2021年9月14日 (火)

ローカルで何が起こってる

 もしかしたら、本当に親和銀行が合併の条件として、エコノミクス甲子園みたいなことに無駄なコストをかけるなと十八銀行に要求して、それでもめて長崎大会ができなくなっているのではないかと思えてきました。

 先日これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 ちなみに今夜20時台のNHKは単発のバラエティ番組をやっていましたが、関西だけまったく違うローカルのクイズ番組を放送していました。今はNHKプラスで全国で視聴できるようになっているようです。

――――(ここまで)――――

 この日の朝(カネオくんの再放送の枠)に、同じ番組の別の回をやっていたことがわかりました。それで調べたら、これって4月から毎月放送しているではないか。全然気づいていませんでした(過去に1回やったことは知っている)。関西のVTRを流してウソかホントか当てるというもので、司会が村上信五とくっきー!で、解答者の大半が関西出身で、解答者チームが間違えるとおならのにおいが流れてくるという、実に民放っぽい番組です。

| | コメント (0)

2021年9月12日 (日)

どうでもいい感想

 広島FMの「9ジラジ」で今年はエコノミクス甲子園企画がないのかと思って調べたら、ちょうど今週から始まっていました。なお、この番組のパーソナリティは定期的に全国のラジオパーソナリティとトークする配信をやっていることを知りました。私がそれぞれ聞いている別の地域の番組同士の組み合わせはおもしろい。

 さて、今年の全国放送を見て思ったどうでもいいことを。1回戦のVTRのナレーションは、IPPONグランプリのお題を読んでいる人ですね。なんか番組の方向性がわかります。
 富士山が見える場所の地図を作った田代という人は、筑波大附属かどこかの教師だったのが、富士山のマニアが高じて富士山研究者になった人ですね。東京から鉄道で乗り換えなしで行ける府県は、私が高校生のころは本州の奈良県以外全部+九州の全部でした。節分の大豆と落花生は、落花生を投げる地域があることは知っていましたが、正解を聞いても「それだったか」とピンときませんでした。黒こんにゃくと白こんにゃくはそれ以上に、地域で区別されていることを知らなかったので、正解を見ても納得しませんでした。
 今年の夏の甲子園で智弁学園が優勝していたら、1986年以来の高校野球と高クイの奈良県のアベック優勝になっていたのに。

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

どこで知るか

 昨夜、BSプレミアムで「しが鉄~びわ湖1周サバイバルクイズ~」という番組をやっていました。夕方の滋賀ローカルのニュースでやっているコーナーの特番で、1年半前に放送されたものです。大津から大津京まで琵琶湖(NHKは「びわ湖」と表記することになっている)を一周する列車でクイズをやって、負けたチームが途中で降ろされるという本格的なものです。一般人が120人参加していて、こういう番組はワクワクします。滋賀出身の有名芸能人を何人も起用していました。「ロザンのシガQ」にも出ていた芸人がまた出ています。今、滋賀がクイズブームになっているのか。

 さて、書くネタのストックがなくなりました。この時期にこういうことになるのは、高校生クイズの予選があったころには考えられないことです。それで最近思ったことを書きます。
 先日、開成の文化祭に行って、クイズ研の冊子を入手したのですが、今回は問題しか載っていません。たまたま目についたのはこういう問題です。「マジックを演じる際に留意しなければならない、『あらかじめ起こる現象を説明しない』『同じ演目を繰り返し見せない』『種を明かさない』という3原則のことを、これを提唱したアメリカのマジシャンの名をとって何というでしょう」。
 手品の世界にも3原則というものがあるのかというのはおもしろい。この事実自体は興味深いストーリーであるが、このことをクイズ研の問題集で知るというのが全然おもしろくありません。どこか別のところでの経験や知識がクイズに生かされるからいいのであって、クイズ大会で答えるために単語を覚えてそれをクイズ大会で吐き出すというのは意味があるのかと思います。頭脳王みたいな番組でそういうのを見せられるのが、今のクイズブームのようなものが一般に浸透するのかという壁になっているのではないでしょうか。一方で、意味のない知識をとにかく記憶してクイズ大会で披露すること自体が楽しいと感じる層も確実にいるはずですからね。

| | コメント (1)

2016年11月12日 (土)

今日も個人の覚書

 今夜、日本テレビではウルトラクイズで優勝した女性が現在、夫と離れていることを放送していましたが、同時刻にTBSでは松田朋恵がシングルマザーになっていたことを知りました。「TVプレイバック」の映像が使われていました。あのとき新人だったとは知りませんでした。同僚と結婚してすぐ辞めたんですね。私は7回の近畿大会を見に行ったら事前番組の向井亜紀にインタビューされたのですが、TVプレイバックを見ていなければ向井だとわからないところでした。

