新十津川を通るとなると、番組の構成通りのロケができません。小樽を始発列車で出てもこの撮影はできないし、逆に途中で泊まったとすると、時間が無駄になりすぎます。だから本当は、放送された旅のルートと全然違う動きをしているのではないか。実は反対向きの列車で撮影しているとか。小樽から根室までずっと昼の場面で、何日かけてどこに泊まったのかまったくわからなくなっています。実際の収録順がバラバラなのをごまかすためではないかと思います。

――――(ここまで)――――

 中井のネット配信を見たら、てつたびが特番のみの放送になってからは、1回のロケに10日ぐらいかかっているそうです。さすがNHKの経済力。

 「よ~いドン!」の「となりの人間国宝さん」を見たら、梅谷という畳屋が出てきました。畳屋をやりながら音楽制作をやっているのです。祖父が畳屋でそこから引き継いだそうですが、一方で父親が作曲家だといいます。ヒットは1つしかないが、小林幸子の「おもいで酒」を作った梅谷忠洋という人だということです。梅谷忠洋だと! 有名な人じゃないか。教育テレビの「YOU」の初代司会者は糸井重里ですが、月1回の大阪制作は1年目が梅谷だったのです。そして、母親が元NHKアナウンサーだということがわかりました。こいつ、女子アナと結婚してたのか。急に不快になりました。

| | コメント (0)

2019年に問題が発生した建物

 先日の「所さん!大変ですよ」を見たら、獣神サンダーライガーが出てきました。武蔵小杉のタワーマンションが停電した一昨年の台風19号で、新日本プロレスの道場が浸水して、1階が使えなくなって改装に3000万円かかったそうです。この道場って、数年前に「大改造!劇的ビフォーアフター」でリフォームした物件ではないか。ビフォーアフターの建物が消失したという情報は初めてです(火事に遭った家があるとかいううわさがあるが、まったく確認できない)。所は自分の番組でやったということを認識しているのか。

 全録ビデオを確認していたら、「ゴゴスマ」で、セブンイレブンの中にセブンイレブンがある珍百景とか書いてあります。なんかおもしろ映像かと思って再生したら、

――――(ここから)――――

 今日は実家から大阪に行きました。勝手に時短営業した東大阪のセブンイレブンがずっと気になっていたのですが、今年末で契約解除が言い渡されたということで、店側は営業を強行する方針だそうですが、これは今行かなければいけません。

 東大阪市なので、ずっと家は並んでいます。当該のセブンイレブンは、交通の便は悪いものの、商圏としてはいくらでもあります。店の駐車場が、あまり見ないくらい広いのですが、これは有料駐車場らしい。

――――(ここまで)――――

 一昨年に問題になったあのセブンイレブンではないか。その後、裁判が続いていますが、本部が店の明け渡しを求めてオーナーが拒否しているので(ちなみに仮処分は却下)、本部は駐車場スペースに強制的に別のセブンイレブンの店舗を建てて営業しようとしているのです。まったく愉快でないニュースでした。そして、かつて「ちちんぷいぷい」で司会をしていた人が単なる現地のリポーターとして出ています。

| | コメント (0)

いろいろ主張する話

 昨日の「そこまで言って委員会」のテレビ欄が「緊急ジェンダーSP!!女性論客8人」となっています。この内容で小島慶子が出ないということは絶対にあり得ません。出演者の中で小島だけリモートでした。他に東京から来ている人が何人もいるのに、小島の希望でしょうか。そして放送の時間帯に小島はネットで別のジェンダーのシンポジウムをやっていました。ある意味裏かぶりです。

 NHKの聖火リレーデイリーハイライトを見ています。あの、いかに感動的に見せて五輪への思いを高めるかという演出が、最終的に五輪が中止になると思って見ていると、実にもの悲しい。五輪中止への記録のために毎日録画を残そうかと思ったら、なぜか先週月曜日の深夜の数時間だけ、全録ビデオのNHK総合だけが止まっています。肝心の奈良県2日目が録画できていないではないか。全録でもこういうことがあるのか。

