2015年4月29日 (水)

学歴ロンダリング

 ヤフートピックスのトップに「お嬢様芸人 東大大学院に合格」という見出しがありました。内容を読むと、これはクイズ界で今後、トレンドになるかもしれないので書いておきます。

――――(ここから)――――

“お嬢さま芸人”たかまつなな東大大学院合格「フリップ芸できる池上彰目指す」
スポニチアネックス 4月28日(火)14時3分配信
 お笑いタレントのたかまつなな(21)が28日、自身の公式ブログを更新。東京大学受験に合格し、今春から通学していることを報告した。
(中略)
 この日のエントリーでは「東京大学に合格いたしましたの!4月より、私たかまつなな 東京大学大学院情報学環教育部に通っております」とコメント。「中学2年生の時に抱いた夢である“お笑いを通して社会問題を発信する”お笑いジャーナリストを目指して、ジャーナリズムについて東大では勉強しております」と説明した。

 慶応大学にも在学しており、当面は「Wスクールざます」。学業とお笑いの2足のわらじをはきながら「フリップ芸のできる池上彰さまを目指し、頑張りますわよ」と力強くつづっている。

――――(ここまで)――――

 おそらく今夜のナイナイアンサーで発表するのでその前に書いたのでしょう。大学院情報学環教育部は、かつては新聞研究所教育部といい、その後、社会情報研究所教育部に名前が変わりました。そして情報学環という大学院ができたとき、ここに吸収されて大学院の組織になりました。
 学歴ロンダリングにここまで適した組織はありません。実際、ある経済評論家は、ここを出てから著書に東大卒と書きまくっています。吉田たかよしの「東大4回卒業」のうちの1回はここです。今や、「東大の大学院を出た」と言っても文句をつけられないようになっています。

――――(ここから)――――

 東京大学大学院情報学環教育部は、大学院の中に学部生、社会人問わず学ぶ第二専攻として用意されている教育機関で、定員は1学年約30人。情報社会論、メディア・ジャーナリズム論、情報技術論、情報産業論などの科目が開講されている。OBには読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆でプロ野球・巨人の最高顧問の渡辺恒雄氏(88)、ニュースキャスターの草野仁氏(71)、NHKの小野文恵アナウンサー(47)らがいる。

――――(ここまで)――――

 この説明は間違っていません。東大生が学部に所属しながらここにも所属できるようになっているほか、社会人も他大学の学生も所属できます。「スッキリ!」や「ミヤネ屋」でニュースを読んでいる岸田雪子記者は早稲田に在学しながら来ていました。現役東大生は授業料がタダです。

 何が学歴ロンダリングなのか。入学試験は私が所属したころから変わっていないと思うのですが、筆記試験は、「天皇の人間宣言について書け」のような、ある用語があってそれについて知識や意見を述べる問題が何問かあって、その中で自分が答えられる問題を数問選択します。普段から社会問題に関心を持っていなければいけませんが、この試験のために猛勉強するような性質のものではありません。つまり東大の通常の入学試験に合格するような学力がなくても、誰でも合格できる可能性があります。競争率もそんなに高くありません。次に面接がありますが、これは入学しても絶対勉強しなさそうなヤツを排除するような性質のものです(東大生は授業料がかからないので)。
 私のいたころは、講義に出ているのは数人でした。大半の講義が成績はリポート提出でつけますから、出席しなくても単位を取ることが可能です。それでも2年間で修了までたどり着く人は毎年数人ぐらいでした。

 つまり、東大レベルでないそれほど難しくない試験で誰でも入れて、しかも講義に全然出なくても修了できて(今はどうかわからんが)、東大大学院修了と言っても文句をつけられない肩書きが得られる。これにみんなが気づいたら、クイズに出るようなタレントが大挙して押し寄せるかもしれません。「広辞苑十段」のときと同じものを感じます。なお、記事の最後のOBにはうんぬんの部分は明らかに、私がかつてウィキペディアの新聞研究所の項目に書いたことをそのまま使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