 さて、飛行機のせいで行けなくなったといえば21回の中国大会です。広島空港が霧で着陸できないので東京に戻りました。そこから新幹線で広島に行っても、もう決勝です。しかもこの回の決勝は、当時広島市に存在した屋内スキー場で、なんとか入ることができましたが、見られる場所との間には完璧な防音のガラスがあって、クイズの音声が一切聞こえません。何の意味もありませんでした。

 エコノミクス甲子園は、これまで必ず最初の予選に行ってここに書いていたわけではありません。過去には「関係者の方ですか、関係者の方ですか」でなく入れる予選が全日程の最後の2日に集中的にあって、12月下旬までどこにも行けなかったことがありました。
 今日もクイズでないことを書きました。クイズの縛りがないのとどちらが文章を書くのが楽か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月10日 (木)

クイズのブログではない

 番組表を見ていたら、来週火曜日の関西テレビの20時台は「その原因、Xにあり!」になっていて、それに「新」がついています。ウィキペディアにあった通り、ついに関西テレビは「クイズやさしいね」を捨てたか。

 さて、クイズのことを書いていませんが、特にアクセス数などは変わっていません。ジェットスターのカウンターに戻ると係員が「欠航の説明をします」と言っています。明日以降の便に振り替えるそうです。この便に乗れなくて、北海道に行くのが明日でも問題ないってどういう人なのか想像がつきません(後で送られてきたメールだと、翌日の最終便か翌々日の便にしか乗れない)。他社便の振り替えは勝手に自分で搭乗券を買えというようなことも言っています。
 そして、「払い戻しはフライトバウチャーで」と繰り返しています。フライトバウチャー、フライトバウチャーって、不慣れな消費者にわざとわからないようにしてるんじゃないか? おそらくこの金額分、ジェットスターに割引で乗れる権利ということでしょう。今後ジェットスターを使わない人はどうするんだ。しかも使用期限があることが後でわかりました。向こうの都合で勝手に欠航にしても、絶対に現金を返さないのです。

 第3ターミナルを出ると、ちょうと5時55分発のリムジンバスが来たので乗ります。まだ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

愚痴は止まらない

 「今夜はナゾトレ」ってクイズ番組だったんですね。これで火曜日のあの枠は毎週、クイズの2時間スペシャルをやることになるのか。テレビ欄に「惨敗京大宇治原…東大生が考えた問題に降参?」とありますが、宇治原が正解する場面も宇治原が正解できない場面も何百回も見ているのに、今さらこういうので見ようと思うのか?

 さて、日曜日の帰りの帯広~羽田のJALを払い戻しました。また別の日のLCCを取ります。そして出発前夜に成田空港に来て、LCC用に新たに作られた24時間空いている待合室に泊まります。ここは電源もネットもあって、横になることもできて快適です。警備員も常時巡回しています。昨年のエコ甲に行ったときはなかった、長期間滞在する方はお断りという掲示が出ていたのも納得がいきます。ホームレス的には穴場です。

 そして朝5時過ぎに第3ターミナルに歩きます。昨年は搭乗するのがギリギリになって、チェックイン機を使えずカウンターに行ったらいきなり「その荷物は重いから手数料を払え」と数千円請求されたのでした。今年は無事通過して、手荷物検査に並びます。なかなか進みません。そして私がゲートをくぐろうとしたとき、向こう側で係員が「欠航」と言うのが聞こえました。「今日の札幌は全便欠航が決まったから、今から札幌の客を通さないで」。朝5時台に、夜中まで全便欠航を決めるとはどういうことだ。雪は今積もっているというだけだろ。要するにこういう会社は機材繰りができないんでしょうね。あと、大手だと北海道の別の空港に振り替えるということもできます。まだ話は終わりません。というかわざと終わらせてないんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 8日 (火)

結構欠航

 Qさま!!の学力女王で、また既婚の出演者には全員、夫の肩書きがついていましたが、あれって女性差別だという問題にはならないのでしょうか。私は見るたびに不快なのですが。そもそも出演者が男のときに既婚かどうか表示されたことなどないわけで。小島慶子の夫が元海外取材ディレクターとのことですが、「夫は主夫」ではいけないのか。今の小島はそれで売っているんだし。

 さて、行きを成田からジェットスターの始発で新千歳に行って、そこから特急で帯広に行けば、ちょうど十勝大会が始まるのに間に合います。ところが、JR北海道は台風で不通になっているのをすっかり忘れていました。現在は代行バスが走っているものの、帯広に着くのが1時間遅くなります。しかし11時半なら、最初のあいさつと筆記クイズをやるのを見逃すくらいでしょうから特に問題はないでしょう。ということでそのまま進めることにしました。

