2017年6月26日 (月)

昔を語る事前番組(その5)

 土曜日の「世界一受けたい授業」で、土屋太鳳に熱中症になった経験はあるかときいたら、「ミニマラソンで。島崎さんに助けてもらって」。そしたら島崎和歌子の映像の下に下位2人の名前が出て「予選落ちです」。完全に裏じゃないか。そういえば「バナナ♪ゼロミュージック」では、「名曲ひみつ発見!」でハンターがクエスチョンを出していました(BGMはわざとまったく同じにしてなかった)。

 それでは事前番組です。次は岡田結実のコメントです。ここで、地区大会ではスマートフォンで「2択連続クイズ」というのをやることが発表されます。大量に2択問題が出るらしい。乃木坂3期が体験します。3問出ますが、選択肢が画像で、しかも結果が意外なクイズの王道的問題が選ばれていました。

 「このあと桝アナから3期生に重大発表」でCMです。明けて、3期は近畿へ行くそうです。つまり近畿は全員3期で、もともとの主要メンバーは関東ということなのか。ここに、近畿に来るゴー☆ジャスの映像をかぶせます。

 去年の問題がホームページで見られる、でCMです。この後、練習。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

クイズ王ビジネスセミナー(その18)

 前回書いた東大番組の映像ですが、もしかしてと思って「ニュースキャスター」を見たら、やはりまた使われていました。それまでに40分ぐらい延々と小林麻央をやっていてずっと待ちましたが。

 それではビジネスセミナーです。別の人が、クイズ番組をカセットテープに録音して、ポーズボタンを押して練習していた話をします。イヤホンジャックを通じて録音しているので、放送中に音声を聞くことはできなくて、番組自体を見たことがないそうです。

 今来た人の話。自分は14歳のときにはボタンがなかった。14回ウルトラの大声クイズを見てから、勝ってみようかという気になった。それでウルトラの過去の本を徹底的に読んで、反復しているうちに、どのくらい早く読めるかというチャレンジになって、1ページ10秒ぐらいで全部の答えがわかるくらいになった。そして高3のときに初めてクイズのボタンを押す機会があったが、無敵だった。
 進行役が「クイズに取り組む姿勢の違いが出ています。仲が悪いのはよくわかります」。この後、左ピッチャー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

昔を語る事前番組(その4)

 暴言暴行の豊田議員について、「NEWS23」で、東大時代にクイズ番組に出た映像が使われていたという情報が流れてきました。確認したところ、クイズではなく、「ムーブ」の上岡龍太郎の番組でした。今さんざんやっている、大量の東大生だけを集めて話を聞く番組のまさに最初のやつです。当時この番組を見ましたが、覚えているのは、オリンピック期間中だが東大生たちはまったくオリンピック中継を見ていなくて、オリンピックに興味がないのは自分だけじゃないんだと思ったことです。

 それでは事前番組です。関東でない方が勝ちます。罰ゲームはセンブリ茶を飲みます。

 ここでナナマルサンバツのアニメが紹介されます。画面に放送日時が出ているのですが、大半のネット局では放送されませんから、これは日本テレビで番組送出のときに上から文字をかぶせているのではないでしょうか。huluでも配信されるそうです。

 応援タレントの紹介です。滝沢カレンは高校時代に悪ぶっていたが、渋谷で本物のギャルを見かけて自分には無理と思ったそうです。あと、「正解か不正解がはっきりしてるのが好きじゃないところ」と、番組を否定する発言をしていました。この後、連発。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

クイズ王ビジネスセミナー(その17)

 昨日の毎日新聞夕刊(東京、西部本社のみ)を読んでいたら、川島海荷の結構長いインタビューが載っていました。最近何かに出てたっけと思ったら、ナナマルサンバツのアニメの話ではないか。記事を書いているのは、この前ウルトラクイズ再放送の記事を書いていたのと同じ記者です。

