« 東大王ファン祭り(その11) | トップページ | クイズ文トーク(その1) »

2021年5月 5日 (水)

日本人の質問(その99)

 「たまむすび」を聞いていたら、ラジオショッピングの担当者が博多大吉と初対面だそうですが、プロレスマニアで、「大吉さんの『バレベルの塔』を見て感動しました」。バレベルの塔というのはかつてABCでやっていたクイズ番組で、芸能人が自分の得意分野とされることについてかなりの難問に最後まで答えられるかというものです。非常におもしろいので間違いなくゴールデンの全国ネットに昇格すると思っていましたが、結局半年で終わりました。しかし関東ローカルのラジオ番組で昔の関西の番組を出してくるとは、そんなに印象に残るのか。私は大吉が、自分が出演したことを覚えていないのではないかと思いましたが。

 それでは「クイズ日本人の質問」です。

――――(ここから)――――

戦後、日本の焼肉店で始まって、本場の韓国に逆輸入された焼き肉の食べ方は?
焼き上がった肉にタレをつけること。本場の焼き肉は、焼く前にタレをもみ込んでそのまま食べていた。このとき焼いた肉を生野菜ではさんでいたが、日本ではタレで冷ました。すきやきやしゃぶしゃぶの食べ方が影響を与えたと考えられている。戦後、日本に住む韓国・朝鮮の人によって始められたと考えられる。
焼き肉を食べるとき、一緒に口にするとニンニクのにおいを減らす効果のあるものは?
酵母入りビールを飲むこと。酵母入りビールは醸造に使われる酵母を濾過せずに残したもの。ニンニクのにおいの成分の三硫化アリルが酵母菌に引きつけられて一緒に排泄されるためと考えられる。
14世紀の文献に登場する焼き肉の元祖、雪夜炙(ソリャジョ)は、どんなユニークな方法で調理されていた?
焼くときに何回も水につける。当時の固くて脂分の少ない水を直火であぶるとすぐにパサパサになる。そこで何度も水につけることで、こげを防ぎ、肉に潤いを与える。
牛肉を食べると体の中にできるアナンダマイドという物質は、どんな働きをする?
幸せな気分にさせる。牛のカルビやロースに多く含まれる必須脂肪酸のアラキドン酸をもとに、酵素の働きで体内に生成される。この物質は人間の脳に働きかけ、満足感や至福感を起こさせる作用がある。

――――(ここまで)――――

 肉で幸福感というのはよく言われるようになりましたが、ここではセロトニンにまったく触れていないんですね。

|

« 東大王ファン祭り(その11) | トップページ | クイズ文トーク(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東大王ファン祭り(その11) | トップページ | クイズ文トーク(その1) »