2017年2月 4日 (土)

今日も単発の話

 週刊文春に、「クイズやさしいね」が3月で終わるという記事が出ています。「クイズ☆スター名鑑」が復活するというのも週刊文春で知りましたし、テレビ改編においても文春砲は強力です。

 今月のヤングエースのカラー面でナナマルサンバツの絵が載っていますが、「〇」の札が青で「×」の札が赤です。もともとこの漫画のロゴは、〇が赤で×が青だったのに、作者が高校生クイズに感化されてきたか。

 たまむすびにおいて、QUIZJAPANは「近日発売」という言い方でごまかされていました。吉田豪は、クイズ雑誌なので野球のことは一切聞かなかったと言っていました。クイズ雑誌なのにクイズの話をせずにずっとスカトロだった回もあったと記憶していますが。CBCラジオと思われる番組で自分で野球クイズを作っていたことや、「Theビッグ」や「ノンストップゲーム」の話をしているようです。板東は、素人にサイコロを振らせるだけで金が入るなんてこんな楽な仕事はないと思っていたそうです。私が初めて知ったのは、Theビッグのビンゴカードが偽造されて、それでビンゴが成立して自動車が当たったというのが大量にあったそうです。
 この内容はTBSラジオクラウドで聞けますが、このほど、スマートフォンのアプリで音声を保存できるようになったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

読んで思い出す

 「QUIZJAPAN」の3号を3分の2ぐらい読みました。2号は大量の間違いがありましたが、今回は今のところ、てにおはと文字の削除ミスの3カ所しか発見していません。前号がいかにあわてて出していたかがわかります。

 さて、クイズの漫画で思い出したのが、「ぎゅわんぶらあ自己中心派」(第1作)の最終回近くにやった「中国横断ウルトラクイズ」です。

 「何を切る?」で並んだ牌に飛び込むドロンコクイズ(正確にはパネルの向こうは崖)などがあります。○×クイズも、日本で最も多いマージャン店の名前など、まともな問題です。不思議なのは、どうしてタイトルを「中国横断ウラドラクイズ」にしなかったのかということです。そういえば「おじゃまんが山田くん」のアニメの最終回近くでも「東江戸川ウルトラクイズ」というのをやっていて(暴力団事務所を通り抜けられればクリアとか)、終わる前になると苦しまぎれにウルトラクイズのパロディーをやるということがわかります。

 「史上最大の敗者復活戦」が一説によると視聴率11%と書いてありますが、これはおそらく私がウィキペディアに書いたことがもとになっています。私が当時読んでいたから毎日新聞のはずですが、年明けに学芸面で、紅白の裏番組についての記事があって、日本テレビはウルトラクイズは11%で健闘したが22時からの討論番組は2%と惨敗したと書いてありました。だから、1983年1月の毎日新聞を調べれば確認ができるはずです。

 あと、全編掲載されている漫画の敵チームが黒木・矢部なのは、国鉄矢部線からとったのか聞いてほしかった。次の号では「ウルトラクイズ殺人事件」あたりを全編載せようとしているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

クイズから考える(その4)

 「妹のジンテーゼ」の最新の回。クイズ問題には一定のパターンや形式があって、それを推理することで早くわかるという話で、そんなことをどこで知ったかというのに対して主人公が「それはもちろん、クールジャパンを代表する文化であるところのマンガでする。他社ですが『ナナマルサンバツ』というマンガを読んで勉強したでする」。

 それではトークセッションです。オープン大会は2000年代になると、テレビという歯止めがなくなって難問化の一途をたどります。決勝は10ポイント先取で、80問使い切ったら2ポイントの人が優勝といった状況だったそうです。「史上最強」のカプセルクイズの問題を大橋巨泉が作ったときのような感じですね。クイズをやる人の中でも難問に突き進む人とそうでない人に分化していきます。

