« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月30日 (水)

大御所のトークイベント(その10)

 今日のミラクル9のタイムマシンクイズで、急に問題を飛ばして結果だけ放送されて「選挙投票への影響が考えられる問題のためカットしました」という表示が出たようですね。実は2017年の衆院選のときにも同じことが起きています。過去に政界で起きた事実を放送するだけでそんなことを気にするのか。しかも東京都議選のときにこういうことをやるということは、他の地方の選挙のときも考えてるんだろうな。

 それではトークイベントです。50歳を過ぎてからトマトが好きになったそうです。まずさに対するマイブームが起きて食べるようになったらしい。トマト戦争は、使い物にならないトマトを投げているということになっていたので、勝ってトマトを食べたところは編集されていたそうです。

 ここからは当時の写真を見るコーナーです。ちなみに、かつて本を書くときに日本テレビの資料写真を大量に借りたが、汐留移転で廃棄されたそうです。当時、肝炎で顔の形がいびつだったのでヒゲを生やしたそうです。この後、土手。

| | コメント (0)

2021年6月29日 (火)

大御所のトークイベント(その9)

 昨日は「ドレミファドン!」と「クイズTHE違和感」と「Qさま!!」で何分間か、3局同時にクイズをやっていましたね。ドレミファはアニソンだし、違和感はいつの間にか企業の商品についてのクイズになってるし、Qさまは学校の勉強と、とりあえずの数字を狙うにはそこに行くしかないというところにそれぞれ落ち着いています。

 それではトークイベントです。コールセンターをやっているゲストは、有名人からの注文の電話を受けたことが2、3回あるそうです。もちろん誰であるか言うことはできません。でもそういう人も自分で通販を申し込むということですし、そういう人がそういう物を必要としているのかということです。

 来年以降ウルトラがあるならやりたい形式はという質問があります。準優勝者は「決勝戦」。優勝者は「カイロを入れて決勝戦をやりたい」。このときはものすごく寒かったそうです。しかもパジャマですからね。準優勝者が「負け方が申し訳なかったという後悔がある」。優勝者「ソフトバンクホークスっぽく勝たしていただきましたけど」(ちょうど日本シリーズ中)。この後、トマト。

| | コメント (0)

2021年6月28日 (月)

大御所のトークイベント(その8)

 こういう本が出ることを知りました。

 うんこのシリーズ、こういう方向にきたか。すべての謎解きがうんこに関係あるそうです。

 それではトークイベントです。ゲストはこれから山形県に行ってウルトラクイズについてのイベントがあるそうです。それはすでに書きました。ゲストのどろんこの問題は、カップラーメンの売り上げは袋入りより多いというものだったそうです。今だと差が大きくて比較しようとも思わないでしょうね。

 ウルトラの放送は誰と見ていたかという質問があります。5週目は家で2人一緒に見たそうです。ゲストは放送期間中に学園祭を除いて街で声を掛けられたようなことはまったくなかったそうです。この後、カイロ。

| | コメント (0)

2021年6月27日 (日)

大御所のトークイベント(その7)

 書店に行ったら、「安心」という雑誌に「クイズ王が教えるダイエットの正解」という特集があります。いかにクイズの理論で数十キロの減量をして別人のようになったかということですね。今後、クイズだけでなく健康雑誌でも稼げるのか。

 それではトークイベントです。おすすめのサプリの続きで「あと青汁三昧も」。これの申し込みの電話をすると、コールセンターの仕事をしているクイズ王につながるかもしれないとのことです。あと、同室の質問について、グアムで2人が同質になって、やったのがペーパークイズの400問の復元だそうです。13回はニューヨークでも相部屋だったそうです。あと、モーリーで敗者予想の収録をしている
声が聞こえてきたらしい。

 90~00年代に表に出ていなかったが、ここ数年トークライブなどをやるようになったのはなぜかという質問があります。単にテレビが嫌いなので、そういうのは準優勝者とかプロフェッショナルの人とかダイエットの正解の人に振ったということです。この後、ラーメン。

| | コメント (0)

2021年6月26日 (土)

大御所のトークイベント(その6)

 ABCラジオの「ウラのウラまで浦川です」で「アタック日本語」という、アタック25のテーマ曲がかかるコーナーがあるのに気づきました。浦川アナとアタック25は今もつながってたのか。しかし日本語について話すコーナーといいながら、今週は、神宮球場のヤクルト戦をラジオはニッポン放送しか中継できないのはなぜかという話をしていました。