隠されている話

 エコノミクス甲子園愛知大会で次のようなことを書きました。

――――(ここから)――――

 全国大会に出られるのはどのチームかというときに、全国大会の冠スポンサーをきっちり言うので、会場から笑いが起こります。

――――(ここまで)――――

 今、エコノミクス甲子園のサイトを見ると、全国大会の冠スポンサーがそのとき言っていたのと違います。愛知では去年の台本を間違えて使ったとも思えませんし、何かおかしい。エコ甲で児童養護施設を取り上げたっけ。私はエコ甲について一切何も知らないのでこんなことを書けますが、逆に何か知っていたら恐ろしくて書けないようなことが起こっているのかもしれません。

 昨夜、毎日放送で放送されていた「ノブナガ」には、「検定作りで稼ぐ男Nさん(40代)」という人が出ていました。画面の隅に「みんなが喜ぶクイズを作る」と出ています。検定ってクイズなのか。あれ? これって我々が知っているクイズ制作会社か? Nさん(40代)という社長で思い当たる人がいるぞ。
 検定でもうけるには2つのやり方があって、一つは検定を主催して受験料をもうける、もう一つは検定のソフト全体を売って200万円~3000万円を得るというのがあります。新しい事象について検定を作ろうとすると、その分野に関する情報が存在しないので困るそうです。「セクハラ相談員検定」では1億円近くもうけたそうです。一方でこれまでに最も失敗したのは「浅井くす検定」(浅井長政の娘)で、受験者が1人しかいなかったそうです。今後は連載30周年の島耕作検定をやるそうです(放送が3カ月遅れ)。ところで、某クイズ制作会社のホームページを見ると、検定の仕事については守秘義務があって公表できないと書いてあるのですが、携わった検定をこれだけテレビでしゃべっていいのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

広い知識が必要

 今週の「ビーバップ!ハイヒール」で、3人のうち2人が京大生で残り1人の凡人を当てるというのをやっていたのですが、その正解発表が、「アイスコーヒーにガムシロップを注いだとき、モヤモヤとしたムラがあらわれる現象は?」という問題(正解はシュリーレン現象)に答えられるかというものです。京大生だってそんなものは知らないだろ。何とかという28回から32回の番組のために、こんなことを知っているのが一流大学だというステレオタイプができてしまったのです。

 ところで、これはマクラで別の話を書くつもりだったのですが、ビーバップ!ハイヒールの本編について書きます。今週は映画の日本語字幕についてでした。映画「Ted」で、甘やかされて育った子どもを殴る場面があって、「この子のために誰かがジョーン・クロフォードにならなきゃ」というセリフがあります。ジョーン・クロフォードはハリウッド女優で、子どもに対する厳しい教育方針から、アメリカでは恐ろしい母親の代名詞になっているそうですが、日本ではそんなことは知りません。そこで日本語の字幕では、ジョーン・クロフォードというセリフが「星一徹」になったのです。
 さらに、「お前よりテディ・ラクスピンが欲しかった」というセリフ。テディ・ラクスピンはアメリカでは誰もが知っているクマのキャラクターですが、日本では知られていないので、「くまモン」に置き換わっています。
 テッドが走っている車から車に飛び移るシーン。「ジョン! T・J・フッカーより凄いだろう」というセリフがあります。T・J・フッカーは1982年のアメリカのアクション警察官ドラマだそうですが、これが日本ではどうなったかというと、「ガチャピン」なのです。訳すには単に英語ができるというだけでなく、これだけのことを知っていなければいけないということです。そしてガチャピンがあの姿で水上スキーをやったりスカイダイビングをやったりするのが、日本人にとっての常識ということになっているのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

