2008年4月25日 (金)

新企画の展望

 先日の「ザ・クイズマン!」で、ある問題に解答者が異常に自信を持って答えていましたが、今夜の「ナイナイメモリー」を見たら、同じ問題が出ていて、その解答者がいたことがわかりました。それにしてもこの番組、「メモリー」という以上、当初は違う企画を想定していたのではないかと思うのですが、2回目にして完全に雑学クイズのみになりました。

 前回の書き込みへのコメントですが、複数のチームで共同で問題を作って、各チームに振り分けて提出して、どれが採用されても1問目の答えはわかるという戦略には気づきませんでした。ただ、そのくらいのことは別にやってもいいのではないでしょうか。参加者全体に影響することにはなりませんし、昨年の北陸の例もあるので、みんな正解されたってどうということはありません。むしろ、事前番組でそういうことをやるクイズ研を取材するということも考えられます。
 あと、第1問は全参加者が納得するような内容でなければならないので、女子の問題だから採用するとかクイズ研だから採用しないとかいったことは絶対できないはずです。この辺が17回とか21回の不可解な選出とは違います。

 ところで、日本テレビの携帯電話サイトを見ると、最後に行われるインターネット予選が「ケータイ個人戦」と書いてあります。ということは、個人で答えてトップの人がいるチームが全国大会進出ということか。あと、全国大会の日程が、携帯サイトにだけ載っています。その曜日配列は都合がいい。昨年、8年ぶりに全国大会の決勝を見ましたが、今年は見られるでしょうか。そういえば、今年の予選の日までに、昨年の全国大会の話が書けるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

驚愕の事実(その1)

 前回の文章を投稿した直後に、高校生クイズの公式ホームページが更新されました。といっても、表紙しかないのは相変わらずです。
 しかしそれによると、日本テレビの携帯電話サイトで参加者募集が始まっているそうです。それとともに気になることがあります。ページの背景に薄く、「島特別大会」とか「オリラジ」とか「富士山大会」と書いてあるのです。島特別大会が今年もあるのはいいとして、富士山大会って何だ。ついに全国大会決勝に富士山が復活するのか。

 早速、日本テレビの携帯サイトを見てみました。私はこのために、日テレサイトの情報料を毎月払っています。今のところ携帯サイトでしか応募できないというのは、日本テレビが少しでも金儲けしようという魂胆か?
 すると、公式ホームページには全然載っていない重要情報が思い切り明かされているではないか。これ以上書くと日本テレビの営業妨害になるので書くのはやめて、ということはなくて、今まで半年以上更新されていなかったファンサイトに全部出ていますし前回の私の文章にコメントもいただきましたので私も書きますが(昨年の大会終了後も私は1日も休まず更新しているのに、こういうおいしいところだけ先を越されるのがくやしい)、今年は予選会場がさらに増えて13地区に(島特別大会を含まず)。
 何を考えてるんだ。どうせ予選なんか一切放送しないくせに。昨年、東北と九州を分割したら、少なくとも岩手、青森、熊本、鹿児島あたりの参加者が増えたことが認められるので、参加者激減の歯止め策としてさらに予選会場を増やすということです。
 その増える予選というのが、山梨と静岡による「富士山大会」なのです。しかしこれは意味があるのか? 仮に予選会場が静岡市だとすると、山梨からは東京へ行くのと行きにくさが変わりません。それでは1回戦成立の危機は変わりません。一方で静岡県の参加者はまだそこまで危機的には減っていないはずです。逆に予選会場を甲府市にしたら、静岡が1回戦が成立しなくなる恐れがあります。せっかく予選会場を増やすのなら、もっと有効なブロック分けがあったはずです。例えば山梨・長野・新潟による「甲信越大会」とか(会場は長野市。それで北陸大会の会場は富山市にする)。あるいは鳥取・島根の「山陰大会」(これなら8チームより多く来るだろう)。
 もしかして、スタッフは今度こそ最終回と思っていて、昨年以上に思い切り高校生クイズをやりまくろうと考えているのではないか。この調子で毎年どんどん地区が細かくなっていったりして。

 この他の話については次回。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

小ネタ

 東大寺学園が東大寺の中にあった時代の体育館は黒川紀章が設計したものです。しかし、その体育館ができてから数年で東大寺学園は郊外に移転しました。前の校舎はもうないのではないかと思いますが、黒川紀章の体育館は東大寺境内に残っているはずです。
 あと、知人から「20年来の友人が都知事選に立候補する」というメールが来ました。それが誰かというと、ネット上では最も話題になっている外山恒一なのです。私も生駒市長と知り合いだったり、いろいろな人的つながりを持っていますね。