 それではトークイベントです。同室になった人が次々落ちたそうです。ここでゲストを呼びます。「迷える子羊がおられます」。準優勝者がいることはみんなわかっていましたが。マウスシールドをしてマリックTシャツを着ていますが、やはりシールドを外します。

 ゲストにいきなり「最近おすすめのサプリは」と聞きます。さっきのCMの話を踏まえたフリですね。すると、DHCのビタミン(オレンジ)とミネラル(グレー)とまともに答えます。「プラセボが僕の本で最初は間違ってた」と言います。それは優勝者の本の方だろ。クイズは想像力の第1刷で、プラシーボという答えがスパシーボ(ロシア語でありがとう)になっていたのです。他にもノンセクションがノンフィクションになっていたり、いろいろ間違いがあります。この後、青汁。

| | コメント (0)

2021年6月25日 (金)

大御所のトークイベント(その5)

 「まさかのバーサーカー」が来週また生放送で復活するそうですが、今回もアタック25のセットなのでしょうか。そして今後の復活ではセットはどうなるのか。

 それではトークイベントです。次の質問が、最近おすすめのサプリというものです。すると、これは実にタイムリーな質問だと言って、今月から通販のCMに出ると明かします。世田谷自然食品の記憶力増進のサプリで3分ぐらいしゃべるそうです。向こうがそれっぽい原稿を書いてきて、編集でものすごく薦めているように見えるそうです。アタック25でアタックチャンスの前に放送されるかもということです。

 次に、ウルトラでは誰と同室で毎晩何を話していたかという質問があります。ロサンゼルスで珍しく1人部屋で、夜中に無言電話がかかってきたそうです。スタッフが探りを入れていたのでしょう。この後、子羊。

| | コメント (1)

2021年6月24日 (木)

大御所のトークイベント(その4)

 先日これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 今、経済センサスのポスターが出ていますが、

Sensus

 猿之助と紗椰の名字が同じなんて、今まで考えたこともありませんでした。

――――(ここまで)――――

 経済センサスのテレビCMを初めて見ました。クイズ番組のセットで、紗椰が司会です。「経済センサスでわかることは? A.全国の美容院の数 B.全国のスーパーの数 C.動物病院が一番多い県」。猿之助がボタンを押して「C」という札を挙げるとそこから縦に「B}{A」が飛び出して「全部です」。この解答札の機構は新しい。4人は別々に写真を撮ってポスターで合成しているだけかと思っていたのですが、ちゃんと共演のCMがあったんですね。なお、過去には福澤朗がCMキャラクターだった年もあって、単に起用する側がクイズ好きなのか。

 それではトークイベントです。どろんこの敗者復活で、チョウチョはきれいな造花にも寄ってくるというのは、土曜の朝の旅番組で見たそうです。次は、中国では貝がお金だったというので4人になって、シャープペンシルは繰り出し鉛筆といったというので間違えたが正解が1人で助かったらしい。最終的に勝ち残ったとき、唯一本当に泣いたということです。

 モーリーのバラマキクイズは本当は200メートルもなくて、みんな苦しんでいないそうです。この後、アタック25で。

| | コメント (0)

2021年6月23日 (水)

あのフレーズが解禁

 先週水曜日の「伊集院光とらじおと」の「アレコード」のコーナーで、「霊感ヤマカン第六感」のテーマ曲が流れました。この前口ずさんだら周りの人がやたら反応したので私物のCDを持ってきたそうです(TBSにもないらしい)。今入手するには相当なプレミアがついているらしい。明日の朝5時までラジコのタイムフリーで聞けます。

 昨日、高校生クイズにとって画期的なことがありました。「開運!なんでも鑑定団」を見ていたら、(関東では)ライオンとのコラボCMが始まりました。最近よくある、本編の番組のセットをそのまま使って出演者が宣伝して、画面の隅に「※これはCMです」と出ているやつです。「依頼人の登場です」で50代ぐらいの女性が出てきます。「歳のせいか目が疲れるんです。この商品がいいと聞いたのですが」。福澤が「オープン」と言うと幕の下から出てきたのは目薬です。福澤が「僕も歳のせいか、お宝を見ると目がかすむことがあるんですよ」。すると鑑定士の席に座っているライオンの人(白衣を着ている)が「それは歳のせいではなく、角膜に傷がついているのかもしれませんよ。スマホなどで目を酷使すると角膜に傷がつくんです」。福澤「どうすればいいんですか」。「このスマイル40プレミアムDXには、角膜を修復するビタミンAが最大量含まれています」。ここで鑑定結果を表示する画面になります。ライオンの人の隣にはライオンちゃんが座っています。金額のところに「くり返す疲れ目・かすみ目にスマイル40プレミアムDX」。そして福澤が「疲れ目にジャストミート」。福澤朗がライオンのCMでジャストミートと言った! 実に30年越しにあの呪縛が解かれました。もう花王はジャストという製品を販売していないからこういうことが可能になったのか。

| | コメント (0)