何が正しいのかわからない

 以前これを書きました。

――――(ここから)――――

 「キングコングのあるコトないコト」が朝日放送では半年以上遅れて放送されています。今週の放送を見ると、伊勢神宮が20年ごとに式年遷宮するのは宮大工の技術を継承するためとか、うがいの語源は鵜飼いといったのを「ないコト」で全面否定していました。宮大工の技術継承って昔からさんざん言われているし、ついこの前クイズ番組で「鵜飼いが語源になっている行為は何→正解:うがい」というのを見たぞ。

――――(ここまで)――――

 日曜日の毎日新聞の池上彰のページに、「20年に1度、建て替えることで、特別な建設技術を次の世代に引き継いできました」と明記してあります。

 最近、辞書編さん者としてやたらとメディアに出る飯間浩明がこんなツイートをしていました。

――――(ここから)――――

飯間浩明 ‏@IIMA_Hiroaki
9/27のNHK「首都圏スペシャル」は、一般人の撮った古い東京の映像を特集。おもしろかったけど、「◆銀ブラ」の語源を「銀座でブラジルコーヒーを飲んだから」と説明したのはよくない。民間の語源説を、放送や一部の辞書が信じている模様。資料上は「銀座でぶらぶら歩き」が当然正しいのです。

――――(ここまで)――――

 このところ、「銀ブラは銀座をぶらぶらするという意味は間違い」というのがテレビ番組でブームのようになっていますが、そのときにブラジルコーヒーの根拠である資料も紹介されていたと思うぞ。

 この前、「月曜から夜ふかし」の再放送を見たら、ガッツポーズはガッツ石松というのは間違いでガッツボウルという雑誌があったというのをやっていましたが、この本放送の時期に、他の番組でもこの事実をやっていました。最初にガッツボウルの記述を見つけた人が「ビーバップ!ハイヒール」に出ていて、これを見た関係者が接触したのではないかと思います。これについては高校生クイズが過去に全国大会の重大な場面で出題ミスをやりました。

 7月下旬からずっと家にいないので見ていなかった「世界一受けたい授業」の録画を見たら、卓球台の色が緑から水色に変わったのは、タモリが卓球は暗いと言い続けたからだというのをやっていました。これについてはネットを見ると「こういう根拠のはっきりしない話が出回っている」というような記述がよく見られますが、番組では文芸春秋に当時の日本卓球連盟会長が書いた「タモリに言われるので変えた」という文章を紹介していました。これは確実な資料といえそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

穴埋めのために本の紹介

 「笑ってコラえて!」を文字放送をつけたまま見ていました。文字放送では例えばドラマで電話の音が鳴ると電話の絵文字が出ますが、スペシャルゲストクイズでボタンを押したとき、ちゃんと早押しボタンの絵が出るんですね。あんな絵文字があるとは知りませんでした。キノコボタンの形です。

 さて、今日から次の予選の話を書き始めると、非常に中途半端なことになりそうです。何かネタがないかと思って高校生クイズのフェイスブックを見たら、

 この本を紹介していました。この本はおもしろいですよ。世界で最も難しい数学の問題を取り上げているにもかかわらず、数式の展開を全然使っていなくて、読んでいてまったく引っかかりません。最後まで一気に読めます。文章力があればこんなことでも一般人にわかるように説明できるのかと思いました。

 あと、

 この灘中の奇跡の授業の人が亡くなりましたね。灘が勝つような高校生クイズがなくなるのと軌を一にするように。これも時代の節目でしょうか。これはそもそも灘でなければできなかったのではないかという声がありますが、それをいうなら灘の卒業生である和田秀樹の最初の著書、

 これをやれば誰でも東大に入れるようなことが書いてあるのですが、それこそもともと東大理3に入れるような人間だからこんな勉強法が成立するのであって、読んでもまったく役に立ちません。

