最終版革命

 NHKオンデマンドで、また「販売停止のお知らせ」が出ました。沢尻エリカ時代の「アナザーストーリーズ」がすべてなくなります。NHKとしては、司会を代えておいたおかげで直近の放送には影響がありませんでした。

 さて、前回これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 毎日新聞の建物のあるところで、夕刊が自由に取れるようになっているのですが、それが今週から、3版から4版に変わっていることを発見しました。ここ何年か、4版を売っているところがどんどん縮小されていましたが、これからは毎日無料で手に入るではないか。逆に言うと、夕刊があまりに読まれないので、もはやフリーペーパー的な感覚で配るようになっているのかもしれません。

――――(ここまで)――――

 もっと重大なことが次々に明らかになりました。

――――(ここから)――――

 1カ月ぶりぐらいに名古屋駅で毎日新聞の夕刊を入手したら、最終版でなくなっています。これは毎日新聞内部で大幅な合理化が行われたことが推測されます。在来線の改札内の売店でしか確認していないので、名古屋駅の他の場所はどうなっているかわかりません。

 新幹線の改札内も最終版でなくなっていることを確認しました。しかし改札の外の売店は最終版です。また近鉄の駅構内も最終版です。

 改札の外も最終版でなくなりました。そして名鉄の構内も近鉄の構内も最終版ではありません。毎日新聞は一般人の気づかないところで確実に業務が縮小されています。

――――(ここまで)――――

 名古屋駅で売る夕刊が、最終版が復活していました。今のところ改札外と近鉄の構内しか確認していませんが、これは大変なことです。今の毎日新聞にそんなサービス向上が可能なのか。
 もっと驚くことに、実家に配達される毎日新聞が、朝刊14版、夕刊4版になっていました。つまり、これまでほぼ大阪市内だけだった最終版が奈良県に来るようになったのです。

 これはいくらなんでも非常におかしい。他社が京都市に最終版を広げて、朝日が奈良県で最終版を出すようになったことを書きましたが、これに対抗する何らかの手を打ったことが考えられます。しかし毎日新聞の経営資源を考えるとそんな速報体制を整えられると思えません。
 そこで私の想像ですが、もしかしたら朝夕刊とも最終版の締め切り時間を大幅に早めて、夕刊のある地域に届くのは全部最終版というようになっているのではないか。10月から夕刊の内容が大きく変わったことを書きましたが、多少ニュースを早く入れるようなことはバッサリあきらめて、読み物新聞化していることと、夕刊の時間帯に入ったニュースもすべて朝刊にまた載せるということが、これに連動しています。
 確認したところ、姫路でも14版で、大阪本社管内で13版を見つけることはできませんでした。その中で、3面だけが連日12版(統合版)になっています。これは、新聞製作工程を見直して広い地域で14版にするために、3面は動くニュースを入れるのをやめて途中で作り直さないようにしたのではないかと思います。

 これって、ちゃんとしたメディアが取材したら、結構大きいニュースになるのではないでしょうか。

| | コメント (0)

赤坂、毎日方面の話

 桜を見る会の前夜祭について、政府側は、料理をから揚げにしたから5000円に納まったと言っているようですが、から揚げにしたらコストが上がらないか?

 毎日新聞の建物のあるところで、夕刊が自由に取れるようになっているのですが、それが今週から、3版から4版に変わっていることを発見しました。ここ何年か、4版を売っているところがどんどん縮小されていましたが、これからは毎日無料で手に入るではないか。逆に言うと、夕刊があまりに読まれないので、もはやフリーペーパー的な感覚で配るようになっているのかもしれません。

 今日は赤坂サカスに行きました。TBSラジオがパラスポーツのキャンペーンか何かで、番組対抗のブラインドサッカーのPK対決があったのです。たまむすびチームの玉袋筋太郎が「代打、ピエール瀧」。沢尻エリカが報道される直前のことです。

| | コメント (0)

過去を抱える話

 先週の「探偵!ナイトスクープ」の録画を見たら、エンディングの5秒で、真栄田に呼びかけるようなことを言っていました。松本が就任するのと同時に真栄田が復帰するのでしょうか。