2021年6月22日 (火)

大御所のトークイベント(その3)

 「坂上&指原のつぶれない店」で、まいばすけっとの特集をしていましたが、ネット上の反応を見ると、非常に偏った地域にしか存在しないまいばすけっとのことを取り上げられてもまったくおもしろくないというのが目立ちました。さて、「クイズ!倍買」の前回の放送を見ると、最後の問題が、次のうち最も店舗数の多いスーパーはというので、まいばすけっとが正解でした。この回は関東ローカルだからいいのかもしれませんが、問題が特定の企業に関するものばかりです。今、幅広い視聴者に向けたクイズ番組をやるとすると、学校で習うことか企業の商品をやるしかないのか。「ラヴィット!」がああいう内容なのもむべなるかな。

 それではトークイベントです。決勝で着る服について、そもそもスーツを持っていなくて、過去にスーツを着たのは教育実習とクイズ研関係者の親の葬儀のときだけだそうです。それで決勝は紋付き袴と言ったが、前年の優勝者にそのネタを使われていたのでした。前年の優勝者はそのことについて「すまんな」と言ったが放送でカットされたそうです。そして準決勝をパジャマにしようかと思ったが、星条旗の前にパジャマで出るなと言われたそうです。

 どろんこクイズの敗者復活は○×では決着がつかずに、最終的に復活者を決める札挙げクイズは、人間の血管をつなげると地球1周になるというもので、入院していたのでその事実を知っていたそうです。この後、旅番組。

| | コメント (2)

2021年6月21日 (月)

大御所のトークイベント(その2)

 昨日の「サンデーモーニング」で小林亜星の訃報について関口宏が、自分は「わくわく動物ランド」で共演したが、亜星があまりにできすぎるので、亜星用に難しくした問題を出していたと言っていました。そういえば1人ずつ○×クイズに答えるコーナーがありましたが、亜星には悪質な引っかけ問題が出ていたのを思い出しました。

 それではトークイベントです。福留には「ほんまはどうやったんですか」と聞きたい。ツアー中はスタッフとだまし合いでウソの情報を流していた。優勝賞品地への移動で司会と構成作家と初めてバーで飲んだが、そのときに、コンボイで落とすはずだったと言われたそうです。みんなそうだろうと思っていましたが、初めて具体的な証言で事実と認定されたわけです。

 決勝の後に、準優勝者と15分しゃべったそうです。外は冷え切っているが、スタッフ側も全然動かない。放送で使われる前提でうまいこと言わないとと思って、ドームからすべて振り返ったそうです。この後、紋付き袴。

| | コメント (0)

2021年6月20日 (日)

大御所のトークイベント(その1)

 今朝、オールナイトニッポン0を東大王がやっていましたが、クイズの基本についての本を8月に出すそうです。そういう本が出るのって非常に久しぶりですね。前回から世代が代わっているから、そういう需要が発生しているのか。問題文の形式の分析とか改めてやるのか。

 さて、書くネタがなくなったので、これまで使っていなかったストックを出します。クイズの基本についての本を二十数年前に出した人のトークイベントです。昨年11月の、武蔵浦和のクイズと山形県のイベントの間の日に行われたものです。

 クイズ王がマスクをして登場します。そしてマウスシールドに取り替えます。最初にゲンロンカフェでこういうイベントをやったと話しているときに、マウスシールドのゴムが切れます。結局、離れた壇上でマスクなしでやることになります。

 観客からの質問の紙が以前より減ったことを嘆いています。今、司会者と対談するならどんな話をするかという質問があります。福留は最近見ませんが、大病した後、NPOの活動などをしているらしい。この後、ほんまはどうやった。

| | コメント (0)

2021年6月19日 (土)

日本人の質問(その100)

 月末にTBSで「クイズ!倍買」という番組が放送されます。3月に土曜の夕方にやっていましたが、特番第2弾でゴールデンになっても1時間というのは珍しい。でも放送されない解答者のがTVerで配信されるそうです。これってネット連動の戦略なのか、単に枠が取れなかったのか。