 長崎幸太郎が、東京五輪反対を明言しましたね。首長で五輪中止を言ったのは初めてです。私は、崎川をものにできた長崎には失脚して仕事がなくなってもらいたいと思っていますが、これだけ正しいことを言われるとこき下ろせないではないか。

| | コメント (0)

鳥獣戯画(後編)

――――(ここから)――――

 昨年春に中止になったイベントの払い戻しは、郵便でかなり面倒な手続きをしたはずだが、と思って考えたら、このときは、2月末で廃止になる汐留のチケットぴあカウンターを使ってみようとわざわざ行ったことを思い出しました。それでカウンターで引き換えられなかったのです。

 このチケットぴあのカウンターがあった汐留のタワーレコード自体が3月になくなることがわかりました。

――――(ここまで)――――

 チケットぴあが、すべてのカウンターを廃止することを発表しましたね。

 さて、鳥獣戯画です。鳥獣戯画には甲巻、乙巻、丙巻、丁巻があるということを私は今回の展示の報道で初めて知りました。一番有名なウサギとカエルの相撲などの絵は甲巻なので、今回、甲巻だけが動く歩道に乗って見るようになっています。こういうイベントで動く歩道を仮設するなんて初めて見ました。これ以外の場所では、列にならないで後方から見ながら抜かしていけばいいということを係員が言っています。密を避けようという今の状況ならではです。

 よく見ると、後ろにあるものを描いてしまってから前を描いているので線が重なっているミスがあったりします。描かれているのが、今の芸人がバラエティ番組でやっているようなことで、いつの時代でも変わりません。これを描いた当時は文化財にしようと思っていたわけではなく単なる娯楽ですからね。

 鳥獣戯画だけで展覧会をもたせるというのはすごいが、一応後半は、鳥獣戯画が納められている寺の有名な僧についてです。約1時間で見終わりました。出たら、14時~15時の予約をしている人が長い列を作っています。13時台からこんなことをしていないで14時台後半に来れば一切並ばなくていいのに(別に15時までに出なければならないわけではない)。

| | コメント (0)

鳥獣戯画(前編)

 東京国立博物館で「鳥獣戯画のすべて」という、史上初めて鳥獣戯画の全部の絵を一堂に展示するというのをやっていることを知りました。なんかものすごく話題になって会期末に大変なことになりそうな気がしたので、早めに行っておきました。といっても、会期末に長蛇の列ができることはありません。感染対策でネットで入場時間を指定した完全予約制だからです。私は今日の12時から13時の間に入るというのを選びました。2日前の段階ではどの時間帯も「△」で空きがありました。

 私が東京国立博物館に行ったのは一昨年の三国志展以来です。

――――(ここから)――――

 東京国立博物館の「特別展・三国志」がこの週末で終わるということに気づいて、急いで行ってきまた。今回、中国の出土品などだけでなく、人形劇三国志や横山光輝の三国志やコーエーテクモのゲームともコラボした展示になっています。

 現段階では、入るのに長蛇の列というような状況にはなっていませんでした。休日はどうなるかわかりませんが。それにしても、数十分で出るつもりでいたのに、展示物をまともに見ていたら全然進みません。入って20分たって「黄巾の乱」です。どれだけかかるんだ。会場には曹操の墓と判明したものの内部の再現などがあります。結局、3時間以上滞在しました。

――――(ここまで)――――

 しかし今回は、密にしないために90分以内に出るようにという要請が出ています。そんなことまで制約を受けるようになったか。そもそもこの展示は昨年やる予定が中止になって、今年実現したらしい。

| | コメント (0)

感染に影響される関西

 毎日新聞時代の元同僚が、まさに私の行った聖火リレーの動画を引用ツイートしていました。これを見れば私の書いたのがどんなものだったかわかります。

――――(ここから)――――

油井雅和 @yuimasakazu
聖火リレーに
なんであんなに
人が集まるのか

テレビではこれやらないけど
これ見れば
そりゃあ集まるわ(*_*)