 昨日ツイッターで、新宿の東急ハンズで電飾の展示をやっているようなのが流れてきました。夕方に行ってみたら、私の思っていたのと違って、昔のアーケードゲームが置いてあって、自由にプレーできるようになっています。インベーダーゲームがやり放題です。その割には全然混んでいません。長時間占拠する人もいなくて、非常に穴場です。これは情報が知れ渡ると大混乱になるのでしょうか。

 今日の「BSコンシェルジュ」は小島慶子でした。明日BSプレミアムでうつ病に関する番組があって、それに出ています。小島は摂食障害、不安障害、発達障害のトリプルで、今や心の病評論家みたいになっています。女子アナからオーストラリア移住とかフェミニスト論客とか、人生の各段階でメディアに取り上げられるネタを持っているのがすごい。番組の最後でこれから挑戦してみたいことと聞かれて、「NHKで海外をいっぱい旅する番組をやってみたい」。エンディングの映像が、明日の番組で小島が「16年近くも抱えている夫へのわだかまり」というフリップを持っているところです。結局、小島の心の問題には夫がかなり影響しているようで、なんでまだ離婚しないのかと思います。

| | コメント (0)

表記の間違いについて

 今夜の「日本人のおなまえっ!」は京都ロケでした。この回だけがなぜか、1年前に放送されてから4回ぐらい再放送されています。放送枠が空いて埋めるときは必ずこの回です。そのちょっと前の、逮捕で録画できなかった回を再放送してくれよ。

 前の記事を読み返していて、毎日新聞の北海道支社のことを北海道本社と書いているのに気づいて直したら、その前にコメントをつけられていました。このブログを書いてから間違いを見つけて黙って直すというのはかなりやっていますが、先日引用した飯田風越郵便局の記事では、客をさばいたというのを「裁く」と書いていました。ここで引用するまで9年間放置されていたのです。

 間違いといえば、先日千葉大学でクイズ関係者の講義に出たことを書きましたが、そのときの話で、自分の担当番組のテロップで「ご覧ください」の「ください」は平仮名だと指摘したのに「ご覧下さい」となっていると落ち込むと言っていました。「したことがある」なども同じですね。私は、テレビは文字数を少なくするためにわざと「した事がある」などと書いているのだと思っていましたが、内部ではちゃんと正しい国語表記をしようとしているんですね。

| | コメント (0)

美人というだけで

 伊藤綾子というと、秋田放送の局アナだったときに、日本テレビもTBSもバラエティ番組で、明らかに伊藤を映したいだけが目的の企画を放送していました(笑ってコラえての「立ち話の旅」で、秋田で異常に美人の女が出てきたと思ったら実は系列の局アナだったとか)。あの外見に絶対の自信を持っていれば、全国にのし上がって、結婚でも不可能に見える頂点を狙えるわけです。それにしても、「バナナマンの爆笑ドラゴン」で司会をやっていても、NHKの報道は「一般女性」です。

 先週土曜日の深夜にテレビ朝日で「全員そろうかな」という番組をやっていました。番組内容を見ると、歴代のミス東大二十数人をすべて集めるようなことが書いてあります。絶対に不可能なはずですが、とにかく見なければなりません。前回、有田Pおもてなすがハードディスクがいっぱいで録画できていなかったと書きましたが、全員そろうかなはそういうことがあってはいけないので、土曜日の24時ごろにスマホでDIGAにアクセスして空きを作りました(というか、そのときに有田Pが録画できていないことがわかった)。
 で、番組を見たら、全員どころか5人、それも呼びやすい(現在芸能人をやっているような)人ばかり集めただけで終わっていました。何も見る意味がありませんでした。

| | コメント (0)

なくなってこうなる話

 土曜日に北海道で毎日新聞の14版を入手しましたが、どのニュース面も、東京本社の14版とまったく同じです。それがどうしたのかというと、毎日新聞の北海道支社は夕刊が廃止されています。本来、夕刊のある地域では、夕刊の4版から入ったニュースは朝刊の14版には入らないはずですが、夕刊があってもなくても紙面がまったく同じということは、毎日新聞はそもそも夕刊がなくても朝刊だけでニュースが成立するような紙面になったということです。あまりに夕刊が読まれなくなったので、そういう編集方針だということですね。