 このころクイズ作家は、アメリカ横断ウルトラクイズライブというのをパルテノン多摩でやりました。うわさには聞いたことがあります。ウルトラクイズを非常に忠実に再現していて、パルテノン多摩の舞台でドロンコクイズをやったそうです。その他のオープン大会の話もしたところで、筆者が「すっかりクイズ史講義を受けてしまったんですが」。
 そしてクイズ作家は1日をどう過ごすのかと聞きます。現在クイズ作家は10人前後と思われ、すぐ使えるクイズ問題は10万問ぐらい頭に入っているが、時事問題についてはコンビニの本棚に立って片っ端から単語をメモるとか、1人でしりとりを500ぐらいやると、自分でも意図しない言葉が出てきて、それを結びつけるとかだそうです。

 18回から高校生クイズの問題制作をしているが、最初は勉強みたいな問題ばかり作ってまったく採用されなかったそうです。今ならそういう問題が採用されそうですが。ある日、地下鉄東西線に乗っていて、「南北戦争と西南戦争、出てこなかった方角は」という問題を考えたのが転機ということですが、この話、どこかで聞いたことがあるぞ。ミクシィ日記だっけ。その後どういう問題を出すようになったかは次回。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

クイズ企画いろいろ

 9月3日に朝刊を読んだら、宝くじの敗者復活番号が載っています。これで気づきました。毎年9月2日に日本テレビ系で放送される宝くじの日特別番組がありませんでした。調べたら、去年すでになくなっていたのか。始まったのは1983年です。日本テレビは、同じ1983年に始まった、固定スポンサーがつく毎年やっている番組を大切にすべきです。ここ数年、スポンサーの意向を無視した内容になっていましたが。

 先日これを書きました。

――――(ここから)――――

 ナナマルサンバツの4巻は4日に出るということでしたが、すでに店頭に並んでいますね。巻末に例会のペーパークイズが載っています。自分で解いてみたら、ストーリー上は5~6位ぐらいになる点数でした。実際にやったらどうなんでしょうね。

――――(ここまで)――――

 作者に対して自分の点数を報告するツイートが結構ありますが、意外とできないんですね。みんな20点台ぐらいです。私は御来屋に勝ったことを自慢していいんだな。

 月曜日の朝日放送の「ごきげん!ブランニュ」で、元ボクサー4人がアタック25をやっていました。以前にも番組でアタック25をやったことがありますが、今や司会も出題者も社員なのでやり放題です。しかし、正解が出るまで何回でもボタンを押してよかったり、各人1回だけ取ったパネルを変更できたりと、真剣勝負の感じはしませんでした。十二支を答えろという問題で、字幕の「未」だけ「羊」になってたし。

 昨日の「リンカーン」ではクイズダービーをやっていましたね。あれだけの大物お笑い芸人がそろっていて、みんな真面目にクイズに答えていました。笑いを取ることが目的の番組であっても、「クイズ」に関してはちゃんとやらないと視聴者が納得しないということですね。教科書クイズ番組でも、出演者はスタッフから「ボケるな」ときつく言われるそうですからね。

 今夜の「タカトシの時間ですよ!」はクイズ番組の歴史についてやるようです。どうもかなり本格的な内容のようで、見ておいた方がいいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

今後はどうなる

 ナナマルサンバツの4巻は4日に出るということでしたが、すでに店頭に並んでいますね。巻末に例会のペーパークイズが載っています。自分で解いてみたら、ストーリー上は5~6位ぐらいになる点数でした。実際にやったらどうなんでしょうね。あと、先月の連載分まで単行本に収録されています。このため、今月出る号を読まないと、「ミ」だけで押した意味が半年はわからなくなります。

 土曜日の朝に日本テレビ系で、南海放送制作の俳句甲子園の番組が放送されていました。ナレーターが立木文彦で、絶対王者の開成が史上初の3連覇なるかというので、東大、東大であおりまくったVTRをつくっています。時刻を12時間間違えたかと思いました。結局開成は決勝で負けたのですが、得点表示の字幕などもどこかの1対1早押しにそっくりです。