 全国大会1回戦の番組で、多答問題で正解した数だけガラポンを回して100分の1の当たりが出れば勝ち抜けというクイズがありましたが、あれが高校生クイズの理想的なルールではないでしょうか。昨年、「紀元前に起きた戦い」という問題で、正解数だけガラポンを回すルールにすればおもしろかったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日)

昔の問題の話

 急にいろいろ質問が来たので、書くことが渋滞しています。それより先に書いておかないといけないこともあります。

 昨日、関東ローカルで「IQサプリ」の事前番組をやっていました。こういう番組には珍しく、本編のセットで伊東・今田が出て通常番組と同じクイズをやっていました。さすがに問題そのものは過去に出題されたものでしたが。しかし「合体漢字」のBGMが、明らかに放送当時はなかった曲に差し替えられていました。
 ところで、IQサプリを今レギュラーで復活させたら、サプリ文字はマジかるハテナのパクリと思われるでしょうし、合体漢字はミラクル9のパクリと思われるでしょうね。

 昨日の毎日新聞朝刊(東京本社)の山名宏和のコラム。「数々のクイズ番組で問題を作るクイズのスペシャリスト」である矢野君という放送作家に、「今までで一番スゴいと思った問題はなにか」と聞いたところ、「ニワトリもしゃっくりをする。YESかNOか」だといいます。
 これは矢野君が出場した高校生クイズの問題で、当時は辞書の持ち込みが黙認されていたため、広辞苑で横隔膜を調べると、「哺乳類の腹腔」と書いてあったので迷わずNOを選んだということです(ニワトリには横隔膜がないからしゃっくりはできない)。しかし正解はYES。
 「冷静になって読み返してみると、哺乳類にしかない、と書いてあったわけではない。早とちりだったのだ」。矢野君いわく「あとで当時のスタッフに話を聞いたら、あの問題は辞書に頼るチームの足をすくう問題だったそうです」。
 しかしこれって、広辞苑に横隔膜が「哺乳類の腹腔」と書いてあったら、哺乳類以外に横隔膜がないという意味にとらえるのは当然ではないか。むしろ広辞苑の語釈の問題であって、「舟を編む」の世界です。

 毎日新聞の山名宏和のコラムについて、今まで書く機会がなかった話があるのですが、そもそも芸能人クイズ番組で高額賞金を出すのはおかしいと主張していました。ちゃんとギャラはもらっていて、賞金とか関係なく喜んだりできるのが芸能人の仕事だろというのです。なお、テレビ業界の不況で金が出せない中、肉を賞品にすると芸能人は異常に盛り上がるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

重大な変更

 当ブログで、ヤフーに取り上げられて1日3万回読まれた記事に次のようなことを書いていました。

――――(ここから)――――

 先日、朝日放送で3カ月ぐらい前の「濱キス」が放送されていました。漢字の読みに30問連続正解するまで帰れないのですが、最後の方の問題以外は簡単で、あれをキスマイが手分けして覚えた上でそれでも答えられないというのはいかがなものか。この企画当日までこれらの熟語を全員が知らなかったということが驚きで、企画が成立していること自体「ジャニーズは馬鹿です」と言ってるようなものです(番組のために知らないふりをしているのでなければ)。

――――(ここまで)――――

 昨夜、朝日放送でまたいつのかわからない「キス濱ラーニング」が放送されていたのですが、県庁所在地を10問連続正解できるまでせんべいを食べ続けないといけないという企画で、間違いだらけだし正解でも迷いまくります。小学校で習うことで、しかも都市名が書かれたせんべいの中から答えを選ぶだけなのに。この企画が成立するようなできの悪さって、もはやヤラセにしか見えません。

 さて、講談社の雑誌「IN★POCKET」に「双月高校、クイズ日和」の作者と福留功男の対談が載っているというので探しましたが全然見つかりません。なんかものすごく重大なことが載っているらしいのですが。どのくらい発行されているのでしょうか。私が高校生のころには「インポじゃなくてIN★POCKET」とかいうラジオCMをやっていましたが、今は講談社のラジオCM自体があるでしょうか。