 土曜日に「有田Pおもてなす」を録画予約したら、ハードディスクがいっぱいで録画できていません。こんなときに限って、この回のゲストは佐藤勝利なので、NHKオンデマンドで絶対に配信されません。しかも深夜の再放送はスポーツ中継でつぶれています。

――――(ここから)――――

 先週、東大のところのサンクスで今のうちに楽天ポイントカードを使おうとしたら、精算前に店員が「Tポイントカードをお持ちでしたよね。そこに入れてください」と、強制的にTポイントカードを使わされました。

 このサンクスに行ってTポイントカードで精算したのですが、この店員が私の財布をのぞいて「楽天ポイントカードもあるじゃないですか。9月のうちなら、楽天は100円で1ポイントだけどTポイントは200円で1ポイントだから楽天の方が得ですよ」。最初に言えよ!

――――(ここまで)――――

 ファミリーマートでTポイントに加えて楽天ポイントとdポイントも使えるようになることが発表されましたね。もともとサークルK・サンクスだったところでは、楽天ポイントが使えなくなって、また使えるようになるわけです。

| | コメント (1)

ゾロ目郵便局

 パティオ時代の1999年11月11日にこういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 そこで考えるのが平成11年11月11日です。この日に、長野県飯田市の飯田風越(ふうえつ)郵便局に行くことにしました。この局のコード番号は「11111」。ここで「旅行貯金」すると「11-11-11 11111」と並ぶことになるのです。同じようなことを考える人はいるのでしょうか。

 飯田着は13時半ごろです。市街地を出て西にひたすら歩いて、中央自動車道の真下にある飯田風越局に向かいます。なかなか郵便局は見えてきませんが、何か、道の先に人だかりがあるような気がしました。
 14時前に郵便局の前に来て、自分の考えが甘かったことを知りました。普通の家を改造したにすぎないと思われる小さい建物ですが、その前の駐車場を人の列が埋め尽くしています。周囲が山にと畑しかないような場所でこの光景は異常です。飯田市内の他の郵便局から、応援の職員が多数動員されています。

 すでに駐車場からはみ出して道にのびる列に並びます。何人いるか数える気もしませんが、200人ぐらいでしょうか。まったく列が動く気配がありません。後ろの人が解説しています。おそらく貯金の端末が1台しかないに決まっているところに、通常貯金のみならず定額貯金の証書をつくったり定期貯金をやったり郵便小為替をつくったり、とにかくあらゆる取引を各人がやるから、いつまでたっても終わらないだろうということでした。マニア度が私の想像を超えていました。
 近くの人が前の方へ偵察に行ったところ、11時から並んでいる人がまだ局の建物に入れない状態だそうです。ちなみに開局時にすでに60人ほど並んでいたらしい。私は数分並んだだけでさっさと断念することにしました。

――――(ここまで)――――

 そして2010年2月22日にはこういうことを書いています。

――――(ここから)――――

 今日は平成22年2月22日です。コード番号が22222という郵便局はあります。三重県の亀山井田川郵便局です。今日どうなるか見たい。着いたのは貯金終了時刻の16時を2分ほど過ぎたところです。職員は大量に立っていますが、マニアはまったくいません。通常の郵便局業務に戻っています。全国から集まったマニアをさばき切ったのです。11年前の飯田風越は夜9時とかまで貯金取り扱いが続いたと聞いていますが、今回は過去の反省を生かしました。

――――(ここまで)――――

 また1年11月11日がやってきました。飯田風越郵便局に無理すれば行けるのですがやめて、11111の日に22222の局に行ってみることにしました。それで亀山井田川郵便局で貯金しましたが、客は1人もいませんでした。さすがにそういうことを考える人はいなかったか。

 しかしこれを書くために過去のブログの書き込みを読んだところ、私は平成22年より前に亀山井田川郵便局で貯金していたことがわかりました。また、平成22年2月22日に飯田風越郵便局で貯金していて、さすがにそういうことを考える客はいなかったと書いていたこともわかりました。まったく記憶にありません。

 なお、新聞記事によると、今日の飯田風越郵便局は20年前の反省を生かして、3カ月前から準備して混乱を防いだようです。マニアの数も前回よりは少なかった模様です。

| | コメント (0)

