2020年8月 2日 (日)

全国大会を見られない

 「クイズ正解は一年後」が今年あるのかわかりませんが、出題ブロックを見たら、「出演者がこんなにくっついているのか」と驚くことになるんでしょうね。

 さて、今回は、何の情報もない書き込みです。過去の記事を使うのを節約するために載せます。
 高校生クイズの構成作家が、全国大会の収録が終わったことを書いていて、それに有名クイズ王がコメントしています。

――――(ここから)――――

|先日、某所で無事に全国大会、第13代のチャンピオンが
|決定しました。

本日(19日)の読売新聞夕刊(東京本社版)によると、東京湾の豪華クルーズ船
「ヴァンティアン」の船上で決勝が行われたそうです。
富士山に登るより経費が安いのか、それとも今はなき先輩ウルトラクイズのニューヨ
ークのクルーズ決戦を忍んだか……。私は前者だと思います(^_^;)。

――――(ここまで)――――

 これに対する私のコメント。

――――(ここから当時の引用)――――

しまったあぁぁぁ!
私は「竹芝から船」という、極めて断片的な情報を得ていたので、
全国大会の初日から毎日竹芝桟橋に通ったのですが、
決勝は今年も公開で行われるようだから竹芝は関係ないだろうということで、
最終日だけ行きませんでした。
その他に私が得ていた断片的な情報(どこまで正しいのか)。
「代々木」「料理」「築地で買い物」「準決勝はタイムショック」
偶数回の全国大会は大半のクイズが見られるのに
(昨年なんか、地下鉄に乗っていたらたまたま隣に座った人が
高校生クイズの台本を読んでいて場所がわかった)、
なぜか奇数回の全国大会は絶対に見られません。

――――(ここまで)――――

 「料理」はまさに1回戦でした。「代々木」は2回戦の会場でしょう。

 私が偶数回の全国大会は見られるが奇数回は見られない法則というのはその後も続いていて、例えば21回ではすべてのクイズ会場の情報をつかむことに成功したにもかかわらず、結局1つも見ることができませんでした。

 ヴァンテアンはこの夏、運行休止のまま廃止されましたね。

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

マスも文章もとりあえず埋める

 今日は非常に忙しくて、文章を考える時間がほとんどとれないので、とりあえず書きます。前回のクロスワードですけど、5×5で黒マスなしにするために、「○ン○ュ○」みたいな単語ばかり使ってごまかすことを考えています。先に「ン」と拗音が入るマスを決めました。あとは重要なのがヨコ1とタテ1の単語の選び方で、後に拗音などがつきやすい文字で構成されていないといけません。そしてヨコ1とタテ1の最初の文字は同じなので、この5音の単語の組み合わせに難航しました。

 今朝、ある職場の休憩室にいたら、「チコちゃんに叱られる!」をやっています。おじいさんが途中から入ってきて見ていました。番組が終わったころに入ってきたおばあさんにいきなり、「城のしゃちほこは誰が始めたか知ってる? 織田信長だって」と話しています。普通の人というのは、テレビ番組をそのように見て話のネタにしているのか。私はこんな知識を自分から話そうなんて絶対に思いませんが。世の中がワイドショーに影響されるのがわかる気がします。

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

まとめて答える

 「ナナマルサンバツ」の17巻をようやく入手しました。私が出た当日の発売だったのですが、探している余裕がありませんでした。で、その中で「ベルギーのブリュッセル」と答える場面がありますが、それで思い出したことがあります。

 第4回高校生クイズの中部大会を見に行ったとき、準決勝の会場までついて行っていたら、中部の参加者で敗者になった人に声をかけられました。当時、私は優勝する前で知られていません。なぜ私に声をかけようと思ったのか。クイズマニアの空気を感じ取ったのかもしれません。

 その人は確か、岐阜の関高校でクイズ研をやっていると言っていたと思うのですが(まだクイズ研という組織はなかったかもしれない)、アタック25の高校生大会に出場して放送されるので見てくれと言いました。それで見たら、「月日は百代」ぐらいで押して「奥の細道松尾芭蕉」と答えていました。このときは正解になって、児玉清が「さすがクイズのプロは違う」みたいなことを言って苦笑いしていました。

| | コメント (1)

2016年11月12日 (土)

今日も個人の覚書

 今夜、日本テレビではウルトラクイズで優勝した女性が現在、夫と離れていることを放送していましたが、同時刻にTBSでは松田朋恵がシングルマザーになっていたことを知りました。「TVプレイバック」の映像が使われていました。あのとき新人だったとは知りませんでした。同僚と結婚してすぐ辞めたんですね。私は7回の近畿大会を見に行ったら事前番組の向井亜紀にインタビューされたのですが、TVプレイバックを見ていなければ向井だとわからないところでした。

 さて、飛行機のせいで行けなくなったといえば21回の中国大会です。広島空港が霧で着陸できないので東京に戻りました。そこから新幹線で広島に行っても、もう決勝です。しかもこの回の決勝は、当時広島市に存在した屋内スキー場で、なんとか入ることができましたが、見られる場所との間には完璧な防音のガラスがあって、クイズの音声が一切聞こえません。何の意味もありませんでした。

