« 今年もファン祭り(その6) | トップページ | 16回エコ甲全国大会(その24) »

2022年4月20日 (水)

学術書の言論のオンライン(その107)

 昨日「にっぽん縦断こころ旅」で火野正平が、川の土手に桜が植えられている理由の話をして「チコちゃんに聞いた」。チコちゃんでこの問題が出たのはかなり最近で、ロケはそのくらいのタイミングでやっているのかというのがわかりました。

 それでは出版イベントです。ゲンロンの人が、東大王の食べているつまみでイカ臭いと言います。研究者の人はタイムレースが嫌だったそうです。ゲンロンの人と東大王は、文頭確定が嫌といえば嫌と言います。クイズはその題材に合わせて構文を選ぶところがあるという話から、ゲンロンの人が「ナナマルサンバツってあるのを知ってます?」。

 前年のこのイベントのときは、ナナマルサンバツが完結していませんでした。ゲンロンの人が「クイズ思考の解体を買うより絶対ナナマルサンバツ読んだ方がいいよ」。東大王も「実力はナナサン読んだ方がアップする」。初心者から中級者にはナナサンがいいといいます。「主人公ができない形式をいっぱいやらされる」。この後、泣く。

|

« 今年もファン祭り(その6) | トップページ | 16回エコ甲全国大会(その24) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年もファン祭り(その6) | トップページ | 16回エコ甲全国大会(その24) »