« クイズ文トーク(その5) | トップページ | クイズ文トーク(その7) »

2021年5月11日 (火)

クイズ文トーク(その6)

 来週月曜日は「クイズTHE違和感」が1時間です。番組が始まって初めてです。というか、19時台、20時台、21時台、22時台がすべて1時間番組で、これはTBSの月曜日としては実に2年数カ月ぶりのことです。

 それではクイズ文です。実際のリポートが書けそうな問題というのを提示します。「駅のホームで乗客が困っている人に気軽に声をかけあうようにするにはどうすればいいだろうか」。そういえば昨日、有名クイズ関係者が駅で倒れたというツイートを見かけましたが。これを整理すると「問題:声かけしあうには」「結論:授業でロールプレイ導入を」「理由:練習で抵抗がなくなるから」。この問題は答えが1つでないタイプです。

 クイズ文の型には以下のようなものがあります。Yes-or-No型(ディベート型)、How型(課題解決型)-どうすれば、どのように、Wh-型(択一型)-何を、だれ、どこ、Why型(理由探求型)-なぜ~なのか、なぜなら。ゲンロンの人が、早押しクイズではどの型なのかわからないようにしていると言います。日本語だと早押しクイズがやりやすい。逆に早くわかってもらうような表現をするには、これを明示すればいいのです。この後、五輪。

|

« クイズ文トーク(その5) | トップページ | クイズ文トーク(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クイズ文トーク(その5) | トップページ | クイズ文トーク(その7) »