« 山形の夜の図書館(その3) | トップページ | 山形の夜の図書館(その5) »

2021年2月 5日 (金)

山形の夜の図書館(その4)

 三重銀行と第三銀行が合併して三十三銀行になることが決まりましたが、エコノミクス甲子園にはどちらも関係ないんですね。ところでエコ甲のサイトの十八親和銀行はいまだに直っていません。十八銀行のロゴをクリックしても、リンク先はありません。私がエコ甲について何か暴露しないと関係者はここを読まないのか。

 それでは夜の図書館です。講師は10回のエルパソで負けたそうです。高専を3年で中退して家業の電器店をやって、その後、別の店を創業して、2015年に辞めて、2019年に町議になったということです。川西町議会だよりの写真はこの人が撮っているそうです。
 そして改めてウルトラクイズについての説明です。10回のすべてのチェックポイントをいちいち細かく説明します。山形放送で流れたウルトラクイズの番宣では、自分がどろんこクイズで飛び込むところが使われたそうです。エルパソの罰ゲームのキーファインダーの話があって、以後のチェックポイントは知らないというのであっさりになります。○○では○○が落ちたんだっけと、ここの聴衆にはわからないことをずっとつぶやいています。誰々は亡くなったとか、誰々はファンと結婚したとか、山形のユニクロの店長が機内1位の人の息子だとか。そういえば機内ペーパークイズの結果までやたら細かくパワーポイントで出しています。ウィキペディアでその項目のマニアがやたらどうでもいい情報を更新するのを思い出しました。この後、スポンサー。

|

« 山形の夜の図書館(その3) | トップページ | 山形の夜の図書館(その5) »

コメント

 第10回のエルパソ、ということは、ホワイトサンズの白い砂漠を、ビーコンを頼りに一人で帰った方ですね。

投稿: にっしー | 2021年2月 5日 (金) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山形の夜の図書館(その3) | トップページ | 山形の夜の図書館(その5) »