 高校生クイズの応募のときにメールアドレスを登録した参加者にはアンケートが届いています。おもしろいのは、高校生クイズの地区大会が何と重なると参加できないかという項目(部活とか模試とか高校野球の応援など)と、予選開催日時が、11時からと15時からとどちらが参加しやすいかというものです。来年は非河合塾大会は15時からになるのか? そもそも現在の開始時刻がこんなに遅くなったのは、総合演出のインタビューによると、午前中に部活などをやってからでも参加できるようにするためだそうです。そこまでやらないと出てくれない状況です。
 実際は、各地区で勝ち残る特定の何チームかは最初からわかっているのですから、出ても無駄という認識が広がる限り、参加者数の問題は解決しません。さすがに参加者も5月の事前番組にはだまされません。もう今年あたりになると、最初からクイズが目的でない人と全国大会の対策をしている人とそれぞれが来てくださいと開き直っているようにも見えます。
 私は今年の番組を見て、さすがにそろそろ視聴者が飽きて視聴率は落ちるだろうと考えています。ただ裏番組が過去に例を見ないほど強くなさそうなので何ともいえません。昔はフジテレビが都はるみ引退特番とか「オレゴンから愛」スペシャルとか30%近くとれそうな番組をぶつけ続けたのが懐かしい。視聴率が取れているから今の路線が続いているのであって、数字が急降下しても同じ全国大会をやる信念はあるでしょうか。全国を狙う高校生は、ルールも問題内容も全部同じと考えて対策しているようですが、来年は裏切られるかもしれません。だから参加者も視聴率を気にしておかなければいけないということですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

年末の特番

 「ナナマルサンバツ」、今号は昨日発売されていますが、まだ秋葉原でのアーケードゲームが続いています。また新キャラクターが登場するのですが、この人はこの先、ストーリーにからんでくるのでしょうか。なんかこの人がいることがそのまま忘れられるような気がするのですが。今回は久しぶりにページ数が多くて、なかなか読み終わりませんでした。

 年末は昼間や深夜に単発の特番が多くて、どうしてもクイズ系で埋めようとするので、見る方も大変です。おとといは裏番組どうしで「値段当てバトル BUKKA」と「ネームズ・ディーン」は、どちらも企画はよかったものの、ものすごく企業の宣伝と結びついていましたね。番組自体をコマーシャルにすると割り切ったような作りでした。
 昨日は「気ニナル刑事」が、取り上げるものは「ハテナの出口」と同じようなものながら、無理に刑事ドラマと結びつけるというものでした。刑事ドラマの中で事件を起こしておいて、それを解決しないでクイズをやるという、よくわからない演出です。その後の時間帯にやっていた「クイズ!新明解国語辞典」は、クイズ内容があまりに普通で(新明解国語辞典を使ってクイズをやるなら誰でも考えつくだろうというようなルール)、期待はずれでした。でも出場者が東大東大とあおる演出はちゃんとあります。
 今日やっていた「最新常識!当てれば即現金! 街角めくりクイズ」は、今の時代、テレビ東京でしかできないような内容でした。生放送で街中の一般人に次々とクイズをさせていってできれば現金というのは、逆に今見ると新鮮です。しかし問題運がかなりありました。「帰れま10」をパクったとしか思えない問題形式は絶対に正解できないでしょう。

 今夜もまた雑学系番組が裏で重なっていますね。さらにフジテレビのクイズと同じ時間帯に関西テレビではまた別のクイズ番組をやっていて、その後にもテレビ東京の「確率な~のだ」をパクったかと思われる番組があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

31回愛媛大会(その2)

 「ナナマルサンバツ」のかけ替えカバーがもらえるフェア、どこでやっているのかわかりません。大きすぎる書店でも小さすぎる書店でも難しい。そしてついに、京都駅の南のアバンティの中のブックセンターで発見しました。カバーのデザインは、作者によるとAnswer×Answerのキャラクターを意識したらしいですね。ところで、ここで買った2巻は、すでに2刷になっていました。そんなに好調なのか。では長く続くかな。今のところ、いつまで続くかわからないのでネタを小出しにしているように見えます。

 それでは愛媛大会です。三択の敗者は3チーム。ここで敗者復活の要求です。バッドボーイズが60秒で馬跳びを30回やれば全チーム復活です。わざと遅くやったり転んだりします。途中でマイクの無線機が落ちますが、止めるわけにはいかないので、無線機をぶら下げたまま馬跳びを続けます。

 ペーパークイズの1問目は、バッドボーイズの著書のタイトルになっている動物はという問題で、選択肢は絵になっています。すべて本人の手描きです。しかし普通はわざわざそんな生物の絵を描かないということで、正解が判断できます。こういう問題にも解き方があるということです。
 続いてバッドボーイズのライブは、内田裕也の逮捕ネタがあります。よくできたな。「木の実ナナがかわいいというのは病気」というのはあまりウケませんでした。

 抽選会があって、ペーパークイズの結果発表です。まず愛光のトップのチームを呼びます。先頭は、ガチャピンとリラックマとリスの着ぐるみの女子ですが、やはりブー。次の女子もブー。ところが先ほど3チームだけいた敗者復活のチームがピンポン。なんで三択101問で上位5チームに入れるチームが三択3問で下位3チームになる。
 この後、インタビューでおもしろいボケ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

31回岩手大会(その5)

 月刊少年マガジンの高校生クイズ漫画、アマゾンでのレビューがすべて最低評価です。その中で最も納得のいく部分はここでしょう。

----(ここから)----

 さらには、物語全編において最も強調されているのは、クイズそのものの奥深さや、勝負のカケヒキ、高校生クイズという大会の魅力というよりも、まずヒロインの胸の大きさである。とにかくページをめくれば胸。表紙も胸。主人公がクイズに挑戦する動機も、日本一になりたい!クイズ面白い!ではなく、全国大会に行けば巨乳のヒロインとお泊まりできるから。馬鹿にしているのか。

----(ここまで)----

 それでは岩手大会です。盛岡第一の最多枠は1年生。盛岡第四は三択で負けて敗者復活したチームだそうです。金ケ崎の2チームはリーダーの名字も同じですが、一方は先ほどの抽選会でサイン入りTシャツが当たったチームです。もう一方は同級生です。そして盛岡第一にも敗者復活チームがいます。このチームは水球部の練習をしてから予選に来たそうです。地区大会が午後1時開始で学校が会場の隣だと、そんなことも可能なのです。
 あべこうじが「チームにゴトウさんがいたらその時点で負けですか」と言います。機材を運ぶトラックの「バックします」という音のために収録を始められません。

 1問目の正解は「雪だるま式」ですが、金ケ崎のTシャツでない方が「かまくら式」と答えます。敗者復活がこんなに残るだけあってレベルが低いか。2問目は盛岡第四が正解。3問目はやや難しい問題を、先ほど間違えたチームが正解します。これができてなぜ1問目ができない。
 2問連続スルーです。その後、最多枠が正解。7問目、日本が国際連合に加盟した年で、水球部の玉槻チームが「1945年」と答えます。あべが「玉槻お手つきですわ」。
 8問目はTシャツチームが不正解。9問目は最多枠が不正解。やはり全体のレベルが低い? 10問目は最多枠が正解しますが11問目は第四が不正解。終わるのか?
 この後、深読みしすぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

問題で演出

 駅のポスターで見たところ、今度の土曜日に武蔵野大学の学園祭で福澤朗講演会があるようです。「今、こんなリーダーが必要だ~成長するためのチャレンジ精神と心をのせたコミュニケーション~」このテーマではクイズの話は出ないかな。

 前回の京急の話の続きで思い出しましたが、飛行機のマニアは、JALグローバルクラブとかANAスーパーフライヤーズクラブの資格を得るために用もなく飛行機に乗りまくる「修行」というのをやります。しかし以前、JALやANAの客室乗務員らと話したとき、修行の概念をまったく知りませんでした。職場とするのとマニアとして接するのでは、そもそも物の見え方が違うということです。最近のアニメなどでは、スタッフが想像しないようなことをマニアが勝手に見出してくれるように、わざとわかりにくい作りにしたりしますけどね。
 で、この人たちすごいと視聴者に思わせるためには、どんな問題を用意するかが重要です。「TVチャンピオン」はそれが非常によくできていたと思います。「文房具通選手権」で、上から消しゴムのカスが降ってきて、何という製品か当てるというのがありました。カスにある特徴がある消しゴムというのをスタッフが見つけてきて出題することで、視聴者には「カスで消しゴムがわかるのか!」という驚きを与えられます。その点でいうと、京浜急行でレールが3本ある区間がどこかなどというのは京急関係者には常識だろうから、答えても「すごい」とは感じませんでした。
 最近の「タイムショック」を見て思うのは、問題による難易度の差が激しいということです。出演者がパーフェクトを達成しても、そういうときは私もパーフェクトができます。パーフェクトを達成できるような簡単な問題のセットにたまたま当たったということで、「出演者がパーフェクトをとってすごい」と感じられません。昨日のプレッシャーSTUDYは明らかに難易度設定を間違えていて、難しすぎて盛り上がりません。途中、ここを正解すれば史上初のコールド勝ちで番組の尺が余りまくるという場面で宇治原が間違えていましたが、「眼光紙背に徹す」を知らんか? その前の方が全然聞いたことのない言葉が出てきて、10番で突然簡単になったと思っていたのですが、まさか番組のことを考えてわざと間違えたということは…。

 月刊少年マガジンの高校生クイズ連載の単行本が出ました。

 作者が書いているところでは、高校生クイズの漫画を描くという話が来たのが1年半前。それからネームに1年かかったって、本来は第30回のときにやるはずの企画だったのか! そして作者は30回の関東大会と31回の全国大会決勝に来ていたそうです。「ナナマルサンバツ」の作者もエコ甲の観戦排除のりそな銀行予選に入れるし、私もクイズを題材とする漫画を描けば入れない収録会場に行けるのか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

31回山形大会(その5)

 本日、当ブログのアクセス数が激増しました。高校生クイズの本放送直後並みになっているのです。調べても理由がまったくわかりません。夜になってようやく判明しました。
 声優の戸松遥についての情報のブログというのが、明らかにストーカーをやっていて隠し撮りの映像を載せているというニュースがあって、それについての2ちゃんねるのまとめスレッドに、

----(ここから)----

209:名無しさん@涙目です。(茨城県) [sage]:2011/10/07(金) 03:12:01.16 ID:F1OIZB9u0
高校生クイズストーカーブログに続いて恐怖を感じるストーカーブログだわ

----(ここまで)----

 これで大量のアクセスがかかったらしいのです。明らかに関係ない高校生クイズのストーカーのブログにアクセスする人だけでこんなにいるのですから、ネットの世界では戸松遥情報にいかに影響力があるかということです。さっきNHKで「MAGネット」をやってましたけど、ほとんどネット=アニメという扱いですからね。

 それでは山形大会です。決勝を前に藤田アナが「山形新幹線開業から20年で、どのチームが全国大会へのつばさを手にし…」。
 1問目「東北四大祭りといえば」で、3つ聞いてから酒田東が花笠を正解します。これは本来なら1つも聞かなくても押すことが可能で、これで大体の県のレベルがわかります。2問目の正解は中川翔子で、鶴岡南が正解。こんな普通の芸能問題が出ることでも県のレベルがわかります。
 3問目も鶴岡南が連取。さらに4問目も取ります。いずれも問題は簡単です。5問目も鶴岡南が正解して、もう王手です。
 6問目は山形南の最多枠が正解しますが、7問目「月山、羽黒山」で鶴岡南が押して、藤田アナが「ゆど」まで読んでしまって、出羽三山を正解してビクトリーです。
 私が見た中では初めて、女子のいるチームが全国大会に進出しました。今年は通常の予選で女子チームが1つも全国大会に出ず、女子1人の混成チームが4つあっただけです。山形南の最多枠でない方は、来る前にボウリングをしてきてボタンを押す握力がなくなったと言っています。
 藤田アナが問題を読み直して、17時に終了です。

 ところで、この後、ラーメン店に入ったところ、山形放送のラジオが流れていました。ニュースをやっていて、高校生クイズに41チームが参加したと言っています。高校生クイズがあったことをニュースでやるのもどうかと思いますが(地方局ではよくある)、この虚偽のチーム数は何だ。おそらく応募者数か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)