 昨夜、フジテレビ系で「逃走中!」をやっていましたね。初めて、ハンターが動き出す前に事前に消すことができるというルールがありましたが、そのためのボタンが高校生クイズボタンでした。そういうところにしか目が行きません。ちなみにこの番組がレギュラー化されるそうですね(さらに過去の放送のDVDも発売されるそうで)。昨夜の放送は全国ネットでしたが、レギュラー放送はローカルでしょうか。
 元日の夜の放送では、スポンサーにauがついていて、ハンターが不自然にauショップの前を歩く映像が複数挿入されていましたが、今回は(全国スポンサーかわからないが)ドコモがついていました。使っていた携帯電話もドコモに変わっていたのでしょうか。

 本日昼間に突然「新タイムショックお披露目スペシャル」というのをやっていました。またレギュラーで復活するのかと思いましたが、今のところ調べてもわかりませんでした。番組内では、後日放送される特番の番組対抗タイムショックの宣伝に終始していました。そうやって見ると、確かに予算が少ない感じで、出演料も少し抑えめにしているようでしたし、何より、本体のタイムショックをやる部分が普通の椅子というのは初めてではないでしょうか。それに全問正解の賞金が30万円。タイムショックの三十何年かの歴史で最も安い金額ではないでしょうか。そんな中でもルールには工夫が見られたと思います。ただ、本体の1分間タイムショックだけやればいいという声の方が多いかもしれませんが。
 私が注目したのは、第1ラウンドでも第2ラウンドでも自由の女神を答えさせる問題が出ていたことです。クイズといえば自由の女神なのか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

最後だけ読めばいい話

 「高校生クイズストーカー 17回 最低」というフレーズが何回も検索されています。これは、共感する人なのかけしからんと思っている人なのか、問題の背景を探りたいと思っている人なのかどうなんでしょうね。ところで、Yahoo!着メロに、佳苗の曲があるのを見つけました。今までいろいろなところを探してもなくて、日本テレビの携帯サイトの「高校サッカーのテーマ曲」というところに入るかと思ったら、リクエストしても全然載る気配がないし。ようやく携帯電話の着メロを「この地球が果てるまで」にしました。ちなみに佳苗のCDも全部持っています。なんといっても、私の最もお気に入りの17回高校生クイズのテーマ曲を歌う人ですから。

 eBETで、高校生クイズ北海道大会の会場はどこになるかという賭けをやっています。というか、この文章が載るときには締め切ってるか。ちなみに書いている時点で、モエレ沼公園が最も倍率が低くなっています。

 会場といえば、気づいている人もいるでしょうが、公式ホームページの中国大会の日程から「広島市民球場」が消えました。結局使えなくなったのか。参加できなくて見る者にとってはありがたい。過去に、一度発表された会場が変更になったというのは、16回近畿でO−157が発生したためというのがありますが、その後にも1回あったような気がするのですが思い出せません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月28日 (火)

高校生クイズ第2弾

 先週の「トリビアの泉」はまだ見ていません。黒柳徹子のセーラームーンについては、「徹子の部屋」自身が正月などにスペシャル番組をやるたびに必ず放送されます。そういえば、深夜時代のトリビアの泉でやった「笑点のテーマ曲には歌詞がある」も、それ以前に「笑点」のスペシャルで自分でやっていました。しかも、合唱団が町中のいろいろなところで歌うという、トリビアと非常に似た演出でした。
 「クイズ日本人の質問」は最終回の1カ月ぐらい前から質問の募集がなくなりました。

 さて、京都の舞鶴市に行って市街地の中心部を歩いていたら、「高校生クイズ第2弾」という掲示が目にとまりました。
 ドコモショップ東舞鶴です。今回はドコモ加入の中学生以外も参加できると書いてあります(第1弾の対象が中学生ならなぜ「高校生クイズ」?)。定期的に店頭にクイズが掲示されて、正解するごとにポイントカードにハンコをもらって、たまると賞品がもらえるらしい。「安藤美姫選手が挑戦した技の名前は」という問題が書いてあります。
 そういえば、今年は「フィギュアスケートのトリプルアクセルは、アクセルをかけたように高速回転するところからついた名前である」といった問題が出るのだろうか。番組があるなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)