« 学術書出版イベント(その17) | トップページ | 学術書出版イベント(その19) »

2021年11月 7日 (日)

学術書出版イベント(その18)

 東京の神保町の近くで楽器店の前を通ったら、こんなキャンペーンをやっていました。

Druconnequiz

 これって完全に高校生クイズのパクリではないか(左下の英語の部分にも注意)。

 それでは出版イベントです。最後の質問。正解するのと知っているのは違うということについて、知識はアウトプットする前提でインプットしているのか。そしてシナプスをどう育てているのかというものです。単純に結果が欲しくてインプットしているだけで、意識しているのは知っていることを正解するのと知らなくても正解する粘り・推測だということです。
 クイズというのはなるべく正解してほしいので、知っているけど正解できないということにならないように、また知らなくても正解できるようなフォーマットにしているが、現実に能力で選別するような場面ではそれはできない。この後、経路。

|

« 学術書出版イベント(その17) | トップページ | 学術書出版イベント(その19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学術書出版イベント(その17) | トップページ | 学術書出版イベント(その19) »