« クイズ文トーク(その36) | トップページ | クイズ文トーク(その38) »

2021年6月11日 (金)

クイズ文トーク(その37)

 2カ月前にこれを書きましたが、

――――(ここから)――――

 東京メトロの市ケ谷駅には今でもDNPのこの広告が出ているのですが、今後こういう活動をしなくなるとなると、これはどうなるのでしょうか。

Hikarusuzuki

――――(ここまで)――――

 今も残っています。しかも広告には複数のバージョンがあることがわかりました。

 それではクイズ文です。クイズの人は、文章にリズムがある人が好きだといいます。「読点がなくても読ませられる。何も起こってないんだけど。町田康のような」。読んでいて違和感なく、あるいは敢えて違和感を持たせるリズムです。

 クイズ問題は常に読まれることを想定するので、発音も検討する。「それは詩に近いですね」。音の次元も組み込んで文章を設計します。この後、問い。

|

« クイズ文トーク(その36) | トップページ | クイズ文トーク(その38) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クイズ文トーク(その36) | トップページ | クイズ文トーク(その38) »