 それでは、「クイズ日本人の質問」がついにその100になりました。

――――(ここから)――――

北大路魯山人が書いている、天ぷらのお茶漬けを家庭でおいしくできる極意とは?
冷えたてんぷらを、焦げ目ができるぐらいあぶってから使う。天茶とは、本来は残り物のてんぷらをおいしくいただくためのもの。
平安時代、公家は、お茶漬けのルーツをどのように工夫して食べていた?
米を蒸して乾燥させていたものを食べていたので、柔らかくするために湯漬けにしていた。しかし貴族は夏に氷水をかけて冷たくしていた。氷室で保存していたもので、庶民にはまねのできないぜいたくな食べ方。
瀬戸物業界で、お茶漬け用の茶碗についている名前は?
鯛茶という。ご飯茶碗とどんぶり茶碗の間の直径15センチ程度のもの。明治のころから呼ばれている。料亭の人たちが呼び始めたと考えられている。料亭でよく鯛茶が出されていた、また鯛茶がお茶漬けの王様であるところからと思われる。
大分県宇佐市の、アジの刺身をごまだれに漬け込んだもの。愛媛県八幡浜市の、焼いた魚の身をほぐしてみそとだし汁でのばしたもの。愛媛県明浜町の、鯛の刺身を卵にからめたもの。これらをご飯にかけた料理の共通点は?
宇佐の茶漬けは「りゅうきゅう」、八幡浜は「さつま」、明浜は「ひゅうが」という。つまりいずれも昔の別の国名がついている。

――――(ここまで)――――

 なんかクイズには出しにくい情報ばかりですね。これが選択肢を工夫してクイズとして成立するようにしていたわけですが。明浜町は現在は西予市です。

| | コメント (0)

2021年6月18日 (金)

変な髪型の事前番組(その6)

 昨日、読売テレビの「最高の最下位」をまたやっていましたが、VTRを見ながら最高と思ったときはボタンを押します。このボタンの音が、高校生クイズの解答ボタンを押したときの音なのです。番組中ずっと連打されていて、ウルトラクイズよりも多く、あの音が流れていました。

 それでは事前番組です。本編が終わってまた、問題が出ます。信号機に横型と縦型がある理由はというものです。これは日向坂の2チームが答えを考えるのか。そして最終的に結論を出して、正解発表もあります。続いて、パラシュートもここで放送します。日向坂の3人ずつの2チームで取り組みます。予算を1万円まで使えるそうです。
 1チーム目はベニヤ板を組み合わせて流線型のようなものを作って、これで風をよけて進もうというものです。しかしゴールにたどり着けません。2チーム目は7000円で送風機をレンタルしたそうです。これで、風の来る方に向かって風を起こすと、進むことができました。というか、この予算の使い方はレンタルもいいのか。

| | コメント (0)

2021年6月17日 (木)

変な髪型の事前番組(その5)

 昨日の「水曜日のダウンタウン」で、あの人は今で別人が出ても指摘できないというので、日出郎の偽物が出ていましたが、その数時間後にフジテレビで再放送された「クイズ!脳ベルSHOW」で本物の日出郎が解答者として出ていました。こういう人はちゃんとすくい上げている脳ベルSHOW。ちなみに、「有田Pおもてなす」の再放送には赤プルが出ていて、何年も見たことのない赤プルを一晩で2回も見るなんてと思いました。

 それでは事前番組です。優勝が決まって、またすぐCMです。今度は「幼稚園児が自分自身で靴をそろえて脱ぐようになる方法は」という問題が出ます。問題が出っぱなしでどこかで回収するのかわかりません。ここからクイズとまったく関係ないことを書きますが、日本テレビでは耳のかゆみにムヒERというCMが流れます。私は2011年ごろから左耳の穴の奥が異常にかゆくなることがあって、特に2011年といえば長期収容されていたときで、数少ない私物のボールペンの芯を取り出して耳の穴をかいていました。こんな薬があるというのを初めて知りました。

 公式YouTubeで桝アナと安村アナの動画があるといいます(ここでも少し紹介した)。そして乃木坂と日向坂の動画もあるそうです。番組のレギュラーを外れた人が登場するというのは異例です。この後、レンタル。

| | コメント (0)

2021年6月16日 (水)

変な髪型の事前番組(その4)

