« クイズ文トーク(その12) | トップページ | クイズ文トーク(その14) »

2021年5月18日 (火)

クイズ文トーク(その13)

 NHKの「鉄オタ選手権」は、関西の私鉄をやりつくして、関東の私鉄もやって、名鉄も西鉄もやってJR西日本もやってもうネタがないと思ったら、今週は「東海道新幹線の陣」があるんですね。今のところ、新幹線に番宣広告が出たのは確認していません。

 それではクイズ文です。「ユリイカ」のクイズ特集を見せます。「論説文風の日記文のようなものを書いている」。過去に実際にクイズの人が出した問題を紹介します。「日本語学者の飯間浩明が著書『非論理的な人のための論理的な文章の書き方入門』で提案した、意思伝達に有効な『問題』『結論』『理由』からなる文章を、これがよく用いられるシチュエーションから何というでしょう?」。今これを見ている人は全員答えられますが、実際に60人に出題して正解が1人いたそうです。

 競技クイズでは誰かが問題を作らないといけません。この問題は答えが「クイズ」なのがいい。こういうクイズ問題を作るとき、どんな作業をしているのかという質問で、2通りあるといいます。問題文に入れたい情報を先に見つけた場合と、答えにしたい言葉がある場合です。この後、順番。

|

« クイズ文トーク(その12) | トップページ | クイズ文トーク(その14) »

コメント

 エントリの内容とは関係ないですが、高校生クイズファンにとって耳寄りな情報があったので。

 今週(2021年5月17日~)から、TBS系の朝の帯番組「ラヴィット!」で、「今日の占い いきなり答え合わせ」というコーナーがスタートしました。
 内容は、まず12星座占いの順位を発表し、スタジオの出演者の中で、星占いの順位が最も高い人一人が選ばれ、2つの箱のうち1つを選ぶゲームに挑戦します。一つは賞品が入っており(番組で紹介されたスイーツなど)、もう一つは何も入っていません(ハズレ)。

 選ばれた出演者が2分の1の確率のゲームに挑戦するという、第17回高校生クイズの「運大王」そのまんまの内容でした。内容からして、おそらく北海道大会のものと同じでしょうね。

 ちなみに、今日(5月19日)は、占い順位第3位の柴田英嗣が挑戦し、ハズレでした。

投稿: にっしー | 2021年5月19日 (水) 10時03分

 ラヴィット運大王……もとい「今日の占い いきなり答え合わせ」は、占い最高位の人の運試しゲームが「サイコロを振る」ものに変わりました。立方体のサイコロで(当初は大きいもので、最近は小型のもの)、6面のうち3面が当たり・3面がハズレです。

投稿: にっしー | 2021年6月 8日 (火) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クイズ文トーク(その12) | トップページ | クイズ文トーク(その14) »