 一方で、翌日の朝から東京で絶対外せない用事があるため、帰りの帯広から羽田へのJALは28日前に取っておきました。11000円ぐらいです。ところがこの用事がなくなって、当日に帰らなくてよくなりました。28日もあったらどんな変化があるかわかりません。それならついでに、来月廃止になる留萌本線の増毛に行っておくか。前回行ったのはおそらく25年ぐらい前です。ということで、帰りのJALを払い戻しました。手数料を半額取られますが、JALプラザの係員は慣れていて、嫌な顔ひとつしません。この後、まだ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

当ブログの計画が崩れる

 本日から「11回エコ甲十勝大会」を書く予定で19回全国大会を昨日で終わらせるように計算してきましたが、北海道の11月としては二十数年ぶりの雪で飛行機が欠航になりました。

 昨年同様安くしようとジェットスターを使ったところ、朝5時台に手荷物検査を通過しようとしたら、札幌行きは終日欠航が決まったので今から通さないと言われました。その後で羽田に行ってみたところ、大手はどこも条件つきで便を飛ばしていますし、結局遅れはあっても運航されていました。LCCの一番悪いところが出ました。

 そもそも今回は「関係者の方ですか、関係者の方ですか」と締め出されない予選の中で、帯広に行くことにしていました。翌日朝から用事があるので帰りの帯広~羽田のJALを28日前に11000円ほどで買いました。行きも同じ路線を16000円ほどで買えばちょうど大会スタートに間に合います。しかし5000円台のジェットスターで新千歳から帯広まで特急で行く方が一周できておもしろい。

 この時点で、JR北海道が台風で不通になっているのを忘れていました。以後、次回。別のネタを使うのはもったいないのでこれで引っ張る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月27日 (火)

日持ちしないマクラ

 今夜の「月曜から夜ふかし」では、奈良県のクイズを出す駄菓子屋にクイズ王が行っていましたが、私はこの店を「ナニコレ珍百景」で見ました。というか、今夜の番組の中で少なくとも3つ、ナニコレ珍百景のネタがありました。それどころかナニコレ珍百景とまったく同じ演出もしていました。この番組はナニコレ珍百景と「探偵!ナイトスクープ」でやったネタが非常に多い。

 テレビ朝日で見たネタといえば、昨日、日本テレビでやっていた「KING OF JAPAN」ですが、最近テレビ朝日で非常に似た企画を見た気がします。そんな中、独自の演出として、難しい言葉の問題に答えたときに「なんでそんなことを知ってる」「広辞苑をぱらっと見てました」ゲストのタレントが「暇だなっていうとき広辞苑開く?」これ、完全にこの前までの高校生クイズの演出ではないか。

 高校生クイズといえば、今日の「たまむすび」は赤江珠緒が夏休みにニューヨークに行っていたために、メールのテーマは「ニューヨークに行きたいか」でした。当然、18年前にニューヨークに行きたいかの番組に出たというメールが来ていました。東京ドームをあと2問で通過できるところで落ちたそうです。しかしグラウンドでインタビューを受けてそれが放送で使われたということですが、VHSの再生機器がないので見られないそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月18日 (金)

人生を振り返る話

 昨日の関西テレビ「よ~いドン!」の「となりの人間国宝さん」で、兵庫の武田尾温泉のホテルの経営者が出ていました。10年前に水害で旅館が全壊したそうです。普通ならそこでやめるところ、復活するきっかけは「クイズ$ミリオネア」に出て500万円獲得したことだそうです。ミリオネアで人生を立て直した人って本当にいるんですね。

 昨夜のラジオ日本「カフェ・ラ・テ」を聞きました。ウルトラクイズについては聞いたことのある話が大半です。カーター大統領のそっくりさんの話、ニューヨークのマラソンクイズと強盗の罰ゲームの話、イグアスの滝で国境警備隊に捕まって買収した話。
 聞いたことのない話としては、もともとは何かクイズ番組を企画しろという話があって、制作会社を志望してきた大学生らに考えさせたそうです。当時、アップダウンクイズが絶対の存在としてあって、それと反対のことをやるしかないということで、クイズに勝たなくてもハワイへ行けるとか敗者が主役といったコンセプトを考えついたそうです。
 すると日本テレビから、信頼のおけるテレビマンユニオンと一緒にやれと言われて、演出とか構成とか撮影とかそれぞれの業務を完全に分業する体制になったということです。で、もし1人で全部統轄するようなシステムなら予算を抑えるだろうが、分業でそれぞれが無責任に企画を立てる(ニューヨークの決勝はヘリコプターが3機ほしいとか)ので、思い切り贅沢な番組にすることができたといいます。そして当時のプロデューサーは「日本テレビは金持ってるからいいんだよ」と言っていたそうです。
 最後に司会にも「東海林くんたちも、もっと(ウルトラクイズを)やってれば(アメリカ横断の仕事に)行くチャンスがあったんだよな」と言っていました。番組終了に間に合わなかったから高校生クイズの仕事しかできなかったということか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