 この前これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 今日の毎日新聞に大きいおわびが載っています。昨日のパズルで誤って問題ではなく解答を載せてしまったので、改めて問題を掲載するというのです。文字が並んでいるところから単語を探すというので、答えがわかるような印がついてしまっています。

――――(ここまで)――――

 毎日新聞の紙面ビューアーでバックナンバーを見ると、紙面が正しい画像に差し替えられています。

 それでは事前番組です。山がなかなか登れなくて、「意外な道具とは」でCMになります。番組宣伝は問題が出ます。「1年365日の中で日本人が生まれたのが一番多い日は」「パラシュートをつけ強風レーンを速く走る方法」。後者は日向坂がやっていてどこかの事前番組で放送されるのでしょうが、前者のような問題が例題ということか。これをどういう手法で推定するか。

 本編に戻って、ロープをほぐすところに気づいたところでまたCMです。今度は「これは何のグラフ」。年代と数があって、普通の統計的な変化ではありえないような、急に0になったり、完全に衰退してから急上昇したりしています。答えはどこかで示されるのかもわからないのですが、かなり考えて、1円玉の発行枚数ではないかと思いました。この後、かゆみ。

| | コメント (0)

2021年6月15日 (火)

変な髪型の事前番組(その3)

 小林亜星の業績として、「ヒントでピント」で16分割を1枚目で正解しまくったとか「わくわく動物ランド」で全問正解のアフリカ旅行のバッジをいくつもつけていたとかは語られないんでしょうね。

 それでは事前番組です。立体の文字のクイズは練習問題まで放送しました。しかし「hulu」の問題は放送されていません。次は事前に送られたボールによる謎解きです。そしていきなり、決勝のヌルヌル山に飛びます。謎解きの問題は、かなりうまいと思いました。通常のクイズ番組のように紙の上だけでやるのと違って高クイ全国ならではの実際の道具を見つけて解くというので、問題文自体もよくできています。

 一方で、決勝まで謎解きの人に考えさせるというのは失敗だと思います。これまでの回の決勝は、うまく物理法則を使えば簡単にクリアできる答えがありましたが、昨年はロープをほぐして結んで長くするって、それを作者自身も想定した正解だと言ってますし、そんな答えで納得するか? まさに問題作りに向き不向きがあります。この後、強風。

| | コメント (0)

2021年6月14日 (月)

変な髪型の事前番組(その2)

 今回の事前番組は読売テレビでも深夜に放送されるようです。ここ数年、読売テレビでは事前番組のたぐいを一切ネットしませんでしたが、昨年から復活しました。視聴率もかなり落ちてるし、協力しないとということでしょうか。

 それでは事前番組です。今年のテーマはソウゾウ脳で、知識だけでは解くことのできない、イメージ(想像)してクリエート(創造)することによってのみ謎が解けるそうです。昨年までと何が違うのかよくわかりません。

 そしてここからは、「完全バーチャルの去年の全国大会を振り返る」そうです。そういえば昨年は当初の予定では、1回戦はリモートで、途中から上京することになっていましたが、感染状況の悪化で結局すべてリモートになりました。今年はどうするんでしょうね。開催期間中に全国から何十万人も集まるイベントができると国が言い張っているのですから、東京に呼んでも問題ないのかな。
 1問目の、自由の女神がレインボーブリッジをくぐれるかというのを放送します。このところ全国大会の1問目は「摩訶!ジョーシキの穴」です。次が漢字が立体になっているので、「マジカル頭脳パワー!!」です。この後、不向き。

| | コメント (0)

2021年6月13日 (日)

変な髪型の事前番組(その1)

 今日の毎日新聞に大きいおわびが載っています。昨日のパズルで誤って問題ではなく解答を載せてしまったので、改めて問題を掲載するというのです。文字が並んでいるところから単語を探すというので、答えがわかるような印がついてしまっています。夕刊に載る中部本社でも間違ったままになっているので、昨日の昼までに気づかなかったということか。

 さて、高校生クイズの事前番組が放送されました。今年も30分で、大半が昨年の再放送です。最初のフレーズが「この夏、高校生クイズが予選も決勝も大きく生まれ変わる」。予選はスマホを使ったライブで配信で、3人の合計点が各県で最も高いチームが全国大会に出られるというのですが、これは昨年から生まれ変わってるか?

