« 山形の夜の図書館(その5) | トップページ | 山形の夜の図書館(その7) »

2021年2月 7日 (日)

山形の夜の図書館(その6)

 ニッポン放送の戸田恵子の番組の福澤朗の後編を聞きましたが、最初にやった沖縄大会が6月下旬だと間違えていて(この年は世界陸上東京大会を日本テレビが中継する関係で、高クイ沖縄大会は5月に)、しかも最初にやった年を1992年だと間違えていました。司会の当事者でもこのくらい年数がたつと忘れるということですね。

 それでは夜の図書館です。始まって50分ほどたちますが、アメリカ横断ウルトラクイズという番組の一般的な説明に終始しています。この講師の話は出てこないのか。とここでゲストのクイズ王が呼ばれます。宿泊はGoToトラベルを使って米沢のホテルだそうです。

 クイズ王が10回ウルトラでは、どろんこクイズで問題を聞く前に○か×か決めて(問題が簡単だったにもかかわらず)落ちたのは有名な話です。今回は10回ウルトラの名札をつけています。2日前のイベントでは13回ウルトラの名札でした。10回の名札の方がきれいだそうです。今回の客の中でウルトラ自体を知らない人がいるかと聞くと、2人いました。この後、ライブラリー。

|

« 山形の夜の図書館(その5) | トップページ | 山形の夜の図書館(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山形の夜の図書館(その5) | トップページ | 山形の夜の図書館(その7) »