« ナゾトキ出版イベント(その18) | トップページ | 学術書出版イベント(その1) »

2021年10月20日 (水)

ナゾトキ出版イベント(その19)

 東大寺学園の文化祭、現役生徒以外入れなくなったことで、今、オンライン文化祭というのをやっているのですが、クイズ研の冊子へのリンクはありません。ここです。私がこれを手に入れたのは長年培ったテクニックによってです。

 それでは出版イベントです。外国のイベントで、インディジョーンズの岩が転がってくるの以外全部やったと言っていました。どういうのかよくわかりません。
 最後に参加者にメッセージというので、「美しくないナゾトキの美しさもわかっていただけたんではないか。まだまだ可能性がある」。「楽しみ方の一つとして、解くだけでなく鑑賞してもらいたい」。

 取材の手続きをしておきながらこのブログにだけ書くというのはまずいので、言い訳として、ちゃんと媒体に記事を載せました。

――――(ここから)――――

 小学館集英社プロダクションは、各メディアでブームになっている「ナゾトキ」のクイズで、特によくできた問題を集めた「美しいナゾトキ」を刊行した。テレビ番組やナゾトキイベントで活躍する作家の常春、無策師、矢野了平の3氏が選考し、ナゾトキ問題を美術書のように味わう構成になっている。
 刊行を記念し、著者の3人が「美しくないナゾトキ〝クソ謎〟」を味わうイベントが19日に東京のTSUTAYA田町駅前店で開催された。オンライン視聴に加えサテライトで大阪や札幌の会場にも参加者が集まり、ブームの盛り上がりを感じさせた。3氏が、ナゾトキの本来の文法から外れたような笑える問題を紹介。またテレビのクイズ番組制作の裏側などを語り合った。

――――(ここまで)――――

|

« ナゾトキ出版イベント(その18) | トップページ | 学術書出版イベント(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナゾトキ出版イベント(その18) | トップページ | 学術書出版イベント(その1) »