 発売日から10日たって手に入れました。ちなみに売っている店では講談社文庫の棚に置いてあるはずです。
 だいたい、文庫のあとがきと解説で読んだ話ですが、後半で福留が、ウルトラクイズではいかにクイズ研を勝たせないようにするかが番組制作の課題だったと言います。そしてここ5年の高校生クイズを批判した上で、高校生クイズのプロデューサーから、今年から元に戻すという連絡を受けたので期待してくれと明言しているのです。これ、完全に確定じゃないか。これを読んでいながら「又聞きで全然あてにならない情報だ」みたいなツイートをしている人がいましたが、どうかしてるんじゃないか。28回のときに従来のクイズファンからたたかれたように、今の高クイになってから知ったマニアは元に戻るのをいやがるということか。
 高クイでバリバリのクイズ研を排除するには、地区大会の敗者復活をあんな形式・問題にしないということとペーパークイズをやらないというだけですぐに実現します。難問早押しばかりやる人は○×を勉強する気はないようですし。
 それにしても、あれだけ東大東大とあおって、重箱の隅をつつくような学問用語を知っている人が日本を救うなどと持ち上げておきながら、視聴率が急降下したらそんな価値観はどこへやら。大人を信じたら大変です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

第7回エコ甲北海道大会(その4)

 TBSラジオの「たまむすび」。金曜日はカラオケのコーナーがあります。一般人が中継でカラオケを歌って、点数に応じて一定秒数、番組で自分の宣伝ができるのです。今日、とくひさのりひさという人が出てきました。どこかで聞いたような名前だがと思っていたのですが、この人が宣伝したことは「ゲンロンの日本2.0が今日から2000円に大幅値下げ。僕もクイズ番組の歴史についての文章を書いています」。おいおい、あの論文1本のために大金を払った我々の立場は。

↑アマゾンでも2000円に

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。北海道大会の早押しのB組の4問目は旭川東のクイズ研が正解。5問目も正解して勝ち抜けます。6問目は旭川東の残った男子が正解しますが、7問目は正解が「担保」で、このチームが「自己破産」。8問目は簡単な時事問題ですがスルーです。

 C組は札幌国際情報と札幌東2チームと千歳です。札幌国際情報のチーム名はカルダノの公式。司会者は明らかに知らないようで、「かるだの公式」と言っています。応募したときにカルダノの公式にはまっていたそうです。札幌東の1チーム目はメンバーに森という人がいるので「森のくまさん」で、2チーム目はそれに合わせて「くまのプーさん」になっています。一転して「千歳Aチーム」は「つまらない名前で申し訳ありません」。ここはクイズ研です。
 1問目、北海道銀行の定期預金の問題で、森のくまさんが正解します。2問目、JRの学割は何割引という問題ですが、この地区でも秋田に続いて、くまのプーさんが「青春18きっぷ」と答えます。今、学割で切符を買う高校生はいないのか?
 3問目は札幌国際情報が正解。4問目は非常に簡単な問題ですが、札幌国際情報が早く押して不正解です。秋田でも、早く押しすぎて答えられていませんでした。同じ問題にはどこの地区でも同じ誤答が出るのです。この後、簡単すぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

クイズから考える(その6)

 私は見ていませんが、先週の「ニュースキャスター」で、オールスター感謝祭のビートたけし問題の傾向と対策についてやっていたそうですね。私は昨年秋の「『かくさん』はどれ?」というのは選択肢が出る前に助さん3人と賀来千香子だろうと予想していました。たけし問題は基本的にはクイズのルールに則っているわけで(全部が失礼な選択肢で全部不正解というのがあったが)、いわばベタ問データベースを覚えて正解するクイズ番組へのアンチテーゼかもしれません。

