« ローカルで何が起こってる | トップページ | 20回関東大会(その1) »

2021年9月15日 (水)

20回近畿のYES-NOクイズ

 先日ブックオフに行ったら、このような本が出ていたことを知りました。

 学研から出ていて、クイズノックが中学生の5教科の勉強を謎解き問題にしています。謎解きを解くための知識が学校で習うことだけで、よく問題を作ったと思いましたが、果たしてこれで普通の勉強に比べて学習が身につくでしょうか。

 それでは今回は、20回近畿大会のYES-NOクイズです。

――――(ここから)――――

NO.1 遠回りをしても安全な道を行けと言っている「急がば回れ」。このことわざの
     舞台となったのは、日本一大きな湖、琵琶湖である。
NO.2 阪神タイガースが誕生した1935年は、トラ年である。
NO.3 パスタの国、イタリアでは、使う小麦の種類が、法律で決められている。
NO.4 スペインの国技、闘牛のルールは、法律で定められている。
NO.5 ライバル球団の球団歌。巨人の「闘魂こめて」と阪神の「六甲おろし」。作曲者
     はともに同じである。
NO.6 童謡「すずめの学校」と「めだかの学校」。作曲者は同じである。
NO.7 日本の歴代総理大臣の名前に、森さんもいれば林さんもいる。
NO.8 尾行を調査手段のひとつとする私立探偵。調査する場合は警察に届けなけれ
     ばならない。
NO.9 手話を英語では「ハンドスピーキング」という。
NO.10 最新の「大辞林」の見出しで、一番最初に登場する人物は、アインシュタイン
     である。
NO.11 タヌキ、キツネ、オオカミ。すべてイヌ科の動物である。
NO.12 卓球台の大きさは、テニスコートのジャスト10分の1である。

解答
NO.1 YES
     室町時代の連歌師、宗長が詠んだ歌に「急がば回れ瀬田の長橋」と出て
     くる。
NO.2 NO
     イノシシ年。
NO.3 YES
     乾燥パスタはデュラム小麦の粗挽きやモリナ粉と水などと決まっている。
NO.4 YES
     「闘牛法」のようなものがあり、規則、ルールなどが明記されている。
NO.5 YES
     ともに古関裕而。作詞は「闘魂こめて」が椿三平、「六甲おろし」が佐藤
     惣之助。
NO.6 NO
     「すずめの学校」は作曲:弘田隆太郎、作詞:清水かつらで大正10年に
     できた。「めだかの学校」は作曲:中田喜直、作詞:茶木滋で昭和26年
     の作。
NO.7 YES
     森喜朗は第85代首相。林銑十郎は第33代首相で、昭和12年2月から6月
     まで在職した。
NO.8 NO
     調査に届け出は必要ない。開業にも一切資格はない。
NO.9 NO
     サインラングエッジという。医学的にはクワトロジーともいう。
NO.10 NO
     イギリスの発明家、アークライト。アインシュタインは35番目。
NO.11 YES
     すべてほ乳類イヌ科。
NO.12 NO
     卓球台は274センチ×152.5センチ。テニスコートは、シングルスが
     23.77メートル×8.23メートル。ダブルスが23.77メートル×
     10.97メートル。

――――(ここまで)――――

 本来の順番では次は20回関東の問題を載せるはずでしたが、記録を残していないことがわかりました。当時の自分の文章を読むと、西武ドームに屋根がついて客席からものすごく聞き取りにくくなって、特に6問目と7問目はスピーカ^-の位置が変わって、参加者でないと問題がまったく聞こえなかったらしい。問題を記録しているサイトもあったと思いますが、もうなくなっています。

|

« ローカルで何が起こってる | トップページ | 20回関東大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローカルで何が起こってる | トップページ | 20回関東大会(その1) »