« ナゾトキ出版イベント(その5) | トップページ | ナゾトキ出版イベント(その7) »

2021年10月 7日 (木)

ナゾトキ出版イベント(その6)

 先週木曜日の「伊集院光とらじおと」のゲストが、「逃走中」をつくった元フジテレビの人でした。自首という制度があるのは、単にそうしないとゲーム途中で表示される金額に意味がなくなるからだそうです。あと、ドラマパートの世界観をやたらつくるようになったのは、ミッションをやったりする理由づけが必要だというのを、チコちゃんの人にアドバイスされたらしい。

 それでは出版イベントです。次の問題は、7色の四角が並んでいて、それが虹の形になったものを表しています。そしてその四角が別の順番で並んだもの(同じ色も複数出てくる)は何を表すかというものです。これも、四角が綴りを表しています。そして答えは虹に関係ある単語ということで、非常によくできています。言語間で生まれる奇跡と言っていました。
 ちなみに虹は謎解きに便利だそうです。色の順番をみんな知ってるし。可能性はまだまだあるとのことです。突き詰めれば謎解き作家は、こうなったら美しいという単語をありとあらゆる中から探す、ダジャレと同じだということです。想像ですけど、例えば初音ミクと夏目三久は母音が同じということに気づいて、そういうパターンはないかと探して、身延線の甲斐上野は母音があいうえおだと気づくとか。この後、クゾ。

|

« ナゾトキ出版イベント(その5) | トップページ | ナゾトキ出版イベント(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナゾトキ出版イベント(その5) | トップページ | ナゾトキ出版イベント(その7) »