2008年5月 6日 (火)

NHKで高クイ?

 以前、「熱中時間」「BS熱中夜話」「にっぽん熱中クラブ」の三部作で同じようなことをやっていると書きましたが、今NHK放送センターでやっている「渋谷でど~も」に行くと、「熱中チャンネルBS2」として、3番組共通でネタの募集などをしています。ここに「日本テレビの高校生クイズにものすごくくわしいマニアがいて、ブログに23万ぐらいアクセスがあります」と書いても採用されないよな。

 NHKといえば、本日の「ママがのぞいた子どもの時間」は司会が福澤朗でした。福澤がNHKで司会をするのは初めてではないでしょうか。さらに、福澤が同じ日に3局に出るというのも史上初だと思います。スタジオには100人の親がいます。「皆さんそれぞれのね、勝負服、勝負メイクでお越しいただきました」というのがまさに福澤節です。さらに、自分の一人息子には「大家族スペシャル」を見せて、兄弟が多い苦労を教えていると言って、子育ての専門家に「私はそんなことをされたくない」と言われていました。。
 それにしても、100人にアンケートをとるコーナーがあるのですが、福澤が「YESかNOか」と言って、100人が「YES」という青いパネルか「NO」という赤いパネルを掲げるのです。高校生クイズではないか! YESを青にしたのは、スタッフがそのことをわかっていたのだろうか。

 本日の昼のクイズといえば、実家に帰っていて、どこか行くところがないかと思って調べていたら、大阪で大規模なクイズのオープン大会があることを知りました。それでのぞいてみたのですが、ひたすら早押しをやり続けています。非常に難しい問題を次々と答えています。それも、なんでこれだけ聞いただけで押せるのかというのの連続です。ところが、ゴルフのキャディーバッグだとか、衆議院の小選挙区が300議席だとかの、とりわけ簡単な問題に誰もボタンを押さないのです。これって、こういう大会に出る人たちは、クイズ専用知識のトレーニングに全力を挙げていて、一般的な社会常識が抜けるということなのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

いろいろな続報

 宣伝のコメントがつくということは、当ブログがそれなりの影響力を持つと認識されたということでしょうか。アクセス解析によると、このところは1日のアクセス数は100超です。でもこのブログは他のメディアでは取り上げにくいですね。ある民放の特定の番組だけを対象にしていますから。
 アクセス解析といえば、前回、青田典子の乳頭について書きましたが、昨日のを見ると、「ウエストミンスターの鐘」が日本の小学校で使われた歴史を調べるために検索した人がいるようです。こんなブログが引っかかってすみませんねえ。
 ウエストミンスターの鐘といえば、前回、中野アナの「つまりこのコーナーはIQサプリのアタックチャンス」について書きましたが、「IQサプリのハンターチャンス」の方がより実態に近い表現ですね。でもあの番組は相当前になくなったから、言及できなかったのでしょう。
 女子アナといえば、広島テレビの採用試験で一緒だった人で、女子アナになった人はほとんどいなくなって、唯一残っていた人も産休で復帰するかわからないということを2月23日に書きました。しかし、もう復帰したことがわかりました。
 広島といえば、牛肉輸入の消費者説明会が四国で開かれないということを「ニュースウォッチ9」でやっていたというのを書きましたが、今夜の番組で、高松でも開催されることになったと放送していました。中川農相が事務方に、なぜ四国でやらないのかと聞いたところ、農政局単位でやっていて、中国四国農政局だから広島でしかやらないということだそうです。新潟を含む北陸?甲信越?には単独の農政局があって(コシヒカリがあるから?)、中国と四国はひとまとめなんですね。とにかくこれで、高校生クイズをやる10都市すべてで消費者説明会が開催されることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)