ダチョウ倶楽部上島竜兵さんの
熱湯風呂
「押すなよ押すなよ」
みたいなもんで(-.-;)

聖火リレー(奈良天理市)2021.4.11 東京オリンピック Tokyo Olympics Torch relay(Nara Tenri...
東京オリンピック2020聖火リレー 【ルート】天理大学、天理教本部周辺Tokyo Olympics Torch relay(Nara Tenri City)
youtube.com

――――(ここまで)――――

 聖火リレーに行った日に、赤江珠緒がMBSでコメンテーターをするのは今度の金曜日のようだということを書きましたが、見たら赤江がいません。というか、赤江を含む週替わり女性コメンテーター枠が存在していないようなのです。おそらく、まん延防止等重点措置で、赤江に限らず東京からの出演者を呼べなくなって、あたかも最初からそんなレギュラーはいないかのような形になっているのだと思います。

| | コメント (1)

聖火リレー(その4)

 今年は確定申告しなくていいかと思っていたのですが、試しに計算してみたら、還付金が7万円ぐらいあることがわかりました。あわてて書類を税務署に提出してきました。

 さて、聖火リレーです。ずっと山車と一緒に歩きます。コカコーラやNTTの山車の横で、踊りながら前に進んでいく女性たちが、オウム真理教が選挙に出たときの映像を思い出させます。沿道の人たちは、コースすべてに人が連なっているが動けないほど混雑しているわけではありません。聖火リレーに盛り上がっているようですが、単にこのイベントをおもしろがっているだけで、五輪本番をぜひ見たいというわけではないでしょう。ランナーの関係者が多い。

 最終ランナーは奈良高専の人だそうです。4年生の今年でロボットを引退で、今回にすべてを賭けるというようなことをDJが言っていますが、これはNHKの高専ロボコンのことか? この人がゴールの駐車場に着くと、数分間は車列が止まっていましたが、あっという間に全部消えました。また数十分後には別の市町村で聖火リレーをやらないといけませんからね。そして沿道を埋めていた人たちも一気にいなくなり、元の寂しい田舎道に戻りました。今までやっていたあれは何だったのでしょうか。本当に意味がわかりません。NHKのデイリーハイライトではランナーがアップで映るだけです。

| | コメント (0)

聖火リレー(その3)

 大阪の沖縄専門店には、紅茶花伝のシークワサー味を売っていました。これは銀座のアンテナショップにはありません。

 さて、聖火リレーです。トーチを持って走る人に合わせるので、全体の進み方は非常に遅い。歩いてもついて行けます。歩道を伴走するなという禁止事項はあるのですが、私は歩いているだけなので問題ありません。コカコーラの山車に乗ってるDJが、「1年越しの約束を果たしに来ました」などと言います。スポーツ実況の人が言いそうなことです。すごく鼻につく。昨年からのことも、感動のお膳立てなのかもしれないというようなことを言います。沿道で、聖火リレー反対の横断幕を掲げている人が1人だけいました。そこを通るときに「大声を出さないでください」と言います。

 聖火ランナーのマイクロバスが先頭だと思っていましたが、実際に走るときは各企業の山車の後まで移動するのです。つまりランナーの前後に十数台ずつの車が並んでいるような状態なので、噂で聞いていた通り、本当にどこにランナー本体がいるのかわかりませんでした。

| | コメント (0)

聖火リレー(その2)

――――(ここから)――――

 昨夜、単発で夜勤の仕事が入りました。その現場へ向かうため、夜11時ごろ、東京駅の構内を歩いていました。警官が立っています。こんなのに関わっていたら出勤に間に合わないので、急いで歩きました。そしたら警官に取り押さえられました。そして持ち物を見て、これは他人の物を勝手に持っていると言いがかりをつけて、中央署に連行されました。

――――(ここまで)――――

 今朝、出勤のために東京駅で降りようとしたら、いきなり私服警官に捕まりました。数え切れないほど職務質問を受けていますが、私服は初めてで、まったく警戒していませんでした。前回はこれで仕事ができなくなりましたが、今回は大声を出して抗議したらすぐ終わりました。

