« どこへ行く | トップページ | 細かいネタ »

ソニーの巨乳

 今、東京にいます。日比谷公園の「鉄道フェスティバル」に行きました。JR西日本のブースがなく、主催企業名にも入っていませんでした。

 さて、「ラジオサーバー」を買おうとしたら発売終了になったので、今入っている録音(東京のマンションに置いて、東京のラジオ番組をとっている)の音声データを、ウィンドウズのパソコンに移す必要があるということを書きました。そういうことを書いたらてきめんに現在のiBookが嫉妬して、ハードディスクが認識しなくなったのでした。現在は一応動いているものの、もう4〜5年使っていて、パソコン自体の寿命かもしれません。ブログの書き込みを休まないために、バックアップのパソコンが必要です。
 ということで、ウィンドウズのノートパソコンを買いました。迷わずVAIOにします。理由は、Felicaの読み取り装置が標準装備されているからです。これからはSuicaやEdyをはじめ、この電子マネーが世の中でますます大きな位置を占めると考えています(そういえば須藤修と後藤玲子の共著で「電子マネー」という本が出たのはいつのことだっけ)。
 それとともに、VAIOと組み合わせられる「ロケーションフリー」というシステムが発売されたことを知りました。具体的にどういう使い方ができるかというと、東京のマンションのテレビにこの設備をつけておくと、実家でインターネット接続したVAIOで、東京ローカルの番組を見ることができます。これで「噂の東京マガジン」のビデオをセットしておいてときどきテープを回収に来なくていい。8月末に高校生クイズの事前番組を見るために台風に突っ込んだようなことをしなくてもよくなります。
 このロケーションフリーが展示されていないかと思って、有楽町のビックカメラに行きました。ソニーのテレビ関係のところはBRAVIAを全面的に宣伝しています。ロケーションフリーは見当たりませんでした。このBRAVIAのところに立ってずっと宣伝文句を読み上げているコンパニオン。かなり太っているのですが、ものすごい巨乳です。しかも、着ている衣装の、胸の中央の上の部分だけがメッシュになっています。このため、ちょっとかがむと露骨に見えます。あれは、最初からこういうコンパニオンを起用することを前提に衣装を作っているとしか思えません。テレビの性能ではなく、そんなことで客を寄せようとしているのか? 最近のソニーの商売の空回りが、こんなところにも表れているように思いました。

|

« どこへ行く | トップページ | 細かいネタ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソニーの巨乳:

« どこへ行く | トップページ | 細かいネタ »