2021年9月14日 (火)

ローカルで何が起こってる

 もしかしたら、本当に親和銀行が合併の条件として、エコノミクス甲子園みたいなことに無駄なコストをかけるなと十八銀行に要求して、それでもめて長崎大会ができなくなっているのではないかと思えてきました。

 先日これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 ちなみに今夜20時台のNHKは単発のバラエティ番組をやっていましたが、関西だけまったく違うローカルのクイズ番組を放送していました。今はNHKプラスで全国で視聴できるようになっているようです。

――――(ここまで)――――

 この日の朝(カネオくんの再放送の枠)に、同じ番組の別の回をやっていたことがわかりました。それで調べたら、これって4月から毎月放送しているではないか。全然気づいていませんでした(過去に1回やったことは知っている)。関西のVTRを流してウソかホントか当てるというもので、司会が村上信五とくっきー!で、解答者の大半が関西出身で、解答者チームが間違えるとおならのにおいが流れてくるという、実に民放っぽい番組です。

| | コメント (0)

2021年9月12日 (日)

どうでもいい感想

 広島FMの「9ジラジ」で今年はエコノミクス甲子園企画がないのかと思って調べたら、ちょうど今週から始まっていました。なお、この番組のパーソナリティは定期的に全国のラジオパーソナリティとトークする配信をやっていることを知りました。私がそれぞれ聞いている別の地域の番組同士の組み合わせはおもしろい。

 さて、今年の全国放送を見て思ったどうでもいいことを。1回戦のVTRのナレーションは、IPPONグランプリのお題を読んでいる人ですね。なんか番組の方向性がわかります。
 富士山が見える場所の地図を作った田代という人は、筑波大附属かどこかの教師だったのが、富士山のマニアが高じて富士山研究者になった人ですね。東京から鉄道で乗り換えなしで行ける府県は、私が高校生のころは本州の奈良県以外全部+九州の全部でした。節分の大豆と落花生は、落花生を投げる地域があることは知っていましたが、正解を聞いても「それだったか」とピンときませんでした。黒こんにゃくと白こんにゃくはそれ以上に、地域で区別されていることを知らなかったので、正解を見ても納得しませんでした。
 今年の夏の甲子園で智弁学園が優勝していたら、1986年以来の高校野球と高クイの奈良県のアベック優勝になっていたのに。

| | コメント (0)

2021年7月 5日 (月)

アタックについて言及

 この前これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 ABCラジオの「ウラのウラまで浦川です」で「アタック日本語」という、アタック25のテーマ曲がかかるコーナーがあるのに気づきました。浦川アナとアタック25は今もつながってたのか。しかし日本語について話すコーナーといいながら、今週は、神宮球場のヤクルト戦をラジオはニッポン放送しか中継できないのはなぜかという話をしていました。

――――(ここまで)――――

 このコーナーの次の回(先週の月曜日)で、浦川アナがアタック25終了についてコメントしていました。まったく知らなくてスポニチを見て驚いたそうです。そして、新聞に載ってる自分の写真を何とかしろとのことでした。明日の朝5時まで聞けます。

 先週土曜日の読売新聞の「編集手帳」がアタック25でした。全国紙が1面コラムでクイズ番組について取り上げるなんて見たことがありません。書き出しがガッツ石松の珍解答です。出典として高田文夫の文章を挙げているのが新聞らしい。で、アタック25の児玉清のことが書いてあって、最後がまたガッツの珍答です。そんなオチをつける必要があるか。

| | コメント (0)

2020年9月24日 (木)

発信しなくなる続報

 2回前にこれを書きましたが、

――――(ここから)――――

 すべてが終わったところで、千鳥のあいさつです。最後に「全国で待ってるでー」と言うのですが、昨年からスタッフは全国に全然行ってないのにおかしくないか?

――――(ここまで)――――

 よく考えたら、千鳥が全国大会で待ってるという意味か。しかし今回は全国大会出場が決まっても多くのチームは東京に行けません。

 同じく2回前に、

――――(ここから)――――

 高校生クイズの公式ツイッターが毎日、謎解き問題を投稿していますが、昨日の問題が、フランスがBWRでイタリアがGWRならドイツはBRY、BYR、WBR、RWRのどれというものでした。これって他のクイズ番組が謝罪したネタですね。あれって黄ではなく金だそうで。今回もそれを指摘している人がいますが無視しています。

