« 武蔵浦和で早押し(その34) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その35) »

2021年1月 2日 (土)

15回エコ甲地区大会(その7)

 月曜日の深夜にフジテレビで「クイズピンチヒッター」という番組をやっていましたが、何か数式が出てきて「素イデアルはいくつか」って、クイズ番組史上最も意味のわからない出題に挑戦したような感じでしたね。私もまったく知りませんが、「自然数」の世界でいう素数に当たるものを数学のすべての概念に拡張(「足し算」とか)したのが素イデアルだと認識しています。数式のZは具体的な値ではなく数学の概念上の抽象的な存在です。でもこれを答えが1つに決まる問題にして、しかも個数なので最悪でたらめでも当たるようにしているのがよくできていると思います。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。33問目の正解はエンゲル係数ですが、選択肢にジニ係数があったようで、クイズノックの人がその話をしています。34問目、資産形成について。最速は新潟南です。35問目、珍しく純粋な数学の問題。小城がトップです。36問目は経済学用語で津西がトップ。37問目、企業への投資についてです。38問目、保険の種類で新潟南がまたトップ。39問目、毎回出るクーリングオフについての問題ですが、司会が8日を「はちにち」と読みます。

 40問目、また投資の種類で丸亀がトップ。41問目、買いオペについて正しい説明というので、小城の厚生労働省が最も早い。クイズノックの人が「ライバルの財務省の選択肢にも詳しい」。この後、ダイジェスト。

|

« 武蔵浦和で早押し(その34) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その35) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武蔵浦和で早押し(その34) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その35) »