« ネットで知られる話 | トップページ | 時事的な話 »

新たに消息がわかる

 東京メトロの銀座駅のゴミ箱にはネズミが住んでいます。大量の客などお構いなく、巨大なのが2匹、出たり入ったりしていました。

 中央省庁に行って、プレスリリースを見ていたら、「2018年度安倍ジャーナリスト・フェローシップ・プログラムWebセミナー」という紙がありました。
 安倍ジャーナリスト・フェローシップというのが非常にわかりにくいのですが、国際交流基金日米センターと米国社会科学研究評議会が共催しています。日米のジャーナリストによる研究取材を支援するものです。これに選ばれると、主に米国での6週間研究取材のプロジェクトを通じて、日米にとって喫緊の関心事について質の高い報道をするというものです。安倍というのは安倍晋三ではなく安倍晋太郎のことです。

 で、今年の申請を前に、、過去にフェローになった人が、申請書の書き方についての疑問点に答えるというのです。それも、チャットでやるそうです。なんだそれ。
 ここまで書いてきて何を言いたいかというと、その答える人というのが神谷説子なのです。知らない人はそもそもこのブログを読む意味があるのかと思いますが、社情研関係者です。この名前が出るのは初めてか。ジャパンタイムズに入って、2014年に退職しています。刑事裁判への市民参加に関心を持ち、カリフォルニア大学バークレー校で陪審制の研究を行う。そして2010年の安倍ジャーナリストフェローシップであまりかの法律家による市民への法教育の取り組みを取材です。
 社情研関係者、この年齢になるといろいろなところで活躍していますね。自分がこんなことになっているとは思いませんでした。

|

« ネットで知られる話 | トップページ | 時事的な話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新たに消息がわかる:

« ネットで知られる話 | トップページ | 時事的な話 »