――――(ここまで)――――

 どうやらこの問題が間違いだったとしてツイートを削除したようです。

 4月初めにこういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 今週、関東でも生活笑百科の再放送をやっていて、来週もあります。もしかして、今年度から関東でも11時台の情報番組が短縮されたのか? 以前はNHKの平日午前11時台のローカル情報番組は全国各地で1時間やっていましたが、どんどん縮小されて、ここ数年は関東以外の全地域で、11時台前半は東京から裏送りの再放送番組を流していました(東北はさらに短くなって、11時45分からしかローカル番組をやらない)。これについに関東も追随するのか。

――――(ここまで)――――

 この後、「ひるまえほっと」は11時5分からに戻りましたが、来週から正式に、月曜日以外は11時30分からに短縮されることになりました。生活笑百科の再放送が全国ネットになります。一方で「ウワサの保護者会」は月曜日に移るので、東大王司会の企画があっても関東の総合テレビでは再放送されません。

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

旗も枠も返す

 高校生クイズの優勝旗返還について、新たに優勝者からのコメントがつきました。確かに私も、歴代の優勝旗返還の場の中で、6回東北だけ直接見ていないので、確認ができません。なお、1回と2回の優勝チームは、次の回で地区大会ではなく全国大会の会場に呼ばれて優勝旗返還をしています。2回の優勝チームは2、3、4回と3回連続して東京に来ていることになります。

 さて、今回は、さらに節約するために、なんとなく考えたどうでもいいことを書きます。「怪傑えみちゃんねる」がなくなって、先週は「坂上どうぶつ王国」の東大王企画が関西でも見られて(通常は不定期放送)、今後、3時間の「ドレミファドン!」も短縮にならずに見られるということも書きましたが、編成的には火曜20時からの「やすとも・友近のキメツケ!」を移すべきではないか。以前はフジテレビ系のローカル枠は月曜と金曜の19時台でしたが、「ネプリーグ」を全国同時ネットにするために火曜日に移しました。ところがその直後から、「クイズやさしいね」と「今夜はナゾトレ」の2時間スペシャルを交互に放送するようになり、その状態が約2年続きました。それで関西テレビは火曜の20時台の扱いに困って、2時間スペシャルの短縮版を放送したり、19時台の番組を無理やり2時間にしたり、他の時間帯のフジテレビのローカル番組を放送したり、毎週違う編成で苦労していました。テレビ西日本の「華丸・大吉の何しようと?」が突然放送されたこともあります(通常は深夜に放送)。それで結局、20時台も自社番組を立ち上げたのでした。今はフジテレビは1時間+1時間に戻っているので、火曜20時は「潜在能力テスト」をネットすればいいと思います。潜在能力テストは関西では一切放送されていません。

| | コメント (1)

2020年7月27日 (月)

終了の報を受けて

 「巷の噺」のクイズについてですが、鶴瓶は「アップダウンクイズ」に出たとき、収録前にトイレでシルエットゲストに出くわして(その時点ではゲストだとわからなかった)、そのおかげでハワイ旅行を獲得できたそうです。

 さて、今回はパソコン通信時代から、「カルトQ」が終わるという情報で盛り上がっていたときの私の書き込みです。

――――(ここから当時の引用)――――

全国ネットになってからの視聴率は
6~7パーセントぐらいしかなかったと思います。
(深夜のころと大して変わらない?:-) )
1月初めの「ミッドナイトジャーナル」で
稲増龍夫が「カルトQ」を紹介したら、
泉麻人が「僕は裏の『進め!電波少年!』がおもしろいんで、そっちを見てます」
と言っていたくらいですから。

「クイズ早くイッてよ!」の後番組として10時からにしておけば
安定した数字が得られたんじゃないかと思うんですが、
「おしゃれ30・30」をつぶすために
「新伍&紳助のあぶない話」を前にもってきたので、
10時30分からの視聴者はよそへ流れてしまいました。

――――(ここまで)――――

 今のフジテレビだと「6~7パーセントだから終了」ということにはならないと思います。
 編成については完全に私の憶測ですね。「クイズ早くイッてよ!」はクイズ番組としてはルールがしっかりできていて、それに続く千代田企画制作のクイズもいい番組でしたが、いつの間にか枠が消滅しました。

| | コメント (0)

2020年7月26日 (日)

どんQ再び

 今週の「巷の噺」のゲストは伊集院光でしたが、録画を見たら予想以上にクイズについて語っていました。問題で「魚介類」と言っているからエビやイカだろうというのは、「ここだから言いますが」と言っていましたが、他の番組で聞いたことがあります。あと、Qさまで自分が9番席で円楽が10番席で、一番簡単なのと一番難しい「蒟蒻」の読みが残っているとき、落語家は「蒟蒻問答」という落語があるのでこれは読めるから、円楽に渡して花を持たせることができるといった、いかに円楽を立てるかということを考えていたそうです。

