« テレビのトーク(その3) | トップページ | 大阪パソコン続報 »

司法機関を伝える話

 先週金曜日、私がテレビのトークに行っている時間帯に、TBSラジオで、交通情報プラスという番組をやっていました。ラジコのタイムフリーで聞きました。1時間、交通情報のことだけを取り上げるもので、ナレーターは窪田等です。どこの(交通管制センターがある)警察には食堂があるとか、過去に道路に落ちていた変わったものとか、パーソナリティのいい加減な対応とか、普段TBSラジオを聞いている人には非常にマニアックでおもしろい内容です。
 その中で、過去にTBSラジオが自社イベントなどの宣伝のために交通情報のBGMを変えたことで交通キャスターが戸惑う例として、宇宙戦艦ヤマト交通情報とかあしたのジョー交通情報とかポールマッカートニー交通情報とかを流していました。TBSラジオ自身がこれにつっこめるのかと思いましたが、使われている音声で小島慶子が長時間しゃべっていて、これを流せるのかともっと驚きました。

 ゴーンの勾留が年を越して延長されることで、新聞には東京拘置所の待遇に関する記事が出ていました。大みそかだけは就寝時間後も紅白歌合戦のラジオが流れているとか、正月におせち料理が出て3日まで残しておけるとか。それで思い出しましたgあ、私がいたときは土用の丑の日があったので、自分の生活では娑婆では食べられないようなちゃんとしたウナギが出ました。

|

« テレビのトーク(その3) | トップページ | 大阪パソコン続報 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 司法機関を伝える話:

« テレビのトーク(その3) | トップページ | 大阪パソコン続報 »