« 学術書出版イベント(その8) | トップページ | 学術書出版イベント(その10) »

2021年10月29日 (金)

学術書出版イベント(その9)

 来週の東大王は合体スペシャルで4時間だそうですが、19時台から21時台まではローカル枠のままなんですね。それで、たとえばMBSでは22時台の1時間に短縮されます。どう編集するんだ。しかも21時台には、別の週の1時間東大王が放送されるんですよ。

 それでは出版イベントです。アブダクション的思考法というのは、帰納とも演繹とも違って、起こっていることに型を当てはめてみて、型との差異を見ていくというものです。さて、クイズ界でのいろいろな立場が同時にあるということでしたが、例えばクイズの先人たちに叱られるようなことは言われたくない。あるいは東大王の解説をするという立場では問題をディスることはできません。問題自体は全面肯定した上で、答えの解説ではなくどのようにしてわかったかということを説明します。

 世間からのクイズへの目への対抗心としてこの本を書いた面もあるそうです。クイズを見ないで批判する人は一定数います。クイズなんかを仕事にしてもしようがないとか、クイズは浅く広いだけとかいうことに対し。そもそも浅く広いのは悪いのか。この後、結果。

|

« 学術書出版イベント(その8) | トップページ | 学術書出版イベント(その10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学術書出版イベント(その8) | トップページ | 学術書出版イベント(その10) »