 さて、今回はパソコン通信の書き込みから、「どんなモンダイQテレビ」について。

――――(ここから当時の引用)――――

この番組は私も書こうかと思っていたのですが、視聴者参加でないのでためらって
いたのでした。

>>司会:当然NHKのアナウンサーですが誰かは思い出せません

中村克洋アナです。昨年NHKを退職して、テレビ朝日の番組に出ていますね。

>>私が記憶している(番組開始当時の)パネラーは、
>>志賀真理子(故人)、森宙太、あと1人は女性ですが誰だったかな?でした。

佐藤聖子です。現在、歌手としてかなり活躍しています。

>>志賀真理子さんはその後、声優としても活躍しました。
>>なかなか奇麗な人でしたがどうして亡くなられたのか。

歌手としてデビューしましたが、海外で交通事故に遭ったのだったと思います。

>>3人の若手タレント(レギュラーで変わることはない)がパネラーで、クイズを
>>行い、1週間の正解数を競う形式で一番ポイントの多い人がチャンピオンになりま
>>す。

火曜日は算数など、曜日ごとにテーマが決まっていました。そして月曜日から金曜日の
合計点でその週のチャンピオンを競います。金曜日の最後の問題は逆転クイズとして、
6点を正解した人で分けます。

>>その間にルール等がマイナーチェンジされ、パネラーも変わったと思います。

途中でNHKの編成が変わって、週1回(月曜日)の18時~18時30分の番組に
なりました。そのときのレギュラーは、林家こぶ平と車聡子という人です。

毎回、「どん・Q」というポーズをやるのですが、このポーズは「カルトQ」と
まったく同じです。このポーズ自体は、もっと昔のクイズ番組にもあったような
気がしますが。

――――(ここまで)――――

 30年ぐらい前は、NHKの夕方のニュースは18時半からで(民放も18時から)、それまでずっと子ども番組が流れていたなんて今では考えられません。
 中村克洋に限らず、NHKを辞めて民放のメインキャスターになるが一瞬で消える人は数多い。ちなみに調べたら過去にもこういうことを書いていました。

――――(ここから)――――

 司会の中村克洋アナウンサーは、広島放送局に転勤になってアジア大会の司会を草野満代とやって、その後東京に戻ることなく退職してテレビ朝日のキャスターをやりましたが、結局広島に戻って、中国放送で長く司会をやった後、いまは広島の大学の教官らしいですね。私はブックオフで、中村アナウンサーが書いた非常に後ろ向きな内容の本(NHK時代に東京に戻れなかったことの不満などが書いてある)を見たことがあります。

 高校生クイズの関東大会では一時、毎回アイドルが3人来て歌うというのをやっていました。私は第2回以降の関東大会で、3回と6回だけ現場で見ていないのですが、6回の関東大会では志賀真理子が歌っていて、一生で一度の生で見るチャンスを逃したことを悔やみました。

――――(ここまで)――――

| | コメント (0)

2020年7月11日 (土)

どっちDOTCH

 昔のパソコン通信を見ていると、当時すでになくなったクイズ番組についてその内容を紹介し合う書き込みをフォーラムの参加者らがやっていました。私は「どっちDOTCH」について書いていました。

――――(ここから当時の引用)――――

読売テレビの日曜19時には、「どっちDOTCH」という番組もありました。今、
読売テレビは「どっちの料理ショー」という番組をつくっていて、その中に、画面に
「DOTCH」という文字が出て移動する場面がありますが、明らかに当時の番組の
スタッフが関わっているものと思われます。

放送は85年ごろだと思います。司会は古舘伊知郎で、出場者は200人の一般人。
2択でアンケート形式の問題が出ます。第1回の第1問は「先に消えるのはどっち?
赤-ビートたけし、青-タモリ」というものでした(結果を先に書くと、タモリの方
が圧倒的に多かった)。各出場者はリバーシブルの帽子を持っていて、古舘が
「どっち!」と言うと、各自赤または青を表にしてかぶり、続いて赤・青それぞれの
エリアに移動します。人数の多い方が勝ち残りです。

敗退しても、その後の問題にも答え続けます。ただし勝者とはついたてを隔てた
ところで移動するので、お互いに見ることはできません。出場者は首からたくさんの
ボールをぶら下げていて、これが1個につき5000円だったと思います。1問
間違えるごとにボールを1個ずつ捨てていくので、優勝の可能性はなくなっても正解
を目指す必要があります。各問題の判定は、常に200人全員でどちらが多いかで
決まります。したがって、勝ち残っている人の中では多い方の答えが、全体から見る
と少なくて、敗者になることもあります。

