« 学術書出版イベント(その15) | トップページ | 学術書出版イベント(その17) »

2021年11月 5日 (金)

学術書出版イベント(その16)

 今回の衆院選だったら、小倉淳が維新から出たら当選できていたかも。あの、国政選挙史上おそらく唯一の「アメリカ横断ウルトラクイズ」という選挙ポスターで(下の赤い部分に書いてある)。

Ogurajun

 それでは出版イベントです。緊張と集中のバランスをうまくとるコツという質問です。緊張と集中はトレードオフではなく、散漫になるタイプの緊張に対して、あせっているのはいい緊張状態。必要な緊張をするのが重要ということです。ちなみに当人は、勝てそうと思ったときは勝てて、勝てなさそうと思ったときは勝てないそうです。いい緊張のためには準備と練習量。

 次は、この忙しいのにサッカーを見ながらツイートしたり本を書くための体力、精神力をいかに捻出しているかという質問です。自分はもともと体が強いが、執筆のとき2~3時間睡眠で平気だったのは、これだけ時間をかけても表現したいものがあるというモチベーションだそうです。この後、理想。

|

« 学術書出版イベント(その15) | トップページ | 学術書出版イベント(その17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学術書出版イベント(その15) | トップページ | 学術書出版イベント(その17) »