« 設計の失敗の話 | トップページ | 何を目的にここを読む »

テレビ出まくりと出られなくなる人

 昨日の小島慶子は「ナニコレ珍百景」に出てオールナイトニッポンに出て「ナカイの窓」に出て「学生HEROES!」に出ていました。この春先から異常な小島慶子バブルがやってきています。その分、雑誌取材は一切控えているようです。ナニコレではVTRの女について「女ってああいうこと言いますよねえ」と原田にふられていました。後は「私も会社員をやっていて」と言うところで「元TBSアナウンサー」と出ます。結局小島に求められる役割はこの2つだということです。
 ナカイの窓では、中居正広と同い年だということについて中居が「えーっ、上だと思ってた」。そして今の40代の男が小学生のころには「男子みんな横チンするぐらいの半ズボン」。ここでも小島に求められている発言を果たして終わりです。

 小島のメディア露出といえば、当ブログがかなり検索されているのに今まで書いていなくて申し訳ない。週刊文春の「女が嫌いな女スペシャル」で、仁科友里が小島慶子について書いています。見出しは広告でもわかる通り「すべての自虐は“私ってすごい”に通ず」。内容は仁科のブログを読めばわかる通りのことです。記事を読んでもらうとして、一番ポイントになる文だけ書いておきますと「自分大好きコジケイ様にとっては、自虐すら、恵まれていながらそこに安住しない知性の自慢である。私を見て。私ってすごい。欲望でギラギラしたコジケイ様こそVERYの真髄であることを同誌はお見通しなのである」。

 当ブログが検索されるといえば、毎日放送で、昼のドラマの再放送枠に突然「ロケみつ」が再放送されました。この回です。

――――(ここから)――――

 昨夜の「ロケみつ」は総集編でしたが、事実上、ミラノで会った日本人の美人巨乳インテリアデザイナーを放送するための回です。この直後から当ブログには大量の検索フレーズが。「ロケみつ ミラノ 美人」「ロケみつ ミラノ 巨乳」「巨乳 ロケみつ」「ミラノ ろけみつ 巨乳 デザイナー」「ロケみつ日本人美女」「ロケみつ ミラノ 女性 巨乳」「ロケみつ ミラノ 谷間」「ブログ旅 巨乳 ミラノ」など。

――――(ここまで)――――

 ミラノの日本人美人巨乳インテリアデザイナーは、毎日放送では実に4回目の放送です。そしてこの放送直後から早速当ブログには「ロケみつミラノ谷間」という検索が相次いでいます。

 何回も放送されるといえば、今夜、「開運!なんでも鑑定団」のBSジャパンでの再放送を見たら、「事前の告知と内容を変更しております」というテロップが出ました。何が起きたんだ。今日こんなことがあるといえば、もともと放送予定だった回のゲストが嶋大輔だったりして。と思って調べてみたら、まさにその通り。なんで地上波で2012年11月に放送された嶋大輔の回をよりによって今日放送しようとした。島田紳助引退のときは、鑑定団の放送終了と同時に会見しましたが、今回は逆にギリギリ間に合いませんでした。

|

« 設計の失敗の話 | トップページ | 何を目的にここを読む »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレビ出まくりと出られなくなる人:

» 仁科友里「欲望ギラ☆ギラ小島慶子 すべての自虐は〝私ってすごい〟に通ず」『週刊文春』2013年5月2日・9日 ゴールデンウィーク特大号 [ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!]
まぁ、私としては、リベラル男としての度量を常に試されているような緊張感もふくめて、小島アナは好きなしゃべり手ではあるけれど、「キラ☆キラ」(TBSラジオ)の時のような昂揚感は正直言って今はないです。 [続きを読む]

受信: 2013年4月27日 (土) 06時57分

« 設計の失敗の話 | トップページ | 何を目的にここを読む »