 さて、聖火リレーです。駅から東へ商店街の中を歩いていきます。これが尽きた先から山になっていきます。昨年秋に、コミュニティバスに乗ったルートです。しかし予定時間を考えると間に合うかどうかかなり厳しい。ところが商店街と車の通る道が交わるところで南の方を見ると、例の聖火ランナーを先導する山車に乗ったDJの声が聞こえます。これからランナーが来ると言っています。タイミング的にはむしろ完璧でした。

 ランナー全員が乗ったマイクロバスが先頭にいて、その後ろがコカコーラです。そして日本生命、NTTと、スポンサーの山車が続きます。コカコーラの人は沿道に、タオルと、各ペットボトルの五輪限定バージョンを配ります。そして日本生命は、スポーツ観戦とかで使えそうな座布団を畳んであって、それがトーチの形になっているものを配ります。相当コストがかかっていそうです。これを全国で、沿道にいる人すべてに行き渡るくらい用意しているのです。他のスポンサーも物を配っていますが大したことありません。コカコーラと日本生命のグッズだけはもらわなければ。沿道を一緒になって歩きます。

| | コメント (0)

聖火リレー(その1)

 セブンティーンアイスのカラフルチョコは、どこに行っても普通にあって(売ってない販売機と半々ぐらい)、完全にレギュラー商品として定着したようですね。

 さて、昨日は実家の近所で聖火リレーがあったので行ってきました。最終的に開催されないオリンピックの聖火リレーなんて世界的にも見られない貴重なものです。詳しいルートは数カ月前に実家に届いていたチラシでわかっています。17時に市役所を出発するそうです。しかし大阪で別の用事をしてダラダラしていたら、実家の最寄り駅に着くのが間に合わなくなってきました。17時にそこへ向かう列車に乗り込むくらいです。

 別に出発ではなくどこかで走っているところを見ればいいので、17時20分ごろに駅について、チラシを頼りにコースを目指します。上空にヘリコプターがいて、明らかにリレーを空撮しています。しかしそれ以外は、街に聖火リレーをやっている雰囲気は一切ありません。現場以外はまったく関心がないのです。そういえば長野五輪の期間中に長野市に行きましたが、表彰の舞台とかがある小さい広場を除いては、この都市で五輪をやっているというのは一切うかがえませんでした。

| | コメント (0)

絶対にできない運命

 ツイッターのタイムラインで、小池が頭にかぶる笠を発表している写真が流れてきて、こんなことをやっていたころは平和だったと書いてあったのですが、本当に五輪をやるつもりならば、今でも打ち水だの風鈴だのアサガオだのといった暑さ対策の話が報道されていなければおかしい。感染症が蔓延したら五輪時の猛暑が消えるわけではないのだから。しかし東京都は何も言わなくなりましたね。これが、すでに物理的に五輪はできなくなっていると考える理由の一つです。

 先週日曜日にこれを書きましたが、

――――(ここから)――――

 家についてテレビをつけたら、ビデオデッキの残量が0:00になっています。帰宅の1分前にハードディスクの空きがなくなって、東大王の録画が止まっているのです。これだけの時間ロスが重なっていなければ余裕で番組開始前に帰っているはずなのに。

 この3時間スペシャルは関西では一切放送されていないのですが、前の週の3時間スペシャルは珍しく関西で同時放送だったことが実家の全録ビデオでわかりました。こっちだったら録画に失敗しても大丈夫だったのに。


 この3時間スペシャルが関西で今日放送されました。2020年の出来事を振り返るという内容なので今さら放送は難しいと思っていましたが。しかも東大王卒業のラスト2回はすでに同時放送されてるのに。

