« 20回関東大会(その5) | トップページ | 20回関東大会(その7) »

2021年9月21日 (火)

20回関東大会(その6)

 テレビ東京の「鉄道沿線歩き旅」の録画を見たら、フルーツポンチ村上が最初から最後まで「プレバト!」の俳句の名人として扱われていました。でも考えたら福澤朗も俳句の特待生のはずなのに、現在なぜか番組にいなかったことにされています。いないことになっているのは福澤とテレビに出なくなった元東大王だけです。

 それでは20回関東大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 そんな中、敗者復活の要求をしています。ラルフ鈴木アナと長谷川アナらしい。今回、敗者復活をやる条件は、過去の夏季オリンピック開催地を答えることで、1つ正解するごとに1チームで最大20チーム復活できるそうです。若手の女性アナウンサーが答えていて、どこかで間違えて、その後、該当者を決めるために「名前ビンゴ」をやっていたようです。で、ビンゴが規定チーム数を越えたところでその14チームすべてが復活ということになったようです。とにかく何を言っているのかさっぱり聞こえないので推測です。

――――(ここまで)――――

 このときはラルフアナが司会ではありません。
 名前ビンゴは11回全国大会の敗者復活戦で初めて登場して、完成度が高いルールのため、その後たびたび行われています。17回で実際は外見のいい女子を選んでいた運大王を、18回で軌道修正するのにも、名前ビンゴが用いられました。

|

« 20回関東大会(その5) | トップページ | 20回関東大会(その7) »

コメント

この回で、アナウンサーの誰かがとんでもない誤答をやらかして(たしか「盛岡」とか言った)ラルフが唖然とした、
とかあった気がするんですが、違いましたっけ。

投稿: C-YAN | 2021年9月22日 (水) 02時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20回関東大会(その5) | トップページ | 20回関東大会(その7) »