« 武蔵浦和で早押し(その38) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その39) »

2021年1月10日 (日)

15回エコ甲地区大会(その11)

 昨年春にこれを書いて、

――――(ここから)――――

 今週、関東でも生活笑百科の再放送をやっていて、来週もあります。もしかして、今年度から関東でも11時台の情報番組が短縮されたのか? 以前はNHKの平日午前11時台のローカル情報番組は全国各地で1時間やっていましたが、どんどん縮小されて、ここ数年は関東以外の全地域で、11時台前半は東京から裏送りの再放送番組を流していました。

――――(ここまで)――――

 昨年秋にこれを書きましたが、

――――(ここから)――――

 この後、「ひるまえほっと」は11時5分からに戻りましたが、来週から正式に、月曜日以外は11時30分からに短縮されることになりました。生活笑百科の再放送が全国ネットになります。

――――(ここまで)――――

 関東では緊急事態宣言が出てから12時台はずっとそのニュースをやっているので、生活笑百科が本放送ではやらずかつては関東だけ放送していなかった再放送枠でだけ流れるということになりました。しかし特設ニュースは来週からもうやめるようなので、今回だけです。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。三重の3位は津の「Z」というチームです。クイズノックの人が、これは「津」のことではないかと言います。津駅のローマ字表記を「Z」にして、世界一短い駅名としてギネス登録を目指したことがありました。2位は四日市で112点、1位は暁116点です。

 香川は3位が高松桜井の73点、2位が高松の77点、1位が丸亀の107点。佐賀は3位が78点の佐賀西、2位が110点の佐賀西、1位が111点の佐賀西です。宮崎は3位が聖心ウルスラで111点、2位が聖心ウルスラ、というところでまたネットがつながらなくなります。次につながったら、クイズノックの2人の成績を発表しているようです。96点と92点です。ここで30分休んで第2部だそうです。ネットが切れるのがもう少し遅ければ。

 再開して、全国大会のルール発表があります。今年はすべて1対1の対戦によるトーナメント方式だそうです。もともと今回は多くの地区で、オンライン形式の予選さえできませんでしたが、それを救済するインターネット大会が、勝てるのが全国で2チームだけです。なんか、主催者側のコストを考えるとこれが限界というような言い訳をしていましたが、今回は全国大会のチームを東京に呼ばなくていいのにおかしいと思っていたら、この32チーム企画をやりたかったからではないのか。この後、生存競争。

|

« 武蔵浦和で早押し(その38) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その39) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武蔵浦和で早押し(その38) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その39) »