休みからの脱出

 北海道からの帰りは飛行機ですが、一番安く北海道を脱出するために、ピーチの仙台行きに乗りました。そこから終電までに郡山に向かいます。駅前のネットカフェに泊まって、翌朝、始発の磐越東線に乗ります。いわきから「ときわ」で土浦に行って、バスでつくばに向かって、エコノミクス甲子園茨城大会を見ました。まともな用事でいわきから土浦まで特急に乗るという経験はもうできないでしょう。さらに磐越東線が台風で一部運休していて、代行バスで磐越道を走ります。今回かなりルートに苦労しました。そもそも常磐線が全通していれば、もっと楽に向かえたはずですが。

 今年から12月23日は祝日ではありませんが、世間ではこの30年間、「年末の最も忙しいときに余計な休みを作りやがって」と心の中で思っていたのではないでしょうか。だから祝日でなくなるのは普通の流れですが、さらに私が考えていたのが、「天皇誕生日を天皇の退任とともに祝日でなくするのは許さん」という声が一部で起こるのではないかということです。それがネトウヨからもまったく聞かれませんでした。ネトウヨにとって左翼たたきにつながらない事象はそもそも興味がないか、本当は休みで迷惑していたかでしょうか。

| | コメント (0)

LRTサミット

 唐突ですが、北海道に行きました。盛岡まで普通列車で行って、そこから八戸フェリーターミナル行きのバスに乗って、苫小牧までの船を使いました、北海道に行くのにこの航路に乗ったのは初めてです。

 LRT都市サミット札幌2019というのが目的です。路面電車のある都市で2年ごとに開催されているようです。昨日はシンポジウムで国土交通省の担当者が発表して首長の会議、今日は記念講演です。会場は北海道テレビの新社屋の向かいでした。水曜どうでしょうで来たみたいです。

 石丸謙二郎と村井美樹のトークショーがあります。先日の大阪に続いて札幌でも村井美樹。司会が北海道テレビの鉄道マニアのアナウンサーです。私は知らなかったのですが、石丸はたまたま鉄道の番組をやっているだけかと思ったら、本人が相当なマニアだということがわかりました。太秦で撮影があるときは、わざわざ嵐電に乗るために離れた場所にホテルを取るそうです。

 その前に、街歩き研究家のトークがありました。ブラタモリの札幌の回に出ていたようですが記憶にありません。札幌市電は近年、花電車をやらなくなったという話をします。3年前に日本シリーズが広島対日本ハムの路面電車シリーズになったときはさすがにやるかと思ったら、広島側だけ花電車を走らせたそうです。それで、「来年は図らずも札幌で大きなスポーツイベントが開かれることになりましたのでそのときに」ここで会場から失笑が起こります。これが、札幌市民の五輪マラソンに対する気持ちを表していると思います。

| | コメント (0)

テレビのどうでもいい感想

――――(ここから)――――

 今週の「100分de名著」を改めて見たら、島津有理子が「久しぶりにこの番組に戻ってきました」とあいさつする回でした。知らないで見ていたら、島津は単に先月休んだだけだと誤解するぞ。

――――(ここまで)――――

 今月の100分de名著は、1年半前の島津の出ていた回が再放送されています。引退したアナウンサーの出ている番組は放送していいのか。

 何回か前の「日本人のおなまえっ!」では、名前と人生がシンクロした人を特集していました。筑波大出身の「筑波 大」という人とか。そのとき私は、排泄物を研究している辨野(べんの)という教授がいるが、その人は取り上げないのか。私がスタジオ出演者なら絶対その話をする、と思ったのですが、今週のテーマが腸に関する名前で、その人が出てきました。

 先週の「ビーバップ!ハイヒール」の録画を見ました。本来ならもっと後に放送する予定が、放送できなくなった回があるので前倒しになったものです。ブラックマヨネーズ小杉が、なぜか野々村真のエピソードというのを話します。「仕事仲間が詐欺で逮捕されたときに…羽賀研二さんです」と、実名を出して語っていました。非常に珍しい。今も収監されているはずですし、普通は名前を伏せます。関西ローカルだからできるのか。しかしこの放送が、徳井の行為によってもたらされたことを思うと複雑な気分になります。

| | コメント (0)

«企業の対応の続報