 メインパーソナリティがかまいたちになるそうで、昨年までの乃木坂46に代わって日向坂46が出る、そしてようやく司会者も代わる告知です。あとスペシャルパーソナリティで2連覇の東大王が出るわけですが、この番組の広報で使われる写真のあの髪型はどうなんだ。素人が芸能人にされる過程が見えてこちらが恥ずかしいのだが。この後、上京。

| | コメント (0)

2021年6月12日 (土)

クイズ文トーク(その38)

 この前ラジオを聞いていたら、地上波のクイズを全部見て、最も出題が少ない都道府県は佐賀ということを調べた人がいるそうですね。あまりにも想像通りの結果です。で、思い出したのが、愛知県知事のリコールで、署名を最も目立たない場所である佐賀で偽造したと「バイキングMORE」で言っていて、私も同じことを思っていました。

 それではクイズ文です。発声して違和感がなければ読んでも読みやすい問題文です。音の次元も人の記憶に影響を及ぼします。

 ゲンロンの人が、自分も文章を書くとき最後に音読して直すといいます。そして最後にこの本を紹介します。

 一見、問いに見えない文章も隠れた前提は問いだという内容です。クイズの人が「僕は当然、問答に興味ありますんで買います」。おそらく予定の倍ぐらいやった4時間の配信が終わりました。

| | コメント (0)

2021年6月11日 (金)

クイズ文トーク(その37)

 2カ月前にこれを書きましたが、

――――(ここから)――――

 東京メトロの市ケ谷駅には今でもDNPのこの広告が出ているのですが、今後こういう活動をしなくなるとなると、これはどうなるのでしょうか。

Hikarusuzuki

――――(ここまで)――――

 今も残っています。しかも広告には複数のバージョンがあることがわかりました。

 それではクイズ文です。クイズの人は、文章にリズムがある人が好きだといいます。「読点がなくても読ませられる。何も起こってないんだけど。町田康のような」。読んでいて違和感なく、あるいは敢えて違和感を持たせるリズムです。

 クイズ問題は常に読まれることを想定するので、発音も検討する。「それは詩に近いですね」。音の次元も組み込んで文章を設計します。この後、問い。

| | コメント (0)

2021年6月10日 (木)

クイズ文トーク(その36)

 新聞のテレビ欄でNHK MUSIC SPECIALとあって、「東京事変がガッテン! 快楽をテーマに大実験」と書いてあるのですが、番組を見たら本当に「ガッテン!」のセットでそのままの番組をやっています。巨大模型もこのために作っています。チコちゃんを見てもわかりますけど、NHKは自分のパロディをやるときはやたら力が入ります。

 それではクイズ文です。熊楠は苦労したり知りたいと思って探索して報告する。そして薦めるのがアリストテレスの全集の13巻の「問題集」です。

 単独では出版されていなくて全集の1冊で買わないといけないそうです。また、現在はアリストテレス自身が書いたのではないと言われているそうです。ここに、900問ぐらい問題が書いてあって考えているらしい。呼吸についてとか、頭髪が薄くなるのはなぜかとか、月は何でできているかとか。この後、詩。

| | コメント (0)

2021年6月 9日 (水)

クイズ文トーク(その35)

 先日、読売テレビで深夜に「穴埋めクイズQ落下」という番組をやっていました。番組のつくりがどう見ても日本テレビ制作なのですが、全然知りません。最後まで見たら大昔のドラマの番宣をしていて、2年も前に関東ローカルで放送されたものだとわかりました。関西はときどきこういうのがあります。

 それではクイズ文です。飯間は、いろんな文章を頭に入れて混然一体となって自分の文章になっているが、それでも参考にするのは金田一春彦だといいます。言語学の第一線なのに論文にユーモアがある。論文で他の研究者をディスったりしているそうです。この本を紹介します。

 ゲンロンの人は南方熊楠です。好奇心が旺盛で問いにとりつかれています。自分がいつ寝落ちするかも記録しようとしていたそうです。この後、ハゲる。

| | コメント (0)

2021年6月 8日 (火)

クイズ文トーク(その34)

 この前これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 フジテレビでは来週から平日の夕方に「古畑任三郎」のセレクションの再放送をして、クイズ王の回も放送されるそうです。それでちょっと調べたら、関西テレビは先週から普通に第1回から再放送しているではないか。

