« 日本人の質問(その102) | トップページ | 23回福岡大会(その1) »

2021年8月 4日 (水)

究極の出場者

 今日の五輪のスケートボートの結果によって、日本人最年少メダルと日本人最年少金メダルが分かれて、クイズのネタにしにくくなりました。そもそも昨年以降のいろいろで、五輪に関する記録自体をクイズにするのが面倒になっていますが。開催年さえ注釈がいるし。

 その五輪ですけど、どうやら週刊文春の次の号に、クイズに関する結構すごいネタが出るようですね。渡辺直美問題で辞任した演出責任者が、閉会式で「アメリカ横断ウルトラクイズ」の○×をやって、天皇も参加するという企画を出していたそうです。アメリカ横断ウルトラクイズとはっきり書いてあるみたいです。問題も書いてあって、メダルを作るために集めた携帯電話を並べると国立競技場より広くなるとか。5問とも答えが○で、それが五輪マークになるそうです。で、こんな企画が実現直前までいったことに猛批判というのですが、私が思ったのは、○×クイズは天皇がやってはいけないような品のないものだと考えられているのかということです。

|

« 日本人の質問(その102) | トップページ | 23回福岡大会(その1) »

コメント

 少なくとも、世界的スポーツイベントの閉会式・しかも世界的なコロナ流行でしめやかにならなければならない中でやるのは不適切でしょう。○×クイズは。

投稿: にっしー | 2021年8月 4日 (水) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本人の質問(その102) | トップページ | 23回福岡大会(その1) »