――――(ここまで)――――

 実家の全録ビデオのB-CASカードに異常があって、なんと先週日曜日の朝4時過ぎから一切の番組が録画されていませんでした(読売テレビと奈良テレビだけチューナーが違うので録画されている)。ここまで私が神に呪われているかのように録画ができない東大王って、どうやっても開催できなくなる東京五輪みたいです。それだけでなく、先日の地震で放送が中断された「たけしのこれがホントのニッポン芸能史」も放送されたみたいですが録画されていませんし、これは見た番組ですが「よ~いドン!」で絶対に残したいと思っていた回が録画されていませんでした。そして、MBSの夕方の新番組が、今週が赤江珠緒の出る回だったのに(これに関しては、調べても出ていたのか確認できなくて、逆に来週出るという情報がある)、

| | コメント (0)

なくなったののその後

 全録ビデオで先々週の金曜日の「ひるおび!」を見てみたら、立川志らくに対して「グッとラックお疲れさま」とか一切言っていませんでした。もうなかったようになってるんですね。そして何事もなかったようにひるおびコメンテーターは続ける。

 TBSで終わるといえば、高校生クイズストーカーの方にも書きましたが、

――――(ここから)――――

 なんと赤坂のTBSストアが今週つぶれたことがわかりました。TBSのグッズは東京駅の方で手に入りますが、閉店の波はこんなところまで来ているのか。

――――(ここまで)――――

 ここが、引き続きTBSがかかわるTHE MARKET TBSという店になったことがわかりました。まだ行っていませんが、なんか番組グッズなどは非常に少なくなって、体験を重視するようです。TBSの番組での体験への応募箱が常設されています(TBSテレビ4個、BS-TBS1個、TBSラジオ1個でバランスをとっている)。

 つぶれた店のその後といえば、

――――(ここから)――――

 キッチンジローが今月末でほとんどの店舗がなくなることがわかりました(東京と大阪1店舗ずつに)。キッチンジローといえばとんかつとから揚げとか、メインのおかずを組み合わせられます。神保町付近に集中的にあるので、毎日新聞時代から使っていました。これは最後に行っておかなければなりません。しかし最も使っていた店は、すでになくなっていることを知りました。それで、神田駅近くの店に行きました。

――――(ここまで)――――

 東京で1つだけ残ったキッチンジローに久しぶりに行ってみました。九段下の、わかりにくい裏通りにあります。この店舗の中だけを見る限り、これまでと何も変わっていません。メニューも同じです。でも改めて来るとやはり高い。定期的に来ようという気にはなりません。

| | コメント (0)

沖縄のものを入手

 2015年にこういうことを書いていますが、

――――(ここから)――――

 なぜNHKを辞めてまで写真集を発売したのか。竹中さんを直撃した。 
「この胸のせいで叩かれることも多かったんです。視聴者から“ニュースが頭に入ってこない”“朝からあの胸は青少年の教育上良くない”と苦情をいただいたこともありました(苦笑)。キャスターとして、この胸はムダなんです。ずっとコンプレックスだったのですが、そのおかげで注目されているのも事実。悩んだ末に自分の殻を破りたくて写真集を出すことにしました」


 昨夜の「TVタックル」に早くも竹中知華が古瀬絵理とともに出ていましたね。巨乳はいかに損かというテーマで、上に引用したのと同じことを話していましたが、番組的には巨乳の方が幸せに決まってるだろという結論で、番組内容に文句をつける女はいっぱいいそうです。

――――(ここまで)――――

 竹中はNHK沖縄の契約キャスターを辞めてフリーになっていましたが、その後、ラジオ沖縄に入社しています。ツイッターで毎日、尋常でない巨乳をさらしていますが、あれでラジオの局アナってもったいないというかアンバランスというか。最近、番組の企画でCDを出しました。ユニット名がH2O華華というのですが、これは2人の名前がともに華で終わることと、Hカップのおっぱい2つ(2人)という意味ではないかと思っています。このCDを、銀座の沖縄のアンテナショップで入手したと書いている人がいました。東京で手に入るのか。それで、仕事帰りに行ってみました。CDもさることながら、バヤリースの沖縄限定の味がそろっているではないか。バヤリースはこちらではオレンジしかありませんが(トマトとかアップルも以前あったと思うが)、沖縄だけで売っているのが5種類ぐらいあります。沖縄フェアを見かけるたびに買い集めていたのですが、ここに来れば日常的にいくらでも入手できるではないか。さらにファンタのシークワサーも売っています。

| | コメント (0)