 それではビジネスセミナーです。CSでやってるクイズの話だと思うのですが、この番組では4人に正解してもらうのを見せたいのでミスリードしないような問題を心がけているといいます。次は問題文が長いみたいなことも読むときにアイコンタクトで。
 ここで、パラレル問題を読むとき、たずねる項目に対応する部分を強調して読むのはやりすぎではないかという話になります。私は以前からおかしいと思っていましたが、今回の出演者は全員同意見だということがわかりました。

 クイズは知識か指の早さかというので、当時のウルトラクイズ王は指だと思っていて、かまぼこ板にボタンをつけてずっと持ち歩きながらテレビを見たり人の話を聞いたりしていたそうです。この後、カセットテープ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

昔を語る事前番組(その3)

 先週、関西テレビの「ちゃちゃ入れマンデー」で、東大と京大で「かしこエピソード」を取材していました。夏休みの宿題は配られて教師が話している間に全部解き終わるとか、幼稚園の段階ですべての首都を覚えていたとか。子どものころだと個人差があって、学ぶべきことをどれだけ取り込んでいるかという過程も差があるので、そのくらいのことはあるだろうとは思います。私もそういうのあります。これが本格的に社会に組み込まれるようになると、個々の能力の差は見えにくくなります。会社で東大を出た人だけが仕事ができるようには思えないし。それで逆に過去の栄光にすがっているように見えます。

 それでは事前番組です。過去クイズのVTRが終わるたびに乃木坂3期メンバーに感想を振ります。次は「これがクイズなの?」。13回全国の敗者復活のボーリング。そして最近やったばかりのディズニーランドでの大声クイズです。

 ここで、3期メンバーが大声クイズをやります。12人を、関東出身とそれ以外の6人ずつに分けます。両チーム2人ずつが1問ずつ対戦して、先に2ポイント取った方が勝ちです。負けると罰ゲームがあります。問題は、学校の勉強をちゃんとやっていないとわからないような、比較的難しいものです。乃木坂相手にこのレベルを出すか。1対1になって、3問目中にCMです。「超問!真実か?ウソか?」のCMがやたら長い。この後、上から載せてる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

クイズ王ビジネスセミナー(その16)

 豊洲市場が建っている汚染された土地で19回の高校生クイズが行われましたが、翌年には、加計問題で逃げの答弁を繰り返していた副大臣が生徒を引き連れて高校生クイズ北海道大会に出ていて事前番組になりました。20年近くたつと世の中いろいろ変わりますね。

 それではビジネスセミナーです。今度のクイズ王は、生まれた日が第1回ウルトラクイズの最終週の放送日の翌日だそうです。もしウルトラクイズが続いていたら第40回で、どんなルートになっていただろうと今でも妄想するそうです。

 どういう考えでクイズ番組の問題文を作るかという質問です。ネタの中でツボである部分。最大多数の最大幸福の気持ちよさにつながるところということです。ルールとか演出によって答えの見せ方が全部違う。例えばアップの画像からだんだん引いていくのがいいのかとか。
 するとウルトラクイズ王が、クイズ作家に一番近い職業は料理人だと言います。何月だとかどんなコースなのかとかでつねに作り方が違う。問題の並び順も、オードブルをどう出すかといったのと同じです。
 ビジネスの人が、売りたいときに商品の説明をいくらやっても意味がなくて、欲しいと思うようなプロセスを提示することが必要だと言います。この後、読み方。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

昔を語る事前番組(その2)

 高クイ事前番組第2弾もTVerで配信されています。このところTVerはかなり充実してきました。先週土曜の深夜にフジテレビで、有吉がトランプの大富豪をする番組があって、これは録画しておかなければと思ってすっかり忘れていたのですが、TVerで配信されているではないか。こんな番組まで。