何問かやって残りが数人になったところで、「大凡人コンテスト」に移ります。ここ
まで多い方の意見ばかり選んできた凡人たちの中で、真の凡人を選ぼうというわけ
です。例えば顔とか名前といったテーマを決めて、どの人がもっとも平凡かというの
を敗者の投票で決めるのです。ここで選ばれた人が「優勝」となり、敗者たちの
「大凡人! 大凡人!」という声に送られて番組が終わります。

しかしこの企画はよほど評判が悪かったらしく、数回で消滅しました。その後は、
タレントが解答者になって、どちらの意見が多いか、その人数は何人かを予想する
番組になってしまいました。この時点で、200人の一般人は単なる小道具です。

――――(ここまで)――――

 30分番組で毎回200人の一般人を集めるって、よくそんな手間のかかることをやっていましたね。急に思い出しましたが、私が高校生のころ、ニッポン放送で、毎日20人に同時に電話をつないで、その20人でウルトラクイズのようなことをする企画がありましたが、ラジオでそんなことができたって想像がつきません。

| | コメント (1)

2020年5月12日 (火)

日本のクイズカルチャー(その2)

 今、NHK総合テレビで「ひよっこ」を再放送していますが、押阪忍のベルトクイズQ&Qの回はいつあるんだと思って調べたら、もうすぐです。早ければ再来週にも放送される可能性があります。国会や自然災害に左右される枠ですが(相撲はなくなった)。

 それではアフター6ジャンクションです。親の影響で、絵本を読んでよくわからないままに暗記していたそうです。「ドイツの秘密警察ゲシュタポ」なんて意味もわからず言っていたらしい。さらに、クイズ番組を見ていると、いい問題は繰り返し出るので自然に覚える。学生時代から、多いときは1日100問ぐらい作っていたそうです。

 ここでライムスター宇多丸にいきなり問題を出します。「今何問目?」。実は番組が始まったときから、今回のコーナーについていちいちクイズ形式で聞いていたのですが、時報の前に出す予定だった問題が飛んだのを出題側が理解していなくて混乱します。

 改めて今日の特集として、「第1部 アップダウンを繰り返すクイズブームの歴史」。今は第3次クイズブームととらえられるといいます。第1次は1060~70年代。クイズ番組が目新しかったときで、アップダウンクイズやクイズグランプリやタイムショックの時代です。第2次は1980~90年代。ウルトラクイズの影響があって、他にFNSや史上最強で、クイズ王がアイドルのようになりました。そこからクイズが下火になってクイズ王が出る番組がなくなります。宇多丸が、クイズ$ミリオネアが途中から芸能人の番組になったことを指摘します。この後、過疎地。

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

日本のクイズカルチャー(その1)

 「まさかのバーサーカー」はロケができなくて、ひたすら過去の素材を使いまわしていますが、昨夜は番組の公式ツイッターが「ほぼ新作」と宣伝していました。しかし放送後に

――――(ここから)――――

山里亮太のまさかのバーサーカー【公式】 @Masaka_Berserke
全国の皆さんお待たせしました!!
#まさかのバーサーカー #岸博幸 さんが帰りのロケバスで『口が痺れる…』と飲むヨーグルトを2ℓ飲んでた回は17日まで限定!!

全国無料です
https://tver.jp/feature/f0051061

#ほぼ再放送でした
#やっぱり僕ら今まで再放送しなさ過ぎたのかもしれませんね
#あたらしいテレビ

――――(ここまで)――――

 裏のNHKで佐久間宜行が言ってたことじゃないか。

 さて、今夜のTBSラジオの「アフター6ジャンクション」で、「クイズで学ぶ日本のクイズカルチャー特集」というのがありました。現在のクイズブームの土壌となり、それを牽引する一角となったあるクイズ大会があるといいます。

 クイズ王のクイズくんがリモートで出演して音声が聞こえにくい。プロフィールが紹介されます。アタック25とタイムショックの高校生大会で優勝して、クイズ推薦で立命館に入って、abcという大会で3連覇して、「ドラえもん のび太の宝島」で問題の監修をして、というので出演者は当然、クイズ推薦に食いつきます。当時の立命館のAO入試のようなもので、学問に加えて技量が審査対象に入っていて、その分野にクイズも認められたということです。
 もともと父親が、息子をクイズ王にしたいと早押し機を購入していたそうです。どういうことなんでしょうか。この後、ゲシュタポ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