――――(ここまで)――――

 関西テレビは第1シリーズの再放送が終わったら続けてフジテレビでやった分の再放送を始めました。クイズ王の回もあります。

 それではクイズ文です。結論に向けて書いているが、言いたいことは結論でなく問題であって、結論の方が変わるということもあります。この理由に対応する結論はと考えて理由が変化することもあります。飯間が示した4種類のクイズ文(Yes-No、How、Wh-、Why)を先に使おうとするとハードルが高い。書いてから当てはめるように修正すればいい。デジタルの時代になって、文章でもセンテンスを入れ替えるなどは容易になったので、メモで書いて後で形を整えればいいとのことです。

 次の質問は、3人が好きな名文家というので、そういうのを否定する話だったはずですが答えます。この後、寝落ち。

| | コメント (0)

2021年6月 7日 (月)

クイズ文トーク(その33)

 ラジオ日本で「日テレ アナ・ザ・ワールド」という番組があって、桝と安村の高校生クイズ話とかあるのではないかと思って一応チェックしているのですが、この前の放送では2年目のアナウンサーと20年目のアナウンサーのトークで、20年目の人がカメラを買った話をしていて、2年目が「私も生活に余裕ができたら買いたい」、20年目が「自分も余裕がないが子どもを撮影するため無理した」。あの立場でも結構大変なんだなと思いました。

 それではクイズ文です。ここからは質問コーナーになります。文章を書くときに問題、結論、理由のどれから先に思いつくかというので飯間は、今カレーライスが食べたいみたいな結論が先にあったとしても、それは実際はすでに問題があるといいます。今何が食べたいかとかラーメンとカレーとどっちが食べたいかといったことが無意識にあって、なぜカレーを食べたいんだと遡って問題を意識化して思考を整理するのが文章だということです。

 そして、初めはラーメンよりカレーを食べたいという思いがあってそれを文章にしても、読んでもらったらそんなの読みたくないと言われることもあります。そうすると、それを読みたい文章に変形させないといけません。東京で一番うまいカレー屋はどこだろうか。そこでカレーを食べたいとか。この後、ハードル。

| | コメント (0)

2021年6月 6日 (日)

クイズ文トーク(その32)

 この前これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 次回の「警視庁・操作一課長」は、クイズ王の話のようです。予告映像で、内藤剛志がどろんこクイズをやってました(泥はない)。

――――(ここまで)――――

 本編を見たら○のパネルを突き破ったのは本田博太郎でした。

 それではクイズ文です。自分の文章を友達に読ませて感想をきくと「う~ん、いいよ」ぐらいしか返ってこない。そのくらい内容が伝わっていないということです。大学のリポートも、指導教官以外に読ませたらわからないと言われる。それで傷つく経験をしてほしいといいます。

 ゲンロンの人が、「SNSで、我々がいかに言葉が伝わっていないかを日々目にしている」。伝わっていないことに正しく絶望するところから出発して、それから飯間の本などを読むということです。飯間もいまだに編集者からわからないと言われて泣きながら書き直しているそうです。ゲンロンの人が「今の話を聞くと辞書の仕事についてもリスペクトが増す」。この後、カレーライス。

| | コメント (0)

2021年6月 5日 (土)

クイズ文トーク(その31)

 今、経済センサスのポスターが出ていますが、

Sensus

 猿之助と紗椰の名字が同じなんて、今まで考えたこともありませんでした。こういうのに気づくと新鮮です(猿之助のは名字か?)。

 それではクイズ文です。問題文は途中の読点が1個で80字ぐらいにまとめた方がいいといいます。日本語の自由度(語順とか主語不要とか)をあまり行使しない方が伝わりやすくなるそうです。飯間「アリストテレスと同じ」。

 クインティリアヌスの修辞学は要素が5個あるそうです。発想(何を話すか)、配列(言葉の順番)、同じことでもなるべく印象に残るように言う(たとえとかレトリックとか)、記憶(覚えていないと演説できない)、声と身振り(演じる必要がある)です。

 ここで伝わるとはどういうことかを改めて飯間に聞くと「自分の文章がどのくらい伝わるかを知らない。あなたの文章はほとんど伝わっていない」。この後、う~ん。

| | コメント (0)

2021年6月 4日 (金)

クイズ文トーク(その30)

 以前こういうことを書きましたが、

――――(ここから)――――

 NHKオンデマンドで、「新日本風土記」の東京大学の回が1年の配信期間が終わるので見ました。他の回ではもっと長く配信されるのもあるのにと思いましたが、見たら、エンディングは、最初に取り上げられた人が東大の入試に不合格になっていました。これ、名前と顔の出ている人が東大に落ちたのをさらされているから配信が短くなったのでしょうか。