 それでは事前番組です。改めて録画を見ると、セットに高校生クイズの本が並べてあります。過去の地区大会の映像、まずは18回中国の、厳島神社の前で船をこぐやつです。次に18回北陸の、ドラム缶に入って転がるクイズです。ビーバーがバービーになるのが当然放送されます。そして15回四国の、海上で落とされるクイズ。乃木坂にはこれをやりたいというメンバーがいます。
 次が「えっ!こんなところで!?」。19回沖縄の海中のクイズ。そして3回全国の、ヘリコプターでのペーパークイズです。ナレーションが「今では考えられない」。それは航空の規制という意味か金がないという意味なのか。このクイズって、結局ただのペーパークイズに無駄な金をかけているだけですからね。この後、CM長い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

クイズ王ビジネスセミナー(その15)

 JR東海が名古屋や大阪でやっているトーキョーブックマークという広告(新幹線で東京に行けというキャンペーン)が、キャラクターが三戸なつめとメイプル超合金になったそうで、CMではクイズ番組みたいなのをやっています。カズレーザーが描いた東京に関する絵が何か当てると、カズレーザー専用マーカーが当たるキャンペーンをやっているそうですが、なんかこれで書くとボードクイズが当たりそう。

 それではビジネスセミナーです。とにかく書く。欲求を書いて問題点を書いて結果を書いて、シンプルな答えを淡々とやれということだそうです。
 ここでビジネスの人が、経営者は得意でない層に売ろうとするのをやりたがるという話をします。

 16時15分、新たなクイズ王を呼び込みます。なんか、観客として申し込んだら、主催者側から舞台に出てくれと言われたそうですね。私はそういうのはありません。というか、今回申し込んだら「あなたはブログで内容を流出するので来ないでください」と言われるのではないかと考えていました。さすがに5400円を受け取らないで私を入れないということはありませんでした。

 知り合って二十数年だがイベントで2人が並ぶのは初めてだそうで、これについて「嫌いだから」。この後、妄想。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

昔を語る事前番組(その1)

 「今夜はナゾトレ」の東大の謎解きの本を見つけました。お気に入りの問題は、解析、店員、異世界、会員というやつです。これって4×4で黒マスのないクロスワードということですよね。私は過去に、5×5で黒マスのないクロスワードを作ったことがあります。その記録が見つからないのですが、ヨコのカギ1が「ミネフジコ」だったことだけ覚えています(あとは「ュ」や「ン」の多い言葉を組み合わせれば割と簡単にできる)。

 さて、事前番組第2弾が放送されました。今回も歴代の司会の映像から始まって、スマホ大会の紹介や、乃木坂が東西に分かれる、各地区にタレントがといったオープニングです。ナレーターは中野アナです。

 セットがクイズ研の部室の設定らしい。乃木坂の高山が部長です。新入部員として3期の12人が入ってきます。高山「35年でいろいろなクイズがあった」。そして「厳選 衝撃クイズ」。過去の地区大会の映像を使うのに今年はこういうことはやらないのです。この後、やはりバービー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

クイズ王ビジネスセミナー(その14)

 ふと、35回高校生クイズ地区大会は今でもhuluで見られるのかと思って調べたら、全国大会は見つかりましたが地区大会はわかりませんでした。しかし配信されている番組の中に「風雲!たけし城」があって、他系列にも広げていることを初めて知りました。

 それではビジネスセミナーです。視聴者にわからないような難問をどう覚えるのかということについて、「ダルビッシュが大量奪三振で勝利したとき『野球は三振を取るスポーツではない』と言った」。つまり目的は勝つことだけである。クイズも理想は無解答で勝つこと。つまり他のメンバーが勝手に失格になってくれるのが最も効率がよい。難問を正解するモチベーションはない。ただし自分の懐に入った魚は全部取る気でいる。その網をどれだけ大きくしていくか。
 今度は公園のタイルにたとえます。やたらとたとえが多い。難問は向こうの方のタイルであって、それを張りに行くうちに手前の方がはがれる。それよりも「日本の首都はどこ? 京都」というような問題を確実に取れるならそっちの方がいい。ここで本筋を離れて、日本の首都が京都であるという主張を展開します。この後、嫌いだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