ここでだけ手に入る

 昨日、通りかかったスターバックスで、バナナンアーモンドミルクフラペチーノがメニューに売り切れの表示があります。しまった。まだ飲んでいないのに。近所の店も軒並み売り切れています。それで、過去にこういう場面でまだ売れ残っていた店に行ってみたら、ありました。トッピングだけが切れていて代わりに新しい商品用のを入れられましたが。残るのはいつも同じところか。東京でいうと東の下町の店舗が狙い目です。

 渋谷のパルコで「ドラえもん1コマ拡大鑑賞展」をやっているのを忘れていました。今夜行ってきました。入場無料です。これは、ドラえもんの原画から1つのコマだけを複製して展示しているのです。たとえばこんなのです。

6million

 これはタイムマシンでパパが1等の宝くじを買うのを見るやつですね(撮影自由)。ここに来た大きな理由が、藤子・F・不二雄ミュージアムの入場券が買えるのです。以前から行かなければいけないと思っていましたが、日時を予約した入場券を買うのが非常に面倒です。ところがここでは、8月までの間、予約しなくても行ったら入れる入場券を売っているのです。ショップでは他にも「ロッピャクマンエン!?」のコマが描かれたバッグなど売っています。きれいなジャイアングッズがありますが、特定の回にしか出てこないのに、どれだけの人にこの背景が認識されているのだろうか。JR西日本では「ドラえもんの新しい鉄道様式」という啓発広告が出ていますが、ここでは普通のジャイアンがいなくてきれいなジャイアンしか出てきません。

| | コメント (0)

NHKの番組を見られるか

――――(ここから)――――

 先週火曜日にNHKで、赤江珠緒と東大王の出る番組をやっていましたが、関西では放送されていなくて、今のところまったく放送する気配がありません。ちなみにNHKオンデマンドでも配信されていません。

 関西では来週土曜日の深夜に放送されることがわかりました。

――――(ここまで)――――

 これは単に、関西以外の全国で再放送される枠だということがわかりました。

 先日買った全録ビデオで、チャンネル録画一覧を見ると、番組が消える期間になっても、ドラマだけが消えずに島のように残っています。このDIGAには、ドラマとアニメだけは通常より長く保存する「おとりおき設定」というのがデフォルトになっていることがわかりました。連続ドラマの場合、より古いものを後から見る可能性があるからですね。しかし通常ドラマを見ない私には必要ないので、解除しました。そしたら逆に、まだ保存期間のはずなのに消えているドラマがあります。NHKの「体感再び 首都直下地震」が消えているではないか! あの番組はドラマではあっても、小野文恵司会の報道番組です。まだ保存していなかったのに。もう東日本大震災の月ではないので、再放送される気配はまったくありません。

| | コメント (0)

NHKのCG使い

 NHKの「くらし☆解説」が新年度から「みみより!くらし解説」に変わりました。これで岩渕梢が降ろされるのかと思ったら、そのまま続投で、番組キャラクターさえ変わっていません。ところで前番組の最終回で岩渕が「セットも変わります」と言っていたのですが、新番組はグリーンバックでCGのセットを合成しているだけではないか。完全に前よりコストが削減されています。

 先日Eテレで、「私だけかもしれない講座」という番組をやっていました。数カ月前に1回やって、先月に2本続けてやっていました。講師は大学教授などなのですが、「うんちを出すのが恥ずかしすぎて全然出せない私概論」「人とごはんを食べるのが恐ろしくてたまらない私概論」と、その人の個人的な症状がテーマなのです。心理学的な分析をするのですが、講師は恥ずかしいということでCGで顔を隠しています(名前とか声は普通に出てる)。それに合わせて、聞き手の出田奈々もCGで顔が隠されています。私が思ったのは、この演出はむしろ出田の顔を隠すためなのではないかということです。出田が自民党の国会議員と結婚してから、私はテレビで顔が出ているのを一度も見たことがありません。さすがに公共放送の中立を疑われますからね。でもこれを理由に別の職種に異動させるのもそれはそれでまずいのでしょう。しかし出田は今回の番組で、夫について言及していました。

| | コメント (0)

