« 学術書出版イベント(その4) | トップページ | 学術書出版イベント(その6) »

2021年10月25日 (月)

学術書出版イベント(その5)

 アタック25最終回特集をやったABCの「キャスト」月曜日ですが、今度は京都大学近くのクイズルームがあるカラオケ店の特集をやっていました。先日、東大王が「たまむすび」で、あの機械は実際に稼働するのか確認していないと言っていましたが、早押しボタンも解答をモニターに書く機械も実際に使えることがわかりました。小西克哉にコメントを振っていましたが、この部屋の話はしませんでした。「なんや京大王って。こういうことをやってるから日本文化を破壊する」とか言ってほしかったのに。

 それでは出版イベントです。今回の本で取り上げているのは主に知識クイズについてで、謎解きとかなぞなぞとかは自分には語れないと言っています。現在のクイズ文化の対象になっているものは、基本的に知識クイズに関係しています。それでもさらに知識クイズについては分解する必要があって、クイズノックが商売道具にしている1問1問と、今回の本で語ろうとしているクイズ文化そのものです。

 ところで、この配信は移動中に見ていて、見逃し配信を見返したら、少し前の部分で相当飛ばしていたことがわかりました。この本の1章はクイズの歴史です。もともとクイズ文化は各所で発展して公式の見解もないので、歴史は書きたくなかったが、2章以降で、過去にこういう文脈があるのでこうなっているということが必要なため、あとで書き足したそうです。この後、接線。

|

« 学術書出版イベント(その4) | トップページ | 学術書出版イベント(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学術書出版イベント(その4) | トップページ | 学術書出版イベント(その6) »