 それではトークセッションです。次はホールドオンの話をしようとして「時間大丈夫ですか」「だめかもしれませんね」。この時点で20時48分です。

 ここから質問コーナーになります。筆者のクイズに対する夢はというので、草クイズに出ているすごい人をニコニコ生放送などで見せたいそうです。クイズ作家も、そういうのを踏まえた番組の企画を出しているらしい。クイズ作家は、クイズができるのもかつらむきができるのも同価値で、クイズも百人一首もゲームにすぎないと言います。
 IBMのワトソンについてどう思うかという質問が出ます。筆者は論文に書いていました。クイズ作家は、チャンピオンがコンピューターに敬意を表していたのが素敵と言います。筆者は、日本以外の言語がバラバラの地域ではクイズはどうかとか、文化を分析するためのものとしてワトソンを見たそうです。ブレインワールドカップでも、フランス語とドイツ語は問題文が長くなって、両国だけ問題文が終わらないうちに音楽が流れてしまったミスがあったそうです。あと、ルール説明で何か質問はあるかと言うと、正解した後に4人でポーズをやっていいのかと聞くチームがあって、文化の違いを感じたそうです。

 21時を回って終了しました。このイベントが、あの日本についての学術論文集の販売に貢献するのでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

クイズから考える(その5)

 100万円クイズハンターの事前番組を関東ローカルでやっていましたが、単なる柳生博の田舎暮らしのドキュメンタリーかと思ったら、途中から予想外に当時のクイズハンターについての番組になりました。1500回記念大会の映像を見て、ハンターチャンスで柳生が、この賞品の取り方は間違っていると指摘します。最も高い賞品は最終問題を正解した人に持っていかれるのですから、序盤は取っても取られないような賞品を狙うべきです。旅行券も避けるのが賢明です。それにしても、こんな柳生博番組をつくるくらいなら、本編の司会が柳生のままでよかったように思うのですが。

 それではトークセッションです。南北戦争と西南戦争の問題以来、クイズ作家が高校生クイズに提出してきたのは「七味とうがらしと一味とうがらし、混ぜると何味とうがらし?」「漢字の『かんむり』、何かんむり?」「三択問題です。この『三択』って何の略?」「トランプを混ぜることをシャッフルといいますが、『トランプ』をシャッフルしてできる哲学者の名前は?」。高校生クイズを始めて3年後からスタッフロールに名前が載るようになり、その2年後には、日高の高をはしご高にしろなどと言う余裕もできたそうです。

 数年前にゲームセンターでクイズ番組を体感できるアトラクションのデモを見たそうですが、まったく普及しませんでした。参加するのが恥ずかしいからです。現在のクイズマジックアカデミーなどはそれをクリアしています。究極の夢は、祭りの屋台でクイズをやるようになることだそうです。
 今の高校生クイズでたまたま全国大会に出てしまって1回戦で1問しかできなかったチームも、クイズ研を作ってリベンジするなどと言うそうです。クイズそのものは国民に浸透しつつあるが、今の高校生クイズは勉強に寄せ過ぎかなと思ってはいるらしい。しかし偏差値や東大進学率ナンバーワンのフレーズが視聴率に結びついているのでやめられないとのことです。それが視聴率につながらなかったのを受けた来年はどうするかわかりませんが。

 筆者が初めて自分の学問の話をし始めます。深く知ると楽しめるが外からはわからないものについての研究がテーマだそうです。00年代批評などもしています。ブレインワールドカップについての論文も書きたいとのことですが、ここでブレインワールドカップの視聴率が5%だった話になります。「でもこの会場では半分も見てるじゃないですか」。
 この番組でオックスフォード大学の変な人(準決勝ではさみを持っているだけで議論に参加していなかった人)の話題になりますが、無理にヒーローを生み出そうとしてはいけなくて、ヒーローは自然に出てくるものだといいます。この話を、30回高校生クイズで番組側にヒーローにされてしまった人が聞いている前でするか。この後、文化の違い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