« 武蔵浦和で早押し(その41) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その42) »

2021年1月16日 (土)

15回エコ甲地区大会(その14)

 今週も関東だけ緊急事態宣言ニュースで「バラエティ生活笑百科」がありませんでした。それでいうと他の地区でもやめていそうなものですが、関西ではL字画面だけで普通に放送していました。この状況がいつまで続くでしょうか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。広島は対戦相手の山口とはネットで対戦したことがあるそうです。

 ここでルール説明のスライドが出ます。決勝までの31対戦、すべて同じルールだそうです。各対戦、5問出ます。得点は難易度で変わります。画面には5問の解答形式、ジャンル、難易度が常に表示されているそうです。解答形式はボード、4択、並べ替え、多答、近似値、ドボンといったものがあります。難易度は社会人に正答率の調査をしているそうです。正答率100%だと0点、0%だと100点です。普通のバラエティ番組みたいなことをやっていますね。

 両方正解のときと両方不正解のときは特別なことは起きません。一方だけが正解のとき、そのチームが次に誰がどの問題を答えるかを決められます。次の問題で指定された解答者が不正解だと、(100-難易度)が減点になります。しっかりした説明はありませんでしたが、これは自分のチームのメンバーでも相手のチームのメンバーでも指定できると認識しました。この後、負担。

|

« 武蔵浦和で早押し(その41) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その42) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武蔵浦和で早押し(その41) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その42) »