 エコノミクス甲子園は、これまで必ず最初の予選に行ってここに書いていたわけではありません。過去には「関係者の方ですか、関係者の方ですか」でなく入れる予選が全日程の最後の2日に集中的にあって、12月下旬までどこにも行けなかったことがありました。
 今日もクイズでないことを書きました。クイズの縛りがないのとどちらが文章を書くのが楽か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月10日 (木)

クイズのブログではない

 番組表を見ていたら、来週火曜日の関西テレビの20時台は「その原因、Xにあり!」になっていて、それに「新」がついています。ウィキペディアにあった通り、ついに関西テレビは「クイズやさしいね」を捨てたか。

 さて、クイズのことを書いていませんが、特にアクセス数などは変わっていません。ジェットスターのカウンターに戻ると係員が「欠航の説明をします」と言っています。明日以降の便に振り替えるそうです。この便に乗れなくて、北海道に行くのが明日でも問題ないってどういう人なのか想像がつきません(後で送られてきたメールだと、翌日の最終便か翌々日の便にしか乗れない)。他社便の振り替えは勝手に自分で搭乗券を買えというようなことも言っています。
 そして、「払い戻しはフライトバウチャーで」と繰り返しています。フライトバウチャー、フライトバウチャーって、不慣れな消費者にわざとわからないようにしてるんじゃないか? おそらくこの金額分、ジェットスターに割引で乗れる権利ということでしょう。今後ジェットスターを使わない人はどうするんだ。しかも使用期限があることが後でわかりました。向こうの都合で勝手に欠航にしても、絶対に現金を返さないのです。

 第3ターミナルを出ると、ちょうと5時55分発のリムジンバスが来たので乗ります。まだ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

愚痴は止まらない

 「今夜はナゾトレ」ってクイズ番組だったんですね。これで火曜日のあの枠は毎週、クイズの2時間スペシャルをやることになるのか。テレビ欄に「惨敗京大宇治原…東大生が考えた問題に降参?」とありますが、宇治原が正解する場面も宇治原が正解できない場面も何百回も見ているのに、今さらこういうので見ようと思うのか?

 さて、日曜日の帰りの帯広~羽田のJALを払い戻しました。また別の日のLCCを取ります。そして出発前夜に成田空港に来て、LCC用に新たに作られた24時間空いている待合室に泊まります。ここは電源もネットもあって、横になることもできて快適です。警備員も常時巡回しています。昨年のエコ甲に行ったときはなかった、長期間滞在する方はお断りという掲示が出ていたのも納得がいきます。ホームレス的には穴場です。

 そして朝5時過ぎに第3ターミナルに歩きます。昨年は搭乗するのがギリギリになって、チェックイン機を使えずカウンターに行ったらいきなり「その荷物は重いから手数料を払え」と数千円請求されたのでした。今年は無事通過して、手荷物検査に並びます。なかなか進みません。そして私がゲートをくぐろうとしたとき、向こう側で係員が「欠航」と言うのが聞こえました。「今日の札幌は全便欠航が決まったから、今から札幌の客を通さないで」。朝5時台に、夜中まで全便欠航を決めるとはどういうことだ。雪は今積もっているというだけだろ。要するにこういう会社は機材繰りができないんでしょうね。あと、大手だと北海道の別の空港に振り替えるということもできます。まだ話は終わりません。というかわざと終わらせてないんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 8日 (火)

結構欠航

 Qさま!!の学力女王で、また既婚の出演者には全員、夫の肩書きがついていましたが、あれって女性差別だという問題にはならないのでしょうか。私は見るたびに不快なのですが。そもそも出演者が男のときに既婚かどうか表示されたことなどないわけで。小島慶子の夫が元海外取材ディレクターとのことですが、「夫は主夫」ではいけないのか。今の小島はそれで売っているんだし。

 さて、行きを成田からジェットスターの始発で新千歳に行って、そこから特急で帯広に行けば、ちょうど十勝大会が始まるのに間に合います。ところが、JR北海道は台風で不通になっているのをすっかり忘れていました。現在は代行バスが走っているものの、帯広に着くのが1時間遅くなります。しかし11時半なら、最初のあいさつと筆記クイズをやるのを見逃すくらいでしょうから特に問題はないでしょう。ということでそのまま進めることにしました。

 一方で、翌日の朝から東京で絶対外せない用事があるため、帰りの帯広から羽田へのJALは28日前に取っておきました。11000円ぐらいです。ところがこの用事がなくなって、当日に帰らなくてよくなりました。28日もあったらどんな変化があるかわかりません。それならついでに、来月廃止になる留萌本線の増毛に行っておくか。前回行ったのはおそらく25年ぐらい前です。ということで、帰りのJALを払い戻しました。手数料を半額取られますが、JALプラザの係員は慣れていて、嫌な顔ひとつしません。この後、まだ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