――――(ここまで)――――

 これが今日、再放送されていました。この人は東大に落ちたのをずっとバラされ続けるのか。

 それではクイズ文です。国立国会図書館のデジタルコレクションで「文章講話」や「文章術」で検索すると、弁論術の目的からずれた、手紙のお手本集のようなものばかり出てくるそうです。日本はレトリックのまともな移植に失敗したということです。その延長線上に我々の日本語教育もあります。つまり伝わる文章の書き方を教わっていないということです。

 問いの設定の難しさという話になります。発見した問いを読者に合わせて変形することが必要だといいます。ここでクイズの人に対して、よい問題文は文章としてはどういうものかを改めてと質問します。適切な情報が適切な順番で配置されることと、どういうタイミングで出題するか。時期が適切でないとまったくおもしろくないという問題もあります。そして問題文は短くした方がいい。長くなるほど文章が破綻するので、それをやるなら5ヒントクイズにするとかの手もあるといいます。この後、5個。

| | コメント (0)

2021年6月 3日 (木)

クイズ文トーク(その29)

 この前、「チコちゃんに叱られる!」でガッツポーズについてやっていて、高校生クイズでも出題ミスの疑いがあるあの領域に踏み込むのかと思いましたが、ガッツ石松とガッツボウルの語源については別で説明して、なぜガッツポーズをするのかという問題でした。なお、NHKオンデマンドではこの問題が丸ごとカットされていました。

 それではクイズ文です。聞き手のことを考えるといえば、アリストテレスも聞き手に1章を割いているそうです。クイズで答える人の意識を考えるというのはすでに古代ローマからあったということです。クインティリアヌスは、まずはたくさん読んで言葉の記憶をつくることを説いているそうです。次に書いて、一晩寝て見返す。当時から寝ることが推奨されていたのか。「聞き流すだけでできるというようなのはまゆつばですね」。

 飯間は、明治から戦後しばらくまで、知識人の文章は、結論を先に言わないとか、わからないようにうねうねとねじ曲がるとか、語彙がやたらむずかしいとか漢文的とか、西洋の修辞学を血肉化していなかったといいます。古代ギリシャやローマからの弁論術(レトリック)は中世ではリベラルアーツとして組み込まれて必ず学ぶものだったが、それが幕末・明治の日本ではこんなものに変容したということです。この後、手紙。

| | コメント (0)

2021年6月 2日 (水)

クイズ文トーク(その28)

 先日の日本テレビの「変幻自在スクイーズ!」を見たら、「ますたいち」を漢字で書くという問題が出ていました。そんなクイズが出せるほど一般に浸透しているという判断ですね。でも自分のところの社員でも画面では似顔絵でした。

 それではクイズ文です。日本には幕末以降にヨーロッパから修辞学が入ってきました。ここでこの本を見せます。

 ここには、話をわかりやすくする議論は、重要なことは先に短くと書いてあるのです。紀元前4世紀ですでにこれを言っていたということです。アリストテレスの形而上学などでは最初に問題(「存在とは何か」など)が書いてあって、先人はこう言ったということが書いてあって、自分はそうではないという結論を書いてその理由を述べているそうです。もうクイズ文なのです。

 次はクインティリアヌスの「弁論家の教育」です。

 明晰に話せ、ややこしくあいまいなことを言ってはいけない、大事なのは正しい文法に則って聞く人のことを考える。この後、一晩寝る。

| | コメント (0)

2021年6月 1日 (火)

クイズ文トーク(その27)

 フジテレビでは来週から平日の夕方に「古畑任三郎」のセレクションの再放送をして、クイズ王の回も放送されるそうです。それでちょっと調べたら、関西テレビは先週から普通に第1回から再放送しているではないか。

 それではクイズ文です。

 この本を紹介します。読む人を説得する方法は、問題を明確にして読者と共有することと書いてあります。さらにこの本です。

 これは私も高校生のころに読みました。今でこそこういう本がありますが、日本の作文の歴史は、ある時期まで、いい和歌を詠むためのものだったといいます。だから係り結びとかはやたら発達します。飯間によると、昔の学者たちは日本語はどうでもよくて、漢文で文章を書こうとしていた。本来の漢文に近いうまい中国語という、中身より形式が重視されていました。いちいち韻を踏んだりするわけです。日本人が知的な議論をするには外国語を用いなければならず、日本語を使えるのは和歌について語るときだけだったということです。この後、存在とは何か。

| | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »