« 学術書出版イベント(その2) | トップページ | 学術書出版イベント(その4) »

2021年10月23日 (土)

学術書出版イベント(その3)

 渋谷でクイズノック5周年展をやっていると聞いて、先週の日曜日に行ってみたら、休日は時間帯ごとの予約が必要ということで入れませんでした。この日が最終日です。調べたら東京以前にも全国各地を巡回していて、早くわかっていたらいくらでも入れたのに。のれんの向こうにちょっとのぞけるのはひたすら年表で、入っておもしろい展示なのか判断できませんでしたが、一つ言えるのは、客が完全に若い女性ばかりだったということです。

 それではその人の出版イベントです。全体の構成の軸は、クイズ王はなぜ早くボタンを押せるのかということです。クイズの歴史については迷った挙げ句、後から追加で書いたそうです。そしてここで本文の間違いに言及します。209ページで茨城となるべきなのに宮崎となっているところがあるそうです。2刷では直したいと言っていますが、この本が重版がかかったら恐るべきことです。
 最近のクイズ番組は読み上げではなく映像クイズになっていますが、それについても書いていて、わざと誤答する戦略についても書いているそうです。作問についての4章から読み始めるのがいいと言っていました。この後、神に捧げる。

|

« 学術書出版イベント(その2) | トップページ | 学術書出版イベント(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学術書出版イベント(その2) | トップページ | 学術書出版イベント(その4) »