ツイッター世論をみる

 こういうツイートが流れてきたのですが、

――――(ここから)――――

めしたろう @suta_meshi_taro 4月4日
列車の中で新聞読んでる人もずいぶん見なくなったけど、三大紙の一角を駅で売らなくなってしまうとはなあ

――――(ここまで)――――

 どこかの駅売店で、毎日新聞の販売エリア縮小に伴い4月から毎日新聞を扱わないという張り紙を写しているのです。こういう状況だということがわかります。

 さて、昨日は非常にまずいことが起こりました。池江が東京五輪出場権を獲得したことで、世の中の空気がいきなり、世論調査で7割ぐらいが今夏の五輪開催に賛成するくらいの社会的インパクトがあるのではないか。私は、今朝の読売新聞が、世論誘導のために1面トップで扱うのではないかと思いました。しかし、読売ではなく朝日が1面トップでした(そして産経)。私は世の中の感覚をみるためにツイッターを「池江 五輪 中止」で検索してみました。そしたら朝の段階では、池江がいるのにそれでも五輪に反対する非国民がいるのかみたいなのも当然出てきていますが、池江が努力で結果を出したことと五輪を開催すべきでないことは無関係というツイートが同じくらいあって、拮抗しています。池江という個人が大変な能力で白血病を克服して優勝することが、なんで何億人もの健康に影響する可能性があることと天秤にかけられるのかというのがおかしいのですが。そして夜になったら、池江を出場させるために五輪をやるべきだというのはおかしいという意見が優勢になっていました。意外に世の中は冷静に考えています。

| | コメント (0)

東大王だらけ

 今週初めにこういうことを書きましたが、

――――(ここから)――――

 先週火曜日にNHKで、赤江珠緒と東大王の出る番組をやっていましたが、関西では放送されていなくて、今のところまったく放送する気配がありません。ちなみにNHKオンデマンドでも配信されていません。

――――(ここまで)――――

 関西では来週土曜日の深夜に放送されることがわかりました。

 昨日の「ニュースキャスター」に元村有希子が出ていないかチェックしたら、元村と東大王が並んでいるではないか。「グッとラック!」が終わったので、東大王がこちらのコメンテーターに回されたのか。まだ確認していませんが、今日の「バンキシャ!」でも東大王がコメンテーターをやっていたようですね。

 昨年末にこれを書きましたが、

――――(ここから)――――

 家についてテレビをつけたら、ビデオデッキの残量が0:00になっています。帰宅の1分前にハードディスクの空きがなくなって、東大王の録画が止まっているのです。これだけの時間ロスが重なっていなければ余裕で番組開始前に帰っているはずなのに。

 この3時間スペシャルは関西では一切放送されていないのですが、前の週の3時間スペシャルは珍しく関西で同時放送だったことが実家の全録ビデオでわかりました。こっちだったら録画に失敗しても大丈夫だったのに。

――――(ここまで)――――

 この3時間スペシャルが関西で今日放送されました。2020年の出来事を振り返るという内容なので今さら放送は難しいと思っていましたが。しかも東大王卒業のラスト2回はすでに同時放送されてるのに。

| | コメント (0)

新たな家電破壊

 前回、ビデオデッキが直ったことを書きましたが、それを送信した直後に、別の物が派手に破壊されました。常磐線に乗っていて気づいたら北柏で、列車の方向も違います。寝過ごしたと思ってあわてて降りると、スマートフォンが列車とホームのすき間に落ちました。もともとどういう状況で保持していたのか記憶にありません。ポケットに入れていたのかどうか。

