« 武蔵浦和で早押し(その18) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その20) »

2020年12月11日 (金)

武蔵浦和で早押し(その19)

 今朝の「ZIP!」で、桝アナが今回で高校生クイズを引退することが発表されていて(わかっていたが、これまでは新しい司会が就任して初めて前の人が辞めたことが明らかになった)、過去の名場面というのが紹介されていました。しかしその映像は事前番組や地区大会のもので、今や全国放送で使わない場面ばかりではないか。「過去のおもしろい場面」といえば、スタジオで「問題」と言っているだけでなくこういうのを使うのか。ことしの全国放送も、ただスタジオにモニターが50台並んでいるだけだと思いますが。

 それではコミセンまつりです。19問目、北本市に関する曲を歌っている歌手で、レッズが正解して勝ち抜けです。20問目の正解は浦和競馬場でねこねこが勝ち抜けますが、母が最初、子どもに答えさせようとします。司会からギャンブル問題を子どもに答えさせると指摘されますが、すでに9ポイントなので子どもに答えさせて2ポイント取っても意味がないのでした。ねこねこの子どもは、決勝の場でレッズクラブにリベンジしたいと言います。

 ところで、ねこねこは次の企画にもエントリーしています。そこでねこねこが1位か2位になったら、今回の企画の3位が繰り上げでチャンピオン大会に出ることになります。そのため、5ポイント同士のひるねとみうらが同点決勝です。なんで次の企画の3位でなく今回の企画の3位が繰り上げと決まっているのかよくわかりませんが、とにかく主催者がそう言っています。

 同点決勝の1問目、正解は東武動物公園ですが、ひるねが「鉄道博物館」、みうらが「としまえん」と答えます。みうらの子どもが答えを聞いて「行った行った東武動物公園」。この後、急に増える。

|

« 武蔵浦和で早押し(その18) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武蔵浦和で早押し(その18) | トップページ | 武蔵浦和で早押し(その20) »