« 16回エコ甲地区大会(その10) | トップページ | 16回エコ甲地区大会(その11) »

2022年1月 8日 (土)

学術書の言論のオンライン(その45)

 ぱいぱいでか美が改名しましたが、これに合わせて、1年前に渋谷ロフト9で行われた、吉田豪の司会ででか美ちゃんが玉袋筋太郎に芸名について相談するイベントが再び配信されました。それを見たら、「総合診療医ドクターG」の初代プロデューサーが、NHK総合テレビで玉袋筋太郎という名前が使えるように規定を変えさせたということを知りました。でもドクターGでは最後まで玉ちゃんでしたが。そしてでか美ちゃんは、本名が地味なので、早押しクイズで本名を振りにしてぱいぱいでか美を答える問題が出るということを認識していました。

 それでは出版イベントです。東大王で、東大生が活躍しやすいのは、フォーマットが読み上げ早押しクイズに構造が似ているからだといいます。

 次にこの章についているコラムについて。クイズに統一王者がいない理由というのです。クイズの強さは比較できるのか、ランキングをつけることはクイズの本質に即しているのかという内容です。なぜこのコラムを書いたのかというと、ツイッターでディスられるたびにムカつくからだそうです。よく、クイズ王とされる人がバラエティ番組に出て、出演者が出す問題に答えられなくて、なんだ、できないじゃないかというのがありますが、これはクイズ王が勝ってきたクイズのフォーマットと違うことをやらされてるので、知っているわけがありません。というような話だと理解しました。この後、ボクシング。

|

« 16回エコ甲地区大会(その10) | トップページ | 16回エコ甲地区大会(その11) »

コメント

 クイズ王なら、どんな形式のクイズでも、優秀な成績を収められると思ってるんでしょうね。巷の視聴者は。

「いろんな形式で勝っててこそ、真のクイズ王」能勢一幸(第15代ウルトラクイズチャンピオン)

 しかしそんな人間、ほとんどいないのよねぇ……。

投稿: にっしー | 2022年1月 8日 (土) 23時14分

そもそもその能勢さんの言葉、あの理不尽な形式に対して自分で自分を説得させるために出た言葉のようにも取れます。なのに、いつのまにかゲームマスターやオーディエンスが、プレイヤーから出るクレームを封じるために使われてしまっているような気がします。
能勢本1巻にあの時の心境が記述されてた気がするのですが…忘れちゃいました。

投稿: むみ | 2022年1月 8日 (土) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 16回エコ甲地区大会(その10) | トップページ | 16回エコ甲地区大会(その11) »