« 学術書出版イベント(その13) | トップページ | 学術書出版イベント(その15) »

2021年11月 3日 (水)

学術書出版イベント(その14)

 今日はNHKで「未来王2030」の第2弾をやっていましたね。決勝だけアバターでなくスタジオに呼んでの「本格早押しクイズ」になっていたのが今年の高クイみたいでした。そして東大王は出なくなったんですね。そういえば夜には「世界は教科書でできている」があって、これも最初は東大王が出ていたのに、裏かぶりか何かで出なくなりました。こういうのって大物タレントみたい。

 それではその人の出る出版イベントです。書くうえでの基準はクイズのためのクイズということで、クイズのためにならなさそうなことやミスリーディングなことは排除したそうです。それで、本に書いたサインは「Q is for Quiz」です。QはQuizのQという意味です。ドはドーナツのドと同じです。

 これで講演が終わって、質問に答えます。本の装丁についての質問。表紙のマークはQとAを使ったもので、前の「勉強大全」と同じ人がデザインしています。めくるといきなり真っ赤なページが中の表紙になっています。この後、最強大脳。

|

« 学術書出版イベント(その13) | トップページ | 学術書出版イベント(その15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学術書出版イベント(その13) | トップページ | 学術書出版イベント(その15) »