« 失敗を隠す編集 | トップページ | 大ピンチから得るもの »

初めて知る言葉

 昨夜の「ドキュメント72時間」は神保町の古書店街でしたが、吹石一恵がナレーターなので、吹石の昔の写真集を映したり、福山雅治の本を映したりしていました。スタッフの悪意を感じます。

 今朝の「週刊ニュース深読み」のテーマはパリの同時テロでした。小野文恵が、私も年末年始のパリ旅行を泣く泣くキャンセルしましたと言いました。ということは、小野は「年の初めはさだまさし」に出ないつもりだったのか? そんなことを国民が許すと思っているのか。そういえば小野は、自分の血液がパリの学会発表で使われたことについて、自分はパリに行ったことがないのにというのをずっとネタにしていましたが、パリに行けるようなご身分になったか。

 当ブログの検索フレーズで「在監証明 大阪拘置所」というのがありました。これで検索すると当ブログが1ページ目になります。在監証明について書く人がそんなにいないのか。ところで、この検索でヒットする他のブログを読んでみると、「弁当切り」という言葉が出てきました。何の説明もなく全員が知っているかのように使われています。このブログの内容は、執行猶予が終わる前に別の犯罪で捕まったが、裁判で粘って、判決が確定する前に執行猶予期間を終わらせて、前の刑の分も収監されないようにするということのようです。つまり弁当切りというのは執行猶予が終わることです。いろいろな業界用語がありますが、犯罪を繰り返す人の間ではこういうのがいっぱいあるわけで(例えば大阪拘置所を「ダイコウ」というとか。東京拘置所は多分「小菅」)、これに詳しくなったら自分の人生も終わるなと思って恐ろしくなります。

|

« 失敗を隠す編集 | トップページ | 大ピンチから得るもの »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めて知る言葉:

« 失敗を隠す編集 | トップページ | 大ピンチから得るもの »