« 学術書の言論のオンライン(その2) | トップページ | 学術書の言論のオンライン(その4) »

2021年11月16日 (火)

学術書の言論のオンライン(その3)

 「幼稚園」の付録のウルトラハットは赤ですが、私はウルトラハットといえば青のイメージがあります。というのは、私が最初にウルトラクイズを見たのは白黒テレビで(自分の部屋のテレビは、親が昔使っていた白黒テレビだった)、ハットは全部青だと思っていたのです。ちなみに白黒テレビでアタック25もよく見ていましたが、どのパネルが何色なのか本当にわかりません。

 それでは配信イベントです。参考文献のファイルの一部を見せます。執筆のための調査などで非常に金がかかっているそうです。それで、最初から4250冊サインして出すぐらいしないとビジネスとして成り立たないそうです。どうせ値段をこれ以上下げることが不可能なら、装丁は上等にしようということになったということです。

 ここで唐突に東大王が「乾杯しませんか」と言います。そして、クイズを上達したいなら、オープン大会の問題集を読んだ方が早いと言います。実際に大会でボタンを押すときは、この本に書いてあるようなことを考えているわけではない。無意識に習熟していることを言語化しているわけです。したがってこれを読んでクイズの学習が早くなるわけではありません。この後、ジダン。

|

« 学術書の言論のオンライン(その2) | トップページ | 学術書の言論のオンライン(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学術書の言論のオンライン(その2) | トップページ | 学術書の言論のオンライン(その4) »