« 究極の出場者 | トップページ | 23回福岡大会(その2) »

2021年8月 5日 (木)

23回福岡大会(その1)

 週刊文春の広告の右の一番大きい見出しに「○×クイズ」という言葉が出る日が来るとは。本誌を読んだら、ネットでは出ていた○×クイズの問題や5問とも○といった演出が載っていません。閉会式の企画書で○×クイズに18ページも使っていることがわかりました。あと、パラリンピックでも○×クイズをやるつもりだったそうです。
 あと、ツイッターで見た秀逸なアナグラムで、「河村たかし」を並べ替えると「私噛むから」になるというのがありました。

 さて、今回は23回福岡大会について載せます。23回は、東大東大とあおっていた時代の高校生クイズとまさに裏表で、一見ちゃんとクイズをやっているようで、実は全国大会の代表をキャラクターで選ぶような仕組みになっているという回です。

――――(ここから当時の引用)――――

 大阪大会の日は実家に泊まりました。翌日、京都から夜行列車に乗って徳山で降ります。ここで新幹線に乗り換えないと福岡大会に間に合わないのです。福岡大会と言いながら、会場は佐賀県の鳥栖駅前の鳥栖スタジアムです。そういえば、はなわの「佐賀県」の歌詞に「松雪泰子も佐賀、公表してねえ」とあるのは、鳥栖出身だと福岡のふりをして「田舎とは違うのよ」という態度をとるという意味だそうです。

――――(ここまで)――――

 京都から山陽方面へ夜行列車が出ていた時代です。「徳山市」はなくなった直後でした。
 鳥栖スタジアムは現在は「駅前不動産スタジアム」です。鳥栖駅から見ると、異常に大きい駅前不動産の看板がついています。ペイペイドームやバンテリンドーム以上に違和感があります。

|

« 究極の出場者 | トップページ | 23回福岡大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 究極の出場者 | トップページ | 23回福岡大会(その2) »