当ブログの計画が崩れる

 本日から「11回エコ甲十勝大会」を書く予定で19回全国大会を昨日で終わらせるように計算してきましたが、北海道の11月としては二十数年ぶりの雪で飛行機が欠航になりました。

 昨年同様安くしようとジェットスターを使ったところ、朝5時台に手荷物検査を通過しようとしたら、札幌行きは終日欠航が決まったので今から通さないと言われました。その後で羽田に行ってみたところ、大手はどこも条件つきで便を飛ばしていますし、結局遅れはあっても運航されていました。LCCの一番悪いところが出ました。

 そもそも今回は「関係者の方ですか、関係者の方ですか」と締め出されない予選の中で、帯広に行くことにしていました。翌日朝から用事があるので帰りの帯広~羽田のJALを28日前に11000円ほどで買いました。行きも同じ路線を16000円ほどで買えばちょうど大会スタートに間に合います。しかし5000円台のジェットスターで新千歳から帯広まで特急で行く方が一周できておもしろい。

 この時点で、JR北海道が台風で不通になっているのを忘れていました。以後、次回。別のネタを使うのはもったいないのでこれで引っ張る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

次の感想

 報道ステーションで、朝日新聞のW吉田について初めて放送したのが1日遅い金曜日だったら、高校生クイズは視聴率が厳しくなったのではないでしょうか。

 実際問題として、視聴率は前回よりは間違いなく上がると思います。番組内容は確実によくなっていますから。前回は6チームの番組だったのに対し、今回はできるだけ多くのチームを出そうとしているのが感じられました。それでも灘やラ・サールは全然映りませんでしたね。一昨年までの番組を象徴するからダメなのだろうか。一方で東大寺学園を目立たせていたのは、前と今の路線の両方に出ても違和感のない学校なので、進学校あおりの役割も背負わせたのかもしれません。
 コメントでも指摘がありましたが、準決勝(どう見ても実質は準々決勝だと思うが)の6チームのうち4チームが21世紀枠でした。今年は全国放送で地区大会の部分が一切ありませんでしたが、地区大会で負けたチームがこれだけ目立っていると、選ばれたごく一部のチームの大会という感じはしませんでした。しかしクイズで勝っていなくてキャラクターで残ったチームによって番組が成立したとなると、23・24回と同じになってしまいます。来年以降はどう解決するのでしょうか。

 しかし地区大会で負けたチームばかりの割には、問題によく答えていました。今年の問題は、一昨年までの内容を支持する一部の層も想定して、オープン大会で出題されて答えを暗記する以外には一切目にすることがない知識ではなく、一般常識の中で一番上の難度というギリギリのところを狙っていました(どうしようもなくレベルの低い県の決勝を除く)。例えば謎解きクロスワードでは、イスラム教はスンニ派と○○○派という問題が出ていましたが、これなんか、頭の悪い高校生には絶対答えられないが、社会人としては知っているべき事項です。全国大会の決勝は難度を上げていましたが、それでもオープン大会問題には踏み込まないギリギリのギリギリの難度です。ファンデルワールス力だって高校で習うけど誰も覚えていないだけで。唯一、サンタなんとか教会だけが一昨年的な知識でしたが、これはナナマルサンバツ問題なので許されます。企画も問題もこの方向性でいけば、番組を続けていけるのではないでしょうか。ただ私としては、ウルトラクイズを踏襲しているため、ルールが単純すぎると感じましたが。以上、なんとか2日目の感想をひねり出しました。当ブログへのアクセスはまだ通常の5倍ぐらいになっています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

また間違える話

 月曜日に朝日放送の「キャスト」で、ABC感謝祭の会場から中継していました。その録画を見てわかったのが、角野アナが読んでいた問題は本当のアタック25のスタッフが作ったものだということです。「浦島太郎の主人公が助けた動物は何でしょう」とか非常に簡単なものばかりでしたが。

 さて、22回北陸大会については過去に載せたという指摘がありました。22回でまだ載せていない予選を検索していて、4つあるのですが、他の地区と北陸を間違えました。
 過去にこれをやったことが1回あります。23回仙台大会(その1)を2度載せました。このときこんなことを書いていました。

――――(ここから)――――

 さて、前回書いたことについて、当ブログの検索フレーズを見たら、最初に某有名クイズプレーヤーについて書いた22回北陸の文章を探そうとする検索がかなりの数あります。まだ、のせていませんよ。ちなみに、そのとき書いたことはすべて前回書きました。クイズプレーヤーの名前も当時から書いていません。ただ、今回の文章をよく読むと、どこかにその名前が出ているかも。
 そして、自分で過去の文章を検索していたら、23回仙台大会の話はすでに書いていたことがわかりました。これでは続きをのせてもしようがありません(23回の話は仙台大会しかのせていないのに、かぶるとは)。

――――(ここまで)――――

 なんとそのときも、某クイズプレーヤーが作った○×クイズの話をしているのです。そんなにこの話が好きなのか。
 そういえば、別の某クイズプレーヤーは、私が見ている前でアタック25の解答席に座って撮った写真をツイッターに上げていましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)