 大声を出してその場にうずくまります。スマホがあるのは確認できますが、真っ暗でほとんどわかりません。列車が出てから係員を呼ぼうと思っているのに、目の前の列車がまったく発車しません。そのうち車掌が来ました。それで、携帯電話を落としたと言いました。車掌は戻りましたが何分たっても列車が動きません。今度は駅員が来て「大丈夫ですか」と言います。それで、携帯電話を落としたと言うと、「具合の悪い人がいると聞いてきた」。先日のパナソニックの店のばあさんと同じで、こちらの言うことをまったく聞いていないのです。車掌はおそらく車内放送で「お客様に急病人がいるため発車を見合わせています」と言っていたのでしょう。

 マジックハンドを持ってきます。もう1人の駅員がライトで照らしながら取ります。普通に動いていますが、画面も無事だったと思ったら、正面から見るとわからないだけで、傾けたら全体にX型のひびがはいっていました。ちょうどシンケンジャーの赤の顔みたいな感じです。つい数カ月前に交換したばかりなのに。それにしても、ちょうど全録ビデオを買うかどうか考えているときにビデオデッキが壊れて、そろそろスマホの機種変更をすべきかどうか考えているときに(もうすぐ4年になる)こういうことになるとは、やはり古い物が嫉妬するのか。

| | コメント (0)

ビデオデッキ故障(その7)

 今日も用事で朝日新聞社に行ったのですが、書店のGALACがなくなっていました。誰かここを読んでるのか?

 さて、ビデオデッキです。先週月曜日に、ハードディスクを交換するという電話がかかってきて、修理をキャンセルしました。そして、木曜日に店から、ビデオデッキが戻ってきたという電話がありました。木曜日の夜に行ったらすでに店が閉まっていて、改めて土曜日の朝に行きました。修理は見積もりだけでも結構な金を取られるはずですが、今回払うのは、最初の2200円だけだそうです。書類に「付属品」としてB-CASカードとBD-REと書かれているので、中を開けたことはわかります。そしてブルーレイは本体と別に梱包されていました。

 戻ってきたビデオデッキを電源につないで、ブルーレイディスクを開けるスイッチを入れます。しかし何も動きません。中を開けたんだったら、絆創膏を取り出して、それで済むかもしれないのに。ところが、設置するために傾けたところ、突然ディスクが開いて、絆創膏が飛び出しました。やはり単に絆創膏が引っかかっていただけなのです。こちらは店で「絆創膏が入って」と言っているのに、ばあさんは修理依頼書に一切書こうとせず、工場で中を開けているのにディスクのエラーとかチェックしていながらブルーレイは取り出しているのに絆創膏は取り出していないのです。これ、最初に動かなくなったときにちょっと傾けていたらそれで終わっていたということです。

| | コメント (0)

メディアが見られない話

 昔こういうことを書きましたが、

――――(ここから)――――

 「GALAC」という放送関係の雑誌があります。しかし一般書店での流通が非常に少なくて、先日のクイズ番組特集の号も一切見つからず、断念してAmazonを使いました。次に出る号が、女子アナについての特集で、小島慶子の話を聞いているそうです。

――――(ここまで)――――

 朝日新聞社に通うようになって、ここにある書店にはGALACが棚に置いてあるのを発見しました。先月の「ノーナレ」でクイズ作家のドキュメンタリーがギャラクシー賞の月間賞を取ったので、GALACを読まないと。

 以前こういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 実家の全録ビデオは、1日に1回、メンテナンスのために録画が止まる時刻を設定しないといけません。私は午前4時20分にしています。普段は問題ないのですが、「小野文恵」で検索してみたら、正月にBSで小野がナレーションしている番組の再放送があって、それが4時20分をまたいでいたので録画できていませんでした。

――――(ここまで)――――

 「クイズ!脳ベルSHOW」に昨年、玉袋筋太郎がついに出たと言っていて、その回が昨日と今日、ようやく地上波で放送されました。ところが見ようとしたら最初の7分ぐらい録画されていません。先日買った全録ビデオは、メンテナンスの初期設定が午前4時になっていたのか! 2週間前から動かしているのに気づいていませんでした。で、ビデオデッキ故障の話はどうなった。

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »