« 学術書の言論のオンライン(その117) | トップページ | 今年もファン祭り(その17) »

2022年5月22日 (日)

16回エコ甲全国大会(その34)

 佐藤栞里について書いていて思い出したのですが、佐藤が「笑ってコラえて!」の司会になるのが発表された回って、高校生クイズの総合演出に密着取材していたときではありませんでしたっけ。もう故人になりましたが。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。4問目は栄東だけ正解です。一方のチームだけ正解の場合は、相手の株を1つ、自分のものにすることができます。名大附属のIKAの株を奪って、支配権が移ります。

 5問目はオークションについて。両チーム正解です。ともにニワトリを指定して、プロキシファイトになります。地方銀行協会の銀行数で、名大附属の方が近い。

 最終の6問目。ビジネスと社会課題の解決についてで、両チーム正解。この時点で、両チームが犬塚家具の浮動株を取り合うしかないので、ニワトリとIKAを支配している栄東の勝ちが確定です。それでも両チームに犬塚家具と書かせます。しかし意味のない近似値問題を消費するのはもったいないと思ったのか、ここで急に終了になりました。この後、信用。

|

« 学術書の言論のオンライン(その117) | トップページ | 今年もファン祭り(その17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学術書の言論のオンライン(その117) | トップページ | 今年もファン祭り(その17) »